【2024年最新】 東芝 DVS-100SY2 レビュー評価

2024-03-17 16:06:22

総合評価

50.6/100

(総合順位: 1312/4361)

評価項目点数
風量
95/100
消費電力
6/100
総合評価50.6/100

評価レビュー

換気性能

風量

風量について、東芝 DVS-100SY2は1240m³/hというデータになっています。全レンジフードの中でも高い水準であると思います。これは風量がはるかに高いレベルにあるレンジフードの代表といっても過言ではないです。大きい風量が特徴のこのレンジフードは、優れた機能性を備えています。排気能力が高いため、キッチンの匂いや煙を素早く取り除くことができ、調理中に発生する不快なニオイを抑えることができます。また、空気の循環もスムーズに行われるため、食材や調理器具についた湿気を除去し、キッチン環境を常に快適に保つことができます。

風量が大きいレンジフードは、調理中の熱源となる火をコントロールすることにも役立ちます。高い風量で排出することで、調理器具周辺の温度を下げることができ、火あぶりや焦げつきを防ぐことができます。また、風量が大きいことで、空気の流れをスムーズに保ち、熱源の温度ムラを防止することもできます。

風量という観点において評価すると、東芝 DVS-100SY2は普通のレンジフードと比較する場合上位にあると感じとれると思います。そのため、このレンジフードを選んだほうがよい決め手の一つとなります。風量を検討することが、より賢明な判断を下すことにつながると思います。

風量評価
東芝 DVS-100SY21240m³/h95/100

消費電力

東芝 DVS-100SY2の消費電力において195Wというデータです。全レンジフードの中でも消費電力についての得点評価はイマイチなレベルにあるレンジフードであり、100点満点中6.1点であるといえるでしょう。これは消費電力が非常によくないといえます。

消費電力が小さいレンジフードは、多くのメリットを持っています。電気代が安くなることが一つ目ですが、それ以上に、性能面でも劣らない優れた機能を持っています。例えば、強力な吸引力を持ちながら、音量がとても小さく、設置場所を選ばないという点が挙げられます。また、壊れにくいという信頼性も高く、メンテナンスの手間を大幅に軽減することができます。

東芝 DVS-100SY2はかなり低いグレードにあると思われます。このため、このレンジフードに決めるべきではないポイントの一つといえるでしょう。また、このレンジフードは消費電力にこだわるならイマイチな選択と考えられそうです。消費電力は、不可欠な判断材料になると思います。

消費電力評価
東芝 DVS-100SY2195W6/100

スペック

東芝 DVS-100SY2
画像東芝 DVS-100SY2
風量1240m³/h
羽根の大きさ22 cm
消費電力195W

東芝 DVS-100SY2 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。