【2024年最新】 東芝 VFP-20KSYS 評価

2024-02-28 21:22:23

総合評価

51.3/100

(総合順位: 1297/4361)

評価項目点数
風量
42/100
騒音レベル
38/100
消費電力
74/100
総合評価51.3/100

評価レビュー

換気性能

風量

風量について東芝 VFP-20KSYSは250m³/hです。これは風量がそこそこな感じであることがわかるでしょう。100点満点中42点をつけています。これはすべてのレンジフードの中で標準的と言えます。このレンジフードは、大きい風量があります。そのため、調理時の煙やニオイを効果的に除去することができます。また、風量調整がスムーズで、使いやすいです。

風量が大きいレンジフードを使用することで、調理中に発生する揚げ物の匂いや焦げ臭さを効果的に消すことができます。また、風圧が強いことによって、換気扇周辺に空気が溜まるのを防ぎ、清潔な環境を保つことができます。一部の製品には、音量が低いものもあり、騒音が気になる方にもおすすめです。

この評価から明確に分かるように、風量という点で東芝 VFP-20KSYSは平均と比較して全くといっていいほど同じにあると言うことができるでしょう。風量の情報を比較しても、商品を決める上であまり参考になりません。

風量評価
東芝 VFP-20KSYS250m³/h42/100

騒音レベル

騒音レベルについて東芝 VFP-20KSYSは38.5dBというデータであるといえます。通常より、これは物足りないレベルなレンジフードといえます。全レンジフードの中でも騒音レベルについての得点評価はまあまあ良くないレンジフードです。弊サイトの独自評価では100点中38点となります。

騒音レベルが低いレンジフードは、近隣住民への配慮にも役立ちます。特にアパートや集合住宅など、周囲の住居への配慮が求められる場合には、低騒音レンジフードを採用することで、トラブルを回避することができます。さらに、低騒音レンジフードは、長期間使用しても騒音レベルが変わりにくく、耐久性が高いため、産業用や商業施設にも適しています。

この評価から明確なように騒音レベルについて東芝 VFP-20KSYSはまあまあ下位グレードに位置すると思います。そのため騒音レベルを気にする人の場合このレンジフードを採用するべきではないと考えられそうです。一方で決定的ではないため慎重に検討する必要性があることが分かるでしょう。

騒音レベル評価
東芝 VFP-20KSYS38.5dB38/100

消費電力

消費電力に関して東芝 VFP-20KSYSは8.5Wとなっています。これは比較的消費電力が上位にあるレンジフードであることが分かります。全てのレンジフードの中でも比較的有利にあると考えることができます。このレンジフードは小さい消費電力で、省エネ性能に優れています。そのため、使いながら電気代を節約することができ、経済性にも優れた製品と言えます。今後の家電製品に求められる環境性能の高さに対応した製品として、高い評価が期待されます。

消費電力が小さいレンジフードを選ぶと、お金を節約できるだけでなく、品質も高くなります。省エネ性能が優れているからこそ、技術力や素材選びもしっかりしていることが多く、長期間使える製品が多い傾向にあります。また、消費電力が少ないだけでなく、排気効果も優れていることが多いため、トラブルが起きにくいというメリットもあります。

この評価情報から明確にわかるように、消費電力に関して東芝 VFP-20KSYSは幾分か高い水準と考えることができます。このレンジフードにする場合において着目すべき要素の一つと言えそうです。消費電力は決定を下す際に欠かせない位置を占めると思います。

消費電力評価
東芝 VFP-20KSYS8.5W74/100

スペック

東芝 VFP-20KSYS
画像東芝 VFP-20KSYS
風量250m³/h
騒音レベル38.5dB
消費電力8.5W

東芝 VFP-20KSYS の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。