【2024年最新】 東芝 DVF-20CHK6 評価レビュー

2024-02-28 20:05:43

総合評価

41.6/100

(総合順位: 1479/4361)

評価項目点数
風量
55/100
騒音レベル
36/100
消費電力
33/100
総合評価41.6/100

評価レビュー

換気性能

風量

東芝 DVF-20CHK6における風量については420m³/hです。すべてのレンジフードの中で標準レベルといえます。風量がそこそこな感じです。ユーザーからの利用感による評価において、このレンジフードの大きい風量に関しては、満足度が高いことがわかりました。フードの取り付けも簡単で、手軽に設置することができます。また、風量調整もスムーズで、調理に合わせてレベルを調整できるため、非常に使い勝手が良い商品と言えます。

風量が大きいレンジフードのメリットとしては、強力な換気効果が挙げられます。特に、大量の調理を行う場合や香辛料などの強い臭いが出る料理をする際には、効果的に換気することができるため、キッチン内の空気を清潔に保つことができます。また、風量が大きいことで抗菌効果も高くなるため、衛生面でも優れています。

風量について実際に使用する場合東芝 DVF-20CHK6は中程度の水準にあると思います。ほかの側面でみていく必要性がありそうと言うことができます。

風量評価
東芝 DVF-20CHK6420m³/h55/100

騒音レベル

東芝 DVF-20CHK6の騒音レベルにおいて39dBです。一般的なレンジフードと比べる場合、これはそれなりに微妙なレンジフードかもしれません。騒音レベルという点に関しては全てのレンジフードの中でも比較的下位水準に位置し、100点満点中36点と言うことができます。

騒音レベルが小さいレンジフードは快適な生活に欠かせない必需品になりつつあります。このような製品のメリットは、騒音を大幅に軽減できることだけではありません。例えば、食事をするときの会話が快適に行えるという点でも注目されています。また、住民同士のトラブルを避けられるという点も大きなメリットの一つです。

これらの評価情報で明白にわかるように騒音レベルに関して東芝 DVF-20CHK6は平均と比較する場合物足りないレベルに感じとれると思います。一方で絶対的とまでは言い切ることができないため気を付ける必要があるといえます。

騒音レベル評価
東芝 DVF-20CHK639dB36/100

消費電力

東芝 DVF-20CHK6における消費電力について48Wというデータと言えます。これはわりと消費電力が大きいレンジフードであるということが分かります。100点満点中33.4点を消費電力につけています。これは全レンジフードの中でも低いレベルと思われます。

消費電力が小さいレンジフードのメリット消費電力が小さいレンジフードは、節電に貢献することができます。また、省エネ設計がなされていることから、長時間使用した場合でも光熱費の抑制が期待できます。さらに、地球環境への負荷も軽減されるため、環境にも配慮した家電選びとなります。

消費電力に関して実際的な点で見ると東芝 DVF-20CHK6はそこそこ劣っているレンジフードであるということが分かるでしょう。このレンジフードはオススメしないです。消費電力を参考にすることで後悔しない決断ができるでしょう。

消費電力評価
東芝 DVF-20CHK648W33/100

搭載センサー

人感センサー搭載

東芝 DVF-20CHK6は人感センサーを搭載しているということができます。このレンジフードは、人感センサーを搭載しており、調理中に手を離すことなくスムーズに操作ができるため、料理のストレスを軽減することができます。さらに、自動的にオフになるため、火の元の安全確保にも一役買っています。

人感センサーを搭載しているレンジフードのメリットは複数あります。例えば、食事の準備中に手が汚れたりふさがっていたりしても、手でスイッチを押す必要がなく、自動的にフードが作動することができます。また、食事中に換気を考えることができずにいた場合でも、センサーが感知して自動的に作動するため、換気の手間が省けるという利点もあります。さらに、エアコンや暖房が作動している場合でも、センサーが感知することができるため、換気効果を最大限に発揮することができます。

スペック

東芝 DVF-20CHK6
画像東芝 DVF-20CHK6
風量420m³/h
羽根の大きさ20 cm
騒音レベル39dB
消費電力48W
人感センサー搭載

東芝 DVF-20CHK6 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。