【2024年最新】 東芝 DVF-T20FVQDA 評価

2024-02-28 16:45:12

総合評価

36.4/100

(総合順位: 1584/4361)

評価項目点数
風量
60/100
騒音レベル
16/100
消費電力
32/100
総合評価36.4/100

評価レビュー

換気性能

風量

風量に関して東芝 DVF-T20FVQDAは475m³/hです。これは普及しているレンジフードと比べると、優れていると考えることができます。わりと高いレベルであると思われます。評点は100点満点中60.7点です。レンジフードで一番大切なのは、その性能です。このレンジフードの大きい風量は、高い換気効果を発揮し、換気口の位置によっては、キッチン全体をしっかりと除湿することもできます。この性能は、本格的な料理や家族での食事シーンには必須です。

風量が大きいレンジフードのメリットには、料理中に発生する煙や臭いを素早く排出できることが挙げられます。これにより、家庭内の空気が汚れることを防ぎ、快適な調理環境を提供することができます。また、風量が大きいため、より広い面積をカバーすることができ、板野建では節電機能も備わっています。

これらの評価からわかるように東芝 DVF-T20FVQDAはそれなりに高いグレードに位置するといえます。そのため風量を重視したい場合このレンジフードが適切と言うことができそうです。

風量評価
東芝 DVF-T20FVQDA475m³/h60/100

騒音レベル

騒音レベルについて東芝 DVF-T20FVQDAは46dBというデータになっています。本サイト上の評価では100点中16.4点を騒音レベルにつけています。これは騒音レベルが非常に物足りない水準にあるレンジフードの一つといえます。

騒音レベルが小さいレンジフードには、嬉しいメリットがたくさんあります。まず、キッチンで作業するときのストレスを大幅に軽減してくれることが挙げられます。また、騒音レベルが小さいレンジフードは、住宅環境の中でも静かな空間を維持することができるので、家族の睡眠や日常生活全般においてストレスを減らすことができます。さらに、騒音レベルが小さいレンジフードは、エネルギー効率が高い場合が多いため、お金を節約することができます。快適なキッチン環境と経済的メリットを期待するなら、騒音レベルが小さいレンジフードの利用を積極的に検討しましょう。

騒音レベルにおいて体感上の視点で言えば東芝 DVF-T20FVQDAは普通より下回っていると感じるでしょう。したがってこのレンジフードは騒音レベルが重要な場合いまいちな選択肢と考えられそうです。

騒音レベル評価
東芝 DVF-T20FVQDA46dB16/100

消費電力

消費電力に関して、東芝 DVF-T20FVQDAは52Wです。通常と比較するとこれは幾分か低いレベルなレンジフードと言えるでしょう。消費電力に関しては、下位に存在します。100点中32.2点というデータです。

低消費電力のレンジフードのメリットは多岐にわたります。まず第一に、電気代の節約に繋がります。また、環境にも配慮したエコな生活を送ることができます。更に、消費電力が小さいレンジフードは静かで、安心して使用できます。

この評価を考えると消費電力について東芝 DVF-T20FVQDAは普通のレンジフードと比較する場合ある程度イマイチな水準にあるといえるでしょう。ただし、絶対的とまでは必ずしも断定できない点には注意が必要ということが分かります。

消費電力評価
東芝 DVF-T20FVQDA52W32/100

スペック

東芝 DVF-T20FVQDA
画像東芝 DVF-T20FVQDA
風量475m³/h
羽根の大きさ20 cm
騒音レベル46dB
消費電力52W

東芝 DVF-T20FVQDA の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。