東芝 DVF-T14M (2018) 評価

2023-05-21 04:08:58

総合評価

53.7/100

(総合順位: 1311/4361)

評価項目点数
風量
35/100
騒音レベル
62/100
消費電力
62/100
総合評価53.7/100

評価レビュー

換気性能

風量

東芝 DVF-T14M (2018)について、風量は181m³/hになります。基本的なレンジフードより、このレンジフードの風量は比較的小さいレンジフードでしょう。全てのレンジフードの中でそこそこ下位水準にあります。100点満点中35.7点というスコア評価を風量につけています。

風量が大きいレンジフードのメリットは、調理中に発生する油煙やニオイを素早く排出することができる点です。また、風量が多いため、広いキッチンでも効率的に換気することができます。さらに、掃除の際にもスムーズに汚れを取り除くことができるので、衛生的に保つことができます。

実際の使用を考慮すると風量に関して東芝 DVF-T14M (2018)はそれなりに物足りないレベルにあると感じとれるでしょう。従って、このレンジフードは風量が重要な場合全くと言っていいほど候補に入らないと考えられそうです。しかし、絶対的とまでは必ずしも判断できないため要注意です。

風量評価
東芝 DVF-T14M (2018)181m³/h35/100

騒音レベル

東芝 DVF-T14M (2018)に関する騒音レベルについては31.5dBとなっています。通常のレンジフードより、騒音レベルが比較的小さいということができるレンジフードだと思います。100点中62.8点ということができます。このレンジフードは、小さい騒音レベルを持っています。使用中でも静かであり、家族やお隣さんへの迷惑をかけることはありません。キッチンでの作業や会話もスムーズに行えるため、快適な調理時間を過ごすことができます。

騒音レベルが小さいレンジフードは、静かな環境を好む方には特におすすめの製品と言えます。調理時に騒音を取り除くことができるため、家族や相手にもやさしい行動ができます。また、静かな音で使用することができるため、子育てファミリーにも最適な製品と言えるでしょう。最新のメーカーでは、騒音レベルを抑えつつ、高い換気性能を発揮する製品も数多く展開されています。

実際に利用する上で考えると、東芝 DVF-T14M (2018)はそれなりに上回っていると言えそうです。従って、このレンジフードは騒音レベルを気にするのであればお勧めできると考えられるかもしれません。そうでなくとも、このレンジフードにしたほうがいい決め手の一つとなります。

騒音レベル評価
東芝 DVF-T14M (2018)31.5dB62/100

消費電力

消費電力において東芝 DVF-T14M (2018)は17Wになります。普通のレンジフードと比べる場合、このレンジフードの消費電力は比較的小さいレンジフードと考えられます。消費電力においてはすべてのレンジフードの中でも幾分か高いレベルにあります。小さい消費電力でありながら高い換気力を発揮するこのレンジフードは、キッチン内の換気を効率的に行えます。また、編み込みフィルターを使用しているため、手軽に油汚れを取り除くことができます。

消費電力が小さいレンジフードのメリットは、節電に貢献することです。省エネ機能がより重視される現代において、消費電力を控えることは環境にも貢献することになります。また、電気代の節約にも繋がり、長期的に家計に優しい選択となります。

実際には東芝 DVF-T14M (2018)は感覚的に、そこそこ優位にあるといえるでしょう。したがって、このレンジフードが選択肢に挙がる理由の一つと言えそうです。消費電力を見ておくことが、より適切な選択を下すことにつながると言えるでしょう。

消費電力評価
東芝 DVF-T14M (2018)17W62/100

スペック

東芝 DVF-T14M (2018)
画像東芝 DVF-T14M (2018)
風量181m³/h
羽根の大きさ14 cm
騒音レベル31.5dB
消費電力17W

東芝 DVF-T14M (2018) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。