東芝 VFR-63LJB (2016) 評価レビュー

2023-05-21 04:31:37

総合評価

44/100

(総合順位: - /4361)

評価項目点数
風量
76/100
騒音レベル
30/100
消費電力
26/100
総合評価44/100

評価レビュー

換気性能

風量

東芝 VFR-63LJB (2016)に関する風量については600m³/hとなっています。風量という点においてすべてのレンジフードの中である程度高いグレードに位置づけられ、評価.comの専門家による評価点は100点満点中76点というデータになっています。一般的なレンジフードと比較する場合、このレンジフードの風量は比較的大きいレンジフードであることがわかります。このレンジフードは、大きい風量で高い換気能力を持っています。厨房で調理をする際には、焦げた匂いや蒸気などを速やかに取り除く必要があります。このレンジフードの性能であれば、優れた換気効果が期待できることでしょう。

風量が大きいレンジフードには、強い換気力による油煙や匂いの排出や、キッチン内の湿気や熱を適切に排出するというメリットがあります。また、最近の製品は、自動で風量を調整するスマート機能が搭載されているため、調理のしやすさや快適さを向上することができます。さらに、フィルターの交換やお手入れが簡単であることもメリットのひとつです。

この評価情報で明らかなように、風量について東芝 VFR-63LJB (2016)は標準よりすごいと感じられるでしょう。ただ、決定的とまでは必ずしも保証できない点を考える必要性があります。

風量評価
東芝 VFR-63LJB (2016)600m³/h76/100

騒音レベル

騒音レベルについて東芝 VFR-63LJB (2016)は41dBとなっています。本サービスにおける騒音レベルにおける点数は100点満点中30点といえます。これは騒音レベルがある程度低い部類にあります。

騒音レベルが小さいレンジフードを選択することのメリットは多岐に渡ります。まず、厨房環境を快適にすることができます。騒音が小さいと、厨房での作業のストレスを軽減し、仕事の効率を上げることができます。また、周りの人々に配慮できるようになることもメリットの一つです。家族や近隣住民に配慮し、反感を買うこともありません。最後に、騒音レベルが小さいレンジフードは、一番近くの状況に適した調理環境を提供することができます。

騒音レベルに関して実際的な面で言えば東芝 VFR-63LJB (2016)は低いレベルといえるでしょう。従って、このレンジフードは騒音レベルを優先したい人にとってはいまいちな選択といえるでしょう。騒音レベルを参考にすることで、より的確な決断を下せると言えます。しかし、絶対的とまでは必ずしも保証できない点は気を付けるべきであると言うことができます。

騒音レベル評価
東芝 VFR-63LJB (2016)41dB30/100

消費電力

東芝 VFR-63LJB (2016)における消費電力について72Wというデータと言えます。本サイトにおける独自評価では100点満点中26点という評価点を消費電力につけています。これは平均と比べる場合まあまあ下回っていると考えられるかもしれません。

消費電力が少ないレンジフードのもうひとつのメリットは、静音性にあります。電力消費が少ないことにより、ファンの回転音や排気音が静かで、ストレスを感じることがありません。そのため、家族や近隣への迷惑を気にせず、快適に調理できます。

消費電力について東芝 VFR-63LJB (2016)はそれなりに低いレベルなレンジフードであることが分かります。ただし、絶対的とまでは言い切ることができない点には要注意であると言うことができます。

消費電力評価
東芝 VFR-63LJB (2016)72W26/100

スペック

東芝 VFR-63LJB (2016)
画像東芝 VFR-63LJB (2016)
風量600m³/h
騒音レベル41dB
消費電力72W

東芝 VFR-63LJB (2016) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。