パナソニック FY-08PDR9 (2016) 詳細レビュー

2023-05-21 03:52:05

総合評価

58.4/100

(総合順位: 247/4361)

評価項目点数
換気量
40/100
風量
10/100
騒音レベル
91/100
消費電力
91/100
総合評価58.4/100

評価レビュー

換気性能

換気量

パナソニック FY-08PDR9 (2016)に関する換気量において50m³/hというデータとなっています。評価スコアは100点中40点というデータです。これはすべてのレンジフードの中で平均グレードに位置するでしょう。標準グレードと言うことができるレンジフードであると思います。多い換気量が自慢のこのレンジフードは、オイルや煙の飛散を効果的に抑制します。換気性能の高さが、煮炒りや揚げ物などの匂いを素早く排気してくれます。

換気量が多いレンジフードは、強力な換気能力によって、キッチン内の汚染を効果的に除去します。そのため、家の空気がきれいになり、家族の健康を守ることができます。また、料理の際に出る湿気も排気するため、カビや酵素の発生を防止するとともに、家の壁や天井を腐らせることもありません。

換気量において実際の使用場面を考えるとパナソニック FY-08PDR9 (2016)は標準的と思います。決定する上で、換気量の情報は全くといっていいほど役に立ちません。

換気量評価
パナソニック FY-08PDR9 (2016)50m³/h40/100

風量

パナソニック FY-08PDR9 (2016)の風量において50m³/hというデータになっています。風量という角度について見てみると全レンジフードの中でもかなり下位に位置するでしょう。平均と比べるとこれはとても物足りないレベルにあるレンジフードといえるかもしれません。

風量が大きいレンジフードは、調理時に排気や換気が行いやすく、調理中の気になるニオイや湿気を効率的に除去できます。また、食材を焼く時にも余計な煙を出さず、料理の美味しさを損ねません。加えて、風量が大きいため、勢いよく排気されるため、掃除もしやすくなるメリットがあります。

実際の現場で考えると風量に関してパナソニック FY-08PDR9 (2016)はかなり低い水準にあるレンジフードであることが分かるでしょう。このため、このレンジフードは風量を重要視する人の場合ストレスに感じると言えそうです。

風量評価
パナソニック FY-08PDR9 (2016)50m³/h10/100

騒音レベル

パナソニック FY-08PDR9 (2016)に関する騒音レベルについては21dBです。騒音レベルについて全レンジフードの中でも最上位グレードに位置づけられ、評価.com上の得点評価は100点満点中91.3点と言うことができます。これは普通と比べる場合とても優れた水準にあると言えるかもしれません。このレンジフードは、静粛性と信頼性を兼ね備えた製品です。小さい騒音レベルにもかかわらず、高い通風効果を発揮してくれます。運転中に不快な音が発せられることはありませんので、お料理の邪魔になることもありません。

騒音レベルが小さいレンジフードには多くのメリットがあります。まず一つ目は、静かに調理が行えることです。家族や友人との会話が楽しく続けられ、家庭内のコミュニケーションがスムーズになります。二つ目は、騒音レベルが小さいため、睡眠中に調理を行う場合でも他人に迷惑をかけることがありません。三つ目は、耳に優しい環境を作ることができる点です。ノイズが少ない環境は、ストレスの軽減に繋がります。

騒音レベルにおいて実用的な側面から見るとパナソニック FY-08PDR9 (2016)は普通より非常に秀逸であると感じとれると思います。したがって、このレンジフードは騒音レベルが重要な場合理想的と思います。そうでなくとも、このレンジフードの採用を推奨することができる一つの決め手となるでしょう。

騒音レベル評価
パナソニック FY-08PDR9 (2016)21dB91/100

消費電力

消費電力について、パナソニック FY-08PDR9 (2016)は2.4Wというデータです。これは平均的なレンジフードより、優れていると言うことができそうです。全てのレンジフードの中でも最上級にあります。100点満点中91.3点です。小さい消費電力を持つこのレンジフードは、環境保護にも貢献できます。家庭での省エネによって、大量の電力を節約できるため、地球の温暖化抑制につながります。また、低音の稼働音が静かなので、快適な調理空間を提供します。

消費電力が小さいレンジフードのメリットは、省エネに繋がります。少ない消費電力で十分な風量を確保できるため、電気代の節約にも繋がります。また、環境負荷が軽減されるため、エコな生活を意識する方にはおすすめの機種です。

実際に必要な観点から判断すると、パナソニック FY-08PDR9 (2016)は著しく高いレベルにあるレンジフードであることがわかります。そのため消費電力を優先する人にとってはこのレンジフードは採用すべきと言うことができます。ともあれ、消費電力は商品選びにおいて不可欠な判断材料になるといえます。

消費電力評価
パナソニック FY-08PDR9 (2016)2.4W91/100

搭載センサー

人感センサー搭載

パナソニック FY-08PDR9 (2016)は人感センサーを搭載しているレンジフードと言えるでしょう。このレンジフードは、人感センサーを搭載しているため、調理中に手でスイッチを入れる必要がありません。加えて、センサーが人の動きを検知すると自動的に作動し、快適な調理環境を提供してくれます。この人感センサー搭載のレンジフードを使用することで、家事時間を短縮し、一石二鳥の効果を得られます。

人感センサーを搭載しているレンジフードのメリットは、食器やコンロに厨房油を飛散させることなく、自動で調整しながら排気することができることです。これによって、調理中の油煙やニオイを素早く取り除くことができ、キッチンの清潔さを保つことができます。さらに、人感センサーが搭載されていることで、調理中に手が汚れていたり、手を離すことができない場合でも、レンジフードを操作することができるため、調理の手間を省くことができます。

スペック

パナソニック FY-08PDR9 (2016)
画像パナソニック FY-08PDR9 (2016)
換気量50m³/h
風量50m³/h
羽根の大きさ8 cm
騒音レベル21dB
消費電力2.4W
人感センサー搭載

パナソニック FY-08PDR9 (2016) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。