パナソニック FY-17C8 (2017) 評価レビュー

2023-05-21 03:51:31

総合評価

58.2/100

(総合順位: 251/4361)

評価項目点数
換気量
50/100
風量
20/100
騒音レベル
86/100
消費電力
75/100
総合評価58.2/100

評価レビュー

換気性能

換気量

換気量においてパナソニック FY-17C8 (2017)は76m³/hというデータと言えます。換気量についてそこそこのレベルに位置づけられ、評価は100点中50.3点と言えます。換気量がまあまあな感じのレンジフードであると言えます。このレンジフードの多い換気量は、煙、油や調理臭など、様々なお料理の嫌な臭いを迅速かつ安定的に吸い取ります。また、省エネ設計によって、消費電力が低く抑えられています。そのため、近年の環境問題に配慮した、優れた製品と言えます。さらに、モダンなデザインが調理スペースを一段と引き締め、高品質で機能的な仕上がりになっています。

レンジフードには、換気量が多いタイプがあります。このタイプのレンジフードには、さまざまなメリットがあります。一つ目のメリットは、調理中に発生する蒸気や臭いを効果的に排出することができることです。これによって、キッチン内の空気がきれいに保たれ、快適な空間を作ることができます。また、換気量が多いレンジフードは、調理中に発生する油汚れを効果的に防止することができます。これによって、キッチンの清潔さを維持することができます。さらに、換気量が多いレンジフードは、上質な素材やデザインで、キッチンを美しく演出することができます。

換気量において実際の使用場面を考えるとパナソニック FY-17C8 (2017)は標準的と思います。別の角度から検討する必要性がありそうことが分かるでしょう。

換気量評価
パナソニック FY-17C8 (2017)76m³/h50/100

風量

風量においてパナソニック FY-17C8 (2017)は95m³/hです。普通より、下回っているでしょう。全てのレンジフードの中でも風量についての評価点数はまあまあ低いレベルのレンジフードで、100点中20.1点というデータになっています。

レンジフードの風量が大きくなることで得られるメリットは、何度も聞く機会がありますが、その中でも一番大切な点は、キッチン内の空気を清潔に保てることです。そしてそれは、調理中に発生した蒸気や油を効率的に排出することで、実現することができるのです。さらに、フィルター交換が簡単かつ手間のかからない仕様の製品があるため、利用者にとって快適なキッチン空間を維持することができます。

実際にはパナソニック FY-17C8 (2017)は割と劣っているレンジフードであることが分かります。一方で、決定的ではないため要注意ということがわかるでしょう。

風量評価
パナソニック FY-17C8 (2017)95m³/h20/100

騒音レベル

パナソニック FY-17C8 (2017)に関して、騒音レベルは23dBになります。100点満点中86.6点と言うことができます。これは普及しているレンジフードと比べる場合騒音レベルはとても小さいと言うことができそうです。このレンジフードは、静粛性と信頼性を兼ね備えた製品です。小さい騒音レベルにもかかわらず、高い通風効果を発揮してくれます。運転中に不快な音が発せられることはありませんので、お料理の邪魔になることもありません。

騒音レベルが小さいレンジフードには、数多くのメリットがある。例えば、静かな空間で食事を楽しめることができたり、夜間でも料理に集中できたりする。また、近隣に配慮した取り組みとしても注目される。

実際の使用上のことを考えると、騒音レベルという点についてパナソニック FY-17C8 (2017)は感覚上、非常に優位にあることが分かります。このため騒音レベルを気にする場合このレンジフードを検討したほうが良いと考えられるかもしれません。そうでなくとも、このレンジフードは一つの強力な候補となります。いずれにしても、騒音レベルを考えることはより正確な判断を下す上で必要不可欠な指標でしょう。

騒音レベル評価
パナソニック FY-17C8 (2017)23dB86/100

消費電力

パナソニック FY-17C8 (2017)に関して、消費電力は7.6Wとなっています。全てのレンジフードの中で消費電力に関する得点はやや抜きん出たレンジフードで、本サービスにおける独自評価では100点満点中75.9点という評価点数をつけています。平均的なレンジフードと比較する場合高い水準にあるレンジフードであることがわかります。電気代を節約したい人のために、このレンジフードは最適な選択肢です。小さい消費電力により、長期間使用することができ、同時にエネルギーコストを抑えることができます。農耕や畜産を行う環境には特に適している製品だといえます。

消費電力が小さいレンジフードは、省エネと生活の質を両立できます。消費電力が小さいため、長時間の使用でも電気代が高くなることはありません。そして、作動音も小さく、そのために家族との会話が継続できます。また、効果的な吸引力で、家庭内の空気を清潔に保てるため、生活の質を向上させます。

これらの評価情報から明らかなように、消費電力についてパナソニック FY-17C8 (2017)は比較的高いレベルであるレンジフードです。ただ、決定的とまでは必ずしもいい切れない点を留意する必要性があります。

消費電力評価
パナソニック FY-17C8 (2017)7.6W75/100

スペック

パナソニック FY-17C8 (2017)
画像パナソニック FY-17C8 (2017)
換気量76m³/h
風量95m³/h
騒音レベル23dB
消費電力7.6W

パナソニック FY-17C8 (2017) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。