東芝 VKH-90LD (2016) 詳細レビュー

2023-05-21 04:38:22

総合評価

55/100

(総合順位: - /4361)

評価項目点数
風量
83/100
騒音レベル
36/100
消費電力
45/100
総合評価55/100

評価レビュー

換気性能

風量

風量について東芝 VKH-90LD (2016)は740m³/hというデータです。通常のレンジフードより、上回っているレンジフードと言えるかもしれません。全てのレンジフードの中でも最上位グレードにあります。大きい風量を持つこのレンジフードは、調理中に発生する蒸気や油煙を効率よく排出することができます。さらに、その操作も簡単で、使い心地も非常にいい点が魅力です。どんなユーザーにも使いやすい商品となっています。

風量が大きいレンジフードのメリットは、その効果的な換気効果に加えて、煮込み料理やスープなど匂いの強い料理でも、周りに匂いが漏れにくくなることです。また、キッチンの気温も下がり、夏場など暑い季節には特に助かる優れたアイテムです。家庭においてはもちろん、業務用の店舗や飲食店でも幅広く利用されています。

この評価情報から明確にわかるように東芝 VKH-90LD (2016)は最も群を抜いて上位に位置すると言えます。このレンジフードは強力な候補ということが分かるでしょう。風量は、大きな要素になると思います。

風量評価
東芝 VKH-90LD (2016)740m³/h83/100

騒音レベル

騒音レベルに関して、東芝 VKH-90LD (2016)は39dBとなっています。これはそこそこ騒音レベルが大きいレンジフードといえます。騒音レベルに関しては全てのレンジフードの中でもそこそこ下回っていると考えられます。

騒音レベルが小さいレンジフードのメリットについて述べさせていただきます。まず1つ目のメリットは、家の中での静かな環境を保つことができる点です。レンジフードの音が大きいと、ついつい音量を小さくしてしまうことがありますが、その結果、換気効果が低下してしまうこともあります。騒音レベルが小さいレンジフードは、静かな環境を維持しつつ、しっかりと換気することができるので、快適な生活を送ることができます。

これらの評価から明確にわかるように騒音レベルに関して東芝 VKH-90LD (2016)は普通と比べる場合そこそこ微妙なレベルに感じるでしょう。一方で、決定的とまでは必ずしもいい切れないことがわかります。

騒音レベル評価
東芝 VKH-90LD (2016)39dB36/100

消費電力

消費電力に関して、東芝 VKH-90LD (2016)は32Wです。すべてのレンジフードの中でも消費電力におけるスコアはまあまあな感じです。評点は100点中45点であると言うことができるでしょう。これはまあまあな感じと言うことができるレンジフードだと分かります。このレンジフードは小さい消費電力で動くので、エコロジカルです。省エネでありながら、効果的に油煙を取り除くことができるため、主婦たちから支持されています。

消費電力が小さいレンジフードのメリットは、省エネに繋がります。少ない消費電力で十分な風量を確保できるため、電気代の節約にも繋がります。また、環境負荷が軽減されるため、エコな生活を意識する方にはおすすめの機種です。

実際の使用においては東芝 VKH-90LD (2016)は平均的なレンジフードであるといえるでしょう。ほかの角度から評価した方が良さそうです。

消費電力評価
東芝 VKH-90LD (2016)32W45/100

スペック

東芝 VKH-90LD (2016)
画像東芝 VKH-90LD (2016)
風量740m³/h
羽根の大きさ25 cm
騒音レベル39dB
消費電力32W

東芝 VKH-90LD (2016) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。