パナソニック FY-08PDL9 (2015) レビュー評価

2023-05-21 05:09:34

総合評価

66.6/100

(総合順位: 73/4303)

評価項目点数
風量
12/100
騒音レベル
92/100
消費電力
95/100
総合評価66.6/100

評価レビュー

換気性能

風量

パナソニック FY-08PDL9 (2015)の風量において57m³/hというデータになっています。すべてのレンジフードの中でも風量に関するスコア評価はかなり劣っているレンジフードであり、100点満点中12.3点であると言えます。風量がとてもよくないと考えられるかもしれません。

風量が大きいレンジフードは、調理中の熱源となる火をコントロールすることにも役立ちます。高い風量で排出することで、調理器具周辺の温度を下げることができ、火あぶりや焦げつきを防ぐことができます。また、風量が大きいことで、空気の流れをスムーズに保ち、熱源の温度ムラを防止することもできます。

風量に関して実際に使用する場面においてパナソニック FY-08PDL9 (2015)は普通と比較する場合劣っていると感じとれると思います。従ってこのレンジフードに決めない場合において手掛かりの一つとなるでしょう。また風量にこだわるならこのレンジフードを使うべきでないと考えられるかもしれません。ともあれ、風量を考えることがより的確な判断をすることにつながると言えます。

風量評価
パナソニック FY-08PDL9 (2015)57m³/h12/100

騒音レベル

パナソニック FY-08PDL9 (2015)について、騒音レベルは20.5dBになります。典型的なレンジフードと比較する場合飛び抜けて高いレベルであるレンジフードといえそうです。全レンジフードの中でも飛び抜けてすばらしいであることが分かるでしょう。このレンジフードの小さい騒音レベルは、音を気にする人にとって理想的です。さまざまな音楽、映画、テレビ番組を鑑賞しながら使用することができ、静かで快適な生活環境を提供することができます。

②騒音レベルが小さいレンジフードを選ぶことにより、耳への負担を軽減することができます。特に長時間料理をする場合は、騒音によるストレスがたまり、体に悪影響を与えることがあります。そのため、静かな環境を維持しながら、快適に料理をすることができます。さらに、集合住宅やマンションなど、周囲への配慮が必要な場所でも、安心して使用することができます。

この評価から明確にわかるように騒音レベルに関して実際的に言えばパナソニック FY-08PDL9 (2015)は遥かに優れているレンジフードであることが分かるでしょう。このレンジフードは候補に加えることを考慮すべきであることが分かります。また、このレンジフードは騒音レベルを優先するなら選択肢にあがると言えそうです。

騒音レベル評価
パナソニック FY-08PDL9 (2015)20.5dB92/100

消費電力

パナソニック FY-08PDL9 (2015)における消費電力は1.7Wです。消費電力における評点は100点満点中95.1点となっています。これは消費電力が比べ物にならないくらい小さいレンジフードの代表格といっても過言ではないです。このレンジフードは、小さい消費電力でありながら、驚くほどの換気力を誇っています。首都圏など、狭いキッチンスペースで悩んでいる方には、おすすめの商品です。省エネ性能も高く、長期間の使用でもお財布に優しい点も魅力的です。

消費電力が小さいレンジフードのメリットは大変多岐にわたります。まず第一に、エコな性質があることが挙げられます。消費電力が少ないため、環境への負荷が小さく、省エネ効果も期待できます。また、電気代の節約にもつながります。加えて、運転音が静かであることもメリットの一つです。消費電力が小さいため、高性能でありながら、部屋の静かさを保つことができます。

実際に使う場面で、消費電力についてパナソニック FY-08PDL9 (2015)は一回り秀逸であるレンジフードと言うことができるでしょう。消費電力が重要な場合このレンジフードは最適と考えられそうです。そうでなくとも、このレンジフードを採用する際に一つの大きな判断材料になります。

消費電力評価
パナソニック FY-08PDL9 (2015)1.7W95/100

スペック

パナソニック FY-08PDL9 (2015)
画像パナソニック FY-08PDL9 (2015)
風量57m³/h
羽根の大きさ8 cm
騒音レベル20.5dB
消費電力1.7W

パナソニック FY-08PDL9 (2015) と評価が同程度のレンジフードを探す