パナソニック FY-17C6U と パナソニック FY-17C8 (2017) の性能・機能を評価を解説

作成日時: 2020-03-20 22:25:00、更新日時: 2021-10-20 16:14:45

パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)
パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)

「パナソニック FY-17C6U」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」をくらべた時の違いや差について検証/解説。違いや差について比較/解説しました!どちらを選ぶべきなのかが選ぶのに慣れてない人でも簡単に分かります。

パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)
パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)
総合評価:
換気量rating-image2.3
70m³/h
rating-image2.6
76m³/h
風量rating-image1
85m³/h
rating-image1
95m³/h
騒音レベルrating-image4.3
27.5dB
rating-image4.9
23dB
消費電力rating-image3.6
8W
rating-image3.7
7.6W

パナソニック FY-17C6Uの換気量は、70m³/hであり、風量は85m³/hです。騒音レベルは27.5dBであり、消費電力は8Wです。一方で、パナソニック FY-17C8 (2017)の換気量は76m³/hであり、風量は95m³/hです。騒音レベルは23dBであり、消費電力は7.6Wです。両製品とも、換気量及び風量において、パナソニック FY-17C8 (2017)の方が高い数値を示しており、騒音レベルにおいては、パナソニック FY-17C6Uの方が高い数値を示しています。消費電力においては、パナソニック FY-17C6Uがやや高めの値を示しています。

両製品を比べると、パナソニック FY-17C8 (2017)の方が換気量、風量がやや高く、騒音レベルも低いことから、より静かで効率的な換気が期待できます。一方で、消費電力に関しては、パナソニック FY-17C6Uが約0.4W高めの値を示していますが、差はわずかであり、特に問題とはなりません。総合的に見て、パナソニック FY-17C8 (2017)の方が優れた性能を持っていると考えられます。

パナソニック FY-17C8 (2017)は、換気量・風量が高く、騒音レベルも低いため、効率的かつ静かな換気を実現することができます。また、消費電力も低めであり、省エネ性にも優れています。以上の理由から、パナソニック FY-17C8 (2017)はおすすめできる製品であると考えられます。

icn
パナソニック FY-17C8 (2017) と比較して パナソニック FY-17C6U を選ぶメリット

-

icn
パナソニック FY-17C6U と比較して パナソニック FY-17C8 (2017) を選ぶメリット
換気量
45.3点(70m³/h) vs 52.1点(76m³/h)
騒音レベル
85.1点(27.5dB) vs 97.8点(23dB)

「パナソニック FY-17C6U」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を徹底比較する

換気性能について「パナソニック FY-17C6U」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を比較

換気量について

換気量が多いレンジフードは飲食店など業務用で使用できる点で使い勝手が良いです。例えば一気に短時間で換気するのにおススメです。

換気量を比較すると「パナソニック FY-17C6U」は70m³/hに対して「パナソニック FY-17C8 (2017)」は76m³/hです。「パナソニック FY-17C6U」と比較して「パナソニック FY-17C8 (2017)」はどちらかといえば多い換気量です。換気量の多さランキングで見てみると140製品中「パナソニック FY-17C6U」は66位で「パナソニック FY-17C8 (2017)」は60位です。ほとんど差は無いと言えます。

部屋空気をより早く排出できる点で「パナソニック FY-17C8 (2017)」の方が「パナソニック FY-17C6U」よりもわずかに良いといえなくもないでしょう。短い時間で換気する場合でも感覚的にわかるほどの差はほぼ無いと思います。あえて選択するなら「パナソニック FY-17C6U」より「パナソニック FY-17C8 (2017)」を選んだ方がいいですが、体感できるほどの違いはほとんどありません。

換気量評価
パナソニック FY-17C6U
70m³/h45/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
76m³/h52/100

風量について

風量が大きいレンジフードは効率よく使用できる点で優れています。特ににおいが強い料理をするのに向いています。

風量を「パナソニック FY-17C6U」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を比べると「パナソニック FY-17C6U」は85m³/hで「パナソニック FY-17C8 (2017)」は95m³/hです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」も「パナソニック FY-17C6U」も風量の違いがほぼゼロと言えます。風量の大きさランキングで見てみると1465製品中「パナソニック FY-17C6U」は1270位で「パナソニック FY-17C8 (2017)」は1200位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの違いはありません。別の視点から比べることをおすすめします。

風量評価
パナソニック FY-17C6U
85m³/h10/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
95m³/h11/100

騒音レベルについて

騒音レベルが小さいレンジフードは夜騒音に敏感な時間帯に無理無く利用できる点で秀でています。特に静かな環境で使用するといったようなケースに最適です。

騒音レベルを比較すると「パナソニック FY-17C8 (2017)」は23dBであり「パナソニック FY-17C6U」は27.5dBです。4.5dBの違いがあります。「パナソニック FY-17C8 (2017)」は「パナソニック FY-17C6U」と比較してやや騒音値が小さいです。騒音の小ささランキングで比較すると全1488製品のなかで「パナソニック FY-17C8 (2017)」は89位で「パナソニック FY-17C6U」は242位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

「パナソニック FY-17C8 (2017)」は夜間も静かに使用できる点で「パナソニック FY-17C6U」よりもよいです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」は静かに運転しながら換気するのにややおすすめです。実際に使う場面において「パナソニック FY-17C8 (2017)」の方が「パナソニック FY-17C6U」よりも比較的良いです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」が良いですが、決定的に優れていると言えるくらいの差はないでしょう。

騒音レベル評価
パナソニック FY-17C6U
27.5dB85/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
23dB97/100

消費電力について

特に長時間使う時も節電するといったケースで役立ちます。

消費電力を「パナソニック FY-17C8 (2017)」と「パナソニック FY-17C6U」を比較すると「パナソニック FY-17C8 (2017)」は7.6Wであるのに対して「パナソニック FY-17C6U」は8Wです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」も「パナソニック FY-17C6U」も同じくらいの消費電力です。消費電力の小ささランキングで見てみると1663製品中「パナソニック FY-17C6U」は323位で「パナソニック FY-17C8 (2017)」は311位です。ほとんど差は無いと言えます。

感覚的にわかるほどの違いはありません。ほかの観点から比較したほうが良さそうです。

消費電力評価
パナソニック FY-17C6U
8W72/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
7.6W73/100

「パナソニック FY-17C6U」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」の違いを表で比較する

パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)
画像パナソニック FY-17C6Uパナソニック FY-17C8 (2017)
換気量70m³/h76m³/h
風量85m³/h95m³/h
騒音レベル27.5dB23dB
消費電力8W7.6W

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較する

価格をチェック

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。