徹底比較: 日本電興 UB-150 vs 東芝 DVS-100SK

2023-10-09 16:03:39

日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
総合評価:

48.1/100

(総合順位: 1351/4361)

36.4/100

(総合順位: 1582/4361)

風量
40/100
95/100
騒音レベル
36/100
9/100
消費電力
68/100
5/100

スペック

日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
日本電興 UB-150東芝 DVS-100SK
換気性能
風量230m³/h1296m³/h
羽根の大きさ15 cm22 cm
騒音レベル39dB51dB
消費電力13W212W

比較レビュー

換気性能

風量

東芝 DVS-100SKの風量は1296m³/hというデータである一方、日本電興 UB-150は230m³/hとなります。1066m³/hもの相当な違いが東芝 DVS-100SKと日本電興 UB-150にあり日本電興 UB-150のほうが比べ物にならないくらい風量が小さいことがわかります。洗い物をする際にも、食器やグッズなどについた油汚れを風量が大きいレンジフードで吸い取ることができ、キッチンの清潔感を保つことができます。

レンジフードのなかでも風量が大きいものは、調理中に発生する湯気や油の煙を効率よく排出してくれます。これにより、キッチン内の空気がきれいになり、換気扇や壁面の油汚れも削減できます。また、強力な風量は熱気を早く排出するため、熱で蒸し暑いキッチンを快適に保てます。風量が大きいレンジフードは、安心して調理を楽しめる優れたアイテムです。

東芝 DVS-100SKの方が日本電興 UB-150の風量に比べてとても上位に感じとれると思います。このため日本電興 UB-150を採用するべきではない重要なポイントの一つと言えそうです。風量は判断を下す際に欠かせない意味合いを持つと言えるでしょう。

風量評価
日本電興 UB-150
230m³/h40/100
東芝 DVS-100SK
1296m³/h95/100

騒音レベル

日本電興 UB-150の騒音レベルは39dBというデータとなっており、東芝 DVS-100SKの騒音レベルは51dBです。日本電興 UB-150と東芝 DVS-100SKの違いは比較にならない程というデータになっています。騒音レベルにおいては、東芝 DVS-100SKよりも日本電興 UB-150のほうが飛び抜けて小さいです。小さな騒音レベルのレンジフードのメリットは、静かな家庭環境を維持できることです。

騒音レベルの小さなレンジフードを使用することで、静かで快適な調理空間を作ることができます。また、騒音レベルが低いため、換気扇を使用しないで調理することもできます。これによって、電気代を節約することができます。さらに、家族や訪問者のために美味しい調理をすることができるため、より良い家族や友達とのコミュニケーションを実現できます。

これらの比較情報からわかるように騒音レベルについて日本電興 UB-150は東芝 DVS-100SKより飛び抜けて高い水準であると考えることができそうです。したがって、東芝 DVS-100SKは騒音レベルに配慮するのならいまいちな選択といえそうです。ともあれ、騒音レベルを加味することで、より適切な決定ができるといえます。

騒音レベル評価
日本電興 UB-150
39dB36/100
東芝 DVS-100SK
51dB9/100

消費電力

東芝 DVS-100SKの消費電力は212Wというデータに対し、日本電興 UB-150は13Wというデータです。ひときわ際立って違うものであると考えられます。199W程度の著しく大きな差があります。東芝 DVS-100SKに比べて日本電興 UB-150の消費電力のほうがひときわ小さいといえるでしょう。消費電力が小さいレンジフードを使用することで、省エネに繋がり、地球環境に貢献できます。

消費電力が小さいレンジフードのもう一つのメリットには、音の静かさが挙げられます。通常のレンジフードに比べ、消費電力が小さいために、ファンの回転音やブザー音が小さくなっています。特に夜間に使用する場合、静かな環境を保つことができます。

実際の利用を考えると、消費電力に関して日本電興 UB-150は東芝 DVS-100SKよりも体感的に、かなり秀でています。日本電興 UB-150と東芝 DVS-100SKにおいて差は比較にならないほどずば抜けて開いていると考えられます。そのため東芝 DVS-100SKは消費電力に注目する人にとってあまりよくない選択肢と言えそうです。そうでなくとも東芝 DVS-100SKを選択するべきではないポイントの一つになります。ともあれ消費電力を基準に考えることでより的確な選択ができると思います。

消費電力評価
日本電興 UB-150
13W68/100
東芝 DVS-100SK
212W5/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。