東芝 mini VFE-50ST vs 東芝 DVS-100SK: 比較

2023-09-24 20:57:41

東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
総合評価:

44.9/100

(総合順位: 1400/4361)

36.4/100

(総合順位: 1575/4361)

騒音レベル
54/100
9/100
消費電力
58/100
5/100

スペック

東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
東芝 mini VFE-50ST東芝 DVS-100SK
換気性能
換気量28m³/h -
風量 - 1296m³/h
羽根の大きさ - 22 cm
騒音レベル34dB51dB
消費電力20W212W
便利機能
同時給排気対応 -

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

騒音レベル

騒音レベルに関して比較してみると東芝 DVS-100SKは51dBというデータであるのに対して、東芝 mini VFE-50STは34dBになります。東芝 mini VFE-50STの方が著しく騒音レベルが小さいといえ東芝 DVS-100SKと東芝 mini VFE-50STの差は17dBことがわかるでしょう。騒音レベルが小さいレンジフードのメリットは、静かなキッチン環境を提供することです。このレンジフードは、家族やお客様との会話を楽しみながら料理をすることができます。

騒音レベルが気になる方にとって、騒音レベルの低いレンジフードは必見です。このタイプのレンジフードを使用することで、静かな調理環境を作り出すことができます。また、騒音レベルが低いため、家族や子供たちに迷惑をかけることがありません。簡単に言えば、騒音レベルの小さいレンジフードでは、調理を快適に行うことができます。

これらの比較情報からわかるように騒音レベルについて東芝 mini VFE-50STは東芝 DVS-100SKより飛び抜けて高い水準であると考えることができそうです。そのため東芝 DVS-100SKは騒音レベルが重要な場合あまりよくない選択と言うことができるかもしれません。ともあれ騒音レベルは欠かせない意味を持つと思います。

騒音レベル評価
東芝 mini VFE-50ST
34dB54/100
東芝 DVS-100SK
51dB9/100

消費電力

東芝 DVS-100SKの消費電力は212Wであるのに対して東芝 mini VFE-50STは20Wというデータとなっています。全く別物だと思います。192Wもの飛び抜けた違いが存在しています。この比較から分かるように、消費電力という観点で見ると東芝 mini VFE-50STは東芝 DVS-100SKに比べてかなり小さいといえます。消費電力が小さいレンジフードのメリットは、電気料金が安くなることです。また、エコな選択となり、地球環境に貢献できます。

最近の消費電力が小さいレンジフードは、従来品と比べて約1/3以下の消費電力で動作しているため、省エネにぴったりです。また、古いレンジフードと比較すると、消費電力が小さいため、故障するリスクも少なくなりました。これは、長期的に見ればコストカットにつながることで、家計にもうれしいアイテムです。

実際の使用上のことを考えると、消費電力に関して東芝 DVS-100SKのほうが東芝 mini VFE-50STより感覚でわかるほど物足りない水準と感じるでしょう。従って東芝 mini VFE-50STは有力候補の一つであることが分かります。また消費電力に注目する人の場合東芝 mini VFE-50STはお勧めできるでしょう。

消費電力評価
東芝 mini VFE-50ST
20W58/100
東芝 DVS-100SK
212W5/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

東芝 mini VFE-50ST
東芝 DVS-100SK

東芝 mini VFE-50ST

東芝 mini VFE-50ST と評価が同程度のレンジフードを探す

東芝 mini VFE-50ST
東芝 DVS-100SK

東芝 DVS-100SK

東芝 DVS-100SK と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報