比較: 東芝 VFE-100S と 東芝 DVS-100SK

2023-09-24 21:10:50

東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
総合評価:

38.9/100

(総合順位: 1517/4361)

36.4/100

(総合順位: 1575/4361)

騒音レベル
31/100
9/100
消費電力
43/100
5/100

スペック

東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
東芝 VFE-100S東芝 DVS-100SK
換気性能
換気量55m³/h -
風量 - 1296m³/h
羽根の大きさ17 cm22 cm
騒音レベル40.5dB51dB
消費電力33.5W212W
便利機能
同時給排気対応 -

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

騒音レベル

東芝 DVS-100SKと東芝 VFE-100Sで騒音レベルの角度について比較すると、東芝 DVS-100SKは51dBに対して、東芝 VFE-100Sは40.5dBというデータになっています。東芝 DVS-100SKと東芝 VFE-100Sの違いは10.5dBもあり、東芝 VFE-100Sのほうが騒音レベルは比較にならない程小さいと言うことができるでしょう。騒音レベルが小さいレンジフードの主なメリットは、住宅街や集合住宅において、近隣への騒音被害を軽減できることにあります。騒音レベルが小さいレンジフードを利用することによって、夜間や早朝にも安心して調理ができ、近隣住民の迷惑をかけずに済みます。騒音レベルが低いレンジフードは、周りの環境を考慮した調理器具の選択として適しています。

小型のレンジフードでも、騒音レベルが小さいものがあります。これは、特殊な材質を使っていたり、ファンの回転数を調整しているためです。小さい部屋でも使用しやすく、煩わしい騒音を防ぐことができます。

実際の使用を考えると、騒音レベルについて東芝 DVS-100SKに比べて東芝 VFE-100Sは高い水準であると言うことができるでしょう。従って、騒音レベルにこだわる場合、東芝 VFE-100Sの方がいいでしょう。

騒音レベル評価
東芝 VFE-100S
40.5dB31/100
東芝 DVS-100SK
51dB9/100

消費電力

東芝 DVS-100SKの消費電力は212Wとなっているのに対し、東芝 VFE-100Sの消費電力は33.5Wというデータとなっています。178.5Wものダントツの差が東芝 DVS-100SKと東芝 VFE-100Sにあります。東芝 VFE-100Sの方がずば抜けて消費電力が小さいことが分かるでしょう。消費電力が小さいレンジフードを使用することで、省エネに繋がり、地球環境に貢献できます。

消費電力が小さいレンジフードは、騒音が少ないことも特徴です。一般的に高い消費電力のレンジフードは、起動音やファンの音が大きく、使用中にうるさいと感じることがあります。しかし、消費電力が小さいタイプは、静音性にも優れており、快適なキッチン空間を保つことができます。

消費電力という点で評価すると東芝 VFE-100Sと東芝 DVS-100SKについて違いは断然際立って開いています。従って東芝 DVS-100SKを採用しない際に一つの手掛かりとなるでしょう。消費電力を重要視する人にとって東芝 DVS-100SKに決めるべきでないと考えることができそうです。

消費電力評価
東芝 VFE-100S
33.5W43/100
東芝 DVS-100SK
212W5/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

東芝 VFE-100S
東芝 DVS-100SK

東芝 VFE-100S

東芝 VFE-100S と評価が同程度のレンジフードを探す

東芝 VFE-100S
東芝 DVS-100SK

東芝 DVS-100SK

東芝 DVS-100SK と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報