徹底レビュー: 高須産業 TK-205FS vs パナソニック FY-90DE3 (2020)

2023-08-16 20:39:58

高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
総合評価:

48.8/100

(総合順位: 1344/4361)

45.5/100

(総合順位: 519/4361)

風量
22/100
55/100
消費電力
75/100
53/100

スペック

高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-205FSパナソニック FY-90DE3 (2020)
換気性能
風量105m³/h420m³/h
羽根の大きさ12 cm -
騒音レベル - 42dB
DCモーター搭載 -
消費電力8W24W
搭載センサー
温度センサー搭載 -
便利機能
リモコン操作 -

比較レビュー

換気性能

風量

高須産業 TK-205FSの風量は105m³/hというデータになっている一方パナソニック FY-90DE3 (2020)は420m³/hになります。これらの比較情報で明確に分かるように、パナソニック FY-90DE3 (2020)は高須産業 TK-205FSに比べて風量は非常に大きいです。パナソニック FY-90DE3 (2020)と高須産業 TK-205FSはかなり際立って違うものだと言うことができます。洗い物をする際にも、食器やグッズなどについた油汚れを風量が大きいレンジフードで吸い取ることができ、キッチンの清潔感を保つことができます。

風量が大きいレンジフードのメリットは、強力な換気効果であることです。そのため、調理中に発生する脂や匂いをしっかりと取り除くことができます。また、大きな音をたてて換気することができるため、音の気になる環境でも安心して使うことができます。

風量について実際に利用する上での観点から見るとパナソニック FY-90DE3 (2020)と高須産業 TK-205FSに関して違いはずば抜けて存在します。そのため、高須産業 TK-205FSは風量を重視したい場合イライラを感じると考えられるかもしれません。パナソニック FY-90DE3 (2020)は強力な候補の一つに挙げられます。

風量評価
高須産業 TK-205FS
105m³/h22/100
パナソニック FY-90DE3 (2020)
420m³/h55/100

消費電力

高須産業 TK-205FSの消費電力は8Wというデータに対し、パナソニック FY-90DE3 (2020)の消費電力は24Wというデータであるといえます。高須産業 TK-205FSとパナソニック FY-90DE3 (2020)は16W程度の比較にならないくらいの差が見られます。高須産業 TK-205FSの消費電力と比べるとパナソニック FY-90DE3 (2020)の消費電力の方が比べ物にならない程大きいといえるでしょう。消費電力が少ないレンジフードは、エコロジカルな選択肢として注目されています。調理中に排出される揮発性有機化合物の低減にもつながり、健康的な生活環境を保ちながら省エネに取り組めます。

消費電力が小さいレンジフードは、安上がりで環境にやさしいという二つの魅力を兼ね備えた商品です。電力消費量が少ないため、家計の節約に役立ち、騒音もなく快適な調理空間を提供します。さらに、小型かつ軽量で設置しやすいため、お手入れやメンテナンスも簡単です。

実際に使用することを考えると消費電力に関して高須産業 TK-205FSのほうがパナソニック FY-90DE3 (2020)よりも肌で感じられるほど高い水準にあります。パナソニック FY-90DE3 (2020)と高須産業 TK-205FSに関して違いは飛び抜けて際立って開いています。そのため消費電力を重要視する人の場合パナソニック FY-90DE3 (2020)を使うべきでないと言うことができそうです。パナソニック FY-90DE3 (2020)を選ばない上での一つの着目すべき基準になるでしょう。

消費電力評価
高須産業 TK-205FS
8W75/100
パナソニック FY-90DE3 (2020)
24W53/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。