徹底比較: 高須産業 TK-180MS vs パナソニック FY-90DE3 (2020)

2023-08-16 18:41:20

高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
総合評価:

54.1/100

(総合順位: 1302/4361)

45.5/100

(総合順位: 519/4361)

風量
19/100
55/100
騒音レベル
67/100
27/100
消費電力
75/100
53/100

スペック

高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
高須産業 TK-180MSパナソニック FY-90DE3 (2020)
換気性能
風量94m³/h420m³/h
騒音レベル30dB42dB
DCモーター搭載 -
消費電力8W24W
搭載センサー
温度センサー搭載 -
便利機能
リモコン操作 -

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

風量

風量において高須産業 TK-180MSとパナソニック FY-90DE3 (2020)を比べてみるとパナソニック FY-90DE3 (2020)は420m³/hで、高須産業 TK-180MSは94m³/hとなります。326m³/hもの比べ物にならないくらいの違いが高須産業 TK-180MSとパナソニック FY-90DE3 (2020)に存在しておりパナソニック FY-90DE3 (2020)のほうが風量が著しく大きいことがわかります。風量が大きいレンジフードを使用することで、煙や油汚れを素早く除去することができます。

食材を調理する際、発生する煙や匂いは、窓や扉を開けたとしても、すぐには排出しきれません。しかし、風量が大きいレンジフードを使用すれば、調理中からしっかりと排出してくれるため、キッチン内は常に快適な環境を保つことができます。さらに、風量が大きいレンジフードを使用することで、快適な生活環境を維持しつつ、家族への健康面の配慮もできます。

体感上の側面から言えば風量についてパナソニック FY-90DE3 (2020)は高須産業 TK-180MSよりも秀逸であると感じるでしょう。高須産業 TK-180MSは風量を重要視するのならイマイチな選択肢と思います。風量は判断を下すうえで不可欠な要素となるといえます。

風量評価
高須産業 TK-180MS
94m³/h19/100
パナソニック FY-90DE3 (2020)
420m³/h55/100

騒音レベル

高須産業 TK-180MSの騒音レベルは30dBというデータです。一方でパナソニック FY-90DE3 (2020)の騒音レベルは42dBというデータです。12dBものずば抜けた違いがパナソニック FY-90DE3 (2020)と高須産業 TK-180MSに存在しています。高須産業 TK-180MSは騒音レベルがはるかに小さいです。騒音レベルが小さいレンジフードのメリットは、料理中の音楽や会話を楽しめることです。

騒音レベルが小さいレンジフードには、使い勝手の良さがあります。音が静かなので、映画を見たり、音楽を聴いたりする時にも邪魔になりません。また、夜間でも利用できるため、快適な調理ができます。騒音レベルが小さいレンジフードをお探しの方は、ぜひ一度試してみてください。

実際の使用上のことを考えると、高須産業 TK-180MSの騒音レベルのほうがパナソニック FY-90DE3 (2020)と比べると上位にあります。高須産業 TK-180MSとパナソニック FY-90DE3 (2020)は体感的にいって、ほぼまったく別物であると感じられるかもしれません。従って、高須産業 TK-180MSは騒音レベルに注目する人にとって魅力的と考えることができそうです。

騒音レベル評価
高須産業 TK-180MS
30dB67/100
パナソニック FY-90DE3 (2020)
42dB27/100

消費電力

消費電力の視点について比べると、パナソニック FY-90DE3 (2020)は24Wというデータである一方高須産業 TK-180MSは8Wになります。パナソニック FY-90DE3 (2020)と高須産業 TK-180MSの差は16Wあり、それらの差はそれなりに際立って開いています。この比較情報から分かるように、パナソニック FY-90DE3 (2020)は高須産業 TK-180MSの消費電力より比較的大きいと言うことができます。消費電力が小さいレンジフードのメリットは、エコロジーに配慮した家庭向けの家電製品として、省エネや電気代の節約ができることです。

消費電力が小さいレンジフードのメリットは、省エネやコストカットにつながることです。また、低消費電力であれば、エコにも貢献できます。消費電力が小さいレンジフードは、環境に配慮した家電の選択になるでしょう。

この比較から分かるように消費電力についてパナソニック FY-90DE3 (2020)より高須産業 TK-180MSはわりと勝っていると感じられると思います。一方で決定的といえるくらいの差は無いため注意が必要であることが分かります。

消費電力評価
高須産業 TK-180MS
8W75/100
パナソニック FY-90DE3 (2020)
24W53/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。