比較: パナソニック FY-32CK8 (2018) と パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

2023-05-21 04:04:34

パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
総合評価:

45.5/100

(総合順位: - /4361)

35.1/100

(総合順位: 803/4361)

風量
56/100
65/100
騒音レベル
42/100
18/100
消費電力
38/100
21/100

スペック

パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-32CK8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
換気性能
風量430m³/h524m³/h
騒音レベル37.5dB45.5dB
消費電力40W85W

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

風量

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-32CK8 (2018)の風量について比較してみると、パナソニック FY-32CK8 (2018)は430m³/hというデータになっています。一方パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は524m³/hというデータになっています。この比較から明白にわかるようにパナソニック FY-32CK8 (2018)よりもパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の風量のほうがちょっとだけ優位にあると思われます。94m³/hといった多少の差が存在します。風量が大きいレンジフードが備わっていることで、換気設備が不十分な部屋でも、フレッシュな空気を保つことができます。

風量が大きいレンジフードは、ダクトを通して排気することができ、調理時に発生する湿気や汚れを迅速に排出することができます。これにより、キッチン内の空気が常に新鮮な状態を保てるため、快適な調理環境を作ることができます。また、高い風量によって、調理中に発生するストレスも軽減されます。

実際に利用する上での観点から見ると、風量についてパナソニック FY-32CK8 (2018)よりもパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は感覚的に、ほんの僅かに秀でています。他の角度から決めることを断然提案します。ただ敢えて決めるならパナソニック FY-32CK8 (2018)よりもパナソニック FY-6HZC4-S (2014)であると言えるでしょう。

風量評価
パナソニック FY-32CK8 (2018)
430m³/h56/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
524m³/h65/100

騒音レベル

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-32CK8 (2018)の騒音レベルについて対比するとパナソニック FY-32CK8 (2018)は37.5dBに対して、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は45.5dBになります。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-32CK8 (2018)は8dBというダントツの違いです。完全に異なっています。この比較情報から明らかなように、騒音レベルという点についてパナソニック FY-32CK8 (2018)のほうがパナソニック FY-6HZC4-S (2014)よりはるかに小さいということがわかります。騒音レベルが小さいレンジフードのメリットは、静かな調理空間を提供することです。エアリフレッシャーが作動する際の騒音に気にせず、心地よく料理できます。

レンジフードの特徴のひとつに、その騒音レベルが小さいことが挙げられます。このメリットは、家族が朝や夜更かしなど、静かに過ごしたい時間帯でもストレスを感じることなく使用できます。さらに、近隣住民にも配慮でき、良好なコミュニティー関係を築くことができます。

実際に利用する上での観点から見ると、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)の騒音レベルに比べてパナソニック FY-32CK8 (2018)は体感的にかなり高いレベルであると言うことができるでしょう。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-32CK8 (2018)の感覚的な違いは極めて見られます。従って、パナソニック FY-32CK8 (2018)は騒音レベルが重要な場合採用すべきと言うことができそうです。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)を選択しない大きな基準の一つになります。ともあれ、騒音レベルを参考にすることで、より適切な選択を下せるでしょう。

騒音レベル評価
パナソニック FY-32CK8 (2018)
37.5dB42/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
45.5dB18/100

消費電力

パナソニック FY-32CK8 (2018)の消費電力は40Wというデータであるのに対して、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は85Wです。パナソニック FY-32CK8 (2018)のほうが消費電力はダントツで小さいと言うことができ45Wもの飛び抜けた差がパナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-32CK8 (2018)に存在します。消費電力が小さいレンジフードは、電気代の節約に役立ちます。

優れた消費電力効率を持つレンジフードは、省エネ意識の高い方にも人気です。一般的なレンジフードよりもより小さい消費電力で機能することができ、日々の生活における省エネに寄与することができます。

この比較から分かるようにパナソニック FY-32CK8 (2018)の消費電力の方がパナソニック FY-6HZC4-S (2014)よりもかなりよいと感じるでしょう。そのため、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は候補から外れるといえそうです。消費電力は、商品を選択するうえで大きな要因となるといえます。

消費電力評価
パナソニック FY-32CK8 (2018)
40W38/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
85W21/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック FY-32CK8 (2018)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-32CK8 (2018)

パナソニック FY-32CK8 (2018)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014) と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報