パナソニック FY-27J8 (2018) vs パナソニック FY-6HZC4-S (2014): 比較

2023-05-21 05:03:35

パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
総合評価:

53.3/100

(総合順位: - /4361)

35.1/100

(総合順位: 803/4361)

風量
45/100
65/100
騒音レベル
61/100
18/100
消費電力
53/100
21/100

スペック

パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-27J8 (2018)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
換気性能
風量300m³/h524m³/h
騒音レベル32dB45.5dB
消費電力24.5W85W

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

風量

風量の点で対比するとパナソニック FY-27J8 (2018)は300m³/hというデータに対して、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は524m³/hというデータになっています。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)の方が風量が比較的大きいと言えます。224m³/hの割と大きい差がパナソニック FY-27J8 (2018)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)に存在しています。風量が大きいレンジフードを使用することで、キッチン内の空気を常に清潔な状態に保つことができ、快適な調理環境を作ることができます。

また、風量が大きいレンジフードには、騒音の低減効果も期待できます。風量が小さいものに比べて、より大量の空気を吸い込めるため、ファンやモーターが大きくなり、音が大きくなるというデメリットがありますが、風量が大きいレンジフードは、適切に設計されている場合、冷静に運転することができ、騒音を低減することができます。

実際の使用上のことを考えると風量においてパナソニック FY-27J8 (2018)に比べてパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は感覚的に、わりと上位にあります。パナソニック FY-27J8 (2018)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)に関して違いは比較的際立って開いています。しかし絶対的と言えるくらいの差は存在しないため注意深くみる必要があることが分かります。

風量評価
パナソニック FY-27J8 (2018)
300m³/h45/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
524m³/h65/100

騒音レベル

パナソニック FY-27J8 (2018)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の騒音レベルにおいてみてみるとパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は45.5dBでありパナソニック FY-27J8 (2018)は32dBになります。パナソニック FY-27J8 (2018)の方が騒音レベルはとても小さいといえ、13.5dBもの極めて大きな差がパナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-27J8 (2018)に見られます。騒音レベルの低いレンジフードを利用すると、調理中に感じるストレスが軽減され、料理がより楽しくなることがメリットの一つです。

レンジフードの騒音レベルが小さいことには、いくつかのメリットがあります。まず第一に、料理をする方や家族が音に敏感な方にとっては、静かな環境で調理することができるため、ストレスを感じることなく、快適に料理できる点が挙げられます。また、周囲の住民にも好意的に受け止められ、住環境が向上することが期待できます。さらに、特に都市部の狭い住宅では、音が伝わりやすく、音の問題が際立つため、騒音レベルが小さいレンジフードを採用することで、住宅環境の改善につながると言えます。

体感上の側面で言えばパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の騒音レベルと比べるとパナソニック FY-27J8 (2018)は非常に有利に感じられると思います。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)を選ばない一つの判断材料と言えます。また、騒音レベルにこだわるのなら、パナソニック FY-27J8 (2018)を選択した方が良いと考えられるかもしれません。

騒音レベル評価
パナソニック FY-27J8 (2018)
32dB61/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
45.5dB18/100

消費電力

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)の消費電力は85Wとなっているのに対しパナソニック FY-27J8 (2018)の消費電力は24.5Wとなっています。この比較情報を見るとパナソニック FY-27J8 (2018)の消費電力のほうがパナソニック FY-6HZC4-S (2014)を極めて凌駕していると言うことができるでしょう。パナソニック FY-27J8 (2018)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は相当のギャップがあります。消費電力が小さいレンジフードは、環境にも優しく、省エネ効果が高いため、メリットが大きいです。

小さなサイズのレンジフードは、消費電力が少なく、電気代の節約に役立ちます。また、簡単に設置でき、空間を取らずに設置できるので、お部屋の広さに制限がある方でも安心して使用できます。さらに、小型ながら性能が優れているため、調理中の排気やにおいもすばやく吸い取ってくれます。

パナソニック FY-27J8 (2018)の消費電力に比べてパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の消費電力のほうが感覚的に、非常に良くないです。したがって、パナソニック FY-27J8 (2018)をオススメしたい一つの決め手となります。また、消費電力を気にするのなら、パナソニック FY-27J8 (2018)を考えた方がよいと言えるかもしれません。

消費電力評価
パナソニック FY-27J8 (2018)
24.5W53/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
85W21/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック FY-27J8 (2018)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-27J8 (2018)

パナソニック FY-27J8 (2018)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014) と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報