パナソニック FY-17C7 と パナソニック FY-17C8 (2017) を比較するとどちらが良いか。よく見られる観点に対して評価しました!

作成日時: 2021-10-13 22:04:36、更新日時: 2021-10-20 21:57:31

パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)
パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)

「パナソニック FY-17C8 (2017)」と「パナソニック FY-17C7」に関する特徴を得点をつけて評価しています。情報の注目度別に点数で評価。どちらのレンジフードを選んだ方がいいのかについて選ぶのに慣れていない人でも簡単に分かります!

パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)
パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)
総合評価:
換気量rating-image2.4
72m³/h
rating-image2.6
76m³/h
風量rating-image1
85m³/h
rating-image1
95m³/h
騒音レベルrating-image4.3
27dB
rating-image4.9
23dB
消費電力rating-image3.7
7.5W
rating-image3.7
7.6W

パナソニック FY-17C7の換気量は72m³/hであり、風量は85m³/hです。また、騒音レベルは27dBであり、消費電力は7.5Wです。このレンジフードは、静音性が非常に高く、騒音を気にする人々に最適な選択肢です。しかし、換気能力はやや低く、大きなキッチンや多くの料理を調理する場合には適切ではありません。

パナソニック FY-17C8 (2017)は、換気量が76m³/hであり、風量が95m³/hであることから、パナソニック FY-17C7と比較して換気能力が高いことが分かります。また、騒音レベルが23dBと低く、消費電力もわずかに高くなっていますが、7.6Wととても省エネです。このレンジフードは、換気能力や静音性に優れており、特に大きなキッチンや多くの料理を調理する場合には非常に適しています。

総合的に考えると、パナソニック FY-17C7は静音性に優れているが換気能力がやや低く、パナソニック FY-17C8 (2017)は換気能力や静音性に優れているがわずかに消費電力が高いという特徴が見られます。そのため、使用環境や好みに合わせてお選びいただくのが最適です。

icn
パナソニック FY-17C8 (2017) と比較して パナソニック FY-17C7 を選ぶメリット

-

icn
パナソニック FY-17C7 と比較して パナソニック FY-17C8 (2017) を選ぶメリット
騒音レベル
86.8点(27dB) vs 97.8点(23dB)

「パナソニック FY-17C7」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を徹底比較する

換気性能について「パナソニック FY-17C7」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を比較

換気量について

換気量が多いレンジフードは飲食店など業務用で使用できる点で使い勝手が良いです。例えば一気に短時間で換気するのにおススメです。

換気量を比較すると「パナソニック FY-17C7」は72m³/hに対して「パナソニック FY-17C8 (2017)」は76m³/hです。「パナソニック FY-17C7」と比較して「パナソニック FY-17C8 (2017)」はどちらかといえば多い換気量です。部屋空気をより早く排出できる点で「パナソニック FY-17C8 (2017)」の方が「パナソニック FY-17C7」よりもわずかに良いといえなくもないでしょう。湿気を防ぎ、カビの発生を抑止する場合でもほとんどの場合で体感できない違いだと思います。あえて選択するなら「パナソニック FY-17C7」より「パナソニック FY-17C8 (2017)」を選んだ方がいいですが、体感できるほどの違いはほとんどありません。

換気量評価
パナソニック FY-17C7
72m³/h47/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
76m³/h52/100

風量について

風量が大きいレンジフードは効率よく使用できる点で優れています。特ににおいが強い料理をするのに向いています。

風量を「パナソニック FY-17C7」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」を比べると「パナソニック FY-17C7」は85m³/hで「パナソニック FY-17C8 (2017)」は95m³/hです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」も「パナソニック FY-17C7」も風量の違いがほぼゼロと言えます。体感できるほどの違いはありません。別の視点から比べることをおすすめします。

風量評価
パナソニック FY-17C7
85m³/h10/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
95m³/h11/100

騒音レベルについて

騒音レベルが小さいレンジフードは静かな状態を保ったまま使用できる点で秀でています。特にみんなが寝た深夜に調理するのにおススメです。

騒音レベルを比較すると「パナソニック FY-17C8 (2017)」は23dBであり「パナソニック FY-17C7」は27dBです。4dBの違いがあります。「パナソニック FY-17C8 (2017)」は「パナソニック FY-17C7」と比較してやや騒音値が小さいです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」は夜間も静かに使用できる点で「パナソニック FY-17C7」よりもよいです。集合住宅で使用するのに「パナソニック FY-17C8 (2017)」は多少適しています。実際に使う場面において「パナソニック FY-17C8 (2017)」の方が「パナソニック FY-17C7」よりも比較的良いです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」が良いですが、決定的に優れていると言えるくらいの差はないでしょう。

騒音レベル評価
パナソニック FY-17C7
27dB86/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
23dB97/100

消費電力について

特に長時間使う時も節電するといったケースで役立ちます。

消費電力を「パナソニック FY-17C8 (2017)」と「パナソニック FY-17C7」を比較すると「パナソニック FY-17C8 (2017)」は7.6Wであるのに対して「パナソニック FY-17C7」は7.5Wです。「パナソニック FY-17C8 (2017)」も「パナソニック FY-17C7」も同じくらいの消費電力です。感覚的にわかるほどの違いはありません。ほかの観点から比較したほうが良さそうです。

消費電力評価
パナソニック FY-17C7
7.5W73/100
パナソニック FY-17C8 (2017)
7.6W73/100

「パナソニック FY-17C7」と「パナソニック FY-17C8 (2017)」の違いを表で比較する

パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)
パナソニック FY-17C7パナソニック FY-17C8 (2017)
換気性能
換気量72m³/h76m³/h
風量85m³/h95m³/h
騒音レベル27dB23dB
消費電力7.5W7.6W

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較する

価格をチェック

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較する

価格をチェック

パナソニック FY-17C7 の関連記事
パナソニック FY-17C8 (2017) の関連記事
パナソニック FY-17C7

総合評価: 54.6/100

(総合: 346位)

詳細を見る

パナソニック FY-17C7

パナソニック FY-17C7 と評価が同程度のレンジフードを探す

パナソニック FY-17C7 の関連記事
パナソニック FY-17C8 (2017) の関連記事
パナソニック FY-17C8 (2017)

総合評価: 58.2/100

(総合: 251位)

詳細を見る

パナソニック FY-17C8 (2017)

パナソニック FY-17C8 (2017) と評価が同程度のレンジフードを探す