比較: パナソニック FY-75DE3 (2020) と パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

2023-05-21 04:53:54

パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
総合評価:

45.5/100

(総合順位: 520/4361)

35.1/100

(総合順位: 803/4361)

風量
55/100
65/100
騒音レベル
27/100
18/100
消費電力
53/100
21/100

スペック

パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-75DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
換気性能
風量420m³/h524m³/h
騒音レベル42dB45.5dB
DCモーター搭載 -
消費電力24W85W
搭載センサー
温度センサー搭載 -
便利機能
リモコン操作 -

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

風量

風量の観点で比較するとパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は524m³/hというデータである一方パナソニック FY-75DE3 (2020)は420m³/hです。104m³/hもの相当な違いがパナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-75DE3 (2020)にありパナソニック FY-75DE3 (2020)のほうが比べ物にならないくらい風量が小さいことがわかります。風量が大きいレンジフードを使用することにより、食材や調理器具に付着した油汚れをスムーズに取り除くことができ、キッチンの清潔さが保たれます。

風量が大きいレンジフードのもう一つのメリットは、料理中に発生する音を大幅に軽減できることです。通常のレンジフードでは、高火力で調理をする際にはかなりの騒音が発生しますが、風量が大きいレンジフードを使用することで、静かな調理空間を実現できます。

体感上の側面から言えば風量についてパナソニック FY-6HZC4-S (2014)はパナソニック FY-75DE3 (2020)よりも秀逸であると感じるでしょう。したがって風量を気にするのならパナソニック FY-6HZC4-S (2014)は魅力的と考えることができそうです。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は一つの強力な選択肢ということがわかります。

風量評価
パナソニック FY-75DE3 (2020)
420m³/h55/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
524m³/h65/100

騒音レベル

騒音レベルにおいて比べてみると、パナソニック FY-75DE3 (2020)は42dBで、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は45.5dBです。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)のほうが騒音レベルがごくわずかに大きいと言えパナソニック FY-75DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の違いは3.5dBということが分かるでしょう。騒音レベルが小さくても、十分な換気効果があるレンジフードは、快適な調理環境を実現します。

騒音レベルが小さいレンジフードの魅力騒音レベルが小さいレンジフードは、便利さのみならず、その静かさによって魅力的になります。非常に軽快な音で動作するため、家庭での調理の静かな環境を提供します。料理の音が聞こえる一方で、音声の干渉を最小限に抑えることができます。この結果、家族が集まった場合や、集団のイベントの場合でも静かな環境を確保することができます。騒音レベルが小さいレンジフードは、最高の調理環境を提供し、家庭の生活を更に快適にします。

実用的な視点で言えばパナソニック FY-75DE3 (2020)のほうがパナソニック FY-6HZC4-S (2014)と比べると体感上、ほんのちょっとだけ秀でていると思われます。選択において、騒音レベルの情報はあまり参考にならないといえます。

騒音レベル評価
パナソニック FY-75DE3 (2020)
42dB27/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
45.5dB18/100

消費電力

消費電力という点においてパナソニック FY-75DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)で比べた場合、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は85Wです。一方パナソニック FY-75DE3 (2020)は24Wです。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-75DE3 (2020)の差は61Wで、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は極端に消費電力は大きいことが分かります。消費電力が少ないレンジフードは、エコロジカルな選択肢として注目されています。調理中に排出される揮発性有機化合物の低減にもつながり、健康的な生活環境を保ちながら省エネに取り組めます。

消費電力が小さいレンジフードには、豊富なメリットがあります。高効率で換気ができ、しかも電力消費が少ないため、消費者にとっては経済的にも優れた製品といえます。また、設置場所によっては、保温性能も向上することが期待できます。

これらの比較から明らかであるように消費電力においてパナソニック FY-6HZC4-S (2014)はパナソニック FY-75DE3 (2020)に比べて実際に感じられるほど物足りない水準と感じると思います。したがってパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の選択を推奨したくない着目すべき判断材料の一つになります。消費電力が重要な場合パナソニック FY-6HZC4-S (2014)にするべきではないと考えられそうです。

消費電力評価
パナソニック FY-75DE3 (2020)
24W53/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
85W21/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック FY-75DE3 (2020)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-75DE3 (2020)

パナソニック FY-75DE3 (2020)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014) と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報