パナソニック FY-60DE3 (2020) vs パナソニック FY-6HZC4-S (2014): 比較

2023-05-21 04:00:07

パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
総合評価:

56.6/100

(総合順位: 289/4361)

35.1/100

(総合順位: 803/4361)

風量
55/100
65/100
騒音レベル
27/100
18/100
消費電力
53/100
21/100

スペック

パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
パナソニック FY-60DE3 (2020)パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
換気性能
換気量420m³/h -
風量420m³/h524m³/h
騒音レベル42dB45.5dB
DCモーター搭載 -
消費電力24W85W
搭載センサー
温度センサー搭載 -
便利機能
リモコン操作 -

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

類似のレンジフードを探す

他のレンジフードと比較

価格を見る

比較レビュー

換気性能

風量

パナソニック FY-60DE3 (2020)の風量は420m³/hとなっています。一方でパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の風量は524m³/hとなっています。パナソニック FY-60DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の違いは104m³/h存在しておりこの差はほんの少しというデータです。パナソニック FY-60DE3 (2020)の風量はパナソニック FY-6HZC4-S (2014)よりも微妙に小さいことがわかります。風量が大きいレンジフードのメリットは、換気や臭いの除去が効率的に行えることです。また、料理中の蒸気や油煙を素早く取り除くことで、キッチン内の環境を快適に保つことができます。

レンジフードの風量が大きいということは、家庭の調理シーンにおいて、非常に重要な要素の一つです。メリットはいくつかあります。まず、煙や油が飛び散ることを防止することができます。次に、匂いの再循環を防ぐことができ、家全体が臭くなってしまうのを防止することができます。最後に、風量が大きいことで、レンジ周辺の温度を下げることができるため、調理中の快適性が向上します。

この比較情報からわかるように、風量においてパナソニック FY-60DE3 (2020)はパナソニック FY-6HZC4-S (2014)より感覚上、すこし下回っていると思います。他の点で比較したほうが良さそうことが分かります。ただし、しいて選択肢するならパナソニック FY-60DE3 (2020)よりパナソニック FY-6HZC4-S (2014)であるということが分かります。

風量評価
パナソニック FY-60DE3 (2020)
420m³/h55/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
524m³/h65/100

騒音レベル

騒音レベルの点でパナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-60DE3 (2020)を比べてみるとパナソニック FY-60DE3 (2020)は42dBというデータであるのに対して、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は45.5dBというデータとなっています。パナソニック FY-60DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)はまあまあ大きな差が存在します。騒音レベルでいえば、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)はパナソニック FY-60DE3 (2020)より比較的大きいです。騒音レベルが小さいレンジフードのメリットは、静かな調理環境を提供することです。これにより、家族や来客とのコミュニケーションが妨げられず、快適な食事時間を過ごすことができます。

騒音レベルが小さいレンジフードを選ぶことで、家族が過ごす時間がより快適になります。騒音の少ない料理空間であれば、テレビや音楽を楽しむことができ、会話もスムーズに行うことができます。また、騒音が少ない環境は、ストレスを軽減し、よりリラックスした時間を過ごすことができます。

実際に使う場合、パナソニック FY-60DE3 (2020)の方がまあまあ秀逸と感じると思います。ただし決定的といえるくらいの差ではないというデータです。

騒音レベル評価
パナソニック FY-60DE3 (2020)
42dB27/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
45.5dB18/100

消費電力

消費電力という点においてパナソニック FY-60DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)で比べた場合、パナソニック FY-6HZC4-S (2014)は85Wです。一方パナソニック FY-60DE3 (2020)は24Wです。61Wものダントツの差がパナソニック FY-6HZC4-S (2014)とパナソニック FY-60DE3 (2020)にあります。パナソニック FY-60DE3 (2020)の方がずば抜けて消費電力が小さいことが分かるでしょう。消費電力が小さいレンジフードは省エネルギーに優れるため、長期的にコスト削減できます。

消費電力が小さいレンジフードを選ぶと、一年間の電気代を抑えることができます。例えば、通常のレンジフードは年間約5,000円の電気代がかかりますが、消費電力が小さいレンジフードを選ぶことで、年間約2,000円の電気代で済むため、経済的にも優れています。また、低消費電力であることが、火災などのリスクを減らすことにも繋がります。

この比較情報から明らかであるように、パナソニック FY-60DE3 (2020)の消費電力はパナソニック FY-6HZC4-S (2014)よりとても高いレベルであるといえます。パナソニック FY-60DE3 (2020)とパナソニック FY-6HZC4-S (2014)の体感上の違いはとてもずば抜けて開いています。そのため消費電力を重要視する人の場合パナソニック FY-6HZC4-S (2014)を使うべきでないと言うことができそうです。パナソニック FY-6HZC4-S (2014)を選ばない上での一つの着目すべき基準になるでしょう。

消費電力評価
パナソニック FY-60DE3 (2020)
24W53/100
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)
85W21/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック FY-60DE3 (2020)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-60DE3 (2020)

パナソニック FY-60DE3 (2020)
パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014)

パナソニック FY-6HZC4-S (2014) と評価が同程度のレンジフードを探す

新着情報