オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P と E-Bright LDA2D-G-E17 IH22 の性能・機能を徹底レビュー

作成日時: 2022-07-26 18:48:48

オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」はどういった点で違うのでしょうか。どっちが優れているかについて詳細評価。どちらを選ぶべきかについて初心者でも分かるように説明してみました。

オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
総合評価:
光量rating-image1.4
230ルーメン
rating-image1.5
260ルーメン
配光角rating-image2.9
200°
rating-image2.8
195°
消費電力rating-image4.7
3.6W
rating-image4.9
2.2W
エネルギー効率rating-image1
63lm/W
rating-image2.4
118.1lm/W
製品寿命rating-image3.7
40000時間
rating-image3.7
40000時間
本体サイズrating-image4.6
78mm × 35mm
rating-image4.6
78mm × 35mm

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」より「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」が優れている理由

  • 電球色を採用している

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」より「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」が優れている理由

  • エネルギー効率がトップレベルに位置づけられるほど高い
    47.3点(320位) vs 14点(1306位)
  • 昼光色を採用している

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」の特色や特徴

ライトについての評価比較

光量について

光量を「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」を比較すると「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は260ルーメンであるのに対して「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は230ルーメンです。差はごくわずかしかありません。「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」の明るさは「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」よりどちらかといえば強いです。光量が強いLED電球を使うことで、作業スペースや読書スペースなど、明るい光が必要な場所での利用に最適です。

光量が強いLED電球のメリットは、照度が高いため、より広い範囲を照らすことができることです。また、天然光に近い色温度であるため、心地よい明るさを提供します。さらに、省エネ性に優れているため、電気代が削減されることも大きなメリットの一つです。

数値としては「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」の方が強いですが基本的に気にするほどの差はほとんどないでしょう。

光量評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
230ルーメン27/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
260ルーメン29/100

配光角について

配光角について比較すると「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は195°であり「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は200°です。差はわずかです。「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」の配光角は「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」と比較してわずかに大きいです。広範囲に光が届く配光角が大きいLED電球は、一つだけで部屋全体を照らすだけでなく、省エネもできます。

配光角が大きいLED電球には、部屋を広く照らすメリットがあります。そのため、一つの電球で部屋全体を明るく照らすことができるため、照明器具の数が減らせます。また、省エネ性能も高く、家計に優しい商品となっています。

配光角評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
200°57/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
195°55/100

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」の設置規格について比較する

密閉器具対応について

「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」も「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」も密閉器具に対応しているLED電球です。これらのLED電球は、密閉された器具にも完全に対応しています。使い捨てのものではなく、長期間使用することができるため、とても経済的です。また、熱を発生せずに作動するため、非常に安全です。

密閉器具に対応しているLED電球は、濡れた場所や湿気のある場所でも安全に使用可能であるため、屋外や浴室など湿度の高い場所でも使用できる。また、密封された器具の中であれば、ファンやエアコンの排気口の近くでの使用も可能となり、広範囲な設置場所で使用が可能となる。

断熱材施工器具対応について

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」も「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」も断熱材施工器具に対応しているLED電球です。これらのLED電球は、優れた断熱材施工器具に対応していることにより、高いクオリティの利用が可能となっています。消費者たちは、快適な環境で照明製品を使用することができます。

断熱材施工器具に対応しているLED電球は、住宅の断熱性を高めるためにも有効です。LED電球には発熱量が少なく、発光効率が良いため、暖房のコストも抑えることができます。また、LED電球は光の方向性があるため、無駄な光を出さず、室内を明るく照らすことができる点もメリットです。

本体サイズについて

本体サイズを比べると「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は78mm × 35mmであるのに対して「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は78mm × 35mmです。「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」も「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」も差はほとんど無いです。感覚的にわかるほどの違いは無いと思われます。

小さな本体サイズを備えたLED電球は、エネルギー効率が非常に高いのが特徴です。これは、より多くの明るさを提供するために少ない電力を必要とするためであり、環境にも優しい選択肢です。 さらに、省スペースデザインが可能なので、家庭やオフィスなどのライティングニーズに適しています。

本体サイズ評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
78mm × 35mm92/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
78mm × 35mm92/100

エコに関する比較について

消費電力について

消費電力について「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」と「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」を比べると「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は3.6Wであるのに対して「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は2.2Wです。「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」はわずかに違いしかありません。「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」の消費電力より「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」の方がどちらかといえば小さいです。家庭用やオフィス用の照明に、消費電力が小さいLED電球を使うことで、環境負荷を軽減することができます。

消費電力が小さいLED電球のメリットの一つは、省エネ・ロングライフスパンであることです。使用期間が長いため、定期的な交換の必要性がなく、さらにコスト削減にもつながります。また、新しい技術により、昔に比べて明るさや色温度が変更できるため、多様なシーンでの使用に適した電球となっています。

強いて言えば「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」より「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」を選ぶべきですが大多数の人にとって気にするほどの違いはほとんど無いです。

消費電力評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
3.6W93/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
2.2W97/100

エネルギー効率について

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」のエネルギー効率を比べると「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は63lm/Wで「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は118.1lm/Wです。「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」と「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は非常に違いがあります。「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」よりかなり高いエネルギー効率です。エネルギー効率が高いLED電球は、電気代を削減できるだけでなく、環境にも優しい点が大きなメリットです。

エネルギー効率が高いLED電球は、多角的なメリットを有する照明器具です。省エネ性が高く、省エネ対策の1つとして普及が進んでいます。さらに、高品質な光源により、照明の心地よさを感じることができます。環境に配慮しつつ、明るさや色味を重視する場合には、LED電球がおすすめです。

実際に使うことを想定したとき「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は実用において非常に大きい違いがあります。「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」を選ぶ一つの重要な理由になると思います。

エネルギー効率評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
63lm/W14/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
118.1lm/W47/100

製品寿命について

製品寿命について「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」を比べると「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」は40000時間であり「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」は40000時間です。「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」も「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」も定格寿命についてはほとんど違いが無いと言えるでしょう。体感的な差は無いです。

製品寿命が長いLED電球は、数年にわたる使用においても明るさを保つことができます。そのため、交換作業の手間が省けます。加えて、省エネルギーであるため、電気代の削減にも貢献します。

別の角度から見るほうが良いでしょう。

製品寿命評価
オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P
40000時間73/100
E-Bright LDA2D-G-E17 IH22
40000時間73/100

「オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202P」と「E-Bright LDA2D-G-E17 IH22」について表で詳細一覧をくらべる

オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
画像オーム電機 E-Bright LDA4L-G-E17IH202PE-Bright LDA2D-G-E17 IH22
光量230ルーメン260ルーメン
ワット相当25W25W
配光角200°195°
電球色を採用しているかどうか -
光色電球色相当昼光色相当
昼光色を採用しているかどうか -
消費電力3.6W2.2W
エネルギー効率63lm/W118.1lm/W
製品寿命40000時間40000時間
密閉器具に対応しているかどうか
断熱材施工器具に対応しているかどうか
口金E17E17
形状小形電球形小形電球形
配光形広配光タイプ広配光形
本体サイズ78mm × 35mm78mm × 35mm

類似のLED電球を探す

他のLED電球と比較する

価格をチェック

類似のLED電球を探す

他のLED電球と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。