オーム電機 LDA13N-G AG5 と ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P の性能・機能を徹底レビュー

作成日時: 2022-07-19 13:37:31

オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P

「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」と「オーム電機 LDA13N-G AG5」の違いや差について比較・評価。どちらがおすすめかについてレビューしました。どちらを選んだらいいのかについて選ぶことに慣れていない人でも簡単にわかるでしょう!

オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
総合評価:
光量rating-image3.6
1580ルーメン
rating-image2.6
810ルーメン
配光角rating-image4.5
300°
rating-image4.2
280°
消費電力rating-image2.8
13W
rating-image4.0
6.8W
エネルギー効率rating-image2.5
121lm/W
rating-image2.4
119.1lm/W
製品寿命rating-image3.7
40000時間
rating-image3.7
40000時間
本体サイズrating-image3.8
118mm × 60mm
rating-image3.9
107mm × 60mm

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」より「オーム電機 LDA13N-G AG5」が優れている理由

  • 非常に強い光量
    72.5点(44位) vs 52.1点(278位)
  • 配光角がすごく大きい
    89.9点(53位) vs 83.3点(161位)
  • 白色を採用している
  • 昼白色を採用している

「オーム電機 LDA13N-G AG5」より「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」が優れている理由

  • 消費電力は非常に小さい
    80.8点(1103位) vs 56.5点(1623位)
  • 極めて小さい本体サイズ
    78.7点(1058位) vs 76.2点(1346位)
  • 電球色を採用している

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の特徴・特色について

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の設置規格について比較する

密閉器具対応について

「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」も「オーム電機 LDA13N-G AG5」も密閉器具に対応しているLED電球です。これらのLED電球は、密閉器具に対応しているため、屋内や屋外のどちらでも使用可能です。また、防水性能に優れているので、悪天候の中でも安心して使えます。

密閉器具に対応しているLED電球は、従来の電球に比べて熱を発生しないため、長時間点灯しても火災の危険性を抑えることができます。また、調光器にも対応しているため、光の強さを調節できるのも便利です。

本体サイズについて

本体サイズを比べると「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は107mm × 60mmに対して「オーム電機 LDA13N-G AG5」は118mm × 60mmです。差は少ししかありません。「オーム電機 LDA13N-G AG5」のサイズより「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の方がどちらかといえば小さいです。小さい本体サイズのLED電球なら、狭い空間に取り付けても省スペースが実現できます。

本体サイズが小さいLED電球のメリットは、狭いスペースに設置することができることです。また、バルブ交換の際に取り外しやすく、手軽に取り替えることができます。さらに、軽量なため、天井など高い場所に取り付ける際も安心です。

どちらかといえば「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」を選ぶべきですが、基本的には体感できるほどの違いはほぼ無いです。

本体サイズ評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
118mm × 60mm76/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
107mm × 60mm78/100

ライトについて

光量について

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の光量を比べると「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は810ルーメンに対して「オーム電機 LDA13N-G AG5」は1580ルーメンです。「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の差はややあります。「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」と比較して「オーム電機 LDA13N-G AG5」は比較的明るさが強いです。光量が強いLED電球は、暗い場所でも明るく照らしてくれるので、夜間作業や読書に適しています。

光量が強いLED電球には、デザイン性においても大きなメリットがあります。最近では、様々な形状や色を持ったLED電球が開発され、部屋のインテリアに合わせて選択することができます。LED電球は、蛍光灯や白熱電球と比較して、小型でスッキリしたフォルムであり、部屋全体を明るく照らす役割を果たします。

「オーム電機 LDA13N-G AG5」は「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」より良いですが決定的に優れているとまでは言えないでしょう。

光量評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
1580ルーメン72/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
810ルーメン52/100

配光角について

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」を配光角を比較すると「オーム電機 LDA13N-G AG5」は300°であるのに対して「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は280°です。20°くらいの違いがあります。「オーム電機 LDA13N-G AG5」の配光角の方が「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」よりもやや大きいです。配光角が広いことにより、狭いスペースでも効率的に照明することができるのが、配光角が大きいLED電球のメリットです。

配光角が大きいLED電球は、節電効果にも優れています。従来の電球と比較しても、同じ明るさを保ったまま約80%の電気代を節約することができるため、環境保護にも役立ちます。また、長寿命であり、交換回数も減らせます。

実際に使うことを想定したとき「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」と「オーム電機 LDA13N-G AG5」の実用上の違いは多少大きいです。「オーム電機 LDA13N-G AG5」の方がいいです。しかし決定的に優れているとまでは言えません。

配光角評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
300°89/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
280°83/100

エコについての「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の徹底比較

消費電力について

消費電力を比較すると「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は6.8Wであり「オーム電機 LDA13N-G AG5」は13Wです。「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は比較的差があります。「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の方が「オーム電機 LDA13N-G AG5」よりも比較的消費電力が小さいです。消費電力が小さいLED電球のメリットは、長期間使用した場合に、節約になることがあげられます。

消費電力が小さいLED電球は、エネルギー効率が高いので、光熱費を抑えることができます。また、LED電球は省エネにもつながるので、環境にもやさしいというメリットがあります。LED電球は明るさが足りないというイメージもありましたが、最近は発光量がアップし、さまざまな明るさのものが出てきています。

実際に使う場面において「オーム電機 LDA13N-G AG5」と比較して「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」はやや良いです。「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」がいいでしょう。ただ決定的に優れていると言えるくらいの差はないです。

消費電力評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
13W56/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
6.8W80/100

エネルギー効率について

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」のエネルギー効率を比べると「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は119.1lm/Wに対して「オーム電機 LDA13N-G AG5」は121lm/Wです。差はごくわずかです。「オーム電機 LDA13N-G AG5」のエネルギー効率は「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」に比べてどちらかといえば高いです。エネルギー効率が高く、長寿命であるLED電球は、環境保護にも貢献できる素晴らしい製品である。省エネ効果を重視するなら、必ず選ぶべきだ。

LED電球のエネルギー効率が高いことは、長所の一つです。省エネ性が高いため、節約効果が大きく、光の明るさの調整も容易です。また、LEDは発光ダイオードを利用しているため、有害物質の含有がなく、安全性も高いです。さらに、リサイクルもしやすいため、環境への負荷軽減に貢献します。

数値的には「オーム電機 LDA13N-G AG5」の方が「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」より高いですが、通常利用において体感差はほとんど感じないです。

エネルギー効率評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
121lm/W50/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
119.1lm/W48/100

製品寿命について

製品寿命について「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」を比較すると「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」は40000時間で「オーム電機 LDA13N-G AG5」は40000時間です。「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」も「オーム電機 LDA13N-G AG5」もほとんど同程度の定格寿命です。実用上の差はゼロと思われます。

製品寿命が長いLED電球は、消費者にとっての多くのメリットがあります。まず、LED電球は一般的に寿命が長いため、頻繁に取り替える必要がなく、メンテナンスの手間を省くことができます。繰り返し買い換えることを避けることができるため、将来的には節約にもつながります。

他の観点で比較するほうがいいでしょう。

製品寿命評価
オーム電機 LDA13N-G AG5
40000時間73/100
ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
40000時間73/100

「オーム電機 LDA13N-G AG5」と「ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P」の情報概要

オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
画像オーム電機 LDA13N-G AG5ELPA エルパボール LDA7L-G-G5104-2P
光量1580ルーメン810ルーメン
ワット相当100W60W
配光角300°280°
電球色を採用しているかどうか -
光色昼白色相当電球色相当
白色を採用しているかどうか -
昼白色を採用しているかどうか -
消費電力13W6.8W
エネルギー効率121lm/W119.1lm/W
製品寿命40000時間40000時間
密閉器具に対応しているかどうか
口金E26E26
形状一般電球形一般電球形
配光形全方向タイプ広配光タイプ
本体サイズ118mm × 60mm107mm × 60mm

類似のLED電球を探す

他のLED電球と比較する

価格をチェック

類似のLED電球を探す

他のLED電球と比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。