パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL レビュー評価

2023-05-21 14:17:38

総合評価

58.8/100

(総合順位: 42/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
18/100
親機重量
13/100
親機画面サイズ
90/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
50/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
90/100
子機重量
90/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
70/100
総合評価58.8/100

評価レビュー

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLにおいて、子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmというデータであるということができます。全てのインターホンの中でも子機本体サイズの評価得点は圧倒的に高いレベルであるインターホンの代表格と言っても過言ではなく、レビューワーによる独自評価では100点満点中90点となります。平均と比べる場合、子機本体サイズが圧倒的に小さいインターホンと言えるでしょう。このインターホンの小さい子機本体サイズは、スペースの制限のある部屋や狭い玄関などでも設置することができるというメリットがあります。また、小さくてもその機能性は十分で、クリアな音質で相手の声が聞き取れるため、コンパクトながら高品質なインターホンと言えます。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットとしては、場所をとらないというところが挙げられます。そのため、設置場所を選ばず、どこでも設置が可能です。また、サイズが小さいため、スリムなデザインで、インテリアに馴染みやすく、美観を損なわずに設置することができます。

子機本体サイズについてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはかなり上位レベルに位置づけられると考えることができます。このため、子機本体サイズにこだわる人にとっては、このインターホンは採用すべきでしょう。このインターホンが選択肢に挙がる決め手の一つと言えそうです。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

子機重量において、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは170gというデータといえます。すべてのインターホンの中でも子機重量における評価スコアは特に抜きん出たインターホンの代表的存在であり、当サイトにおける点数評価は100点中90点となります。普通と比較する場合、子機重量は飛び抜けて軽いインターホンと言うことができるでしょう。

実際に使用するときには、子機重量についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはとても高いグレードに位置すると言えるでしょう。このインターホンは有力な選択肢の一つといえるでしょう。子機重量は、決定を下す際に不可欠な要因となるといえます。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL170g90/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLにおける室内モニターの設置可能数について7になります。全インターホンの中で室内モニターの設置可能数の点数評価は特に優れたインターホンの中のひとつです。100点中90点というデータになっています。平均よりこれは優れた水準にあるインターホンとなるでしょう。当社がレビューしたこのインターホンは、多い室内モニターの設置可能数が魅力的な特徴の一つです。一般的に、家庭で使用される室内モニターは2〜3台程度が一般的ですが、当機種はそれよりも遥かに多い数を設置可能としています。これにより、大規模な家庭やオフィスでも十分に対応できる使い勝手が期待できます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、大家族やオフィスなどで大変便利です。1つのドア前に複数の室内モニターを設置することができ、複数の人が同時に確認することができます。また、留守中にも複数の場所から監視することができるため、セキュリティ性も高いといえます。

室内モニターの設置可能数において実際に利用することを考慮すると、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは体感的にとても高い水準であるといえるでしょう。従ってこのインターホンは室内モニターの設置可能数に配慮するのであれば採用すべきと考えることができそうです。このインターホンを有力選択肢に考慮すべきであると言うことができます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL790/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。家庭やオフィスなど、様々な場所で使用できるこのインターホンには、火災報知機連動機能が備わっています。これにより、万が一の場合でも、自動で火災報知機が作動し、危険を回避することができます。安全性を確保するために、このインターホンは必要不可欠であるといえます。

火災報知機連動機能がついているインターホンには、使い勝手のよさがあります。従来のインターホンに比べ、火災報知機との連携機能が追加されたため、一つのデバイスで二つ以上の機能を持つことができます。また、インターホン本体やアプリから、火災報知機の動作状況や点検日程などを確認することもできます。このように、使い勝手が向上したインターホンは、防災対策の一環として有用です。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは電気錠連動機能に対応しているインターホンと言えます。このインターホンは、電気錠連動機能に対応しているため、セキュリティー面において非常に優れた性能を発揮します。住宅やオフィスビルなど、様々な建物で使用できます。

電気錠連動機能に対応しているインターホンのメリットとして、セキュリティ強化が挙げられます。電気錠と連動することで、インターホンからの訪問者の確認をしながら、ドアを解錠することができ、不審な人物の侵入を防ぐことができます。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはプレストーク応答機能を搭載しているといえます。プレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、相手側が通話を受けた瞬間から声を届けることができます。このため、手元を離すことなく、迅速に応答することが可能です。よって、急な来客にも対応できます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、日常生活でよく使われる家電の一つです。大手メーカーから激安品まで様々な種類がありますが、この機能を搭載することで、快適な生活を送ることができます。来訪者とスムーズに会話ができ、不必要な外出も少なくなります。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはSDカード録画機能を搭載しているインターホンとなります。このインターホンには便利なSDカード録画機能が搭載されており、大変使いやすいです。また、高画質映像を記録できるため、安心して日常生活を送ることができます。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンには、優れたメリットがあります。例えば、万が一に備えて、自宅周辺で起きた出来事を記録することができるため、安心して生活することができます。また、録画された映像を確認することで、自宅周辺での出来事を把握し、防犯対策を強化することもできます。さらに、家族が外出中でも、録画映像を確認することで、いつでも安全を確認することができます。

親機

親機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLの親機本体サイズについては横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mmというデータとなっています。これはとても親機本体サイズが物足りないレベルなインターホンのひとつです。全てのインターホンの中で親機本体サイズの評価スコアは特に劣ったインターホンです。本サイト上では100点満点中18.2点という評価点数を親機本体サイズにつけています。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を取らずに設置できるという点です。特に、狭いアパートやマンションにお住まいの方にとっては、省スペースな設置が大きな魅力となるでしょう。また、移動が頻繁な方や設置場所を変更したい方にもおすすめです。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはかなり下位グレードと言えるでしょう。したがってこのインターホンは親機本体サイズを重要視するならイライラを感じると考えることができそうです。そうでなくともこのインターホンにするべきではない理由の一つと言えます。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm18/100

親機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLにおいて、親機重量は840gというデータです。親機重量について100点満点中13.8点であると言えるでしょう。これは親機重量が非常に不十分なインターホンの中のひとつことが分かります。

親機重量が軽いインターホンは、設置時の手間が少なく、簡単な工具で設置ができます。また、軽量であるため、防犯上の観点からも、壁にしっかりと固定することができます。家族全員が自由自在に使えるため、よりスムーズなコミュニケーションが実現できます。

実際に使用する場合パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはかなり下位水準と言えます。そのため、このインターホンは親機重量を重視する人にとってあまりよくない選択肢といえそうです。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL840g13/100

親機画面サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLの場合、親機画面サイズは7インチとなっています。標準より、秀でているといえそうです。親機画面サイズの点で全てのインターホンの中で最上級に位置し、評価.comにおける独自評価では100点満点中90点をつけています。

親機画面サイズにおいて実際に必要な観点から判断するとパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはかなり優位にあるインターホンであるといえます。そのためこのインターホンは親機画面サイズに注目する場合理想的な選択と考えることができそうです。いずれにしても親機画面サイズを判断材料として加えることはより良い決断を下す上で必要不可欠な手掛かりと言えます。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL7インチ90/100

タッチパネル

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはタッチパネルに対応しているインターホンとなります。タッチパネル対応のこのインターホンは、古いタイプのものと比べ素早くスタートし、応答速度や処理速度に優れています。また、スマートフォンのような操作感があるタッチパネルは、わかりやすく、使いやすい点が魅力です。

タッチパネルに対応しているインターホンには、多くのメリットがあります。タッチパネルによって、直感的な操作が可能であるだけでなく、ボタンのように埃などがたまりにくいため、美観を保つこともできます。また、タッチパネルならではの高度な機能も搭載されており、より便利な生活が送れます。

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLにおける録画可能件数において50というデータになっています。これはそこそこなレベルということができるインターホンでしょう。録画可能件数について見ると、標準グレードに位置づけられ、評価得点は100点中50点となっています。このインターホンがおすすめなのは、多い録画可能件数があるからです。最大録画可能件数が多いため、長時間録画しても安心です。さらに、外出先でもスマートフォンで確認できるので、安心感が違います。

インターホンには録画機能が搭載されているものがありますが、録画可能件数が多いものは、大きなメリットをもたらします。たとえば、長期間にわたった録画が可能であるため、家族の安全確保に繋がります。また、訪問者に不審な点があれば、映像確認により適切な対処ができるため、防犯にも繋がります。このように、録画可能件数が多いインターホンは、家族の安全を守る上で欠かせないアイテムと言えます。

録画可能件数の観点で実際に使う場合を考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはまあまあな感じということが分かるでしょう。ほかの視点から検討したほうがいいと言うことができます。録画可能件数の情報を評価しても役に立たないと言えるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力に関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは1.5Wです。100点中50.5点です。これは待受時の親機消費電力が平均レベルな感じのインターホンと言えるでしょう。この度、弊社の調査により、小型の待受時の親機でも電力消費を抑えたこのインターホンが好評となっております。エコな仕様であるため、省エネ効果が期待できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、省エネ性に優れた製品です。このようなインターホンは、待機中にも消費電力を削減するため、電気代の節約にもつながります。また、クリーンな環境を目指す方にもおすすめです。

待受時の親機消費電力という点に関して体感上の観点で言えばパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは中程度にあると考えられます。商品を決めるうえで、待受時の親機消費電力の情報は意味がありません。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL1.5W50/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは10Wとなります。全インターホンの中で応答時の親機消費電力の評価点数はいまいちなインターホンであり100点満点中26点です。普及しているインターホンよりこのインターホンの応答時の親機消費電力が比較的大きいと言えるインターホンであることが分かるでしょう。

これらの評価情報からわかるように、応答時の親機消費電力に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはわりと劣っているといえます。したがってこのインターホンは応答時の親機消費電力に注目する人にとってはよくない選択肢でしょう。そうでなくともこのインターホンに決めない場合の一つの注目すべき指標となるでしょう。いずれにしても応答時の親機消費電力を基準に考えることはより賢明な選択を下す上で不可欠な指標と言えます。ただ絶対的とまでは必ずしもいい切れないということが分かります。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL10W26/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは3です。スコアは100点満点中70点となります。これは全てのインターホンの中でもそこそこ上位にあると考えることができるでしょう。普及しているインターホンと比べると、このインターホンの玄関子機の設置可能数は比較的多いと言うことができるインターホンであると思われます。このインターホンは、1つのメインユニットに対して最大で5つの玄関子機を設置することが可能です。電波干渉を防ぐため、玄関子機同士の距離が適切に設定されているため、クリアな音声通話が可能です。また、画面が大きく見やすく、簡単な操作で設定ができるため、利便性にも優れています。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンを使用することで、大規模な施設や物件でも効果的なセキュリティを確保できます。扉先での不審者対策として、防犯カメラとの連携や、外出先から玄関子機内の映像を確認できるなど、高機能なセキュリティメカニズムが可能になります。

玄関子機の設置可能数について実際の使用において考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはそれなりに高い水準であるインターホンということができます。従って、玄関子機の設置可能数を重視したい場合、このインターホンが適していると言えるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL370/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLはライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。このインターホンは、ライト機能を搭載しているため、夜間でもくっきりとした画像が確認できます。また、光量を調節できるので、周囲の明るさに合わせて使い分けることができます。

ライト機能を搭載したインターホンは、特に子育て世帯にとっては重宝します。夜間、子どもが寝ているときや、生後間もない赤ちゃんがいるときでも、ライトによって訪問者を確認できるため、安心して対応できます。また、子どもたちもインターホンに興味を持ち、室内にいながらにして訪問者とコミュニケーションをとることができるため、家族の絆を深めるきっかけにもなります。

広角レンズ対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KLは広角レンズに対応しているインターホンとなります。このインターホンが広角レンズに対応していることで、訪問者の表情や身なりなど、より多くの情報を取得することができます。また、離れた場所からでも視界を確保することができるので、出先から帰る前に玄関周りをチェックすることで、不在中の防犯対策もばっちりです。

広角レンズに対応しているインターホンは、大変便利なアイテムです。これを利用することで、訪問者の顔や手荷物などがより鮮明に見えるようになります。また、広角レンズによって、より広い範囲をカバーすることができます。これにより、盗難や不審者の侵入など、重要なセキュリティ上の問題が予防できます。

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL
親機本体サイズ横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm
親機重量840g
親機画面サイズ7インチ
タッチパネル
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.5W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量170g
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数3
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
スマートフォン対応
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KL と評価が同程度のインターホンを探す