パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS 評価レビュー

2023-05-21 15:33:44

総合評価

43.4/100

(総合順位: 198/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
34/100
親機重量
24/100
親機画面サイズ
68/100
録画可能件数
70/100
待受時の親機消費電力
19/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
18/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価43.4/100

評価レビュー

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。火災による被害は、とても深刻です。しかし、このインターホンには、火災報知機連動機能が付いているため、火災の早期発見とともに、適切な対策を取ることができます。人命だけでなく、財産の防火対策にも役立ちます。

火災報知機連動機能がついているインターホンは、安心できる機能があります。火災発生時には、インターホンを通じて自動的に火災報知機が作動し、住民に迅速な安全確保を提供します。また、外出先からもアプリなどを通じて遠隔でも確認ができます。このように、火災報知機連動機能を持つインターホンは、より安全かつ便利な生活を実現することができます。

電気錠連動機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは電気錠連動機能に対応しているインターホンであると言えます。このインターホンには、備え付けられた電気錠連動機能に対応するための設計が施されています。これにより、ボタンひとつでドアの施錠・解錠が可能となり、さらに安心感を提供してくれます。また、操作も簡単で、使い勝手も非常に良いといえます。

電気錠連動機能に対応しているインターホンは、住宅やオフィスでのセキュリティにおいて非常に便利です。この機能を持ったインターホンを設置することで、玄関先にある電気錠を、インターホンで簡単に解錠できます。また、来訪者の顔や声を確認してから解錠できるため、不審者や泥棒などの不正な侵入を防ぐことができます。

プレストーク応答機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはプレストーク応答機能を搭載しているインターホンとなります。このインターホンはプレストーク応答機能を搭載しており、応答までの時間が非常に短く便利です。また、音声のクリアーさも素晴らしく、遠くからの呼び出しも問題なく聞き取ることができます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンには、多数のメリットがあります。例えば、ドアインターホンにおいては、訪問客との会話がスムーズに行え、タイムロスを防げます。また、家族同士で使用する場合でも、事前に受け取っていたメッセージなどを聞いてから会話を始めることができ、更なる時間の節約に繋がります。最新テクノロジーが搭載されたインターホンは、生活を豊かにするための重要なアイテムの一つです。

SDカード録画機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはSDカード録画機能を搭載していると言えます。このインターホンには、SDカード録画機能が搭載されており、訪問者の確認と同時に録画も可能です。長時間の録画も可能で、不在時にも便利です。また、訪問者との会話を録音することができ、重要な情報を見逃すことがありません。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリット- 防犯対策に有効:インターホンには、訪問者が来た時に自動的に録画される機能があります。録画された映像は、侵入者の特定や対処策の立案に役立ちます。また、警察への提供材料としても利用可能です。- 訪問者の管理がしやすくなる:インターホンに録画機能を搭載することで、訪問者の管理がしやすくなります。来客記録を残せば、来客の把握や家族間でのコミュニケーションがスムーズになります。- 怪しい人物を素早く対処:録画データから怪しい人物がいた場合には、迅速に対処することができます。例えば、治安の悪い地域では特に有効であり、防犯効果が期待できます。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSにおいて、子機本体サイズは横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mmというデータになっています。これは子機本体サイズが相当大きいインターホンの中の一つといえます。子機本体サイズに関する評価点数は100点中18.9点となります。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、まず取り付けが容易であることです。小型化によって場所をとらず、設置場所の自由度が高くなりました。さらに、手間をかけた配線工事が必要ないため、コスト削減にも繋がります。

子機本体サイズについて実際の使用場面を考えると、パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは標準より相当下回っていると感じとれると思います。従ってこのインターホンはオススメしないです。また子機本体サイズを優先する人にとってこのインターホンは良くないと考えられそうです。

子機本体サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mm18/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSにおける室内モニターの設置可能数について7になります。普及しているインターホンと比べると飛び抜けて室内モニターの設置可能数は多いインターホンでしょう。評価.comの評価では100点満点中90点を室内モニターの設置可能数につけています。これはすべてのインターホンの中でも最上位に位置します。このインターホンについて、多い室内モニターの設置可能数について評価しました。本製品は、最大で10台のモニターが接続可能であるため、大規模なマンションやオフィスにも対応できる優れた性能を持っています。しかし、個人宅などの小規模な使用には、余剰のモニターが不要になる場合がありますので、適切な使用環境を選ぶことが大切です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、より快適で便利な生活を実現することができます。複数の場所にモニターを設置することで、移動しなくてもドア前の状況を確認することができ、時間や手間を省くことができます。さらに、一度に複数の人と通話することができるため、コミュニケーションの手間を減らすこともできます。

室内モニターの設置可能数に関してパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはかなり上位と考えることができます。このインターホンは室内モニターの設置可能数を重視したい人にとっては最適な選択肢と言うことができそうです。そうでなくともこのインターホンが候補となる着目すべき判断材料の一つとなります。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS790/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSにおいて、玄関子機の設置可能数は2となっています。専門家による独自評価では100点中40点を玄関子機の設置可能数につけています。これはまあまあのグレードなレベルと考えられそうです。一般的に、このインターホンの多い玄関子機の設置可能数は、住宅の大きさや建物の構造によって異なります。しかし、このインターホンは大型マンションでも設置可能な数が非常に多いため、安心してご利用いただけます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、大家族やオフィスなどの集団生活に最適です。複数の場所に設置することで、呼び出しやドア開閉がスムーズになります。また、緊急時に素早く連絡できる点が安心感を与えます。

実際に利用する上で考えるとパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは標準的と言えます。ほかの角度から比較する必要がありそうことが分かるでしょう。商品選びにおいて、玄関子機の設置可能数の情報は意味がないと思います。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS240/100

ライト機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。このインターホンは、ライト機能を備えている点がおすすめポイントです。夜間や暗い場所でも顔がはっきり見えるため、来訪者を確実に認識することができます。さらに、省エネ性に対応しており、照明が点灯する時間をコントロールできる機能もあります。

ライト機能を搭載しているインターホンは、ビルやマンションなど共有スペースが多い場所でも、ライトにより訪問者との対応がスムーズになります。また、夜間は周囲が暗くなるため、インターホン自体が目立ちやすくなるため、訪問者も一発で見つけることができます。

広角レンズ対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは広角レンズに対応していると言うことができるでしょう。当社が最近レビューしたこのインターホンは、広角レンズに対応しており、室内の全ての角度をカバーすることができます。特に、ドアの前に立った人の全身をはっきりと検知することができるため、セキュリティ上の観点からも優れた性能を発揮します。

広角レンズに対応しているインターホンは、防犯効果も高く、犯罪の予防に効果的です。広範囲をカバーできるため、犯罪現場を撮影することも可能です。万が一の場合にも、警察の捜査に役立ちます。

親機

親機本体サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSの親機本体サイズについては横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mmとなります。幾分か親機本体サイズが低いレベルなインターホンであるということが分かります。弊サイトの独自評価では100点中34.8点を親機本体サイズにつけています。これは全てのインターホンの中でもまあまあ低い水準に位置すると言うことができるでしょう。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を取らずに設置できるという点です。特に、狭いアパートやマンションにお住まいの方にとっては、省スペースな設置が大きな魅力となるでしょう。また、移動が頻繁な方や設置場所を変更したい方にもおすすめです。

実際に使う場合パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは比較的劣っているでしょう。ただ確定的とまでは必ずしも言い切れないです。

親機本体サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mm34/100

親機重量

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSにおける親機重量について635gとなっています。全インターホンの中でもそれなりに良くないといえます。親機重量がそれなりに良くないといえます。

親機重量が軽いインターホンのもう一つのメリットは、長期間使う場合における手軽なメンテナンスです。重量が軽いため、外すことや分解することが容易であり、掃除もしやすいため、いつも綺麗に保つことができます。また、高い場所に設置されたものでも、軽量であれば安全に手軽にメンテナンスができます。

この評価情報で明白にわかるようにパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは平均よりそこそこ微妙と言うことができるでしょう。しかし、確定的とまでは必ずしも言い切れない点は気を付けるべきであることが分かります。

親機重量評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS635g24/100

親機画面サイズ

親機画面サイズにおいてパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは5インチというデータであるといえます。親機画面サイズをみてみると、弊サイトの独自評価では100点満点中68点となっています。基本的なインターホンと比較すると、このインターホンの親機画面サイズが比較的大きいインターホンとなりそうです。

この評価情報から分かるようにパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは感覚的に、まあまあ勝っていると思われます。従ってこのインターホンに着目する一つの決め手と言えるでしょう。親機画面サイズは意思決定に関する不可欠な手掛かりになります。

親機画面サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS5インチ68/100

タッチパネル

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはタッチパネルに対応しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンは、最新のタッチパネルに対応しています。そのため、非常に高速な反応性を誇り、素早く操作できます。また、ハイビジョンカメラによる高画質な映像表示も魅力的です。

最近のインターホンはタッチパネルに対応するようになり、そのメリットは大きいです。例えば、タッチパネルの方が押す回数が少ないため、耐久性に優れています。また、ボタン式だと難しかった多言語表示など、プラスアルファの機能も実現できます。夜間の設定などもタッチパネルで簡単に設定ができるため、快適に暮らすためにも一度検討してみてください。

録画可能件数

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSについて、録画可能件数は100というデータになっています。すべてのインターホンの中でもまあまあ高いレベルに位置づけられ、100点満点中70点というデータです。普通より、このインターホンの録画可能件数が比較的多いインターホンでしょう。このインターホンは、多い録画可能件数が魅力です。録画する映像の制限がなく、安心して利用することができます。また、取り付けや設定も簡単で難しい操作もありません。

デジタルテクノロジーの発展により、録画可能件数が多いインターホンが日常でよく使われるようになってきました。このメリットとして、訪問者が家に訪れた際に、録画された映像を再生することで、不審な人物がいた場合にその人物を確認できるため、セキュリティ面での安心感が高まります。

録画可能件数について実際の使用においてはパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは標準的なインターホンと比べる場合それなりに秀逸であると思われます。一方で決定的とまでは必ずしもいい切ることができないため気を付ける必要があることが分かります。

録画可能件数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS10070/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力においてパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは4Wとなります。これは典型的なインターホンより、非常に待受時の親機消費電力が大きいと言うことができそうです。評価は100点中19点といえます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、省エネ設計による電気代の削減にあります。待機時間が長いインターホンでは、待機中の消費電力も増加し、電気代が高くなってしまいますが、消費電力が少ないインターホンなら、長時間待機しても、電気代の負担が軽減されます。また、エコ設計であることから、環境にも優しく、持続可能な住環境を実現できます。

実践的な視点から考えると、待受時の親機消費電力に関してパナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはとても劣っているインターホンといえるでしょう。従って待受時の親機消費電力を優先する場合このインターホンはイマイチな選択と考えられそうです。いずれにしても、待受時の親機消費電力を考慮することがより賢明な判断をすることにつながると思います。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS4W19/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力において、パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSは10Wとなります。全インターホンの中で応答時の親機消費電力の評価点数はいまいちなインターホンであり100点満点中26点です。普及しているインターホンよりこのインターホンの応答時の親機消費電力が比較的大きいと言えるインターホンであることが分かるでしょう。

この評価から明らかなように、パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはそれなりに物足りないレベルなインターホンであることがわかります。しかし確定的とまではいい切ることができないため要注意ということが分かります。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS10W26/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KSはハンズフリーに対応しているということができます。このインターホンは、ハンズフリーに対応しており、手が塞がっていても快適に通話ができます。また、音質も良く、騒音の多い環境でも音声がクリアに聞こえます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、セキュリティ面でもメリットがあります。手を使わずに応答できるため、ドアの前で何かをしている際にも、素早く対処できます。また、音声の品質が向上していることもあるため、騒音の多い場所でも対話が円滑に行えます。これらのメリットにより、住宅を守るための高度なセキュリティを確保することができます。

スペック

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS
画像パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mm
親機重量635g
親機画面サイズ5インチ
タッチパネル
録画可能件数100
待受時の親機消費電力4W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mm
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
スマートフォン対応
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SVD505KS の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。