パナソニック VL-SGZ30 (2018) レビュー

2023-05-21 15:21:28

総合評価

46.7/100

(総合順位: 147/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
66/100
親機重量
72/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
70/100
待受時の親機消費電力
50/100
応答時の親機消費電力
82/100
子機本体サイズ
24/100
子機重量
21/100
室内モニターの設置可能数
10/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価46.7/100

評価レビュー

基本情報

ワイヤレス対応

パナソニック VL-SGZ30 (2018)はワイヤレスに対応しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンは、ワイヤレスに対応しているため、配線工事が不要で設置が容易です。また、ワイヤレスであることから、場所を選ばず自由に設置することができます。

ワイヤレスに対応しているインターホンには、数多くのメリットがあります。まず、配線が不要なので、設置場所を選びません。また、外出先でもスマートフォンなどで呼び出し音を確認することができ、不在時の配達や来客にも対応できます。さらに、子供部屋などで子供を見守るための利用も可能です。

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SGZ30 (2018)はハンズフリーに対応しているといえます。手が塞がっている場合でも、ハンズフリーに対応するこのインターホンは、利便性が高く、スムーズに通話ができます。音質がクリアで、相手の声が聞き取りやすいため、暴風雨や寒冷地などでも快適に使用可能です。

ハンズフリーに対応しているインターホンには、ユーザーにとって多くのメリットがあります。まず、手ぶらでも電話ができるため、忙しい時や荷物を持っている時でも便利です。また、ボタン操作でなく声での操作が可能なため、高齢者や障がい者にも使いやすいです。さらに、防犯性も高く、来訪者と顔を合わせずに情報を確認できるため、安心して利用できます。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数に関してパナソニック VL-SGZ30 (2018)は1となっています。全インターホンの中でも玄関子機の設置可能数の評価点数は不十分なインターホンです。当サイト上の独自評価では100点中25点というスコア評価を玄関子機の設置可能数につけています。これは玄関子機の設置可能数が割と微妙な水準にあります。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、複数の玄関口に設置することができるため、家庭のセキュリティを強化できる点が挙げられます。また、家族の構成や生活スタイルに合わせて、玄関子機の設置場所を決めることができ、利便性も向上します。

この評価情報で明確にわかるように、玄関子機の設置可能数において実用的な使い方を考えるとパナソニック VL-SGZ30 (2018)は低いレベルに位置すると言えるでしょう。そのため、このインターホンは玄関子機の設置可能数に注目するならイライラを感じると言うことができます。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)125/100

ライト機能

パナソニック VL-SGZ30 (2018)はライト機能を搭載しているインターホンとなっています。ライト機能を搭載したこのインターホンは、夜間や暗い場所でも安心して使用できます。明るさの調節もできるため、必要に応じて目的に合わせて使い分けができます。

ライト機能を持つインターホンは、昼夜を問わず常に来訪者を確認することができます。また、玄関口が暗く見える場合でもボリュームとともに光を増幅されるので、非常に見やすいです。さらに、老人や小さな子供を預かっている家庭では、外から帰ってくる際の安全性も向上します。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SGZ30 (2018)は広角レンズに対応していると言うことができます。広角レンズに対応していることで、昼夜問わず鮮明な映像を確認できるこのインターホンは、お住まいの防犯強化にも期待ができます。また、その評価は高く、間違いなく価値のある商品であることが言えます。

広角レンズに対応しているインターホンを利用することで、室内で行っている作業を中断しなくても、訪問者を確認できます。また、夜間でも光センサーなどの機能で、暗闇でも明るく映像を確認することができるため、セキュリティ対策にもなります。利便性が高く、安心・安全につながることから、大きなメリットがあります。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック VL-SGZ30 (2018)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mmというデータとなっています。これは幾分か子機本体サイズが微妙なレベルにあるインターホンです。本サービス上の独自評価では100点中24.4点を子機本体サイズにつけています。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、美しいデザインにこだわる方におすすめできることです。コンパクトなサイズだからこそ、細部までこだわったデザインが可能になります。また、部屋のインテリアとも調和しやすく、おしゃれな印象を与えます。 このように、子機本体サイズが小さいインターホンは、デザイン重視の方にもおすすめできる商品です。

子機本体サイズについて実用上にはパナソニック VL-SGZ30 (2018)は低い水準と思います。ただし、絶対的とまでは保証できない点には注意が必要であるということが分かります。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm24/100

子機重量

パナソニック VL-SGZ30 (2018)に関する子機重量において245gというデータと言えます。全インターホンの中でも子機重量に関する評価得点は幾分か劣ったインターホンです。100点満点中21.7点をつけています。通常と比べると、このインターホンの子機重量が比較的重いインターホンとなるかもしれません。

この評価情報で明白に分かるように子機重量においてパナソニック VL-SGZ30 (2018)はそれなりに下回っているインターホンであると言えます。このインターホンは選択肢の一つから除外すべきと思われます。子機重量で比較することで、合理的な決断をすることができると思います。

子機重量評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)245g21/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SGZ30 (2018)において、室内モニターの設置可能数は1となっています。通常と比較すると、ひときわ室内モニターの設置可能数が少ないインターホンとなるでしょう。全てのインターホンの中で室内モニターの設置可能数の評価点は劣っているインターホンであり、本サービスの得点は100点中10点です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、より快適で便利な生活を実現することができます。複数の場所にモニターを設置することで、移動しなくてもドア前の状況を確認することができ、時間や手間を省くことができます。さらに、一度に複数の人と通話することができるため、コミュニケーションの手間を減らすこともできます。

実践的な見地から考えると、パナソニック VL-SGZ30 (2018)は低い水準に位置すると言えます。従って、室内モニターの設置可能数を気にする人にとっては、このインターホンを選ぶべきではないと言えそうです。このインターホンは選択肢の一つから除外すべきであると思われます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)110/100

便利機能

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SGZ30 (2018)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。訪問者が話しかける前に応答するプレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、盲点を取り除くデザインが特徴です。しかも、訪問者との通話が音声と映像の両方でできるため、安心して応対することができます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、安全面でも優れています。部屋の中から来訪者と話をすることができるため、訪問目的や態度を事前に確認することができます。また、犯罪の抑止力としても有効で、万が一の際には警察や防犯カメラの映像と合わせて犯人逮捕の決め手となることもあります。

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SGZ30 (2018)における親機本体サイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmというデータです。これは親機本体サイズが比較的高いレベルであることがわかります。親機本体サイズという点についてすべてのインターホンの中でも上位に位置し、本サイトの専門家による評価スコアは100点中66点と言うことができるでしょう。このインターホンの小さい親機本体サイズはとても便利です。狭い玄関でも場所を取らず取り付けることができ、スッキリとしたデザインがお部屋にもマッチします。また、機能性にも優れ、音声や画像もクリアに伝わるため安心して使えます。

親機本体サイズが小さいインターホンは、省スペースでありながら高性能な点が特徴です。小さな本体に、必要な機能を凝縮しているので、場所を取ることなく使用できます。また、携帯性に優れた点から、旅行先などで使用することも可能です。

これらの評価で明確に分かるように、親機本体サイズに関して実利的な視点から見るとパナソニック VL-SGZ30 (2018)はそれなりに高位グレードに位置すると思います。このため、親機本体サイズを重視する人にとって、このインターホンはお勧めできると考えられるかもしれません。親機本体サイズを参考にすることは、より的確な決定を下す上で不可欠な材料でしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機重量

親機重量に関して、パナソニック VL-SGZ30 (2018)は395gというデータになっています。全てのインターホンの中でそこそこ高いグレードに位置するでしょう。親機重量がそこそこ抜きん出ています。このインターホンは、蓄積された顧客の声とともに改良を重ね、多くのユーザーから人気を集めています。その軽い親機重量は、特に女性やお年寄りにとっては、優れた点です。また、コンパクトなサイズ感も魅力的で、おしゃれな住まいにも溶け込みます。

親機重量が軽いインターホンには、持ち運びが容易なというメリットもあります。重たい親機を設置する場合、移動することができませんが、軽い親機であれば、簡単に持ち運びができます。また、長期間使用しない場合でも、ホコリがたまることがありませんので、除菌や掃除が簡単にできます。

親機重量という側面について、パナソニック VL-SGZ30 (2018)は基本的なインターホンより幾分か秀逸であるといえそうです。そのため親機重量を重要視する人の場合このインターホンは選択肢にあがるといえそうです。そうでなくともこのインターホンは強力な選択肢の一つになるでしょう。

親機重量評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)395g72/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SGZ30 (2018)に関して、親機画面サイズは3.5インチになります。これは標準水準と言ったレベルと言えるインターホンだとわかるでしょう。親機画面サイズについて標準水準に位置し、本サイトの独自評価では100点満点中45点をつけています。

実際に活用する場合を考えるとパナソニック VL-SGZ30 (2018)は一般的なインターホンであるということが分かります。判断を下す上で、親機画面サイズの情報はあまり参考になりません。別の観点から比較することをオススメします。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック VL-SGZ30 (2018)について、録画可能件数は100というデータになっています。録画可能件数の点で弊サイトにおける独自評価では100点中70点を録画可能件数につけています。普通と比較すると、これは優れているインターホンとなるかもしれません。多い録画可能件数を備えたこのインターホンは、家族が多く不在時でも安心して家の中の様子を確認できます。

一般的なインターホンは、数件しか録画できないことが多く、万が一の場合には利用できないことがあります。録画可能件数が多いインターホンは、長期間録画が可能であり、安心して家を外出することができます。また、不審者が現れた場合にも、証拠となる映像を確保できるため、防犯対策にも役立ちます。

この評価情報で明確にわかるように録画可能件数という点において言えばパナソニック VL-SGZ30 (2018)は幾分か秀でているインターホンであるということが分かるでしょう。しかし、絶対的とまでは必ずしも判断できない点には注意が必要ということができます。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)10070/100

待受時の親機消費電力

パナソニック VL-SGZ30 (2018)に関して、待受時の親機消費電力は1.5Wです。これは通常水準と言うことができるインターホンでしょう。スコア評価は100点満点中50.5点です。これは全てのインターホンの中でも平均水準に位置するでしょう。当社で取り扱っているこのインターホンの親機は、小さい待受時でも消費電力が非常に低いことが確認できました。省エネ設計であるため、長時間の待機時間も安心してご利用いただけます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、長期間使用する場合のメンテナンスコストが少ないことです。待機中も電力を消費し続ける家電製品は、使用期間が長くなると消耗品の交換や修理が必要になりますが、待受時の消費電力が小さいインターホンはその点が少なく、維持コストが安く抑えられます。

現実的な視点から考えると、待受時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SGZ30 (2018)は標準グレードであることがわかります。別の視点をみて考えることを非常に推奨します。商品選択において、待受時の親機消費電力の情報は全くといっていいほど意味がないと思います。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)1.5W50/100

応答時の親機消費電力

パナソニック VL-SGZ30 (2018)に関する応答時の親機消費電力について4Wというデータであるといえます。標準と比較する場合、極端に応答時の親機消費電力が小さいと思われます。全インターホンの中でも最上位に位置するでしょう。

実際の使用を想定すると、パナソニック VL-SGZ30 (2018)はとても高いグレードに位置すると言うことができるでしょう。このためこのインターホンを使う一つの決め手といえるでしょう。またこのインターホンは応答時の親機消費電力を重視したい人にとっては最適と思われます。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SGZ30 (2018)4W82/100

スペック

パナソニック VL-SGZ30 (2018)
画像パナソニック VL-SGZ30 (2018)
ワイヤレス対応
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機重量395g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数100
待受時の親機消費電力1.5W
応答時の親機消費電力4W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm
子機重量245g
室内モニターの設置可能数1
玄関子機の設置可能数1
ライト機能
広角レンズ対応
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SGZ30 (2018) と評価が同程度のインターホンを探す