パナソニック VL-SE35KF (2019) 評価

2023-05-21 15:09:52

総合評価

51.8/100

(総合順位: 96/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
50/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
26/100
応答時の親機消費電力
42/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
80/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価51.8/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE35KF (2019)に関して、玄関子機の設置可能数は2となっています。専門家による独自評価では100点中40点となります。標準レベルと言うことができるインターホンだとわかるでしょう。このインターホンには、設置可能な玄関子機の数に関する厳密な制限はありませんが、接続する子機の数は、通常は使用するスペックに依存します。そのため、使用する環境に合わせた最適な設定をする必要があります。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、一つの住宅であっても複数の子機を設置することができるため、家族それぞれの生活スタイルに合わせた使用が可能です。例えば、留守番をする際には子機を自分の部屋に設置し、訪問者が来た際にはすばやく対応ができます。また、子機を複数設置することで、家族間でのコミュニケーションもスムーズになります。

実際の使用場面を考えると、パナソニック VL-SE35KF (2019)は基本的なインターホンであることがわかります。ほかの角度から考慮する方が良いです。玄関子機の設置可能数の情報を評価しても商品選びにおいて殆ど意味がありません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)240/100

ライト機能

パナソニック VL-SE35KF (2019)はライト機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。このインターホンはライト機能を搭載しており、夜間や暗い場所でも使いやすいことが特徴です。また、調光機能が付いているため、目に優しく周囲環境に合わせた明るさに調整できます。

ライト機能を搭載しているインターホンは、防犯面以外にも便利な機能があります。ライトを利用して郵便受けの確認や鍵穴の確認などもできます。また、夜間に家に帰る際にもライトが明るく照らすため、安心して帰宅することができます。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SE35KF (2019)は広角レンズに対応しているインターホンとなっています。このインターホンには、広角レンズが搭載されており、アウトドアの視野も十分確保することができます。また、室内にいる際には、友人や訪問者が到着した際に、ドアを開けなくても、確認することができる便利な機能も搭載されています。

広角レンズに対応しているインターホンのメリットは、より広い範囲を確認することができることです。従来のインターホンでは、限られた視野角により、出入りする人物や物の確認が難しかったですが、広角レンズにより、広範囲を確認できるため、安心・安全面で優れた機能を発揮します。また、被写体が横長の場合でも、映る範囲が広いため、顔全体を確認することができます。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE35KF (2019)は火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。家庭やオフィスなど、様々な場所で使用できるこのインターホンには、火災報知機連動機能が備わっています。これにより、万が一の場合でも、自動で火災報知機が作動し、危険を回避することができます。安全性を確保するために、このインターホンは必要不可欠であるといえます。

火災報知機連動機能がついているインターホンには、多くのメリットがあります。まず、火災報知機と連動することで、火災が発生した際には迅速に対処することができます。さらに、家族が外出中でも、遠隔で火災報知機の状態を確認できるので安心です。また、一般的なインターホンに比べて、防犯効果も高くなるため、家庭のセキュリティ強化にも役立ちます。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35KF (2019)はSDカード録画機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。SDカード録画機能を備えたこのインターホンは、訪問者が訪れた際に自動的に録画を開始します。録画された映像や音声は、暗視機能により夜間でも高精細で確認することができます。素晴らしい防犯対策としておすすめです。

インターホンにSDカード録画機能が搭載されていると、より一層セキュリティを高めることができます。万が一の場合でも、映像が手元に残るため、不審者の確認や、犯罪捜査に繋がるかもしれません。また、忙しい夜間に、訪問者が来たときに録画された映像を確認することで、対応する必要があるかどうかを判断できます。SDカード録画機能を搭載したインターホンは、家庭のセキュリティを強化し、安心して暮らすことができます。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック VL-SE35KF (2019)は横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータであると言えます。基本的なインターホンと比較すると秀でているインターホンと言えるかもしれません。全インターホンの中で親機本体サイズにおける得点はそこそこ秀でたインターホンであり得点は100点中72.7点と言えます。このインターホンは小さい親機本体サイズで、設置場所を選びません。小さなデザインながら、映像・音声ともにクリアで、高画質・高音質な通話が可能です。

親機本体サイズが小さいインターホンには、様々なメリットがあります。例えば、設置場所を選ばず、場所をとらないコンパクトな設計のため、省スペースで利用できます。また、操作も簡単なので、初めての方でも扱いやすいという点も魅力的です。加えて、オプション機能が付いているものも多く、日々の生活に欠かせない機能も充実しています。

これらの評価で分かるように、親機本体サイズについて実際に使用する場合パナソニック VL-SE35KF (2019)は高位グレードと考えることができます。したがってこのインターホンは親機本体サイズを重視したい人にとって適していると考えることができそうです。いずれにしても親機本体サイズは商品選択に関する大きな基準の1つになると思います。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

パナソニック VL-SE35KF (2019)における親機重量について475gというデータと言えます。得点評価は100点中50点です。これはそこそこのグレードと言った感じと言うことができるインターホンだとわかります。このインターホンの軽い親機重量は、使いやすさに繋がります。手軽に取り扱えることで、日々の生活の中での利便性は高いです。ただし、細すぎず、重すぎず、程よい軽さが保たれるように、設計にもっともれぞ重視された点であると思われます。

親機重量が軽いインターホンのメリットは、デザイン面でも有利です。コンパクトでスリムな形状となるため、壁に設置してもスペースを取りません。また、シンプルでスタイリッシュな印象を与えるので、インテリアにも合わせやすいです。

これらの評価情報から明らかであるようにパナソニック VL-SE35KF (2019)は普及しているインターホンであることがわかります。別の視点で比較する必要性がありそうことが分かります。親機重量の情報を比べても、判断する上であまり参考になりません。

親機重量評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)475g50/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SE35KF (2019)に関して、親機画面サイズは3.5インチです。これは親機画面サイズが平均グレードであるということが分かります。全インターホンの中でも標準に位置するでしょう。

これらの評価から明らかなようにパナソニック VL-SE35KF (2019)は平均的と言うことができるでしょう。ほかの角度から選んだほうがいいということがわかるでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数において、パナソニック VL-SE35KF (2019)は50となっています。これは平均レベルと言うことができるインターホンであることがわかるでしょう。レビューワーによる独自評価では100点中50点という点数評価をつけています。これは全インターホンの中でそこそこのレベルに位置します。このインターホンは、多くの録画可能件数を持っているだけでなく、その録画映像の保存方法も簡単です。クラウドに保存したり、USBに保存したり、使い勝手に合わせて保存方法を選べます。そして、映像の画質も非常に高く、驚くほど鮮明で細部まで見えます。防犯や監視に限らず、映像を楽しむという用途にもぴったりです。

録画可能件数が多いインターホンは、防犯にも効果があります。映像が長期間保存されるため、万が一の犯罪や事件があった場合には、証拠として利用することができます。また、不審な人物が居座った場合にも、警察に報告することができ、より早い解決につながるでしょう。

実際の利用を想定したときパナソニック VL-SE35KF (2019)は平均的と言えるでしょう。録画可能件数の情報を考えても、判断を下すうえであまり意味がありません。別の観点から考慮するほうが良いことがわかります。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック VL-SE35KF (2019)に関して、待受時の親機消費電力は2.3Wとなります。待受時の親機消費電力を見てみると100点満点中26.7点という点数をつけています。これは待受時の親機消費電力がそこそこ劣っています。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンを使うことで、オーナー自身がエコロジカルな行動をとったことになります。より環境に優しい生活に貢献することができ、また、節電の意識を高めることが出来ます。また、電気代にお金をかけずに省エネルギーな環境を作り出すことができるため、長期的には経済的なメリットも見込めます。

これらの評価で分かるように、待受時の親機消費電力においてパナソニック VL-SE35KF (2019)は比較的低い水準にあるインターホンであると言うことができます。このためこのインターホンは待受時の親機消費電力を優先する人にとってはまったくと言っていいほど良くない選択肢と考えられるかもしれません。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)2.3W26/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力について、パナソニック VL-SE35KF (2019)は8Wというデータです。全インターホンの中でも応答時の親機消費電力に関する評価点数はそこそこな感じのインターホンです。100点満点中42点であると言えるでしょう。これはそこそこな感じと言えるインターホンであると思われます。

応答時の親機消費電力において実際に使用する場面を考えると、パナソニック VL-SE35KF (2019)は通常と比較して似ていると考えることができます。他の側面から検討したほうが良さそうです。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)8W42/100

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズについて、パナソニック VL-SE35KF (2019)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータとなっています。全インターホンの中でも最上位に存在しています。100点満点中82点をつけています。普及しているインターホンと比較する場合、子機本体サイズは極端に小さいと考えられるかもしれません。このインターホンで一番優れた点は、小さい子機本体サイズです。この優れた機能によって、場所を選ばず設置でき、非常に便利です。また、小さいサイズでありながら、音質も非常に良く、とてもクリアです。

子機本体サイズが小さいインターホンの最後のメリットは、省エネ設計が進んでいる傾向があることです。サイズが小さいため、消費電力も抑えられる傾向があるため、電気代の節約や、環境に配慮した生活が可能です。また、省エネ設計の進化で、バッテリーの持ちも長くなることがあります。

これらの評価でわかるように、パナソニック VL-SE35KF (2019)は一段と高いレベルにあるインターホンであることが分かるでしょう。したがってこのインターホンを使った方がよい決め手の一つになるでしょう。また子機本体サイズに注目する人にとってはこのインターホンの方がよいと考えられるかもしれません。子機本体サイズで比較することで合理的な決定を下すことができると思います。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック VL-SE35KF (2019)に関して、子機重量は175gとなります。これは基本的なインターホンと比較する場合子機重量が圧倒的に軽いと言うことができそうです。全インターホンの中で最上位グレードに見られ、評価.comにおける評価では100点満点中80点を子機重量につけています。

子機重量において実際的な意味合いで考えると、パナソニック VL-SE35KF (2019)は普通と比べる場合優秀と言えるでしょう。従って、このインターホンを検討したほうがよい決め手の一つと言えそうです。子機重量は、不可欠な手掛かりの1つになると言えます。

子機重量評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)175g80/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SE35KF (2019)に関して、室内モニターの設置可能数は2です。これは室内モニターの設置可能数がやや少ないインターホンといえます。本サービスの専門家による評価では100点中30点という得点をつけています。これは全インターホンの中でまあまあ微妙なといえるでしょう。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンの利点としては、家族構成に合わせた設置ができることが挙げられます。子供部屋や寝室、リビングなど、部屋ごとに複数のモニターを設置できるので、それぞれの部屋にいる人に合わせた対応が可能です。また、音声通話機能がある場合は、音量調節もできるので、大人が寝静まっている時間帯でも問題なく利用できます。家族の生活スタイルに合った利便性を追求できることがメリットです。

この評価で分かるように室内モニターの設置可能数という点に関して言えばパナソニック VL-SE35KF (2019)はわりと下位水準にあるといえるでしょう。従って室内モニターの設置可能数に配慮する人にとってはこのインターホンは良くないと考えられるかもしれません。このインターホンを選択肢の一つから排除すべきであると思われます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE35KF (2019)230/100

スペック

パナソニック VL-SE35KF (2019)
画像パナソニック VL-SE35KF (2019)
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量475g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力2.3W
応答時の親機消費電力8W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量175g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35KF (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。