パナソニック VL-SE35KL (2019) 徹底評価

2023-05-21 13:58:22

総合評価

46.6/100

(総合順位: 157/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
50/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
26/100
応答時の親機消費電力
42/100
子機本体サイズ
50/100
子機重量
60/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価46.6/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数に関して、パナソニック VL-SE35KL (2019)は2というデータとなっています。専門家による独自評価では100点中40点となります。標準レベルと言うことができるインターホンだとわかるでしょう。先ず、このインターホンは多数の玄関子機を接続可能です。しかし、その接続可能数は設定環境によって異なります。ご使用の環境に合わせて専門家に相談することをおすすめします。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、1つの屋内ユニットで複数の子機を取り付け、家族それぞれに必要な場所に設置できます。これにより、子育て中のお母さんが赤ちゃんを見守りながら料理をすることができたり、お年寄りがベッドルームからも外部と通話できるなど、快適な暮らしをサポートします。

実際に使う場面でパナソニック VL-SE35KL (2019)はまあまあのレベルに位置づけられると思います。他の角度からみる必要性がありそうです。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)240/100

ライト機能

パナソニック VL-SE35KL (2019)はライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。このインターホンには、ライト機能が搭載されています。暗い場所でも訪問者を見やすく、大変便利です。

ライト機能を搭載したインターホンのメリットは、昼間でも利用できることです。梅雨の時期や建物の陰になる場所など、光が届かない場所でもインターホンの操作ができます。また、ライト自体が明るいため、来訪者の顔をはっきりと確認することができます。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE35KL (2019)は火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。火災報知機連動機能が備わったこのインターホンは、万が一の火災の際に素早く対応できるため、安心して使用できます。加えて、機能の多さにも注目が必要で、快適な生活をサポートしてくれます。

火災報知機連動機能がついたインターホンは興味深いメリットがあります。例えば、火災が発生した場合、インターホンから火災報知音が出るため、住民が迅速な対応ができます。また、連動機能により、他の部屋や階にいる人たちもすぐに知ることができ、適切な対応ができます。これは、火災を早期に発見し、安全に避難するために非常に役立つ機能です。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35KL (2019)はSDカード録画機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。SDカード録画機能を備えたこのインターホンは、訪問者が訪れた際に自動的に録画を開始します。録画された映像や音声は、暗視機能により夜間でも高精細で確認することができます。素晴らしい防犯対策としておすすめです。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリットこのインターホンは、SDカード録画機能を備えているため、来訪者の映像や音声を保存することが可能です。これにより、万が一のトラブルや犯罪被害に遭遇した場合、録画したデータを証拠として提出することができます。また、家にいない時間帯でも、録画した映像を再生して確認できるため、防犯にも非常に役立ちます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズにおいて、パナソニック VL-SE35KL (2019)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mmとなります。これは標準グレードといえるかもしれません。100点満点中50点を子機本体サイズにつけています。このインターホンは小さい子機本体サイズでありながら機能性が高く、多数の機種と比較しても最高のレベルといえます。音声認識機能が改善され、よりスムーズな通話が可能になりました。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を選ばず設置可能であり、インテリアにもマッチする点です。しかも、外出先からも子機に接続できるため、不在時にも安心して利用できます。

子機本体サイズについて実際の使用において考えると、パナソニック VL-SE35KL (2019)は中程度のレベルに位置づけられると思われます。他の点で考えた方がいいと言えるでしょう。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm50/100

子機重量

パナソニック VL-SE35KL (2019)に関して、子機重量は190gとなります。全てのインターホンの中でも子機重量における評価スコアはそれなりに高いレベルであるインターホンで、レビューワーによる評点は100点満点中60点となっています。普通と比較するとこれは高いレベルであるインターホンかもしれません。

子機重量において実際に使用するときには、パナソニック VL-SE35KL (2019)はある程度優れているインターホンといえるでしょう。このため、このインターホンは有力候補の一つであることが分かります。また、このインターホンは子機重量を優先するなら選択肢にあがるといえます。子機重量は、意思決定において必要不可欠なヒントになります。

子機重量評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)190g60/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SE35KL (2019)について、室内モニターの設置可能数は2になります。全てのインターホンの中でも室内モニターの設置可能数における評価は比較的低い部類にあるインターホンです。得点は100点満点中30点であると言えます。これは室内モニターの設置可能数が比較的下回っているといえそうです。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、一戸建て住宅においても様々なメリットがあります。例えば、子供部屋や書斎など、自室以外にも複数の部屋がある場合、余裕を持ってインターホンを設置することができるため、家の中がわかりやすくなります。また、設置可能なモニター数が多く、最新の技術が採用されているインターホンは、オシャレなデザインとともに、高機能かつ省エネルギーであることも魅力の一つです。

実際に利用することを考慮すると、パナソニック VL-SE35KL (2019)は基本的なインターホンと比較するとよくないと感じられると思います。ただ、確定的とまではいい切れないです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)230/100

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SE35KL (2019)における親機本体サイズは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータです。全インターホンの中で親機本体サイズの評価はやや秀でたインターホンです。100点満点中72.7点であると言えるでしょう。平均的なインターホンと比べる場合、これはやや有利にあるインターホンであると思います。小さい親機本体サイズのこのインターホンは、コンパクトでありながら、十分な機能を備えています。画面も見やすく、操作も簡単です。また、耐久性もあり、長期間の使用も安心です。

親機本体サイズが小さいインターホンの便利な点は、設置場所にとらわれず使えることと、小型化による取り付けの簡単さです。端末本体が小さくなることで、配線がシンプルで、取り付けも簡単にできます。また、小型ながら高性能を備え、薄型テレビなどと組み合わせることでインテリアにもマッチします。

親機本体サイズにおいてパナソニック VL-SE35KL (2019)は幾分かよいと感じるでしょう。ただ絶対的とまでは必ずしもいい切ることができないため注意が必要です。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

親機重量についてパナソニック VL-SE35KL (2019)は475gというデータです。そこそこと言った感じでしょう。本サイトの独自評価では100点中50点という評価スコアを親機重量につけています。このインターホンの軽い親機重量は、持ち運びや取り付けが容易で使い勝手が良いという利点があります。また、建物の外壁に負荷がかかりにくく、設置場所を選びません。

親機重量が軽いインターホンのメリットは、省エネ面でも優れています。軽量化により、消費電力も低くなります。長時間使用しても電気代の数値が低く済むので、家計にやさしいです。また、地球環境にも貢献することができます。

実際に使用するときには、親機重量においてパナソニック VL-SE35KL (2019)は標準グレードにあると言うことができます。他の角度から考えた方が良さそうことが分かります。親機重量の情報を評価してもまったくと言えるほど意味がないといえます。

親機重量評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)475g50/100

親機画面サイズ

親機画面サイズについて、パナソニック VL-SE35KL (2019)は3.5インチというデータです。これは標準水準と言ったレベルと言えるインターホンだとわかるでしょう。親機画面サイズについて標準水準に位置し、本サイトの独自評価では100点満点中45点をつけています。

実際の活用を考えると、親機画面サイズにおいてパナソニック VL-SE35KL (2019)は普通のインターホンであるといえるでしょう。親機画面サイズの情報を比べても、商品選択においてあまり意味がありません。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック VL-SE35KL (2019)における録画可能件数において50というデータになっています。得点は100点満点中50点であると言えるでしょう。これは全インターホンの中でも平均的と思います。これは録画可能件数がまあまあと言った感じです。このインターホンの多い録画可能件数は、安心して家を外出することができます。特に、長期の旅行や出張が多い方にはおすすめです。また、録画した映像は、簡単にスマートフォンで確認できるので、万が一のときもすぐに確認できます。

録画可能件数が多いインターホンを導入することで、家のセキュリティが向上するだけでなく、生活の質も向上します。録画映像を確認することで、子どもの帰宅時間を把握したり、ビジネスパートナーが訪問した際の対応を確認することができます。また、人が帰宅するときに、自宅のドアの解錠を忘れてしまった場合でも、録画映像を確認すれば解錠することができるので、便利です。

録画可能件数において実用的なアプローチで考えるとパナソニック VL-SE35KL (2019)は普通のインターホンであることが分かるでしょう。ほかの角度から考慮した方がいいと言うことができるでしょう。決定するうえで、録画可能件数の情報はあまり意味がありません。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力について、パナソニック VL-SE35KL (2019)は2.3Wです。平均と比べる場合、これはイマイチな水準にあると言うことができるインターホンです。待受時の親機消費電力について比較的下位にあります。100点中26.7点というデータになっています。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、省エネ設計による電気代の削減にあります。待機時間が長いインターホンでは、待機中の消費電力も増加し、電気代が高くなってしまいますが、消費電力が少ないインターホンなら、長時間待機しても、電気代の負担が軽減されます。また、エコ設計であることから、環境にも優しく、持続可能な住環境を実現できます。

待受時の親機消費電力に関して実用性を重視するならパナソニック VL-SE35KL (2019)は割と物足りない水準であることが分かります。したがって待受時の親機消費電力を気にするのならこのインターホンはあまり良くないと考えることができそうです。そうでなくともこのインターホンを選択肢の一つから排除すべきと思われます。ただ決定的とまでは必ずしも言い切れないことがわかります。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)2.3W26/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力についてパナソニック VL-SE35KL (2019)は8Wというデータになっています。全てのインターホンの中で応答時の親機消費電力におけるスコア評価はそこそこな感じのインターホンです。評点は100点満点中42点となります。応答時の親機消費電力がそこそこな感じのインターホンであることが分かるでしょう。

実際の用途において考えると、パナソニック VL-SE35KL (2019)は普通のインターホンであると言えるでしょう。判断するうえで、応答時の親機消費電力の情報は全くといっていいほど意味がありません。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35KL (2019)8W42/100

スペック

パナソニック VL-SE35KL (2019)
画像パナソニック VL-SE35KL (2019)
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量475g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力2.3W
応答時の親機消費電力8W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
子機重量190g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
火災報知機連動機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35KL (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。