パナソニック VL-SE25X (2017) 評価

2023-05-21 15:45:49

総合評価

40.4/100

(総合順位: 225/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
66/100
親機重量
68/100
親機画面サイズ
33/100
録画可能件数
10/100
待受時の親機消費電力
46/100
応答時の親機消費電力
50/100
子機本体サイズ
26/100
子機重量
50/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価40.4/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE25X (2017)の玄関子機の設置可能数について1になります。標準より、これは物足りない水準にあるといえるインターホンであると思います。レビューワーによる玄関子機の設置可能数における評価スコアは100点満点中25点となっています。これは全てのインターホンの中でも下位レベルにあると考えられます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、大家族やオフィスなどの集団生活に最適です。複数の場所に設置することで、呼び出しやドア開閉がスムーズになります。また、緊急時に素早く連絡できる点が安心感を与えます。

この評価情報から明確に分かるように、玄関子機の設置可能数について実際の利用を考えるとパナソニック VL-SE25X (2017)はまあまあ低い部類にあるインターホンであると言うことができるでしょう。そのため、玄関子機の設置可能数を気にするのであれば、このインターホンを採用するべきでないと言えそうです。このインターホンを選ばない一つの着目すべき理由となるでしょう。ただ、決定的とまでは必ずしもいえない点を頭に入れていおく必要性があることが分かります。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)125/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE25X (2017)はハンズフリーに対応しているインターホンであると言えます。このインターホン、ハンズフリーに対応しているので、とても使いやすいです。自動で受話器を取ることができるため、手がふさがっているときでも、電話に出ることができます。また、音声がクリアで、相手の声がよく聞こえるため、通話中のストレスが少なく、快適に利用できます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、日常生活において非常に便利です。例えば、手に荷物を持っている時や、部屋の奥にいる間でも、インターホンを快適に利用することができます。さらに、ハンズフリーに対応していることで、子どもたちが簡単に操作でき、安全性も増します。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック VL-SE25X (2017)は横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmというデータであると言えます。これは親機本体サイズがまあまあ優秀であると思います。すべてのインターホンの中で親機本体サイズの得点はまあまあ秀でたインターホンです。評価スコアは100点中66点となっています。小さい親機本体サイズのこのインターホンは、多機能で使い勝手が良いです。防犯カメラ、センサーライト等の機能もあり、家の安全・防犯対策に最適です。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を選ばずスッキリと収まる点です。特に狭い玄関スペースや壁掛けのスペースにおいては、省スペースで取り付けができるため不便さを感じず、使いやすさを確保できます。また、小さいサイズゆえに軽量であり取り外しも容易であるため、設置場所を変えたい場合にも重宝します。

実際的な面から見ると、パナソニック VL-SE25X (2017)はある程度高いレベルであるインターホンということがわかります。しかし、確定的とまでは必ずしも保証できない点を考える必要性があると言えます。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機重量

親機重量においてパナソニック VL-SE25X (2017)は405gです。全インターホンの中でも親機重量についての得点は幾分か抜きん出たインターホンで、弊サイトの独自評価では100点中68点をつけています。標準的なインターホンと比べると、このインターホンの親機重量は比較的軽いと言うことができるインターホンでしょう。このインターホンは、軽い親機重量がポイントの一つ。しかし、その軽さにも関わらず、安定感があり、しっかりとした作りになっている点も魅力的です。

親機重量が軽いインターホンには、持ち運びが容易なというメリットもあります。重たい親機を設置する場合、移動することができませんが、軽い親機であれば、簡単に持ち運びができます。また、長期間使用しない場合でも、ホコリがたまることがありませんので、除菌や掃除が簡単にできます。

親機重量において実際の使用場面を考えると、パナソニック VL-SE25X (2017)は高位と言うことができます。そのため、このインターホンは強力な選択肢の一つになるでしょう。親機重量は、欠かせない要素の1つになります。

親機重量評価
パナソニック VL-SE25X (2017)405g68/100

親機画面サイズ

親機画面サイズにおいてパナソニック VL-SE25X (2017)は2.7インチというデータとなっています。これは親機画面サイズがわりと小さいインターホンといえるでしょう。全てのインターホンの中でも親機画面サイズにおける評価点はわりと物足りないレベルのインターホンであり、専門家による独自評価では100点満点中33点をつけています。

これらの評価から明確に分かるようにパナソニック VL-SE25X (2017)は比較的劣っているインターホンといえます。このインターホンにするべきでない大きな判断材料と言えるでしょう。親機画面サイズは意思決定において欠かせない位置を占めると言えます。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)2.7インチ33/100

録画可能件数

パナソニック VL-SE25X (2017)に関して、録画可能件数は30となります。これは録画可能件数が最低レベルで少ないインターホンの中の一つといえるでしょう。当サイト上の録画可能件数に関するスコア評価は100点中10点というデータです。

録画可能件数が多いインターホンには、他にも優れたメリットがあります。例えば、不在時にも録画しておくことで、配達業者が来た際に出先から確認することができます。また、訪問者の顔が映っている場合、それを確認してから応対することで、安心して対応することができます。

録画可能件数においてパナソニック VL-SE25X (2017)はかなり低いグレードにあると考えることができるでしょう。従って、このインターホンをオススメしない理由の一つになります。録画可能件数を検討することで、より的確な決定につながると言えるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)3010/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力に関して、パナソニック VL-SE25X (2017)は1.6Wです。当サイト独自の待受時の親機消費電力に関する点数は100点中46点です。これはまあまあなレベルと言うことができるインターホンであると思われます。このインターホンの小さい待受時の親機の消費電力は、最低限必要な消費電力にしているようです。設計において、省エネと製品性能の両立が考えられています。このインターホンは、省エネ性能だけでなく、製品性能も高く評価される一品です。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンを導入すると、電気代の節約につながります。親機が待機状態でも、消費電力が少ないため、1ヶ月あたりの電気代を節約できます。また、省エネ効果があることから、環境負荷も低減することができます。

この評価情報から明確なように待受時の親機消費電力において実際的な側面から言えばパナソニック VL-SE25X (2017)は標準的なインターホンであると言えるでしょう。待受時の親機消費電力の情報を比べても、役に立たないでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE25X (2017)1.6W46/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力についてパナソニック VL-SE25X (2017)は7.5Wというデータになっています。応答時の親機消費電力という観点関して見ると、全てのインターホンの中でも通常グレードであるといえます。100点満点中50点となります。これは通常グレードといえるインターホンです。

この評価から明白に分かるように、応答時の親機消費電力という視点について評価するとパナソニック VL-SE25X (2017)は中程度の水準なレベルと言うことができます。応答時の親機消費電力の情報を見ても意味がありません。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE25X (2017)7.5W50/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE25X (2017)は火災報知機連動機能がついているインターホンです。このインターホンは、火災報知機と連動することによって、火災発生時に自動的に消防署に通報が行われます。また、モニター画面に火災報知機からの信号が表示されるため、火災発生時には迷わず素早く対応することができます。安心・安全な生活を送るためには必要不可欠な機能であり、このインターホンは信頼できる商品です。

火災報知機連動機能がついたインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって非常に有用です。当該機能を搭載したインターホンを使用することで、これらの方々も早期に火災を知ることができます。また、アパートや集合住宅などでは、他の住民にも迅速に知らせることができます。これは、火災などの災害により生じる健康や生活状況の悪化を防ぐために必要な機能です。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE25X (2017)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。当社のレビュー対象であるこのインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しています。この機能により、来訪者がインターホンを押した瞬間から、すぐに話し始めることができ、待ち時間が短縮されます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、先に通話を開始することができるため、利用者にとって非常に便利な機能です。例えば、アパートやマンションで近隣に住んでいる人に会ったら、挨拶を交わした後にすぐにお話しできます。また、急な来客があった場合にも、一度外に出て対応する必要がなくなるため、時間の節約にもなります。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック VL-SE25X (2017)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータです。100点満点中26点という評価をつけています。これは全てのインターホンの中でもそこそこ劣っています。これは子機本体サイズがそこそこ劣っています。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、設置場所に応じて自由自在に使い分けられる点です。小型設計ならではの軽量さ・コンパクトさは、移動・設置時に促進される移動自由度をもたらすため、部屋の数が多かったり、間取りが複雑な家庭でも使い勝手がよくなります。また、場所を選ばないデザイン性も特筆すべき点です。

実際に使用する場合パナソニック VL-SE25X (2017)は比較的低いグレードと思われます。ただ絶対的ではないため注意が必要であると言えるでしょう。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

パナソニック VL-SE25X (2017)の場合、子機重量は200gとなっています。子機重量に関する得点は100点中50点となっています。まあまあといった感じといえるインターホンだとわかるでしょう。

この評価で分かるように子機重量という点においてパナソニック VL-SE25X (2017)は平均的と言えます。ほかの視点をみて判断する必要性がある点は気を付けるべきであると言えるでしょう。

子機重量評価
パナソニック VL-SE25X (2017)200g50/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SE25X (2017)の場合、室内モニターの設置可能数は2というデータであるといえます。これはそこそこ室内モニターの設置可能数が少ないインターホンであることがわかります。全インターホンの中で室内モニターの設置可能数のスコアはそこそこ物足りないレベルのインターホンで、100点中30点です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンのメリットは、大規模で複数の部屋を持つマンションやビルにおいて、大変便利であるということです。一つの玄関に対して複数の部屋から音声や映像が聞こえるため、来客や配達業者の対応もスムーズです。また、緊急時にも迅速な対応ができるため、セキュリティ面でも優れた機能を持っています。

この評価情報から明白に分かるように、パナソニック VL-SE25X (2017)はそれなりに下回っているインターホンであるといえるでしょう。ただ確定的とまでは必ずしも言い切ることができないです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)230/100

スペック

パナソニック VL-SE25X (2017)
画像パナソニック VL-SE25X (2017)
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機重量405g
親機画面サイズ2.7インチ
録画可能件数30
待受時の親機消費電力1.6W
応答時の親機消費電力7.5W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量200g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数1
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE25X (2017) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。