パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS レビュー評価

2023-05-21 14:57:12

総合評価

43.6/100

(総合順位: 194/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
18/100
親機重量
13/100
親機画面サイズ
90/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
50/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
18/100
子機重量
9/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
70/100
総合評価43.6/100

評価レビュー

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは火災報知機連動機能がついているインターホンであると言えるでしょう。当社のレビューサイトで評判のこのインターホンには火災報知機連動機能がついており、安心してご利用いただけます。火災が発生した場合、この機能によって即座に報知されるため、火災被害を最小限に食い止めることができます。

火災報知機連動機能がついたインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって非常に有用です。当該機能を搭載したインターホンを使用することで、これらの方々も早期に火災を知ることができます。また、アパートや集合住宅などでは、他の住民にも迅速に知らせることができます。これは、火災などの災害により生じる健康や生活状況の悪化を防ぐために必要な機能です。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは電気錠連動機能に対応しているといえます。このインターホンは、電気錠連動機能に対応しているため、セキュリティー面において非常に優れた性能を発揮します。住宅やオフィスビルなど、様々な建物で使用できます。

電気錠連動機能に対応しているインターホンは、セッティングが簡単であることもメリットの一つです。従来の電気錠には設定作業が必要で、複雑な操作が必要でしたが、この機能を備えたインターホンは、簡単な操作で設定ができます。そのため、DIYで設置することも可能で、コスト削減にも繋がります。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはプレストーク応答機能を搭載しているといえます。プレストーク応答機能を搭載したこのインターホンは、素早く応答することができ、使い勝手が良いです。特に、マンションなどでの利用においては、訪問者と直接話すことができるため、セキュリティー向上にも繋がります。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンには、多数のメリットがあります。例えば、ドアインターホンにおいては、訪問客との会話がスムーズに行え、タイムロスを防げます。また、家族同士で使用する場合でも、事前に受け取っていたメッセージなどを聞いてから会話を始めることができ、更なる時間の節約に繋がります。最新テクノロジーが搭載されたインターホンは、生活を豊かにするための重要なアイテムの一つです。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはSDカード録画機能を搭載しているインターホンとなります。SDカード録画機能を搭載したこのインターホンは、万が一の盗難事件や不審な人物の出現に対して、強力な証拠映像を保存することができます。また、高画質な映像で録画されるため、昼夜を問わず優れたセキュリティ対策が可能です。

何度も不在通知が届くと、敏感な人ほど何かあったのではないかと不安になってしまいがちですが、SDカード録画機能を搭載したインターホンなら一定時間来客者の様子が確認できるため、そのような不安を和らげることができます。また、万が一の事件があった場合にも、録画データから犯人の情報を探ることができます。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSにおける子機本体サイズについては横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mmというデータになっています。通常と比べると、比べ物にならないほど子機本体サイズが大きいと考えることができるかもしれません。すべてのインターホンの中でもとてもの下位レベルにあるといえるでしょう。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、装飾的な価値を高めることができ、家の内装に合わせて選択できる点にあります。また、スペースの制限がある場合でも使用でき、高度な技術により、音声品質は高くなっています。

実用性を重要視するならば、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは非常に低いグレードと言えるでしょう。このためこのインターホンを選ぶべきではない判断材料と言えます。またこのインターホンは子機本体サイズを気にするなら不満足に感じると考えられそうです。いずれにしても子機本体サイズは欠かせない判断材料になると言えます。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mm18/100

子機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSについて、子機重量は370gというデータになっています。これは子機重量がかなり不十分なインターホンのひとつということが分かるでしょう。子機重量に関する評点は100点中9.1点となります。

この評価情報から明らかであるように子機重量という点において評価するとパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは最低水準に位置すると言えるでしょう。このため、子機重量に注目する人にとって、このインターホンを採用するべきでないと思われます。そうでなくとも、このインターホンは選択肢から取り除くべきと思います。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS370g9/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSに関して、室内モニターの設置可能数は7となっています。室内モニターの設置可能数に関して全インターホンの中でも最上位グレードに位置づけられ、スコア評価は100点満点中90点というデータになっています。これは普通と比べる場合、遥かに優れた水準にあると考えられるかもしれません。多い室内モニターの設置可能数が重要な要素である場合、このインターホンはあなたに最適な製品です。所定の数のモニターを設置できない製品もある中で、この製品は多くの場合、10台から20台のモニターを設置できるためお客様に満足していただけます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、家庭での利用にもおすすめです。複数の部屋にモニターを設置することで、部屋から出ずに来訪者とやり取りすることができます。また、防犯効果も期待できます。家族が多い場合や、要介護者がいる場合にも便利なため、導入を検討する価値があります。

実際に使用する場合には室内モニターの設置可能数についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは感覚的に、優れていると言うことができそうです。このインターホンは室内モニターの設置可能数を気にするなら理想的と言えそうです。いずれにしても室内モニターの設置可能数を加味することはより賢明な決断をする上で大きなヒントと言えます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS790/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSに関して、玄関子機の設置可能数は3というデータといえます。これはやや玄関子機の設置可能数が多いインターホンであることが分かるでしょう。全インターホンの中でも玄関子機の設置可能数の得点評価はやや上回っているインターホンであり本サービスの評価点は100点中70点というデータです。このインターホンの多い玄関子機の設置可能数は、需要に応じて多様化しています。一部の商品では、最大8台まで設置可能なものもあります。自宅の大きさや家族の人数、生活スタイルに合わせて、最適な数の子機を選びましょう。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、一つのアパートや住宅で複数の玄関子機を必要とする場合でも、一台のインターフォンで全ての玄関子機に対応できることです。これにより、設置スペースの節約にも繋がります。また、各玄関子機に設置場所に限定されず、自由な場所に設置できるため、お部屋の設計に柔軟に対応できるというメリットもあります。

実際の使用上のことを考えると、玄関子機の設置可能数に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは高いレベルにあると言えます。そのためこのインターホンが候補に挙がる一つの決め手と言えるかもしれません。このインターホンは玄関子機の設置可能数を重視する人にとってはオススメできると言えそうです。ともあれ玄関子機の設置可能数で比較することが合理的な決断をすることにつながると言えるでしょう。ただ決定的とまではいい切ることができない点には要注意と言えます。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS370/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはライト機能を搭載しているインターホンとなっています。このインターホンには、ライト機能が備わっているため、暗い場所でも問題なく使えます。しかも、その明るさは調節が可能で、常に最適な状態で利用できます。

ライト機能を搭載しているインターホンは、防犯面以外にも便利な機能があります。ライトを利用して郵便受けの確認や鍵穴の確認などもできます。また、夜間に家に帰る際にもライトが明るく照らすため、安心して帰宅することができます。

広角レンズ対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは広角レンズに対応しているインターホンとなります。広角レンズを搭載したこのインターホンは、360度全方位をカバーすることができ、特に、狭いスペースの場所に必要な機能として最適と言えます。さらに、高精度なスマートセンサー技術により、鮮明な画質を実現しています。

広角レンズに対応しているインターホンを使用するメリットは、より広い範囲を把握することができることです。例えば、多人数の来訪者がいた場合でも、すべての人物を見ることができます。また、インターホンによる映像を取り込んで、マニュアル作成のために利用することもできます。映像を見るとともに、作業手順に沿ってマニュアルを作成することができます。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズに関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mmというデータになっています。これはかなり親機本体サイズが下回っているインターホンの中の一つといえるでしょう。全てのインターホンの中で親機本体サイズについての得点は特にイマイチな水準にあるインターホンで、評価得点は100点中18.2点となります。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、場所を取らないことです。特に、マンションやアパートなど、空間に制限がある場合には、コンパクトな親機本体は大変便利です。また、持ち運びも楽々なので、レイアウト変更などにも対応しやすいでしょう。

この評価から明白に分かるように、親機本体サイズに関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは比較にならない程劣っています。親機本体サイズを優先するならこのインターホンにするべきではないと言えそうです。そうでなくともこのインターホンの採用を推奨しない一つの重要なポイントとなるでしょう。ともあれ親機本体サイズは必要不可欠な役割を持つと言えます。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm18/100

親機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSにおいて、親機重量は840gというデータとなっています。すべてのインターホンの中でも下回っていると考えることができます。親機重量が際立って劣っています。

親機重量が軽いインターホンは、設置する場所を選ばず簡単に取り付けることができます。また、移動や修理の際にも重量の軽さが大変便利です。さらに、長時間使用している際にも疲れにくく負担が少ないため、お年寄りや女性にもおすすめです。

この評価情報を見ると実用性を最大限に考慮すると、親機重量についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはとても低い水準に位置するといえます。このため親機重量に配慮するのであればこのインターホンはよくない選択肢と考えることができそうです。このインターホンを候補の一つから取り除くべきかもしれません。いずれにしても親機重量で比較することはより適切な選択を下す上で不可欠な材料と言えます。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS840g13/100

親機画面サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSに関する親機画面サイズについては7インチというデータであると言えます。親機画面サイズでいえば、全インターホンの中でも高いレベルであると考えられそうです。評価.com上では100点中90点という点数評価を親機画面サイズにつけています。平均と比較する場合、これは非常に秀逸であると言うことができるインターホンだとわかるでしょう。

親機画面サイズについて実用上の面で言えばパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはとても高いレベルにあるといえます。このインターホンは選択肢になるでしょう。親機画面サイズは不可欠な判断材料になります。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS7インチ90/100

タッチパネル

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはタッチパネルに対応しているインターホンであると言えるでしょう。当社がレビューしたこのインターホンは、タッチパネルに対応しており、操作が簡単に行えます。また、画面表示も見やすく、使用する際にストレスを感じることなく使用できます。

タッチパネルに対応しているインターホンは、セキュリティ向上に大きく貢献しています。従来のインターホンよりもより高度な認証方法が可能であり、不審者による不法侵入や詐欺行為などから家族や財産を守ることができます。また、遠隔操作機能によって、家に不在であっても外出先からインターホンを操作することができるため、安心・安全な生活を送ることができます。

録画可能件数

録画可能件数について、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは50というデータです。これはそこそこな感じと言えるインターホンだと分かります。すべてのインターホンの中でも平均的と考えることができます。当社のレビューサイトでは、最新のインターホンについて採点し、その優れた性能を評価しています。このインターホンには、多数の録画可能件数があり、安心して不審者を監視できます。また、優れた画像品質と音声品質も兼ね備え、高い信頼性を誇ります。

録画可能件数が多いインターホンを使用することで、より快適な生活を送ることができます。例えば、郵便物や宅配便が配達された際に、留守の場合でもいつ配達されたかを確認することができます。また、訪問者が来た際には、録画した映像を確認してからドアを開けることができるため、安全面でも優れています。

これらの評価で明確なようにパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは平均グレードにあると考えることができます。他の視点で選ぶことを非常に推奨します。録画可能件数の情報を比較しても殆ど意味がないといえるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSに関して、待受時の親機消費電力は1.5Wです。まあまあなレベルといえるかもしれません。全てのインターホンの中でも平均的といえるでしょう。このインターホンの小さい待受時の親機消費電力は、低消費電力の製品が多く存在します。また、省エネ機能が充実している製品もあり、長期間利用する場合にも、電気代を抑えることができます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、安心・安全を保てる商品です。長時間の停電時でも通話が可能なため、非常時に役立ちます。また、省エネ商品であることから、節電につながります。

実用上の観点から考えると、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは一般的なインターホンと比較してまったくと言っていいほど同程度ということができます。商品選択において、待受時の親機消費電力の情報は意味がないでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS1.5W50/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSは10Wとなっています。典型的なインターホンと比べる場合このインターホンの応答時の親機消費電力は比較的大きいと言えるインターホンでしょう。全てのインターホンの中でも応答時の親機消費電力における点数はまあまあ劣ったインターホンで、評点は100点満点中26点であると言えます。

実用性を重視するなら、応答時の親機消費電力についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KSはわりと低いグレードにあると思われます。ただし、決定的とまでは必ずしも言えないということが分かります。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS10W26/100

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS
親機本体サイズ横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm
親機重量840g
親機画面サイズ7インチ
タッチパネル
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.5W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:170mm、縦:119mm、厚さ:25.4mm
子機重量370g
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数3
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
スマートフォン対応
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD701KS の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。