パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL 評価

2023-05-21 15:34:21

総合評価

58.9/100

(総合順位: 44/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
46/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
73/100
応答時の親機消費電力
66/100
子機本体サイズ
26/100
子機重量
80/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価58.9/100

評価レビュー

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは火災報知機連動機能がついているインターホンです。家庭用のインターホンにも、火災報知機連動機能が求められるようになってきましたが、このインターホンには高性能な機能が搭載されています。火災時には、この機能によって早期に気づくことができ、生命・財産を守ることができます。

火災報知機連動機能がついているインターホンには、使い勝手のよさがあります。従来のインターホンに比べ、火災報知機との連携機能が追加されたため、一つのデバイスで二つ以上の機能を持つことができます。また、インターホン本体やアプリから、火災報知機の動作状況や点検日程などを確認することもできます。このように、使い勝手が向上したインターホンは、防災対策の一環として有用です。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは電気錠連動機能に対応しているといえます。このインターホンには、電気錠連動機能が装備されています。この機能により、玄関ドアを開閉することができます。これにより、ご自宅への不法侵入など不審者による被害を未然に防ぐことができ、安心・安全に暮らすことができます。

電気錠連動機能に対応しているインターホンのメリットとして、省エネ性が挙げられます。この機能を備えたインターホンを使えば、エネルギー消費量を減らすことができます。また、オートロックにより、ドアを閉めるのを忘れた場合でも施錠されるため、バッテリーの消費を抑制することができます。これにより、環境に貢献することができます。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。プレストーク応答機能を搭載したこのインターホンは、素早く応答することができ、使い勝手が良いです。特に、マンションなどでの利用においては、訪問者と直接話すことができるため、セキュリティー向上にも繋がります。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタンを押さなくても相手の声を聞くことができ、よりスムーズなコミュニケーションを実現できます。また、手軽に応答を返すことができるため、来客とのやりとりがスムーズに進み、ストレスを感じることが少なくなります。さらに、スマートフォン連携に対応しているものもあるため、外出先からでも来客対応が可能となります。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLはSDカード録画機能を搭載しているインターホンとなります。SDカード録画機能を搭載したこのインターホンは、録画した映像を確認することができるので、来客に関する情報を手軽に把握できます。忙しい方にもおすすめです。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンの優れた点このインターホンには、SDカード録画機能が搭載されているため、訪問者の来訪時間や状況を記録することができます。これにより、留守中に来訪者があった場合でも、映像と音声を保存しておくことができ、必要に応じて確認することができます。また、保護者が子供が家に帰宅したかどうかを確認できるという利点もあります。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLに関する玄関子機の設置可能数について2というデータとなっています。100点満点中40点という評価を玄関子機の設置可能数につけています。これは玄関子機の設置可能数がそこそこと言ったレベルです。このインターホンは、玄関子機が最大で○○台設置可能な製品として、多くの方から高い評価をいただいています。しかしながら、多数の子機を設置する場合には、信号状況や配線の問題が発生することもあります。安心してご使用いただくためにも、設置前には事前にご相談いただくことをおすすめいたします。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンには、セキュリティの面でもメリットがあります。複数の玄関子機がある場合、玄関子機から訪問者の声を聞いてから開錠するかどうかを判断することができます。また、インターホンに設置されたカメラによって、玄関子機の前で待っている訪問者や通行人を確認することもできます。

実際に利用する上で考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは標準的と言えます。玄関子機の設置可能数の情報を見てもあまり役に立ちません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL240/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLはライト機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。このインターホンには、ライト機能が備わっているため、暗い場所でも問題なく使えます。しかも、その明るさは調節が可能で、常に最適な状態で利用できます。

ライト機能を搭載しているインターホンのメリットは、夜間も来客者を確認することができることです。暗い場所でもライトが明るく照らすため、セキュリティ確保に役立ちます。また、近所迷惑にならずに来客者を対応できるため、快適な生活環境を維持することができます。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLにおいて、子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータになっています。全インターホンの中でも割と下位にあるといえます。通常より、これは割と微妙なインターホンかもしれません。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリット子機本体サイズが小さいインターホンは、設置場所に制限がある場合でもスムーズな設置ができ、場所を取らないためスッキリした空間を保つことができます。さらに、持ち運びもしやすく、階段や廊下などの狭い場所でも問題なく使用できるため、使い勝手が良いと言えます。

子機本体サイズについて実用上にはパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは低い水準と思います。子機本体サイズに注目するならこのインターホンに決めるべきではないと言えるかもしれません。このインターホンは選択肢の一つからはずれるでしょう。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLについて、子機重量は175gとなります。子機重量についてみてみると全てのインターホンの中でも上位20%以内に位置づけられ、専門家による独自評価では100点満点中80点をつけています。子機重量が最高レベルで軽いインターホンの代表であることが分かります。

子機重量についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは平均と比較する場合秀でていると考えられるかもしれません。このインターホンは有力な候補の一つに考えるべきであることが分かるでしょう。また、子機重量が重要な場合、このインターホンは選択肢にあがると言うことができそうです。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL175g80/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLにおける室内モニターの設置可能数について7になります。室内モニターの設置可能数に関して上位にあると思います。標準的なインターホンと比べるとこれは極めて優れた水準にあるインターホンでしょう。このインターホンは1つの本体に最大で8つの室内モニターを接続できます。多い室内モニター数に対応できるため、大規模なマンションやビルにもお勧めです。また、設定方法も簡単で初めての方でも扱いやすいと評判です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンのメリットは、敷地が広く、複数の住戸がある場合でも、一つのインターホンで全てをカバーできることです。また、各住戸でモニターを設置できるため、プライバシーの保護にもつながります。さらに、来客者が呼び出しを行った際に、設置されているモニターが多いことにより、呼び出しを確認しやすく、迅速な対応が可能になります。

実際に活用する上で考えると室内モニターの設置可能数においてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLはかなり優れた水準にあるインターホンと言えます。このため、このインターホンを検討する着目すべき材料の一つとなります。また、このインターホンは室内モニターの設置可能数を気にする人にとってはオススメといえそうです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL790/100

室内通話機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは室内通話機能を搭載しているインターホンとなっています。室内通話機能を搭載しているこのインターホンは、音声の鮮明さに定評があります。話し相手の声がクリアに聞こえるため、快適な通話が期待できます。

室内通話機能を搭載しているインターホンは、居住空間のコミュニケーションにも役立ちます。例えば、子供が友達を遊びに誘いたい場合、自分自身でドアを開ける必要がなく、保護者が一度通話してから開錠することで、外部とのコミュニケーションをスムーズに進めることができます。

親機

親機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLに関する親機本体サイズについては横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータです。普及しているインターホンより、親機本体サイズが比較的小さいインターホンと言えるかもしれません。全てのインターホンの中でも親機本体サイズの評点は幾分か抜きん出たインターホンで、当サイト独自の評価スコアは100点満点中72.7点となります。このインターホンの小さい親機本体サイズは、非常に使い勝手が良いです。壁に取り付けることができるので、スペースの節約もできます。また、操作もわかりやすく、見た目のかわいらしさにも注目です。このインターホンは、一人暮らしや新婚さんにオススメだと言えます。

大型化が進む家電製品に対して、直しているインターホンがあります。その中の一つが、親機本体サイズが小さいインターホンです。小型化は、インテリアの統一感を損なわず、配線もスマートに収まります。

親機本体サイズにおいてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは幾分かよいと感じるでしょう。そのためこのインターホンは親機本体サイズにこだわるなら採用すべきといえそうです。しかし絶対的とまでは必ずしもいえないため注意深く考える必要性があると思われます。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLに関して、親機重量は480gというデータです。これは標準レベルなレベルということができそうです。全てのインターホンの中でも親機重量の点数評価は標準レベルなレベルのインターホンです。100点満点中46点となります。このインターホンは、軽い親機重量が優れた点の1つです。取り付けが簡単で扱いやすいため、初めてインターホンを使用する人にもお勧めです。また、軽さは耐久性にも繋がっており、長期にわたり使用できます。

親機重量が軽いインターホンを使用する利点はいくつかあります。まず、設置が簡単になります。重い親機を持ち上げて設置するのは大変ですが、軽い親機であれば、背丈の低い方でも容易に設置することができます。加えて、軽量であるため、設置場所を移動するときにも楽に移動することができます。最後に、軽量であることで、壊れにくくなっています。重いものよりも簡単に扱えるため、誤って落としてもすぐに壊れることはありません。

これらの評価情報から明確にわかるように、親機重量という点において言えばパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLはそこそこのグレードと考えることができます。商品選択において、親機重量の情報はあまり参考になりません。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL480g46/100

親機画面サイズ

親機画面サイズに関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは3.5インチになります。全インターホンの中でも親機画面サイズの評価点はそこそこと言った感じです。本サイトの点数評価は100点満点中45点となっています。これはそこそこと言った感じということができるインターホンです。

親機画面サイズという点において実際にはパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは一般的なインターホンであると言えます。別の角度から考えることを是非オススメします。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLに関する録画可能件数は50というデータとなっています。本サービスのレビューワーによる評点は100点中50点であるといえます。これは全てのインターホンの中で平均的と言うことができるでしょう。これは通常レベルといえるかもしれません。このインターホンの多い録画可能件数は、取り付けた場所によって変化しますが、一般的な住宅には十分な量です。また、設定が簡単で使いやすく、初めてインターホンを使用するユーザーでも十分に活用できます。

録画可能件数が多いインターホンのメリットとして、まずは安心感が挙げられます。多くの録画が可能であれば、不審者の侵入を事前に察知し、犯罪被害を未然に防ぐことができます。また、録画映像を利用して犯人の特徴や犯行の様子を警察に伝えることができ、犯罪事件の解決に役立ちます。これらの点からも、録画可能件数が多いインターホンは住宅のセキュリティを高め、安全な生活を実現するうえで優れた機能と言えるでしょう。

実際に利用する上で、録画可能件数に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは平均と比較してほぼ同じレベルに感じとれると言えるでしょう。判断する上で、録画可能件数の情報は殆ど意味がないでしょう。別の角度から選ぶ方が良さそうと言うことができます。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは1.2Wです。これはやや待受時の親機消費電力が小さいインターホンであることがわかります。待受時の親機消費電力に関する評点は100点中73点となります。小型ながら高性能なこのインターホンの親機は、待機時の消費電力が驚くほど少ないです。これは、省エネにも繋がり、長期にわたり使用することができます。また、待受時という、家庭内の消費電力が高まる状況でも、この商品は安心して使用できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンには、多くのメリットがあります。まず、電力消費が低くなるため、省エネ効果があり、節電につながります。さらに、待受中でも消費電力が少ないため、長時間の待ち受け状態でも電気代が安く抑えられます。このような省エネ機能が付いたインターホンは、環境にも配慮した製品として注目されています。

実際の使用を想定すると、パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは幾分か上位にあるインターホンということができます。ただ、絶対的とまでは必ずしも言うことができない点には要注意であるといえます。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL1.2W73/100

応答時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLに関する応答時の親機消費電力について6Wというデータといえます。これは平均と比較すると優秀であるでしょう。得点評価は100点中66点というデータになっています。

応答時の親機消費電力について体感的な点から言えばパナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KLは高い水準に位置すると言えます。このインターホンは応答時の親機消費電力が重要な場合魅力的と考えられそうです。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL6W66/100

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量480g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.2W
応答時の親機消費電力6W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量175g
室内モニターの設置可能数7
室内通話機能
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVD302KL の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。