パナソニック VL-SGD10L (2016) 徹底評価

2023-05-21 15:46:41

総合評価

46.7/100

(総合順位: 151/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
95/100
親機重量
92/100
親機画面サイズ
33/100
録画可能件数
70/100
子機本体サイズ
24/100
子機重量
23/100
室内モニターの設置可能数
10/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価46.7/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SGD10L (2016)に関する玄関子機の設置可能数において1というデータであるといえます。全インターホンの中でも玄関子機の設置可能数の評価はそれなりに低い部類にあるインターホンです。得点は100点中25点です。通常のインターホンより、玄関子機の設置可能数が比較的少ないインターホンでしょう。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、家庭に多数のルーム内ユニットがある場合に非常に効果的です。このタイプのインターホンは、複数のルームと機能を持つ家を持っている家族に特に便利です。家族のメンバーが一箇所に集まらず、違う部屋で仕事や趣味に没頭している場合でも、玄関子機をたくさん設置することで、全員が留守中でも必要な連絡を簡単に取ることができます。

実際に使う場合玄関子機の設置可能数に関してパナソニック VL-SGD10L (2016)はわりと下位グレードに位置すると言えます。したがってこのインターホンにしない際に一つのポイントになります。またこのインターホンは玄関子機の設置可能数を優先するのなら不満足に感じると考えることができそうです。しかし絶対的とまでは必ずしも断定できない点には注意が必要であると言うことができるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)125/100

ライト機能

パナソニック VL-SGD10L (2016)はライト機能を搭載しているインターホンとなっています。このインターホンは、ライト機能を搭載することで、訪問者の顔を明るく照らすことができます。暗くても視認性が良く、夜間でも気軽に訪問者を確認でき、家族の安全性を確保することができます。また、節電効果も期待できるため、使用者にとっても経済的です。

ライト機能を搭載したインターホンを使用すれば、訪問者とのコミュニケーションもスムーズに行うことができます。暗い場所や夜間にも明るい映像で対応できるため、コミュニケーションのハードルが下がります。

基本情報

ワイヤレス対応

パナソニック VL-SGD10L (2016)はワイヤレスに対応しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンは、ワイヤレスに対応しているため、配線工事が不要で設置が容易です。また、ワイヤレスであることから、場所を選ばず自由に設置することができます。

ワイヤレスに対応しているインターホンには、エントランスまでのコード設置が不要というメリットがあります。また、ワイヤレスなので、専門家のサポートがなくても簡単に設置できます。さらに、スマートフォンのアプリで操作できるため、外出先でも来訪者の対応が可能です。

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SGD10L (2016)はハンズフリーに対応しているということができます。当社が評価するこのインターホンは、ハンズフリーに対応しており、忙しい方には便利な機能となっています。さまざまな状況下で、手を使わずに通話できるので、安心してご利用いただけます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、外出先にいる家族との連絡にも役立ちます。自宅にいる人が受話器を持たずに通話することができるため、外出先からでも自宅に簡単に連絡ができます。特に高齢者や身体的に不自由な人にとっては、この機能は大変有用であり、安心感を与えることができます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック VL-SGD10L (2016)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mmというデータです。子機本体サイズという点においてはスコアは100点満点中24.4点というデータになっています。これはすべてのインターホンの中で比較的低いレベルに位置するでしょう。これはやや子機本体サイズが大きいインターホンということができます。

子機本体サイズが小さいインターホンは、スペースに制限のある室内でも美しく設置できます。また、シンプルなデザインが多いため、インテリアに合わせて選択することもできます。さらに、小型・多機能であるため、高層マンションなどの多人数が住む住まいでも十分な機能を発揮します。豊富な種類から選択できるので、用途に合わせて選ぶことができます。

この評価から明らかなように、子機本体サイズに関して実用的な利点を考えるとパナソニック VL-SGD10L (2016)は割と良くないと感じられるでしょう。このインターホンを選ばない際の重視すべきポイントの一つになります。子機本体サイズを優先する場合このインターホンに決めるべきではないと考えられそうです。ともあれ、子機本体サイズは商品選びにおいて不可欠な基準の1つになります。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm24/100

子機重量

子機重量においてパナソニック VL-SGD10L (2016)は240gになります。子機重量に関してはやや微妙な水準にあると考えられそうです。評価点は100点満点中23.3点というデータになっています。これは子機重量がやや重いインターホンことが分かるでしょう。

実際の利用を想定したとき、パナソニック VL-SGD10L (2016)はそこそこ下位レベルに位置すると言えます。このインターホンは子機重量が重要な場合いまいちな選択肢と考えることができそうです。このインターホンはおすすめできません。いずれにしても子機重量を検討することはより良い決断をする上で欠かせない手掛かりといえるでしょう。

子機重量評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)240g23/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SGD10L (2016)において、室内モニターの設置可能数は1となっています。室内モニターの設置可能数が著しく少ないインターホンの中の一つということが分かるでしょう。全てのインターホンの中でも室内モニターの設置可能数の点数評価は物足りないレベルなインターホンです。100点中10点であると言えます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンのメリットは、大規模で複数の部屋を持つマンションやビルにおいて、大変便利であるということです。一つの玄関に対して複数の部屋から音声や映像が聞こえるため、来客や配達業者の対応もスムーズです。また、緊急時にも迅速な対応ができるため、セキュリティ面でも優れた機能を持っています。

パナソニック VL-SGD10L (2016)は非常に低い部類にあるインターホンであることが分かるでしょう。そのため室内モニターの設置可能数を気にするのならこのインターホンはいまいちな選択肢と考えられるかもしれません。そうでなくともこのインターホンを選ばない場合の注目すべき要素の一つと言えるでしょう。いずれにしても室内モニターの設置可能数を考慮することでより良い決定を下せると言えます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)110/100

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SGD10L (2016)の場合、親機本体サイズは横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mmというデータです。親機本体サイズがひときわ抜きん出ているでしょう。親機本体サイズにおいては、評価点は100点満点中95点というデータになっています。このインターホンの小さい親機本体サイズは、設置場所に制限のあるお宅でもスペースを取らずに使用できるのが魅力です。しかも、サイズが小さくても音質に優れ、通話内容がはっきりと聞こえるため、便利さと品質の良さを兼ね備えています。

インターホンの中でも、親機本体サイズが小さい商品には、スマートフォンとの連動機能があるものもあります。このため、外出先や旅行先からでも、家にいるかのようにインターホンの操作ができます。これによって、常に安心して生活を送ることができます。

これらの評価から明らかであるように、親機本体サイズという点に関して実際の使用を考えるとパナソニック VL-SGD10L (2016)は最上級にあると言えるでしょう。そのため、このインターホンを考慮する際に一つの決め手といえます。また、親機本体サイズに配慮する人にとっては、このインターホンを検討したほうがいいと考えられるかもしれません。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm95/100

親機重量

親機重量に関して、パナソニック VL-SGD10L (2016)は150gというデータになっています。すべてのインターホンの中で特に傑出して上位に位置します。標準より、親機重量がかなり軽いと考えることができそうです。このインターホンの軽い親機重量についてご紹介いたします。素早く取り付けやすい点が特徴であり、大変おすすめできる製品です。また、軽さにもかかわらず、しっかりした作りで耐久性にも優れています。

親機重量が軽いインターホンのメリットは何でしょうか。まず、設置が簡単になります。重量が軽いため、単独で設置できますし、壁に取り付ける場合も負担が少なく、時間も短縮できます。また、交換時も軽量なため、簡単かつスムーズに取り外すことができます。さらに、移動や持ち運びが容易であり、フレキシブルに使用できることも大きなメリットです。

親機重量という点においてパナソニック VL-SGD10L (2016)は普通と比較する場合とても高いレベルと感じるでしょう。このインターホンは親機重量に配慮するのなら最適でしょう。

親機重量評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)150g92/100

親機画面サイズ

親機画面サイズにおいてパナソニック VL-SGD10L (2016)は2.7インチというデータであるといえます。100点中33点という評価点数をつけています。典型的なインターホンよりこれはそこそこ下回っているインターホンでしょう。

実際に活用する場面を考えると、親機画面サイズに関してパナソニック VL-SGD10L (2016)は低い水準に位置づけられると思います。このためこのインターホンは選択肢から排除すべきといえそうです。親機画面サイズは商品選びに関する欠かせない材料になります。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)2.7インチ33/100

録画可能件数

録画可能件数に関してパナソニック VL-SGD10L (2016)は100になります。標準的なインターホンと比べる場合このインターホンの録画可能件数が比較的多いインターホンとなるかもしれません。録画可能件数についていえば全てのインターホンの中で上位グレードに位置するでしょう。多くの録画可能件数とともに、このインターホンはカメラの広範囲な可動範囲も持っています。360度パノラマ映像を撮影することができるため、訪問者の状況を把握することができるでしょう。

録画可能件数が多いインターホンの最大のメリットは、盗難や不審者が侵入した場合の抑止力になることです。防犯カメラとしても使用されることがあり、映像を見せるだけで犯罪を未然に防ぐことができる場合もあります。また、万が一にも事件が発生した場合には、映像証拠として重要な役割を果たします。

この評価情報で明確にわかるように録画可能件数という点において言えばパナソニック VL-SGD10L (2016)は幾分か秀でているインターホンであるということが分かるでしょう。一方で決定的とまでは必ずしもいい切ることができないため気を付ける必要があることが分かります。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SGD10L (2016)10070/100

便利機能

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SGD10L (2016)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。プレストーク応答機能を搭載したこのインターホンは、素早く応答することができ、使い勝手が良いです。特に、マンションなどでの利用においては、訪問者と直接話すことができるため、セキュリティー向上にも繋がります。

プレストーク応答機能搭載のインターホンは、声だけで訪問者とのコミュニケーションが可能となるため、老人や身体障害者の方々にとっても利用がしやすいです。また、普通のインターホンに比べ、より簡単に操作ができるため、忙しい現代人にも好評です。

スペック

パナソニック VL-SGD10L (2016)
画像パナソニック VL-SGD10L (2016)
ワイヤレス対応
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm
親機重量150g
親機画面サイズ2.7インチ
録画可能件数100
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm
子機重量240g
室内モニターの設置可能数1
玄関子機の設置可能数1
ライト機能
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SGD10L (2016) と評価が同程度のインターホンを探す