パナソニック VL-SE50KPA レビュー評価

2023-05-21 16:05:10

総合評価

46.9/100

(総合順位: 144/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
50/100
親機重量
30/100
親機画面サイズ
68/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
55/100
応答時の親機消費電力
34/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
30/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価46.9/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数においてパナソニック VL-SE50KPAは2というデータといえます。まあまあのグレードなレベルと言えるインターホンだと分かります。100点中40点という評価点をつけています。このインターホンには、多数の玄関子機を接続可能な機能が搭載されています。インターホンから玄関子機への接続は、難しい手順なく設定可能です。さらに、玄関子機のスマートフォンアプリも利用できるため、外出先からも訪問者を確認できます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、多人数の家族が暮らす住宅やオフィスなどでの利用時に十分な機能性が発揮されます。玄関子機は、ドアホンを押した人の訪問者情報を連絡するだけでなく、映像や音声も伝えることができます。よって、複数の玄関子機を設置することで、さまざまな場所から訪問者の映像が確認できるため、セキュリティ性も高まります。

玄関子機の設置可能数に関して実際の現場で考えるとパナソニック VL-SE50KPAはそこそこな感じであるといえます。玄関子機の設置可能数の情報を検討しても選択においてあまり参考になりません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE50KPA240/100

ライト機能

パナソニック VL-SE50KPAはライト機能を搭載しているインターホンとなっています。このインターホンは、ライト機能を搭載しているため、暗い場所でも使いやすいです。また、その明るさは調節可能で、自分の好みにあわせて利用することができます。

ライト機能を搭載しているインターホンのメリットには、夜間にも明るく映像が確認できることが挙げられます。また、暗所での取り込みによる映像ノイズを低減できることから、映像品質の向上にも繋がります。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SE50KPAは広角レンズに対応しているインターホンとなっています。このインターホンは、広角レンズに対応しているため、広い範囲を映すことが可能です。また、昼夜を問わず、高品質な映像を確認することができます。

広角レンズに対応しているインターホンは、室内から確認できる訪問者の状況がよくわかるため、訪問者のルックスなどがよく見えるというメリットがあります。そのため、訪問者を確認しながら、適切な対応をしていくことができます。また、夜間でも広角レンズによって、室内から確認しやすくなっています。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE50KPAは火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。安全・安心を求める方にお勧めしたいのが、このインターホンの火災報知機連動機能です。火災発生時には自動的に火災報知機が作動し、緊急対応ができるので、ご家庭に必ず設置していただきたい機能の一つです。

火災報知機連動機能がついたインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって非常に有用です。当該機能を搭載したインターホンを使用することで、これらの方々も早期に火災を知ることができます。また、アパートや集合住宅などでは、他の住民にも迅速に知らせることができます。これは、火災などの災害により生じる健康や生活状況の悪化を防ぐために必要な機能です。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE50KPAはプレストーク応答機能を搭載していると言うことができます。このインターホンはプレストーク応答機能を搭載しており、呼び出し音を確認することなく、直接話をさせていただけます。この機能によって、間違っても音を識別することができないという心配がなくなります。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタン操作なしで来客の声を聞くことができるため、手が塞がっている時や、スピーカーに向かって話しかけることが困難な時でもスムーズに対応できます。また、来客とのやりとりが迅速に行えるため、待たせることなく応対でき、来客の満足度が向上します。さらに、音声を録音することができるものもあり、不在時にも来客対応が可能となるため便利です。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SE50KPAはSDカード録画機能を搭載しているといえます。SDカード録画機能を搭載したこのインターホンは、外出中でも自宅に来訪者があった場合、SDカード内に録画された訪問者の映像を確認することができるため、不在時にも安心して暮らすことができます。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンには、大きなメリットがあります。まず一つ目は、不在時にも来訪者の映像が残るということです。これにより、留守中に誰が来たのか確認でき、安心感が得られます。また、二つ目のメリットとして、不審者の侵入被害があった場合、録画した映像を提出できるため事件解決に大きな助けとなります。三つ目は、録画機能を活用して家族が外出先からリアルタイムで家の様子を確認できるため、防犯対策にもつながります。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KPAにおける子機本体サイズについては横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmになります。子機本体サイズをみるとすべてのインターホンの中でも最上級に位置します。普及しているインターホンと比べると子機本体サイズははるかに小さいでしょう。小型であるがゆえに、抜群のスペース利用効率を発揮するこのインターホンの小さい子機本体サイズは、省スペースで設置できるというメリットがあります。また、小さいながらも音の響きが良く、相手の声をクリアに聞き取れるのは嬉しいポイントです。

子機本体サイズが小さいインターホンは、使用環境や目的に合わせて選べる点が魅力です。例えば、小さな子供がいる家庭では、子機を取り外して、不用意に触られることを防ぐこともできます。リフォームを行う際にも、カスタマイズがしやすく、使い勝手に応じた設備を設置することができます。

実際に必要な観点から判断すると、子機本体サイズについてパナソニック VL-SE50KPAは肌で感じられるほど優位にあります。したがって、このインターホンの選択を推奨できる一つの決め手と言えます。子機本体サイズは、商品を選択する上で不可欠な手掛かりの1つになります。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE50KPA横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

子機重量において、パナソニック VL-SE50KPAは220gです。全てのインターホンの中でも子機重量に関する評価点は割といまいちなインターホンです。評価は100点満点中30点というデータです。平均的なインターホンより子機重量が比較的重いインターホンと思います。

実用上の点で見るとパナソニック VL-SE50KPAはそれなりに物足りないレベルにあるインターホンと言うことができるでしょう。一方で決定的とまではいえないため注意が必要であると言うことができます。

子機重量評価
パナソニック VL-SE50KPA220g30/100

室内モニターの設置可能数

室内モニターの設置可能数において、パナソニック VL-SE50KPAは2になります。室内モニターの設置可能数で考えるとすべてのインターホンの中で比較的良くないといえるでしょう。100点満点中30点です。これは平均より室内モニターの設置可能数は比較的少ないと考えられそうです。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンを選ぶことで、生活がより快適になることが期待できます。例えば、荷物の受け取りや来客者の対応がよりスムーズになり、家のセキュリティも向上します。また、設置が可能な部屋が多いため、居住スペースの利便性も高まります。

これらの評価情報で明確に分かるように、室内モニターの設置可能数という点に関して体感上の点から見るとパナソニック VL-SE50KPAは平均的なインターホンと比べる場合イマイチであると感じられると思います。一方で、確定的とまでは保証できない点を考慮する必要性があると言えます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE50KPA230/100

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SE50KPAに関する親機本体サイズにおいて横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mmとなります。中程度のグレードに存在し当サイト上の独自評価では100点中50点という得点を親機本体サイズにつけています。これはまあまあといったレベルでしょう。このインターホンの小さい親機本体サイズはコンパクトで、場所を選ばない設置が可能です。また、音声もクリアで、使いやすさにも優れています。

親機本体サイズが小さいインターホンは、設置場所に制約がある人にはぴったりの選択肢です。限られたスペースに置ける点が最大のメリットで、省スペースに生活したい方にとっては必見です。

これらの評価でわかるように親機本体サイズという点において実際の使用上のことを考えるとパナソニック VL-SE50KPAは標準と比較して極めて似ていると感じられるといえそうです。他の点で検討する必要性がありそうといえます。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE50KPA横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm50/100

親機重量

親機重量においてパナソニック VL-SE50KPAは540gとなっています。通常のインターホンより、これはある程度不十分なインターホンかもしれません。すべてのインターホンの中でもそこそこ低いグレードということができます。

親機重量が軽いインターホンは、省エネにもつながります。重量の軽い親機は、少ない電力で動作するため、電気代の節約につながります。また、軽いため取り付けもラクラクなため、DIYで取り付け可能な方も増え、設置費用も抑えることができます。

親機重量という側面において実用上の観点から考えるとパナソニック VL-SE50KPAはまあまあ下位レベルに位置すると言うことができます。一方で、決定的とまでは必ずしもいい切ることができないため要注意であることが分かります。

親機重量評価
パナソニック VL-SE50KPA540g30/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SE50KPAにおいて、親機画面サイズは5インチというデータです。これは一般的なインターホンと比べるとある程度優れていると考えられるかもしれません。評価.com上の独自評価では100点満点中68点というデータになっています。

実際の使用を想定すると親機画面サイズについてパナソニック VL-SE50KPAは比較的高い水準であるインターホンといえるでしょう。しかし確定的とまでは必ずしも言えない点を頭に入れていおく必要性があるということが分かるでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE50KPA5インチ68/100

録画可能件数

録画可能件数において、パナソニック VL-SE50KPAは50となっています。録画可能件数に関してはまあまあのレベルに位置づけられます。これはそこそこと言った感じということが分かります。多い録画可能件数があるこのインターホンは、長期間の不在や留守中も安心です。最大録画可能件数が多いため、長時間録画しても残ることはありません。また、手軽に録画映像の確認ができるので、不審者侵入にも即座に対応できます。

録画可能件数が多いインターホンのメリットは、家の周りの状況をより詳細に確認できる点です。何か異常な出来事があった場合、自宅のインターホンから見れる映像を録画しておけば、後日必要な情報が得られることがあります。また、通常の監視カメラと違い、インターホンは来訪者とのコミュニケーションができるため、安心して家にいられます。

実地的な視点から考えると、録画可能件数において、パナソニック VL-SE50KPAは通常のインターホンであることが分かるでしょう。録画可能件数の情報を考えても、判断を下すうえであまり意味がありません。別の観点から考慮するほうが良いことがわかります。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE50KPA5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力において、パナソニック VL-SE50KPAは1.4Wです。当サイト独自の待受時の親機消費電力に関する点数は100点中55点です。これはまあまあなレベルと言うことができるインターホンであると思われます。当社で取り扱っているこのインターホンの親機は、小さい待受時でも消費電力が非常に低いことが確認できました。省エネ設計であるため、長時間の待機時間も安心してご利用いただけます。

パターン1: 待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、省エネ効果があることです。低消費電力で動作するため、家計にも優しく、電気代の節約にも繋がります。また、環境にも貢献できます。

パナソニック VL-SE50KPAは平均水準と言えます。商品を決めるうえで、待受時の親機消費電力の情報は意味がありません。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE50KPA1.4W55/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SE50KPAは8.5Wになります。応答時の親機消費電力を考えるとすべてのインターホンの中でも比較的下位に位置づけられます。典型的なインターホンと比較するとこのインターホンの応答時の親機消費電力は比較的大きいインターホンと思われます。

応答時の親機消費電力について実際の使用においてはパナソニック VL-SE50KPAは低いグレードにあると思われます。ただし、確定的とまでは必ずしも言い切ることができない点には注意が必要であるといえるでしょう。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE50KPA8.5W34/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE50KPAはハンズフリーに対応しているといえるでしょう。このインターホンは、ハンズフリーに対応しているため、手がふさがっている時でも安心して使用することができます。また、通話音声がクリアで、騒音が多い場所でも相手の声をしっかりと聞き取ることができるのも特長です。このインターホンは、ハンズフリー機能を備えているため、忙しい時でも通話が可能です。さらに、マイクとスピーカーの音質が優れているため、相手との会話がスムーズに進みます。ハンズフリーに対応したこのインターホンは、操作が簡単です。また、省スペースでスタイリッシュなデザインなため、多くのユーザーに愛されています。

パターン3:ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは、使い勝手がとても良く、日々の生活をよりスムーズにしてくれます。手が塞がれた状態でも対応できる点から、育児中の方や料理中の方、掃除中の方などには特におすすめです。また、家族の出入りが頻繁な場合でも手軽に対応できるため、家族のコミュニケーションにも役立ちます。

スペック

パナソニック VL-SE50KPA
画像パナソニック VL-SE50KPA
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:161mm、厚さ:23mm
親機重量540g
親機画面サイズ5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.4W
応答時の親機消費電力8.5W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量220g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SE50KPA の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック VL-SE50KPA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報