パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF 徹底評価

2023-05-21 15:30:30

総合評価

55.8/100

(総合順位: 65/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
34/100
親機重量
24/100
親機画面サイズ
68/100
録画可能件数
70/100
待受時の親機消費電力
19/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
90/100
子機ディスプレイサイズ
70/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価55.8/100

評価レビュー

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはハンズフリーに対応しているインターホンであると言えます。ハンズフリー機能がついたこのインターホンは、とても使いやすいです。手がふさがっているときでも、相手との通話がスムーズに行えます。さらに、音質が優れており、静かな場所からでも、相手の声が聞こえやすくなっています。

ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは、電話やメール、他の作業をしながらでも快適にインターホンを使用できることです。また、手を使わないため、手が塞がった状態でもドアを開けることができます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータになっています。これは子機本体サイズが優れた水準にあるインターホンの代表と言っても過言ではないということが分かります。全てのインターホンの中でも子機本体サイズについての評価点は特に抜きん出たインターホンのひとつと言っても過言ではなく、評価点数は100点満点中82点であると言えるでしょう。このインターホンの小さい子機本体サイズは、非常にコンパクトでありながら、音質も非常に優れています。また、デザインもシンプルで、どんなインテリアにもマッチします。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットとしては、場所をとらないというところが挙げられます。そのため、設置場所を選ばず、どこでも設置が可能です。また、サイズが小さいため、スリムなデザインで、インテリアに馴染みやすく、美観を損なわずに設置することができます。

実際に使用するときには子機本体サイズにおいてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは圧倒的に上位にあるインターホンと言うことができます。このためこのインターホンは候補の一つと言えるかもしれません。子機本体サイズに着目して比較することで後悔しない決断を下せると言えます。

子機本体サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFに関して、子機重量は170gとなります。子機重量についてみてみると全てのインターホンの中でも上位20%以内に位置づけられ、専門家による独自評価では100点満点中90点をつけています。子機重量が最高レベルで軽いインターホンの代表であることが分かります。

実際の現場で考えると、パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは相当優れた水準にあるインターホンであると言えます。したがってこのインターホンは子機重量に配慮したい人の場合魅力的な選択と言うことができそうです。

子機重量評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF170g90/100

子機モニター

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは子機にモニターが搭載されていると言えます。このインターホンの子機には、モニターが装備されているため、侵入者に対する素早い対応が可能となります。来訪者が不審者である場合、モニターを見ながらボタンを押すことで、建物内の人員が迅速に対応することができます。

子機にモニターが搭載されているインターホンのメリットは、外出先から自宅の安全確認が簡単にできることです。例えば、訪問者がいた場合、家にいなくても子機のモニターを通じて確認ができます。また、監視カメラと連動している製品もあり、留守時に不審者が侵入した際にアラート通知が受け取れるため、防犯面でも優れています。

子機ディスプレイサイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFについて、子機ディスプレイサイズは2.4インチというデータとなっています。全インターホンの中で幾分か上位レベルにあると言うことができます。標準と比べると、子機ディスプレイサイズが比較的大きいと考えることができるかもしれません。Patternこのインターホンの特徴の一つは大きい子機ディスプレイサイズです。画面が大きいので、訪問者の顔をクリアに見ることができます。また、子機自体の操作もしやすく、使いやすいです。

子機ディスプレイサイズが大きいインターホンは、画面が大きいため、昼夜を問わずより鮮明な映像を確認できます。また、視野角が広いため、より広い範囲を確認できるため、外出中でも家の中をチェックできるというメリットがあります。

これらの評価で明確にわかるように実際的な観点から見れば、子機ディスプレイサイズという点についてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは比較的有利にあるインターホンです。ただ決定的とまでは保証できないため要注意であるということが分かります。

子機ディスプレイサイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF2.4インチ70/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFにおける室内モニターの設置可能数について7になります。室内モニターの設置可能数に関してすべてのインターホンの中で上位20%以内に位置づけられます。室内モニターの設置可能数が優秀であると言うことができるでしょう。このインターホンの魅力は、多い室内モニターの設置可能数です。家庭用やオフィス用に最適な逸品です。機能性に優れ、高い信頼性によってお客様に安心してご利用いただけます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、オフィスやビルなどの商業施設においても活躍します。一つのインターホンから複数のモニターを取り付けることで、複数の職員が同時に相手と対話をすることができます。これにより、業務の効率化とコスト削減に繋がることが期待できます。

室内モニターの設置可能数において実際の利用を想定したとき、パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは上位レベルに位置づけられると言えます。このため、このインターホンを検討する着目すべき材料の一つとなります。また、このインターホンは室内モニターの設置可能数を気にする人にとってはオススメといえそうです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF790/100

室内通話機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは室内通話機能を搭載しているインターホンです。室内にいるときに限りなく外と繋がっているような感覚を得ることのできる、このインターホンには室内通話機能が搭載されています。音声の品質も高く、聞き取りやすいため、スムーズかつ円滑なコミュニケーションが行えます。

室内通話機能を搭載しているインターホンのメリットは、訪問者と直接コミュニケーションができることです。室内にいながら外にいる人と話すことができるため、不在時でも安心して対応できます。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは火災報知機連動機能がついているインターホンとなっています。このインターホンは火災報知機連動機能がついているため、安心してご利用いただけます。火災報知機との連動により、火災発生時には速やかに対応が可能となります。

火災報知機連動機能がついているインターホンの最も大きなメリットは、家族の安全性を高めることだろう。火災報知機が作動することで、家族は火災発生の危険性を迅速に認識することができ、避難することが可能となる。しかも、録画された映像があることで、火災発生時の対応策が明確になる。これにより、家族の安全性とともに、火災に対する対応力も向上する。

電気錠連動機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは電気錠連動機能に対応していると言えるでしょう。このインターホンは、電気錠連動機能に対応しているため、セキュリティー面において非常に優れた性能を発揮します。住宅やオフィスビルなど、様々な建物で使用できます。

電気錠連動機能があるインターホンは、老若男女問わず、誰にでも簡単に扱えます。室内から施錠や解錠ができるため、外に出る際に鍵を確認する手間も省けます。また、スマートフォンと接続すれば、遠隔地からでも施錠や解錠が可能です。

プレストーク応答機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。プレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、相手側が通話を受けた瞬間から声を届けることができます。このため、手元を離すことなく、迅速に応答することが可能です。よって、急な来客にも対応できます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタンを押さなくても相手の声を聞くことができ、よりスムーズなコミュニケーションを実現できます。また、手軽に応答を返すことができるため、来客とのやりとりがスムーズに進み、ストレスを感じることが少なくなります。さらに、スマートフォン連携に対応しているものもあるため、外出先からでも来客対応が可能となります。

SDカード録画機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはSDカード録画機能を搭載しているといえます。当社が評価したこのインターホンは、SDカード録画機能を搭載しているため、もし誰かが訪ねてきたときに、隣人を訪ねた理由が分からない場合や、何か問題が生じた場合など、リアルタイムで記録が残せるので、安心できる機能です。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンは、使う人にとって大きなメリットがあります。例えば、録画された映像を利用して、来訪者の素性を確かめることができます。これにより、自分の家の安全を守る為に不審者を切り捨てたり、信頼できる人物であるかを確認することができます。また、映像を利用して、あとから確認することによって、訪れた人物にどのような相談があったのか、どのような内容の話をしたのかを思い出すことができます。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mmというデータと言うことができます。これはやや親機本体サイズが劣っているインターホンであるといえます。すべてのインターホンの中でも親機本体サイズにおける得点評価はやや物足りない水準のインターホンです。100点満点中34.8点という得点評価を親機本体サイズにつけています。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリット親機本体サイズが小さいインターホンの最大のメリットは、スペースやインテリアに合わせて自由に設置できることです。小型で軽量なため、引っ越しや設置場所の変更の際にも移動が簡単で、使い勝手が良いと言えます。また、親機本体サイズが小さいことで省エネ効果も期待でき、電気代の節約にもつながるでしょう。

これらの評価情報で明確なように、親機本体サイズについてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは低いレベルにあるといえるでしょう。ただ、絶対的とまでは必ずしも判断できないです。

親機本体サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mm34/100

親機重量

親機重量に関して、パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは635gというデータになっています。全インターホンの中でも親機重量に関する評点はそれなりに劣ったインターホンです。100点満点中24.2点となります。これは典型的なインターホンと比べるとイマイチなと言えそうです。

親機重量が軽いインターホンの利点軽い親機を採用することにより、インターホンシステム全体の省スペース化が実現されます。また、親機の重量が軽いことにより、設置場所を制限されることがなく、幅広いニーズに対応できます。

実用性を最優先するならば、親機重量において、パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは幾分か低い部類に感じるでしょう。ただし絶対的とまでは必ずしも判断できないことが分かります。

親機重量評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF635g24/100

親機画面サイズ

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFにおいて、親機画面サイズは5インチというデータとなっています。全てのインターホンの中でも親機画面サイズの評価点は優れているインターホンであり、専門家によるスコアは100点満点中68点です。平均より、親機画面サイズは比較的大きいインターホンだと分かります。

この評価情報から分かるようにパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは感覚的に、まあまあ勝っていると思われます。しかし絶対的とまでは必ずしもいい切ることができないため注意が必要であるということが分かります。

親機画面サイズ評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF5インチ68/100

タッチパネル

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはタッチパネルに対応していると言えます。このインターホンは、最新のタッチパネルに対応しています。そのため、非常に高速な反応性を誇り、素早く操作できます。また、ハイビジョンカメラによる高画質な映像表示も魅力的です。

タッチパネルに対応しているインターホンは、その操作性に優れており、簡単に使いこなせます。従来のボタン式と比較して、直感的に操作ができるため、初めての方でも迷うことなく使用できます。また、タッチパネルによって、デザイン性も向上し、おしゃれな空間に調和しやすくなりました。

録画可能件数

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFの録画可能件数は100というデータになっています。普通より録画可能件数は比較的多いといえるでしょう。100点中70点といえます。このインターホンは、多い録画可能件数が魅力です。録画する映像の制限がなく、安心して利用することができます。また、取り付けや設定も簡単で難しい操作もありません。

規模が大きな住宅やマンションで使用される多人数対応のインターホンは、録画可能件数が多いと、管理や警備の質を向上させることができると考えられます。例えば、居住者が複数人いる場合、玄関からの出入りの履歴や来訪者の動線をタイムリーに管理することができるため、建物内のセキュリティ性が向上します。録画本数を考慮することでより効果的な防犯対策を実践することができるといえるでしょう。

実際に使用する場合を考えるとパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは平均と比較する場合それなりに有利にあると感じると思います。従ってこのインターホンは録画可能件数を気にする人にとっては選択肢にあがると考えることができそうです。そうでなくともこのインターホンをおすすめできる一つの決め手となるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF10070/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力においてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは4Wとなります。一般的なインターホンと比べるとこれは下回っているインターホンとなるでしょう。すべてのインターホンの中でも断然低い水準にあります。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンを利用することで、環境への負荷を減らすことができます。例えば、家庭での待機電力のうち、インターホンが占める割合も大きく、そのままの状態で使用し続けていると、環境への負荷を増大させることになりますが、待受時の親機消費電力が小さいインターホンの利用により、環境への負荷を減らすことができます。

この評価情報で明確なように待受時の親機消費電力において実際の使用を想定するとパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはかなり低いレベルにあると言うことができます。従って、待受時の親機消費電力を重視するのであれば、このインターホンを採用するべきではないと言うことができるかもしれません。そうでなくともこのインターホンを採用するべきではない判断材料と言えます。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF4W19/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは10Wとなっています。これは標準と比べると、それなりに下回っているでしょう。すべてのインターホンの中でも応答時の親機消費電力に関する評価点はそれなりに劣ったインターホンです。100点中26点といえるでしょう。

応答時の親機消費電力について実際の使用においてはパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは低いグレードにあると思われます。したがって応答時の親機消費電力を優先したい人にとってこのインターホンはまったくといえるほど良くない選択といえるかもしれません。そうでなくとも、このインターホンの採用を推奨しないポイントの一つとなります。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF10W26/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFにおいて、玄関子機の設置可能数は2となっています。本サイト上の独自評価では100点満点中40点という評価スコアを玄関子機の設置可能数につけています。これは全インターホンの中で平均に位置します。これはまあまあのグレードなレベルと考えられます。玄関子機を複数設置したい場合に最適なこのインターホンは、最大で10台の設置が可能です。そのため、大規模な住宅でも室内の複数箇所からドアの訪問者を確認することができます。また、独自のノイズキャンセル技術によって、音声の質が高く、快適に利用できます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、住宅やビルといったスペース内の距離感を縮めることができます。例えば、家屋の屋外ポーチに設置した子機を通して、中にいる人にほど近い距離感で話し声を届けられるため、快適なコミュニケーションが実現できます。また、長く伸びた廊下や複数の階にまたがる建物においても、子機を設置することでお互いのコミュニケーションがスムーズに行うことができます。

玄関子機の設置可能数についてパナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは通常のインターホンであるといえます。判断を下す際に、玄関子機の設置可能数の情報はあまり意味がありません。別の角度から検討することを非常に提案します。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF240/100

ライト機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFはライト機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。このインターホンは、ライト機能を搭載しているため、夜間でもくっきりとした画像が確認できます。また、光量を調節できるので、周囲の明るさに合わせて使い分けることができます。

入口が暗い場合でも、ライト機能を搭載したインターホンを使用することで、訪問者とのコミュニケーションがスムーズに行えます。ライトによって、訪問者に向かって近づくことができるため、友好的な印象を与えることができます。また、インターホンから声をかける前に、訪問者を確認できるため、セキュリティ面でも安心です。

広角レンズ対応

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KFは広角レンズに対応しているインターホンとなります。広角レンズに対応していることで、このインターホンは詳細で正確な映像を提供しています。また、防犯性も高く、安心して使用できます。

広角レンズに対応しているインターホンは、室内から確認できる訪問者の状況がよくわかるため、訪問者のルックスなどがよく見えるというメリットがあります。そのため、訪問者を確認しながら、適切な対応をしていくことができます。また、夜間でも広角レンズによって、室内から確認しやすくなっています。

スペック

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF
画像パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:192mm、縦:165mm、厚さ:27mm
親機重量635g
親機画面サイズ5インチ
タッチパネル
録画可能件数100
待受時の親機消費電力4W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量170g
子機モニター
子機ディスプレイサイズ2.4インチ
室内モニターの設置可能数7
室内通話機能
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
スマートフォン対応
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック 外でもドアホン VL-SWD505KF と評価が同程度のインターホンを探す