パナソニック VL-SV39KL (2016) 評価

2023-05-21 14:51:29

総合評価

57.3/100

(総合順位: 51/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
42/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
73/100
応答時の親機消費電力
58/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
80/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価57.3/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SV39KL (2016)に関して、玄関子機の設置可能数は2です。これはまあまあといったレベルと考えられそうです。玄関子機の設置可能数における評価点数は100点中40点と言えるでしょう。当社が調査したところ、このインターホンの多い玄関子機の設置可能数は最大で4つまでという結果が出ました。ただし、周辺環境によっては設置台数が減少する場合がありますので、お住いの環境に適した設置数をご検討ください。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、店舗や事務所などでも活用されています。入口や出入り口、会議室など複数の場所に玄関子機を設置することで、来客や行き来する人を確認することができます。また、複数のスタッフがいる場合には、子機をそれぞれの担当エリアに設置することで、効率的な業務遂行が可能となります。このように、設置可能数が多い玄関子機は、様々なシーンで活躍することができます。

この評価で明らかなように玄関子機の設置可能数において実際に必要な観点から判断するとパナソニック VL-SV39KL (2016)は基本的なインターホンとまったくと言っていいほど同一に感じられるといえそうです。選択において、玄関子機の設置可能数の情報は役に立ちません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)240/100

ライト機能

パナソニック VL-SV39KL (2016)はライト機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。このインターホンはライト機能を搭載しており、夜間や暗い場所でも使いやすいことが特徴です。また、調光機能が付いているため、目に優しく周囲環境に合わせた明るさに調整できます。

ライト機能を搭載したインターホンは、自動点灯機能が付属しているものもあります。この機能により、来客者がいることが自動的に検知され、ライトが点灯します。また、点滅機能も付いており、より注意を促すことができます。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SV39KL (2016)は広角レンズに対応しているインターホンとなっています。このインターホンには、広角レンズが搭載されており、アウトドアの視野も十分確保することができます。また、室内にいる際には、友人や訪問者が到着した際に、ドアを開けなくても、確認することができる便利な機能も搭載されています。

広角レンズに対応しているインターホンは、室内から確認できる訪問者の状況がよくわかるため、訪問者のルックスなどがよく見えるというメリットがあります。そのため、訪問者を確認しながら、適切な対応をしていくことができます。また、夜間でも広角レンズによって、室内から確認しやすくなっています。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SV39KL (2016)は火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。火災報知機連動機能がついているこのインターホンは、高い安全性を提供しています。火災が発生しても、すぐに対処できることで、重大な事態が起こりにくくなります。家族やお客様の安全を考える上で、非常に有用な機能と言えます。

火災報知機連動機能がついているインターホンの最も大きなメリットは、家族の安全性を高めることだろう。火災報知機が作動することで、家族は火災発生の危険性を迅速に認識することができ、避難することが可能となる。しかも、録画された映像があることで、火災発生時の対応策が明確になる。これにより、家族の安全性とともに、火災に対する対応力も向上する。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SV39KL (2016)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。このインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しているため、室内での音声確認が可能です。また、自宅内でもインターフォンを利用して、家族とのコミュニケーションができます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、安全面でも優れています。部屋の中から来訪者と話をすることができるため、訪問目的や態度を事前に確認することができます。また、犯罪の抑止力としても有効で、万が一の際には警察や防犯カメラの映像と合わせて犯人逮捕の決め手となることもあります。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SV39KL (2016)はSDカード録画機能を搭載しているインターホンです。SDカード録画機能を搭載したこのインターホンは、万が一の盗難事件や不審な人物の出現に対して、強力な証拠映像を保存することができます。また、高画質な映像で録画されるため、昼夜を問わず優れたセキュリティ対策が可能です。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンには、大きなメリットがあります。まず一つ目は、不在時にも来訪者の映像が残るということです。これにより、留守中に誰が来たのか確認でき、安心感が得られます。また、二つ目のメリットとして、不審者の侵入被害があった場合、録画した映像を提出できるため事件解決に大きな助けとなります。三つ目は、録画機能を活用して家族が外出先からリアルタイムで家の様子を確認できるため、防犯対策にもつながります。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック VL-SV39KL (2016)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータになっています。これは極端に子機本体サイズが秀逸であるインターホンの代表的存在と言っても過言ではないということがわかります。すべてのインターホンの中でも子機本体サイズの評価得点は最も優れたインターホンの代表と言っても過言ではなく、評価は100点満点中82点というデータになっています。小さい子機本体サイズは、このインターホンの最大の特徴の一つです。コンパクトなサイズでありながら、十分な性能を発揮してくれます。また、設置場所を選ばないので、お部屋の雰囲気を損ないません。

大型のインターホンと比べて、子機本体サイズが小さいインターホンは消費電力が少なく、省エネ効果があります。また、薄型の筐体であるため、壁の配線部分にスッキリと納まり、すっきりとした印象を与えます。

子機本体サイズという点に関して実際にはパナソニック VL-SV39KL (2016)は非常に高いグレードにあると言うことができます。したがって子機本体サイズを気にする人の場合このインターホンを採用した方がいいと思います。そうでなくとも、このインターホンを選択するための決め手の一つと言えるかもしれません。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック VL-SV39KL (2016)に関する子機重量について175gになります。本サービス独自の子機重量における得点は100点中80点というデータです。普通よりこのインターホンの子機重量はとても軽いインターホンと言えるかもしれません。

子機重量について体感上の側面で考えるとパナソニック VL-SV39KL (2016)はかなり上位にあるといえるでしょう。したがってこのインターホンは子機重量に配慮したい人の場合魅力的な選択と言うことができそうです。

子機重量評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)175g80/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SV39KL (2016)の場合、室内モニターの設置可能数は2になります。全インターホンの中でも室内モニターの設置可能数の評価点数はまあまあ劣ったインターホンで、100点中30点と言えるでしょう。平均的なインターホンと比べると、このインターホンの室内モニターの設置可能数が比較的少ないインターホンと言えそうです。

パターン3:インターホンで重視したい機能の1つに、室内モニターの設置可能数が多いことがあります。この場合、部屋数が多い家庭でも全室にモニターを置くことができ、家族の安全を守るために必要な監視が可能になります。また、不在時には録画機能を持ったモニターの映像を確認することで、万が一の事件に備えることもできます。

実際に使う場合を考えるとパナソニック VL-SV39KL (2016)は通常と比較する場合物足りない水準にあると感じると思います。しかし確定的とまでは必ずしもいい切れないということが分かります。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)230/100

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック VL-SV39KL (2016)は横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータであると言えます。すべてのインターホンの中でも親機本体サイズの点数はある程度秀でたインターホンであり、評価点は100点満点中72.7点であると言うことができます。平均と比べると、このインターホンの親機本体サイズが比較的小さいインターホンと言えるかもしれません。このインターホンの小さい親機本体サイズは、防犯性も高く、ホームセキュリティに貢献します。小さくても、しっかりと映像も音声も届くので、セキュリティを重視する方にオススメです。このインターホンは、家族安心のために取り入れたい商品です。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは何でしょうか?まず、場所を取らずに設置できる点が挙げられます。また、ポータブルな性質を持つため、どこにでも持ち運びが可能です。最後に、小型であることから、スタイリッシュでモダンな印象を与えることもできます。

これらの評価で明確に分かるように、親機本体サイズに関して実利的な視点から見るとパナソニック VL-SV39KL (2016)はそれなりに高位グレードに位置すると思います。親機本体サイズに配慮するならこのインターホンは採用すべきと考えられそうです。いずれにしても親機本体サイズは意思決定において不可欠な要素になると言えます。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

パナソニック VL-SV39KL (2016)の親機重量については485gとなっています。これはまあまあなレベルと言えるインターホンだと分かるでしょう。100点満点中42点を親機重量につけています。これはすべてのインターホンの中でも標準的と思います。このインターホンは、軽量な親機であるため、壁に設置しても安定しています。設置時の取り扱いも非常に簡単です。

親機重量が軽いインターホンは、快適な生活をサポートするために最適なものです。軽量であるため、インターフォンを設置しても壁などに余計な負荷がかからず、安心して使用できます。また、取り付けなどの工事も簡単で迅速に済ませることができ、負担も少ないです。

親機重量についてパナソニック VL-SV39KL (2016)は普及しているインターホンと言うことができます。決定を下す際に、親機重量の情報は役に立たないと言えるでしょう。

親機重量評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)485g42/100

親機画面サイズ

親機画面サイズに関して、パナソニック VL-SV39KL (2016)は3.5インチとなります。これはそこそこといった感じと考えられるかもしれません。親機画面サイズという視点については全てのインターホンの中でも標準レベルに位置づけられます。100点満点中45点という評価点をつけています。

親機画面サイズに関して実用的に言えばパナソニック VL-SV39KL (2016)はまあまあのレベルにあると言うことができるでしょう。別の角度から評価した方が良さそうです。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数において、パナソニック VL-SV39KL (2016)は50となっています。100点満点中50点をつけています。これは通常レベルと言えるインターホンです。このインターホンがおすすめなのは、多い録画可能件数があるからです。最大録画可能件数が多いため、長時間録画しても安心です。さらに、外出先でもスマートフォンで確認できるので、安心感が違います。

録画可能件数が多いインターホンは、最新の防犯技術の一つと考えられます。もし不審者が侵入した場合、インターホンが録画していれば、証拠となる映像を残すことができます。昨今、犯罪の高度化に伴って、防犯に対する意識が高まっていますが、昔に比べてインターホンの機能も向上し、より多くの映像を録画できるようになりました。多機能かつお手軽だという点でも、録画可能件数が多いインターホンは非常に便利であると言えるでしょう。

パナソニック VL-SV39KL (2016)は中程度に位置すると言うことができます。ほかの角度から比較することを強くオススメします。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック VL-SV39KL (2016)について、待受時の親機消費電力は1.2Wというデータとなっています。全インターホンの中でも待受時の親機消費電力における評価得点は比較的優れたインターホンで、本サイト上の独自評価では100点中73点を待受時の親機消費電力につけています。比較的待受時の親機消費電力が上位にあるインターホンであることが分かります。このインターホンの小さい待受時の親機消費電力について、当社のテストにより、非常に低いパワーを消費する結果が得られました。この点において、環境にやさしい商品であることが確認されました。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、健康維持にも効果があります。待ち受け状態でも電子機器から発生する電磁波が少ないため、家族の健康面でも安心できます。加えて、待受状態でも消費電力が少ないため、万が一停電が起こった際にもバックアップバッテリーの持続時間を延ばすことができます。

実際に使用することを考えると、待受時の親機消費電力に関して、パナソニック VL-SV39KL (2016)はやや高いレベルに位置すると言えるでしょう。このため、このインターホンは強力な選択肢にあがります。また、このインターホンは待受時の親機消費電力を気にするならぴったりな選択肢といえそうです。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)1.2W73/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関して、パナソニック VL-SV39KL (2016)は7Wになります。これはそこそこな感じと考えることができそうです。100点満点中58点と言うことができるでしょう。

実際に使用することを考えると、パナソニック VL-SV39KL (2016)は平均と比較して相当よく類似していると言えるでしょう。応答時の親機消費電力の情報を評価しても、全くといっていいほど役に立ちません。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SV39KL (2016)7W58/100

スペック

パナソニック VL-SV39KL (2016)
画像パナソニック VL-SV39KL (2016)
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量485g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.2W
応答時の親機消費電力7W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量175g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SV39KL (2016) と評価が同程度のインターホンを探す