パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K レビュー

2023-05-21 14:47:45

総合評価

47.6/100

(総合順位: 141/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
46/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
73/100
応答時の親機消費電力
66/100
子機本体サイズ
26/100
子機重量
50/100
子機ディスプレイサイズ
40/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価47.6/100

評価レビュー

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズにおいて、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータです。基本的なインターホンと比較すると秀でているインターホンと言えるかもしれません。全インターホンの中で親機本体サイズにおける得点はそこそこ秀でたインターホンであり得点は100点中72.7点と言えます。このインターホンの小さい親機本体サイズは、狭い玄関や室内でも置きやすいことが魅力です。また、サイズが小さいということは、設置スペースを余すことなく活用できるというメリットもあります。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、移動や取り外しが容易であることです。サイズが小さいため、移動や取り外しも簡単に行えます。このため、DIYで取り付けることができる方も多く、工事費用がかからずに設置することができます。また、引っ越しの際もスムーズな対応ができるため、便利です。

親機本体サイズについて実用的にはパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは高いグレードに位置づけられると言えます。このインターホンを使う際の一つの重視すべき材料となるでしょう。このインターホンは親機本体サイズに注目する人の場合おすすめの選択肢といえるかもしれません。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

親機重量において、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは480gというデータであると言えます。得点評価は100点中46点です。これはそこそこのグレードと言った感じと言うことができるインターホンだとわかります。このインターホンは、軽い親機重量が優れた点の1つです。取り付けが簡単で扱いやすいため、初めてインターホンを使用する人にもお勧めです。また、軽さは耐久性にも繋がっており、長期にわたり使用できます。

親機重量が軽いインターホンは、省エネルギーにも繋がります。重たい親機を持ち上げるために必要なエネルギーを節約でき、また、軽量であるため取り付ける場所も状況に応じて選べます。そのため、省エネルギーかつ目的に合った設置が可能となります。また、移動や修理時にも軽さが、作業者の負担を軽減してくれるでしょう。

親機重量について評価すると、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは標準的なインターホンであるといえるでしょう。親機重量の情報を検討しても、まったくと言っていいほど参考にならないと思います。ほかの側面から考えたほうが良さそうと言えるでしょう。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K480g46/100

親機画面サイズ

親機画面サイズについて、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは3.5インチというデータです。これは普通グレードということがわかるでしょう。親機画面サイズについては普通グレードということが分かります。

これらの評価から明らかなようにパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは平均的と言うことができるでしょう。親機画面サイズの情報を比較しても、意味がありません。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kに関して、録画可能件数は50というデータとなっています。100点満点中50点をつけています。これは通常レベルと言えるインターホンです。このインターホンの多い録画可能件数は、安心して家を外出することができます。特に、長期の旅行や出張が多い方にはおすすめです。また、録画した映像は、簡単にスマートフォンで確認できるので、万が一のときもすぐに確認できます。

録画可能件数が豊富なインターホンと、クラウドサービスとの連携により、データのバックアップも行えます。録画済みのデータは、専用アプリを使って、スマートフォンからも確認可能です。また、監視機能の活用だけでなく、出先からでも家族の安否を確認できるため、急な外出が多い方にもおすすめです。

実際の使用を考えると、録画可能件数の点でパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは平均的といえます。録画可能件数の情報を比べても、商品選択においてあまり役に立たないと言えます。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kに関する待受時の親機消費電力は1.2Wというデータであると言えます。当サイトの専門家による評価では100点満点中73点というデータです。平均より待受時の親機消費電力は比較的小さいと言うことができるでしょう。当メディアが取り扱うこのインターホンの小さい待受時の親機消費電力は、他の競合製品と比較しても驚くほど低い水準です。エコ意識の高いユーザーにも、快適な暮らしを提供するためにも、おすすめの商品と言えます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、エコロジーに配慮した方や電気代を抑えたい方におすすめです。また、長時間外出することが多かったり、夜遅く帰ってくることが多い方でも、親機の消費電力が少ないので安心してご使用いただけます。

実際の使用を考慮すると待受時の親機消費電力に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは割と高い水準であるインターホンです。しかし絶対的とまでは必ずしも判断できないため注意が必要であることが分かります。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K1.2W73/100

応答時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kにおける応答時の親機消費電力について6Wというデータです。すべてのインターホンの中で応答時の親機消費電力の評価点はまあまあ優れたインターホンであり得点は100点中66点というデータです。基本的なインターホンと比較すると秀でているでしょう。

応答時の親機消費電力において実用的な面から考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは比較的上位にあると思われます。一方で決定的とまでは必ずしも保証できないため気を付ける必要があると考えられます。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K6W66/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kはハンズフリーに対応しているということができます。ハンズフリー機能がついたこのインターホンは、とても使いやすいです。手がふさがっているときでも、相手との通話がスムーズに行えます。さらに、音質が優れており、静かな場所からでも、相手の声が聞こえやすくなっています。

ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは、電話やメール、他の作業をしながらでも快適にインターホンを使用できることです。また、手を使わないため、手が塞がった状態でもドアを開けることができます。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数において、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは1となっています。全てのインターホンの中でも玄関子機の設置可能数の評点は幾分か微妙なレベルにあるインターホンで、100点中25点となっています。平均よりこのインターホンの玄関子機の設置可能数は比較的少ないインターホンと言えそうです。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、大家族やオフィスなど人数が多い場所に最適です。多数の部屋から一つの玄関子機で管理できるため、利便性が高く、面倒な配線工事も少なく済みます。また、各部屋のインターホンは、発信音量や音量調節も自由自在であり、より柔軟な使い方ができるようになります。

実際に使う場合玄関子機の設置可能数に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kはわりと下位グレードに位置すると言えます。したがって、このインターホンは候補の一つから取り除くべきと思われます。このインターホンは玄関子機の設置可能数を優先する人にとってイマイチであるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K125/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは火災報知機連動機能がついていると言うことができます。このインターホンは、火災報知機連動機能が付いているため、非常時でも早く正確な情報を提供できます。また、設定も簡単で、日常使いでも手軽に利用することができます。

火災報知機連動機能がついたインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって非常に有用です。当該機能を搭載したインターホンを使用することで、これらの方々も早期に火災を知ることができます。また、アパートや集合住宅などでは、他の住民にも迅速に知らせることができます。これは、火災などの災害により生じる健康や生活状況の悪化を防ぐために必要な機能です。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。このインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しているため、訪問者が話しかける前に応答することができます。また、フルデジタルの音質で、通話中のこだわりの音楽も楽しめます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタンを押さなくても相手の声を聞くことができ、よりスムーズなコミュニケーションを実現できます。また、手軽に応答を返すことができるため、来客とのやりとりがスムーズに進み、ストレスを感じることが少なくなります。さらに、スマートフォン連携に対応しているものもあるため、外出先からでも来客対応が可能となります。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータとなっています。子機本体サイズがやや劣っているといえます。子機本体サイズに関してすべてのインターホンの中でも比較的下位レベルに位置します。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、まず取り付けが容易であることです。小型化によって場所をとらず、設置場所の自由度が高くなりました。さらに、手間をかけた配線工事が必要ないため、コスト削減にも繋がります。

子機本体サイズについて体感上の観点で考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kはまあまあ劣っているインターホンであることが分かります。ただ決定的とまでは必ずしも言い切れない点を頭に入れていおく必要性があると言うことができます。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kの子機重量について200gとなります。普通グレードということができるインターホンだと分かります。子機重量における評価スコアは100点中50点というデータです。これは全インターホンの中でも中間に位置するでしょう。

この評価から明確にわかるように、子機重量においてパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは通常のインターホンであると言えるでしょう。他の側面から選択した方がいいといえます。意思決定において、子機重量の情報はあまり参考にならないでしょう。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K200g50/100

子機モニター

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは子機にモニターが搭載されていると言うことができるでしょう。このインターホンの子機には、高解像度のモニターが搭載されており、映像を見ながら、スムーズなコミュニケーションが可能です。また、暗い時間帯でも十分明るいLED照明が備わっており、安心して利用できます。設置も容易で、見た目もスタイリッシュで、インテリアにも合います。そして、耐久性も備わっており、長期間使用しても故障の心配はありません。このインターホンがあれば、家族や友人とのコミュニケーションがさらに円滑になり、豊かなライフスタイルが手に入ります。

子機にモニターが搭載されているインターホンは、視覚障がいを持つ人や高齢者にとっても便利です。モニターで訪問者が誰かを確認することができるため、ドアを開ける前に怪しい人物かどうかを判断することができます。また、インターホンの音声操作ができるものもあり、視覚障がいを持つ人や高齢者でも簡単に使用することができます。

子機ディスプレイサイズ

子機ディスプレイサイズに関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは2.2インチです。これはまあまあな感じといえるインターホンだと思います。すべてのインターホンの中で標準グレードにあるといえます。このインターホンの大きい子機ディスプレイサイズは、充実したセキュリティと使いやすさを両立します。広大な視野と高精細画面が、訪問者を的確に確認できる一方、直感的な操作と圧倒的な表現力が、スムーズなコミュニケーションを可能にします。また、美しいデザインも魅力的で、おしゃれな住まいにもマッチします。

子機ディスプレイサイズが大きいインターホンのメリットは、画面上に表示される内容が大きくなるため、見やすさが向上することです。また、音声通話中にも画面を見ながら操作が可能なため、より使いやすくなります。

子機ディスプレイサイズについて実際的な点で言えばパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは中程度に位置するといえます。ほかの視点で考える方が良さそうことが分かるでしょう。商品選択において、子機ディスプレイサイズの情報はあまり参考にならないといえます。

子機ディスプレイサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K2.2インチ40/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kについて、室内モニターの設置可能数は2です。全てのインターホンの中でも室内モニターの設置可能数における評価は比較的低い部類にあるインターホンです。得点は100点満点中30点であると言えます。これは室内モニターの設置可能数が比較的下回っているといえそうです。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、一つの住居に複数のユーザーがいる場合や、広い住宅での利用に適しています。部屋数が多く、家族構成が複雑な場合でも、一つのインターホンで全てのユーザーが確認できるため、便利です。

室内モニターの設置可能数という点に関していえばパナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kはそこそこ低いレベルに位置すると言うことができるでしょう。ただ確定的とまでは必ずしも言い切ることができないです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K230/100

室内通話機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220Kは室内通話機能を搭載しているインターホンであるといえるでしょう。当社の評価基準によると、このインターホンは室内通話機能を搭載しているため、屋内でも快適に会話ができます。また、音声の鮮明さも十分にあり、クリアな音声通話ができます。

室内通話機能を搭載しているインターホンを使用することで、家のセキュリティを向上させることができます。例えば、不審者が現れた時に対応することができますし、家族や友人と安全にコミュニケーションをとることができます。

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量480g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.2W
応答時の親機消費電力6W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量200g
子機モニター
子機ディスプレイサイズ2.2インチ
室内モニターの設置可能数2
室内通話機能
玄関子機の設置可能数1
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD220K の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。