パナソニック VL-SW500KL 評価

2023-05-21 13:55:07

総合評価

66.6/100

(総合順位: 10/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
56/100
親機重量
26/100
親機画面サイズ
79/100
録画可能件数
70/100
待受時の親機消費電力
79/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
90/100
子機重量
90/100
子機ディスプレイサイズ
85/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価66.6/100

評価レビュー

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズにおいてパナソニック VL-SW500KLは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmです。これは標準と比較すると、ずば抜けて子機本体サイズが小さいと言えるかもしれません。子機本体サイズでいえば最上級に位置します。レビューワーによる独自評価では100点中90点をつけています。このインターホンで一番優れた点は、小さい子機本体サイズです。この優れた機能によって、場所を選ばず設置でき、非常に便利です。また、小さいサイズでありながら、音質も非常に良く、とてもクリアです。

子機本体サイズが小さいインターホンの利点は、優れた機能性と高操作性に加え、美しいデザインとコンパクトさにあります。本体が小さいため、場所を取らず、インテリアに馴染みやすく、家のスタイルを維持できます。このタイプのインターホンは、省スペースな小型住宅に最適であり、設置場所を制限することなく、多様な設置場所に適用できます。

実践的な見地から考えるとパナソニック VL-SW500KLは最上級にあると言うことができます。従って子機本体サイズを優先したい人にとってはこのインターホンは適していると言えるでしょう。そうでなくともこのインターホンは有力な候補の一つに考えるべきと言えます。ともあれ子機本体サイズは不可欠な材料になると思います。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SW500KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

パナソニック VL-SW500KLについて、子機重量は170gです。これは標準と比べる場合、秀でていると言えるかもしれません。本サービス独自の子機重量についての点数は100点中90点です。

実際に使うことを想定したときパナソニック VL-SW500KLはとても高いレベルであるインターホンということが分かるでしょう。したがってこのインターホンは子機重量に配慮したい人の場合魅力的な選択と言うことができそうです。

子機重量評価
パナソニック VL-SW500KL170g90/100

子機モニター

パナソニック VL-SW500KLは子機にモニターが搭載されているインターホンであるといえるでしょう。このインターホンは、子機にモニターが搭載されているため、来客者の顔を確認することができますが、画面がやや小さい印象を受けました。しかし、この点を補うように、明るさがあり、鮮明さが持続する画面を採用しているため、全体的にバランスが取れた設計となっています。また、操作性にも優れており、子供や高齢者でも迷うことなく使うことができます。

子機にモニターが搭載されているインターホンのメリットは何でしょうか。まず、子機にモニターが搭載されていることで、来訪者を映像で確認できるため、安心して応対することができます。また、子機からドアを開けることができるタイプのインターホンであれば、来訪者に面会を許可する前に必ず確認することができるため、セキュリティ面でも安心です。さらに、子機のスクリーンサイズが大きい場合は、より鮮明な映像で来訪者を確認できるため、より使いやすく快適なインターホンと言えます。

子機ディスプレイサイズ

パナソニック VL-SW500KLにおいて、子機ディスプレイサイズは2.5インチとなります。これは普通のインターホンと比べる場合、子機ディスプレイサイズは際立って大きいと考えられそうです。子機ディスプレイサイズにおいてすべてのインターホンの中でも最高水準に位置します。100点中85点をつけています。このインターホンの大きい子機ディスプレイサイズは、家族で使用する場合でも見やすく、使い勝手の良さが特筆されます。ただし、壁掛けにする場合には、ホルダー自体も大きくなるため、スペースには注意が必要です。

子機ディスプレイサイズが大きいインターホンは、見やすさに優れています。例えば、老眼や視力の低下がある場合でも、顔や動きを確認しやすいため、訪問者への応対もスムーズに行えます。さらに、大画面の子機には多くの情報が表示されるため、設定や機能の確認もしやすくなっています。子機ディスプレイサイズが大きいインターホンは、高齢者や視力障害者にも優しい製品です。

子機ディスプレイサイズにおいて実際的な観点から見ればパナソニック VL-SW500KLは上位20%以内に位置すると言えるでしょう。このインターホンが候補になる決め手の一つと言えます。子機ディスプレイサイズは不可欠な影響を与えるでしょう。

子機ディスプレイサイズ評価
パナソニック VL-SW500KL2.5インチ85/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SW500KLの室内モニターの設置可能数について7となります。普通と比較する場合、著しく高いレベルにあるインターホンとなりそうです。弊サイト上では100点中90点をつけています。これは全インターホンの中で著しく凄いです。このインターホンの室内モニターの接続可能台数をテストしました。本商品は、最大で8台のモニターが接続可能であり、比較的小規模な住宅にも対応できます。しかしながら、豪華なマンションなど、多くのモニターが必要な場合は、接続数の限界に達してしまうため、事前に設置環境を確認しておくことが重要です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、商業施設にも活用されています。施設内でのスタッフの連絡手段として、複数のモニターを設置することで、スムーズな業務運営が可能になります。また、設置場所を変更したい場合にも柔軟に対応できるので、施設内の変化に応じて設備を改修する必要がありません。利便性だけでなく、コスト面でもメリットがあると言えます。

実際の現場で考えると、室内モニターの設置可能数に関してパナソニック VL-SW500KLは通常のインターホンと比べると極めて高いレベルにあるといえるでしょう。このため、室内モニターの設置可能数を気にするのであれば、このインターホンは採用すべきと考えることができそうです。室内モニターの設置可能数は、商品選択において不可欠な判断材料の1つになります。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SW500KL790/100

室内通話機能

パナソニック VL-SW500KLは室内通話機能を搭載していると言えるでしょう。当社のレビューでお届けするこのインターホンは、室内通話機能を搭載しており、お客様が快適に生活できるように配慮しています。

室内通話機能を搭載しているインターホンは、バリアフリーの観点からも大変優れています。高齢者や障がい者の方が一定の場所に滞在している場合、室内通話機能を利用して交流することができます。また、遠方にいる家族や知人ともリアルタイムで音声を通じて会話をすることができるため、社会的孤立や孤独感の軽減にも一役買っています。

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SW500KLの親機本体サイズについては横:190mm、縦:165mm、厚さ:21mmというデータとなっています。全インターホンの中でも親機本体サイズの得点はまあまあといった感じで、スコアは100点満点中56.7点というデータです。これはまあまあといった感じと考えることができそうです。このインターホンの小さい親機本体サイズは、素晴らしいですね。狭い場所でも設置できるため、とても便利です。また、携帯性が高く、移動時にも非常に役立ちます。

小型な親機本体サイズを備えたインターホンは、多くのメリットがあります。最初のメリットは、どんな場所にも設置可能であり、場所を取らないことです。二つ目は、各インテリアに合うようデザインされているため、邪魔にならずにスマートに置くことができます。三つ目は、機能が小型化に抑制されることがなく、充実した機能を備えているため、使い勝手が良く、非常に便利です。

この評価から明白にわかるように、親機本体サイズについてパナソニック VL-SW500KLは標準的なインターホンであることが分かるでしょう。他の観点を見て考えるほうが良さそうです。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SW500KL横:190mm、縦:165mm、厚さ:21mm56/100

親機重量

親機重量において、パナソニック VL-SW500KLは580gというデータとなっています。100点満点中26.9点という評価点数を親機重量につけています。標準的なインターホンと比較する場合、幾分か微妙な水準にあると考えられそうです。

親機重量が軽いインターホンは、省エネルギー傾向に合致しています。小型で軽いため、作動時の電力消費を軽減できます。また、人間工学に基づいた設計がなされていることが多く、長時間の利用による疲れやストレスの軽減が期待できます。

この評価で明確にわかるように親機重量に関していえばパナソニック VL-SW500KLは通常と比べる場合幾分か低い水準に感じるでしょう。一方で、絶対的とまでは必ずしも判断できないため気を付ける必要があると思われます。

親機重量評価
パナソニック VL-SW500KL580g26/100

親機画面サイズ

親機画面サイズについて、パナソニック VL-SW500KLは5.2インチというデータであると言えます。標準よりそこそこ有利にあるインターホンと言うことができます。本サイトの独自評価では100点満点中79点と言えるでしょう。これは全インターホンの中でもそこそこ優れた水準にあります。

実用的な見地から言えば、親機画面サイズについてパナソニック VL-SW500KLは標準と比較する場合ある程度優れていると感じとれると思います。一方で、絶対的とまでは必ずしもいえない点には注意が必要と言えるでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SW500KL5.2インチ79/100

録画可能件数

パナソニック VL-SW500KLの録画可能件数は100というデータになっています。録画可能件数の点で弊サイトにおける独自評価では100点中70点を録画可能件数につけています。普通と比較すると、これは優れているインターホンとなるかもしれません。このインターホンは、多い録画可能件数が特徴的です。この機能により、長時間空き家にしたくない方や、家の周りが不審者によくうろつかれる地域にお住まいの方にも安心感を与えます。また、録画された映像はしっかりと保存されるので、万が一の事件や事故の際にも証拠として使えます。

録画可能件数が多いインターホンのメリットは、家の周りの動きをしっかりと把握できることです。たとえば、不審者が現れた場合、警察に重要な情報提供が可能になります。また、飼っているペットの行動や家族の帰宅の様子を確認することもできます。さらに、万が一事件が発生した際には、証拠として録画映像を活用できます。

録画可能件数において実際に使う場面で考えると、パナソニック VL-SW500KLはまあまあ高位グレードに位置すると思います。録画可能件数を重要視するのであれば、このインターホンを考えた方が良いと思われます。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SW500KL10070/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力に関して、パナソニック VL-SW500KLは1Wというデータと言えます。当サイトの専門家による評価では100点満点中79点というデータです。平均より待受時の親機消費電力は比較的小さいと言うことができるでしょう。このインターホンの小さい待受時の親機消費電力を評価しました。結果、一般的な家電よりも非常に低い消費電力で済んでいることが分かりました。環境に配慮した製品をお探しの方にはぴったりです。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンには、多くのメリットがあります。まず、省エネ効果が期待できます。連続的に待機する必要がないため、電気代の節約につながります。また、環境にも優しい製品として注目されています。さらに、待受時の消費電力が少ないため、耐用年数が長くなるという利点もあります。

待受時の親機消費電力に関して実際の現場で考えると、パナソニック VL-SW500KLは幾分か高い水準にあるインターホンであることが分かります。このインターホンは待受時の親機消費電力にこだわる人にとってお勧めの選択肢と言うことができます。一方で、絶対的とまでは必ずしも言い切ることができないため気を付ける必要があると考えられます。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SW500KL1W79/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SW500KLは10Wとなっています。応答時の親機消費電力についての点数は100点中26点というデータです。応答時の親機消費電力が低い部類にあるインターホンです。

応答時の親機消費電力において実際に活用する場面を考えるとパナソニック VL-SW500KLはそこそこ劣っているインターホンであるといえるでしょう。このインターホンを選ばない場合の一つの着目すべき判断材料と言えます。応答時の親機消費電力を参考にすることでより正確な選択につながると言えるでしょう。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SW500KL10W26/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SW500KLに関して、玄関子機の設置可能数は2です。専門家による独自評価では100点中40点となります。標準レベルと言うことができるインターホンだとわかるでしょう。このインターホンには、一つのベースユニットに多数の玄関子機を接続することができる機能が備わっています。このため、複数のお部屋やエリアからでも応答可能です。上手に設置すれば、異なる階や建物間でもインターホン音声を共有することができ、利便性が格段に向上します。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンの最後のメリットは、省エネとなることです。設置可能数が多いと、各部屋に一台ずつ設置する必要がありません。これにより、エネルギーの消費が少なくなり、省エネにつながります。また、設置場所も限られず、選択肢が広がるため、最適な場所に設置することができます。

実際に使う場面でパナソニック VL-SW500KLはまあまあのレベルに位置づけられると思います。ほかの角度から比較する必要がありそうことが分かるでしょう。商品選びにおいて、玄関子機の設置可能数の情報は意味がないと思います。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SW500KL240/100

ライト機能

パナソニック VL-SW500KLはライト機能を搭載しているインターホンとなっています。ライト機能を搭載したこのインターホンは、夜間や暗い場所でも正確な映像が確認できるため、とても実用的です。また、夜間来訪者が訪れた際には、迅速に対応できるため、セキュリティ面でも優れています。

ライト機能のあるインターホンは、家族にも安心感を与えます。夜間や暗い場所で来客者を確認しなければならない時には、怖がらずに対応することができます。また、犯罪防止にもつながります。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SW500KLは広角レンズに対応していると言うことができるでしょう。このインターホンは、広角レンズに対応しているだけではなく、暗い場所でもクリアな映像を提供できる優れた性能を持っています。さらに、操作も簡単で、使い勝手が良いです。

広角レンズに対応しているインターホンのメリットとして、まずは広い視野範囲を提供することが挙げられます。従来のインターホンでは、訪問者の顔を確認するためにはかなり近づく必要がありましたが、広角レンズを備えたインターホンであれば、訪問者全体を確認することができます。また、広角レンズによって、夜間や暗所でも明るく映像を映し出すことができるため、安心して訪問者を確認することができます。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SW500KLは火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。安全・安心を求める方にお勧めしたいのが、このインターホンの火災報知機連動機能です。火災発生時には自動的に火災報知機が作動し、緊急対応ができるので、ご家庭に必ず設置していただきたい機能の一つです。

火災報知機連動機能がついたインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって非常に有用です。当該機能を搭載したインターホンを使用することで、これらの方々も早期に火災を知ることができます。また、アパートや集合住宅などでは、他の住民にも迅速に知らせることができます。これは、火災などの災害により生じる健康や生活状況の悪化を防ぐために必要な機能です。

電気錠連動機能

パナソニック VL-SW500KLは電気錠連動機能に対応していると言うことができるでしょう。電気錠連動機能に対応しているこのインターホンは、セキュリティの面で高い評価を受けています。そのため、不審者や訪問者の対応に悩むことなく、快適に生活を送ることができます。また、美しいデザインにより、お住まいの外観を一層洗練されたものにしてくれます。

インターホンに電気錠連動機能がある場合、それだけで生活の質が向上します。例えば、家の鍵を忘れてしまっても、インターホンで簡単に解錠できます。また、防犯性も高く、安心して生活できます。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SW500KLはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。当社のレビュー対象であるこのインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しています。この機能により、来訪者がインターホンを押した瞬間から、すぐに話し始めることができ、待ち時間が短縮されます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、セキュリティに配慮した製品としても知られています。この機能により、訪問者との対話を始める前に、しっかりと確認ができます。そのため、外出先から訪問者を確認することができるため、不審者等への対応が迅速かつ的確に行えます。また、訪問者と対話をしなくても、静かに確認ができるため、安心して利用できます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SW500KLはハンズフリーに対応しているインターホンと言えるでしょう。このインターホンは、ハンズフリーに対応しているため、手がふさがっている時でも安心して使用することができます。また、通話音声がクリアで、騒音が多い場所でも相手の声をしっかりと聞き取ることができるのも特長です。このインターホンは、ハンズフリー機能を備えているため、忙しい時でも通話が可能です。さらに、マイクとスピーカーの音質が優れているため、相手との会話がスムーズに進みます。ハンズフリーに対応したこのインターホンは、操作が簡単です。また、省スペースでスタイリッシュなデザインなため、多くのユーザーに愛されています。

パターン1:ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは、手を塞がれた状態でもドアのインターホンに対応することができる点です。手や荷物を持って出かける際に、インターホンを操作する必要がある場合でもハンズフリー対応なら手が空いたまま対応できます。また、雨の日にスムーズに人を迎えることができるため、快適な生活につながるのも魅力です。

スペック

パナソニック VL-SW500KL
画像パナソニック VL-SW500KL
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:190mm、縦:165mm、厚さ:21mm
親機重量580g
親機画面サイズ5.2インチ
録画可能件数100
待受時の親機消費電力1W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量170g
子機モニター
子機ディスプレイサイズ2.5インチ
室内モニターの設置可能数7
室内通話機能
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SW500KL の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック VL-SW500KL と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報