パナソニック VL-SGZ30K (2018) を選んだ方がいいのか|評価をレビューしてみた

作成日時: 2019-12-22 12:48:50、更新日時: 2021-10-19 13:37:26

 パナソニック VL-SGZ30K (2018) を徹底評価

パナソニック VL-SGZ30K (2018)はワイヤレス対応で、子機が3台まで接続可能です。ハンズフリー通話ができるため、片手が空いている時でも通話が可能です。親機は395gと軽量で、3.5インチの大きな画面が付いています。待受時の消費電力は1.5Wと低く、応答時は4Wとなっています。子機の重量は245gで、手軽に持ち運びができます。ライト機能がついているので、暗い場所でも見やすいです。広角レンズ対応で、幅広い視野を確保できます。また、スマートフォンとの連携が可能で、外出先からも家の中を確認できます。プレストーク応答機能がついており、子機からも素早く応答することができます。さらに、SDカード録画機能が付いているため、不在時の映像もしっかりと録画できます。

以上のように、パナソニック VL-SGZ30K (2018)は機能面でも優れており、手軽に使える点が魅力です。おすすめできる製品となっています。

メリット

  • 録画可能な数は非常に多い
  • 応答時における親機の消費電力は非常に小さい

デメリット

  • 子機のサイズはとても大きい
  • 子機の重量は非常に重い
  • 室内モニターの設置可能数はかなり少ない
  • 玄関子機の設置可能数はとても少ない

特徴

  • ワイヤレスに対応している
  • ハンズフリーに対応している
  • ライトがつけられる
  • 広角レンズで写せる
  • スマートフォンと連携できる
  • プレストーク応答機能を搭載している
  • SDカード録画機能を搭載している

よく注目される点から パナソニック VL-SGZ30K (2018) を評価する

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の玄関子機について評価

玄関子機の設置可能数について

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは車イスの人や利用する人の身長に合わせて設置することによって、それぞれの人が楽な体勢で応答できる点で秀でています。例えば複数人で確認したり、いろいろな場所で訪問者を確認するようなケースで役に立ちます。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」の玄関子機の設置可能数は1です。平均的なインターホンと比べてこのインターホンの台数は非常に少ないインターホンと言えるでしょう。玄関子機の設置可能数にほとんど興味が無くても普通に利用していて不満を感じるかもしれません。従ってワンランク上を見てみることをおすすめします。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)110/100

ライト機能について

ライトがつけられるインターホンは夜間でも来訪者の様子がはっきりと確認できる点で使い勝手が良いです。例えば周辺が暗くなった時の来客に対応する場合するようなケースに適しています。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はライトがつけられるインターホンです。そのため夜間に訪問者の容姿を確認しづらいときでも鮮明に表示できる点で優れています。夜間の来訪者の顔など、人物を確認するなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は向いています。

広角レンズ対応について

広角レンズで写せるインターホンは死角がなく玄関周りが広く確認するができる点で秀でています。例えば来客の全体の姿や周辺を確認するといったときで重宝します。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は広角レンズで写せるインターホンです。そのため訪問者だけでなく周囲のようすも撮影されるので、防犯対策できる点で優れています。死角がなく、玄関周りを広く見渡せる。玄関にいる人らの全体像を確認するのに「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はオススメです。

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の便利機能について評価

プレストーク応答機能について

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは話したいタイミングで、手動操作で音声を送話できる点で優れています。特に騒音がある中で通話するといったケースで役に立ちます。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。そのため周囲が騒がしくても、自分のタイミングで「話す」と「聞く」が使い分けられるのでスムーズに会話ができる点で優れています。周りが騒がしい場合に会話するのに「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はおすすめです。

SDカード録画機能について

SDカード録画機能を搭載しているインターホンはインターホンの内部記憶メディアではなく、交換も可能なSDカードに録画できる点で秀でています。特に来訪者の画像を録画するといったようなケースに向いています。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はSDカード録画機能を搭載しているインターホンです。そのため記録を長時間残すことができるので、留守中の訪問者も確認できる点で使い勝手が良いです。セキュリティーが重要な場所で使用する人や、防犯のために訪問者の履歴を保存しておきたい人が使用するのに「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はオススメです。

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の室内子機について評価

子機のサイズについて

子機のサイズが小さいインターホンは柱に付けられるなど、小さなスペースに設置できる点で使い勝手が良いです。例えば狭いスペースに設置するようなときで重宝します。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」の子機のサイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mmです。標準的なインターホンと比べてこのインターホンのサイズはとても大きいインターホンだと言えるでしょう。子機のサイズという観点から選ぶなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はおすすめしません。

子機のサイズ評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm12/100

子機の重量について

子機の重量が軽いインターホンは握力の弱い高齢者でも楽に使用できる点で使い勝手が良いです。例えば手軽に持ち運んだりするような場合におススメです。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」の子機の重量は245gです。これは平均的なインターホンよりもとても重いと言えるインターホンです。子機の重量にほとんどこだわりがなくても普通に使っていて不満を感じることがありそうです。従って一つ上のインターホンを検討をお勧めします。

子機の重量評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)245g8/100

室内モニターの設置可能数について

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは要所要所に設置することによって、広い部屋でも移動せずにその場で応答できる点で秀でています。例えば部屋数の多い大きな家庭で、移動距離や移動時間を短縮して確認するのにおすすめです。

室内モニターの設置可能数について「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は1です。一般的インターホンと比べて、このインターホンの数はとても少ないインターホンです。室内モニターの設置可能数にあまり興味がない人でも日常で利用していてストレスを感じる可能性があるためもう一つ上のインターホンを考えることをお勧めします。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)114/100

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の基本情報について評価

ワイヤレス対応について

ワイヤレスに対応しているインターホンは設置場所を選ばず、どこにでも置くことができる点で秀でています。特に配線が難しい場所に設置するといったときで重宝します。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はワイヤレスに対応しているインターホンです。そのため面倒な配線工事なしに、簡単に設置できる点で使い勝手が良いです。面倒な配線工事などをする必要がなく、手軽に設置するのに「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は適しています。

ハンズフリー対応について

ハンズフリーに対応しているインターホンは家事や作業中など手が離せないときでも通話できる点で使い勝手が良いです。例えば家事や作業中、どうしても手が離せない状態でも応答することが可能で、忙しい主婦が使用するといったような場合で重宝します。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はハンズフリーに対応しているインターホンです。そのため料理などの手が離せない作業中でもボタンを押すだけで来訪者に対応ができる点で優れています。両手がふさがっていても会話するなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は適しています。

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の親機について評価

親機のサイズについて

親機のサイズが小さいインターホンは狭い場所でも設置できる点で秀でています。例えばあまり目立たせずに、室内に違和感なく設置するといったケースで役立ちます。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」の親機のサイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmです。これは平均的なインターホンと比較して比較的小さいサイズです。少ないスペースで親機が設置できる点でこの商品はよいです。目立たないので部屋の雰囲気をこわす事なく設置するなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は比較的おすすめです。そのため親機のサイズという点で選ぶなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は候補の一つになるでしょう。普通に使う分には十分ですが、全体では一つ上のインターホンもあるためすごく優れているというわけではありません。

親機のサイズ評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機の重量について

親機の重量が軽いインターホンは親機が重さで落ちてしまったりすることがなく、より安心して壁に設置できる点で使い勝手が良いです。例えば壁掛けなどで使用するといったときで役立ちます。

親機の重量について「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は395gです。平均的なインターホンと比較してこのインターホンの重量は比較的軽いと言えるインターホンです。またこの商品は設置する壁などの負担重量を軽減できる点でどちらかといえば優れていると言えます。設置の際に手軽に取り付け作業するなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は比較的適しています。そのため親機の重量という点から選ぶなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は一つの候補です。普通に使う分には問題ないと思われますが、もう少し軽い重量のインターホンもあるためすごく優れているというわけではありません。

親機の重量評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)395g66/100

親機画面のサイズについて

親機画面のサイズが大きいインターホンは玄関先の来訪者の顔を詳しくチェックできる点で優れています。特に来客の顔をしっかり確認できるので防犯を気にする方が使用するのにおススメです。

親機画面のサイズについて「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は3.5インチです。普通のインターホンよりこのインターホンの画面はどちらかといえば小さいインターホンです。老眼や視力が低く平均的な画面では確認し辛い人が使用したい場合でも通常のケースであれば「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」を選んでもおそらく十分と言えます。通常利用であれば比較的問題を感じにくい程度であるため「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」が決定的という程でもありません。少しでも快適に使いたい人やこだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性が高く、一つ上を見てみることをおすすめします。

親機画面のサイズ評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)3.5インチ38/100

録画可能な数について

録画可能な数が多いインターホンは家屋への来訪者が多い場合にたくさんの来訪者を録画できる点で使い勝手が良いです。特に不在にしている期間が長い場合後で確認するのにおすすめです。

録画可能な数について「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は100です。標準的なインターホンと比べてこのインターホンの件数はとても多いと言えます。またこの商品は頻繁に来客がある会社等で来客を見逃さないことに加えセキュリティ面でも安心できる点で秀でていると言えるでしょう。留守がちの人が帰宅後にまとめて訪問者を確認したいなら「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」はとてもおすすめです。そのため「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」にする上で大きな判断材料となるでしょう。録画可能な数という観点でこれよりも多いインターホンを選んでもほとんど「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」と同じと思います。

録画可能な数評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)10091/100

待ち受け時における親機の消費電力について

待ち受け時における親機の消費電力が小さいインターホンは電気代の負担が軽く、長期的な節約ができる点で優れています。特に電気の省電力化をするようなケースに適しています。

「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」の待ち受け時における親機の消費電力は1.5Wです。これは普通のインターホンと比較するとほとんど同じくらいと言えます。消費電力を抑え電気料金を節約するのに通常のケースであれば「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」を選んでもおそらく問題に感じることはないと言えるでしょう。通常利用であればそれなりに使える程度のため、決定的という程でもありません。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性が高く、一つ上のインターホンにした方がいいかもしれません。

待ち受け時における親機の消費電力評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)1.5W51/100

応答時における親機の消費電力について

応答時における親機の消費電力が小さいインターホンは応答時は電力の消費が激しいため、長い会話の際でも電気代を節約できる点で優れています。特にインターホンを使用する頻度が多い方が使用するといったときで役立ちます。

応答時における親機の消費電力について「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は4Wです。標準的なインターホンよりもこのインターホンの消費電力はとても小さいインターホンです。消費電力を抑え、電気代の節約ができる点でこの商品は秀でていると言えるでしょう。コストパフォーマンスに優れているので電気代を節約したいときに「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」は非常に適しています。そのため「パナソニック VL-SGZ30K (2018)」を選ぶ大きな判断材料の一つとなるでしょう。これより小さい消費電力のインターホンでもほぼ意味がないでしょう。

応答時における親機の消費電力評価
パナソニック VL-SGZ30K (2018)4W89/100

パナソニック VL-SGZ30K (2018) の詳細情報

パナソニック VL-SGZ30K (2018)
画像パナソニック VL-SGZ30K (2018)
ワイヤレスに対応しているかどうか
ハンズフリーに対応しているかどうか
親機のサイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機の重量395g
親機画面のサイズ3.5インチ
録画可能な数100
待ち受け時における親機の消費電力1.5W
応答時における親機の消費電力4W
子機のサイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm
子機の重量245g
室内モニターの設置可能数1
玄関子機の設置可能数1
ライトがつけられるかどうか
広角レンズで写せるかどうか
スマートフォンと連携できるかどうか
プレストーク応答機能を搭載しているかどうか
SDカード録画機能を搭載しているかどうか

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

パナソニック VL-SGZ30K (2018) と評価が同程度のインターホンを探す