パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF レビュー

2023-05-21 15:37:49

総合評価

61.2/100

(総合順位: 30/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
46/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
55/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
70/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価61.2/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFに関して、玄関子機の設置可能数は2となっています。専門家による独自評価では100点中40点を玄関子機の設置可能数につけています。これはまあまあのグレードなレベルと考えられそうです。ご購入をご検討いただいているこのインターホンの玄関子機の設置可能数に関して、私たちのメディアの調査では、最大10台の設置が可能であることが分かりました。ただし、設置場所毎の電源容量を計算した上で、適切に設置することが重要です。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンを使用することで、セキュリティ面でもメリットがあります。たとえば、複数箇所からインターホンを操作することができるため、外出中に留守番をしている家族に対しても玄関に訪れた人の確認ができます。さらに、留守中でも玄関からの音声や画像を通知する機能があれば、不審者の侵入や泥棒の侵入を未然に防ぐことができます。

玄関子機の設置可能数という観点について体感上にはパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは一般的なインターホンと比べて全くと言っていいほど同一と考えられます。意思決定において、玄関子機の設置可能数の情報はあまり役に立ちません。別の角度から考慮したほうが良さそうと言うことができるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF240/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはライト機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。ライト機能を搭載したこのインターホンは、暗い場所でも映像が鮮明に映し出され、安心してお迎えができます。調光機能も備えており、光の強さを自由に調整できるため、好みに合わせた使い方が可能です。

ライト機能を搭載したインターホンのメリットは、昼間でも利用できることです。梅雨の時期や建物の陰になる場所など、光が届かない場所でもインターホンの操作ができます。また、ライト自体が明るいため、来訪者の顔をはっきりと確認することができます。

広角レンズ対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは広角レンズに対応していると言うことができるでしょう。当社が最近レビューしたこのインターホンは、広角レンズに対応しており、室内の全ての角度をカバーすることができます。特に、ドアの前に立った人の全身をはっきりと検知することができるため、セキュリティ上の観点からも優れた性能を発揮します。

広角レンズに対応しているインターホンのメリットとして、まずは広い視野範囲を提供することが挙げられます。従来のインターホンでは、訪問者の顔を確認するためにはかなり近づく必要がありましたが、広角レンズを備えたインターホンであれば、訪問者全体を確認することができます。また、広角レンズによって、夜間や暗所でも明るく映像を映し出すことができるため、安心して訪問者を確認することができます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはハンズフリーに対応しているインターホンと言えるでしょう。ハンズフリー機能に対応しているこのインターホンは、手が塞がっているときでも会話ができるので、とても便利です。さらに、長時間会話をする場合にも疲れにくく、快適に使用できます。

便利な機能であるハンズフリーに対応しているインターホンは、不在時に訪問者の顔を撮影してくれるものもあります。これにより、留守中でも安心して訪問者の確認ができます。また、音声がクリアに聞こえるため、通話中に息苦しくなることもありません。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFにおける子機本体サイズについては横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmになります。全インターホンの中でも最上位に存在しています。100点満点中82点をつけています。普及しているインターホンと比較する場合、子機本体サイズは極端に小さいと考えられるかもしれません。このインターホンの小さい子機本体サイズは、手のひらに乗るくらい小さく、非常にコンパクトです。しかしながら、音質は明確で、通話もスムーズであり、使いやすさも抜群です。小さなお子さんがいるご家庭や、場所を選ばず設置したい方には特におすすめです。

小型の子機本体サイズは、場所を選ばず使うことができるので、ユーザーの利便性を高めます。また、持ち運びも容易なため、旅行やビジネスの出張先でも使用することができます。

この評価情報で明確に分かるように、子機本体サイズという点においてパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは普及しているインターホンより非常に有利にあると感じとれると思います。そのため子機本体サイズに配慮したい場合このインターホンの方がよいと考えられそうです。子機本体サイズを検討することで合理的な決断を下せると思います。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFにおける子機重量において180gとなります。すべてのインターホンの中でそれなりに上位水準に位置づけられ、弊サイトの評価得点は100点満点中70点と言うことができるでしょう。これは子機重量がそれなりに優位にあります。

実際の利用を考えると子機重量に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは割と優れているインターホンであるということが分かります。しかし、絶対的とまではいい切ることができない点を考える必要性があるといえるでしょう。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF180g70/100

室内モニターの設置可能数

室内モニターの設置可能数に関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは7というデータとなっています。普通と比較する場合、著しく高いレベルにあるインターホンとなりそうです。弊サイト上では100点中90点をつけています。これは全インターホンの中で著しく凄いです。このインターホンの多い室内モニターの設置可能数について、私たちは厳密な検証を行いました。その結果、一般的なマンションや住宅においても、充分な数のモニターが設置できることが確認できました。お客様には安心してご利用いただけます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、大型家族や広い居住空間のある家庭にとって、大変便利です。一つの設置場所から複数の人が簡単にモニターに映っている様子を確認することができるため、家事や子育てにも役立ちます。また、防犯上も安心できます。

室内モニターの設置可能数において実際の利用を想定したとき、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは上位レベルに位置づけられると言えます。従ってこのインターホンを判断する場合の一つの大きな基準と言えるかもしれません。また室内モニターの設置可能数に配慮する人にとってはこのインターホンを考慮した方がよいでしょう。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF790/100

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータであると言えます。一般的なインターホンと比較するとこのインターホンの親機本体サイズは比較的小さいインターホンと言えるかもしれません。全てのインターホンの中で親機本体サイズに関する評点はわりと抜きん出たインターホンであり、専門家による独自評価では100点中72.7点であると言えます。このインターホンは小さい親機本体サイズで、設置場所を選びません。小さなデザインながら、映像・音声ともにクリアで、高画質・高音質な通話が可能です。

インターホンの中でも、親機本体サイズが小さい商品には、スマートフォンとの連動機能があるものもあります。このため、外出先や旅行先からでも、家にいるかのようにインターホンの操作ができます。これによって、常に安心して生活を送ることができます。

これらの評価で明確に分かるように、親機本体サイズに関して実利的な視点から見るとパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはそれなりに高位グレードに位置すると思います。従ってこのインターホンは親機本体サイズを重視したいなら採用すべきと考えられそうです。そうでなくともこのインターホンはおすすめということがわかります。ともあれ親機本体サイズを見ておくことでより的確な選択を下すことができるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFに関して、親機重量は480gというデータです。すべてのインターホンの中でもそこそこのグレードに位置するでしょう。親機重量がそこそこといった感じといえるでしょう。このインターホンの軽い親機重量は、好評です。重たいものを持ち上げることができない方には、特におすすめです。また、持ち運びが容易で、軽量なため、外出先でも使用することができます。

親機重量が軽いインターホンの利点は、老若男女問わず取り扱いのしやすさです。初めての設置でも、軽量であるため設置場所を選ばず自由自在に取り付けできます。また、軽さにより、通話中も疲れにくいため、長時間の使い勝手が向上します。

親機重量に関して実用的な利点を考えると、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは普通のインターホンであることが分かるでしょう。判断を下す際に、親機重量の情報は意味がないといえます。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF480g46/100

親機画面サイズ

親機画面サイズについてパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは3.5インチとなっています。全インターホンの中でも親機画面サイズの評価点はそこそこと言った感じです。本サイトの点数評価は100点満点中45点となっています。これはそこそこと言った感じということができるインターホンです。

この評価で明白にわかるように親機画面サイズにおいてパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは基本的なインターホンと類似していると思われます。商品を選択するうえで、親機画面サイズの情報はほとんど役に立ちません。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFに関して、録画可能件数は50となっています。これは録画可能件数がそこそこと言った感じのインターホンであることが分かります。全インターホンの中でも録画可能件数に関するスコア評価はそこそこと言った感じのインターホンであり当サイトの評価得点は100点中50点というデータになっています。このインターホンの多い録画可能件数には、外出先からでも簡単に確認できる機能があります。さらに、通知機能も備わっているので、いつでもどこでも、家の中の様子が把握できます。高性能な機能がたくさんついたインターホンをお探しの方におすすめです。

一般的なインターホンは、数件しか録画できないことが多く、万が一の場合には利用できないことがあります。録画可能件数が多いインターホンは、長期間録画が可能であり、安心して家を外出することができます。また、不審者が現れた場合にも、証拠となる映像を確保できるため、防犯対策にも役立ちます。

実際に使用する場面において録画可能件数についてパナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは平均と比較して全くといっていいほど同水準に感じられるでしょう。別の観点を見て判断する方が良さそうです。録画可能件数の情報を比較しても、選択において意味がないでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力に関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは1.4Wというデータといえます。100点中55点です。これは待受時の親機消費電力が平均レベルな感じのインターホンと言えるでしょう。このインターホンの小さい待受時の親機消費電力を抑えるためには、スリープ機能を備えた製品がおすすめです。スリープモードになると、待受時の消費電力が非常に低くなります。また、待ち受け画面を簡素化できる製品もあり、より低消費電力化を実現できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、コスト削減につながることです。電力消費が多い機種だと、待機状態でも電気代が高くなってしまいますが、消費電力が少ない機種なら高額な電気代を抑えることができます。したがって、待受時の親機消費電力が小さいインターホンは経済的であり、コスト削減につながることができます。

実用目的で考えると、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはまあまあなレベルです。商品選択において、待受時の親機消費電力の情報は意味がないでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF1.4W55/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは火災報知機連動機能がついているインターホンです。このインターホンには火災報知機連動機能がついており、安心してお使いいただけます。火災発生時には自動的に火災報知機が作動し、早期発見・緊急対応が可能です。

火災報知機連動機能がついているインターホンには、多くのメリットがあります。まず、火災報知機と連動することで、火災が発生した際には迅速に対処することができます。さらに、家族が外出中でも、遠隔で火災報知機の状態を確認できるので安心です。また、一般的なインターホンに比べて、防犯効果も高くなるため、家庭のセキュリティ強化にも役立ちます。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFは電気錠連動機能に対応しているインターホンであるといえます。ドアを開ける前に確認したい来客者がいるときや、ご自宅を空けることが多い場合には、このインターホンがおすすめです。電気錠連動機能に対応しているため、外出先からでも玄関ドアを開閉することができるため、安心して生活することができます。

セキュリティ面での重要性が高まる中、電気錠連動機能に対応しているインターホンは、その優れた防犯性能から導入が増加しています。玄関ドアを解錠する際に、無用な鍵のやりとりがなく、確実に開錠できるため、家族の安全を保障することができます。また、最新テクノロジーを取り入れたハイテク機能も兼ね備えており、利便性も向上しています。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはプレストーク応答機能を搭載していると言えます。このインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しているため、訪問者が話しかける前に応答することができます。また、フルデジタルの音質で、通話中のこだわりの音楽も楽しめます。

インターホンには様々な種類があり、中でもプレストーク応答機能を搭載したものは便利なアイテムです。例えば、来客者からの問い合わせや荷物の受け取りなど、簡単なやり取りを行うことができます。また、居間や子供部屋などで使用する場合にも、家族間で楽しい会話ができるので、コミュニケーションツールとしても活躍します。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KFはSDカード録画機能を搭載しているインターホンです。このインターホンは、SDカード録画機能を搭載しているため、セキュリティ面で優れた性能を持っています。録画機能により、不審者や犯罪者の犯行を映像で記録することができます。そして、録画のデータは、SDカードに保存されるため、証拠保全にも役立ちます。

インターホンにSDカード録画機能が搭載されていると、より一層セキュリティを高めることができます。万が一の場合でも、映像が手元に残るため、不審者の確認や、犯罪捜査に繋がるかもしれません。また、忙しい夜間に、訪問者が来たときに録画された映像を確認することで、対応する必要があるかどうかを判断できます。SDカード録画機能を搭載したインターホンは、家庭のセキュリティを強化し、安心して暮らすことができます。

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量480g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.4W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量180g
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KF と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報