パナソニック VS-SGE20L (2020) 評価

2023-05-21 14:36:10

総合評価

46.7/100

(総合順位: 150/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
95/100
親機重量
92/100
親機画面サイズ
33/100
録画可能件数
70/100
子機本体サイズ
24/100
子機重量
23/100
室内モニターの設置可能数
10/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価46.7/100

評価レビュー

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズについて、パナソニック VS-SGE20L (2020)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mmとなっています。全インターホンの中でも子機本体サイズの得点評価はある程度劣ったインターホンであり本サービスの得点は100点満点中24.4点というデータになっています。通常と比べるとこれは低い部類にあるインターホンとなるでしょう。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットとして、スペースをとらずに設置できるため、コンパクトな生活スタイルに適しています。また、小さなサイズであるため、軽量で持ち運びが簡単で、設置場所を自由に選べます。さらに、省エネ性に優れ、消費電力が少ないため、電気代の節約にもつながります。

これらの評価情報で明白にわかるように、子機本体サイズに関して実際に使用する場面において考えるとパナソニック VS-SGE20L (2020)はそこそこ下回っているインターホンであることが分かります。一方で決定的とまでは言えないです。

子機本体サイズ評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm24/100

子機重量

子機重量において、パナソニック VS-SGE20L (2020)は240gです。子機重量に関してはやや微妙な水準にあると考えられそうです。評価点は100点満点中23.3点というデータになっています。これは子機重量がやや重いインターホンことが分かるでしょう。

これらの評価から明らかであるように子機重量においてパナソニック VS-SGE20L (2020)は比較的劣っているインターホンであるといえます。そのためこのインターホンを選ばない一つの重要な要素と言えそうです。子機重量は判断するうえで欠かせない因子となると思います。しかし絶対的とまでは言い切れないことがわかります。

子機重量評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)240g23/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VS-SGE20L (2020)における室内モニターの設置可能数は1になります。これは室内モニターの設置可能数がとてもよくないと言うことができるでしょう。下位20%以内に位置します。100点中10点を室内モニターの設置可能数につけています。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンには、大きなメリットがあります。例えば、一つの物件に複数の住戸がある場合でも、各住戸にモニターを設置することが可能です。これにより、住戸ごとに来訪者を確認でき、セキュリティ面での安心感が得られます。また、設置場所が限られている場合でも、同じインターホンで複数のモニターを設置することができます。これにより、コスト削減と設置の容易さが両立できます。

これらの評価からわかるように室内モニターの設置可能数という側面においてパナソニック VS-SGE20L (2020)はの下位に位置すると考えることができます。このインターホンは室内モニターの設置可能数に注目する人の場合ほとんど良くないと考えられるかもしれません。いずれにしても、室内モニターの設置可能数を参考にすることは、合理的な選択をする上で不可欠な基準でしょう。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)110/100

基本情報

ワイヤレス対応

パナソニック VS-SGE20L (2020)はワイヤレスに対応しているインターホンであると言えるでしょう。当社が評価したこのインターホンは、ワイヤレスに対応しており、スマートフォンやタブレットからの操作も可能です。また、音声と映像のクオリティが高く、室内でも屋外でも鮮明な映像が受信できます。

ワイヤレスに対応しているインターホンのメリットとして、設置時の手間が軽減されることが挙げられます。配線作業が不要なため、設置場所を気にせず自由な場所に設置可能です。また、配線が原因でトラブルが起こる心配もありません。さらに、移動先の選択肢が広がり、いつでもどこでも快適な生活を送ることが可能となります。

ハンズフリー対応

パナソニック VS-SGE20L (2020)はハンズフリーに対応しているといえます。手が塞がっている場合でも、ハンズフリーに対応するこのインターホンは、利便性が高く、スムーズに通話ができます。音質がクリアで、相手の声が聞き取りやすいため、暴風雨や寒冷地などでも快適に使用可能です。

ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは多岐にわたります。まず、両手が塞がっているときでも電話を取ることができ、動画通話も音声だけでなく映像も見ることができます。また、外出中でもスマートフォンアプリで受け取ることができるため、いつでもどこでも家にいるかのように対応できます。さらに、設置場所を選ばず、室内からでも外からでも対応できるため利便性が高いです。

便利機能

プレストーク応答機能

パナソニック VS-SGE20L (2020)はプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンの特徴の一つであるプレストーク応答機能は、高性能な音声処理技術を採用しており、クリアな音声通話が可能です。応答時間が短く、スムーズにコミュニケーションが取れるため、宅配便や友人の来訪など、さまざまなシーンで利用することができます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、音声通話だけでなく、手元のボタンを押すことで対応できるため、日常生活に大変便利です。居室内で操作パネルから通話することができるため、来客のタイミングを逃すことがなく、家族であっても訪問者とのコミュニケーションを容易に行うことができます。また、忙しいときや体調不良のときは、手元のボタンを押すだけで対応可能なため、高齢者や小さなお子様にも適した機能です。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VS-SGE20L (2020)において、玄関子機の設置可能数は1というデータです。すべてのインターホンの中で玄関子機の設置可能数の点数は幾分か低い水準にあるインターホンであり100点満点中25点となっています。平均よりこのインターホンの玄関子機の設置可能数が比較的少ないインターホンかもしれません。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、家族構成が多い家庭でも追加の子機を設置することで、全員がインターホンを使用できることです。また、設置する場所によっては、玄関以外の場所にも子機を設置することができるため、便利です。さらに、玄関に加えて、留守中に不在通知をすることもできます。

体感的に考えるとパナソニック VS-SGE20L (2020)は比較的低いレベルなインターホンといえます。そのため、このインターホンは玄関子機の設置可能数に注目するならイライラを感じると言うことができます。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)125/100

ライト機能

パナソニック VS-SGE20L (2020)はライト機能を搭載しているインターホンとなっています。ライト機能を搭載したこのインターホンは、暗い場所でも映像が鮮明に映し出され、安心してお迎えができます。調光機能も備えており、光の強さを自由に調整できるため、好みに合わせた使い方が可能です。

ライト機能を搭載したインターホンは、特に子育て世帯にとっては重宝します。夜間、子どもが寝ているときや、生後間もない赤ちゃんがいるときでも、ライトによって訪問者を確認できるため、安心して対応できます。また、子どもたちもインターホンに興味を持ち、室内にいながらにして訪問者とコミュニケーションをとることができるため、家族の絆を深めるきっかけにもなります。

親機

親機本体サイズ

パナソニック VS-SGE20L (2020)について、親機本体サイズは横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mmというデータということができます。親機本体サイズにおいて最上位に位置づけられます。通常と比較すると秀でているインターホンといえるかもしれません。このインターホンの小さい親機本体サイズは、場所を選びません。自宅の玄関先やオフィスのドアでも設置することができます。特にシンプルなデザインで、色々なインテリアにマッチします。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットの一つは、設置場所を選ばないことです。部屋の構造や大きさに限りなく関係なく設置できます。また、小さいサイズながら必要な機能はしっかり備わっており、コンパクトながら十分な使い勝手が期待できます。

親機本体サイズに関して実際に使用することを考えるとパナソニック VS-SGE20L (2020)は感覚的に、高い水準にあります。このインターホンに着目する一つの決め手になるでしょう。また親機本体サイズが重要な場合このインターホンを採用した方が良いと言えそうです。いずれにしても親機本体サイズは意思決定に関する不可欠な基準になると思います。

親機本体サイズ評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm95/100

親機重量

親機重量においてパナソニック VS-SGE20L (2020)は150gというデータとなっています。通常と比べる場合相当親機重量が軽いインターホンでしょう。全てのインターホンの中で上位20%以内にあります。100点中92.5点を親機重量につけています。このインターホンが備える、軽い親機重量は、設置や使用に非常に便利な点です。加えて、親機の小さなサイズも相まって、スリムで洗練されたデザインに仕上がっています。また、内蔵された機能面でも優れており、高音質な通話や照明付きの鍵配達ボタンなど、充実した機能を実現しています。

親機重量が軽いインターホンは、省エネにもつながります。重量の軽い親機は、少ない電力で動作するため、電気代の節約につながります。また、軽いため取り付けもラクラクなため、DIYで取り付け可能な方も増え、設置費用も抑えることができます。

この評価情報でわかるように、親機重量という点に関してパナソニック VS-SGE20L (2020)は最高水準にあると言えるでしょう。このため、このインターホンを考える一つの着目すべき判断材料といえます。また、親機重量を重要視する場合、このインターホンは採用すべきと考えられそうです。

親機重量評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)150g92/100

親機画面サイズ

親機画面サイズにおいて、パナソニック VS-SGE20L (2020)は2.7インチというデータとなっています。親機画面サイズにおいて100点満点中33点といえるでしょう。平均的なインターホンよりこれはそれなりに不十分なインターホンと言うことができます。

実用的な見地から言えば、パナソニック VS-SGE20L (2020)は低い水準に位置すると思います。このインターホンを選ばないための一つの重視すべき要素といえそうです。親機画面サイズは、商品選びにおいて不可欠な因子になるでしょう。ただし、確定的とまでは必ずしも言い切ることができない点を考える必要性があるということが分かります。

親機画面サイズ評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)2.7インチ33/100

録画可能件数

録画可能件数においてパナソニック VS-SGE20L (2020)は100というデータとなっています。これはそれなりに録画可能件数が優れた水準にあるインターホンです。全インターホンの中でもそれなりに秀逸であるといえるでしょう。このインターホンは、録画可能件数が多く、常に安心して暮らすことができます。また、使い方もシンプルで、取り付けも簡単です。しかも、デザインもおしゃれで、お部屋の雰囲気を壊しません。

録画可能件数が多いインターホンは、いざという時に非常に便利な機能です。万が一のアクシデントや災害時に役立ちます。例えば、玄関前で倒れてしまったり、介護が必要な状況で、録画映像があれば主治医や救急隊に正確な情報を伝えることができます。録画映像は、非常時に頼りになる存在となります。

この評価情報で明確にわかるように録画可能件数という点において言えばパナソニック VS-SGE20L (2020)は幾分か秀でているインターホンであるということが分かるでしょう。ただし、絶対的とまでは言い切ることができない点を留意する必要性があると思われます。

録画可能件数評価
パナソニック VS-SGE20L (2020)10070/100

スペック

パナソニック VS-SGE20L (2020)
画像パナソニック VS-SGE20L (2020)
ワイヤレス対応
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:123mm、縦:80mm、厚さ:24.5mm
親機重量150g
親機画面サイズ2.7インチ
録画可能件数100
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:37.2mm
子機重量240g
室内モニターの設置可能数1
玄関子機の設置可能数1
ライト機能
プレストーク応答機能

パナソニック VS-SGE20L (2020) と評価が同程度のインターホンを探す