パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL を評価|優れた点やイマイチな点を解説

作成日時: 2020-12-16 20:43:31、更新日時: 2021-10-24 17:59:04

 パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL を徹底評価

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の使い勝手をレビューしました! みんなの関心度の高い観点からマイナーな観点までわかりやすく検証。パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KLにするべきかどうか、選ぶのに慣れていない人でも理解しやすいように説明します。

評価のサマリー
評価の比較
評価項目点数
使いやすさ57/100
機能性58/100
親機53/100
室内子機66/100
玄関子機40/100
総合評価57.9/100

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KLは、ハンズフリー対応で、子機の重量は190g、親機の重量は480g、親機画面サイズは3.5インチ、待受時の親機消費電力は1.4Wです。また、ライト機能、火災報知機連動機能、電気錠連動機能、プレストーク応答機能、SDカード録画機能もあります。

このインターホンは、ハンズフリー対応なので、通話中に子機を持ち歩く必要がありません。また、親機の重さは比較的軽く、子機も軽量なため、持ち運びが簡単です。親機画面サイズが3.5インチと大きめであるため、画面の見やすさも十分です。

待受時の親機消費電力が1.4Wと低く、省エネ性に優れているため、節電効果も高いです。また、火災報知機連動機能、電気錠連動機能があるため、安心して使用することができます。さらに、プレストーク応答機能、SDカード録画機能もあるため、便利な機能が豊富です。

総じて、パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KLは、多機能で使いやすく、省エネ性にも優れた優れた製品です。推奨度は高く、購入検討を強くお勧めします。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL のメリット

  • 室内モニターの設置可能数はかなり多い

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL のデメリット

    -

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の特徴

  • ハンズフリーに対応している
  • ライトがつけられる
  • 火災報知機連動機能がついている
  • 電気錠に連動している
  • プレストーク応答機能を搭載している
  • SDカード録画機能を搭載している

よく注目される点から パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL を評価する

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の室内子機について評価

子機のサイズについて

子機のサイズが小さいインターホンは柱に付けられるなど、小さなスペースに設置できる点で使い勝手が良いです。例えば狭いスペースに設置するようなときで重宝します。

子機のサイズについて「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mmです。これは平均的なインターホンと比べるとほとんど同じと言えるでしょう。場所を取らないのでデッドスペースを利用して設置できる点でこの商品は良いです。小さな空きスペースに設置するときに「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はややオススメです。従って子機のサイズという点なら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は比較的おすすめです。通常利用であれば問題ないと言えますが、こだわりがある人はワンランク上のインターホンを検討してもいいかもしれません。

子機のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm54/100

子機の重量について

子機の重量が軽いインターホンは握力の弱い高齢者でも楽に使用できる点で使い勝手が良いです。例えば手軽に持ち運んだりするような場合におススメです。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」の子機の重量は190gです。平均的なインターホンよりも、このインターホンの重量は比較的軽いと言えるでしょう。強度が足りず、重い子機だと取り付けられない場所でも設置できる点でこの商品はどちらかといえば優れているでしょう。薄い壁や設置しにくいような壁に設置したいなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は比較的オススメです。そのため子機の重量で見るなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は一つの候補です。普通に使う分には不満を感じない水準と思われますが、強いこだわりがある人はもう一つ上を考えてみてもいいでしょう。

子機の重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL190g64/100

室内モニターの設置可能数について

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは要所要所に設置することによって、広い部屋でも移動せずにその場で応答できる点で秀でています。例えば部屋数の多い大きな家庭で、移動距離や移動時間を短縮して確認するのにおすすめです。

室内モニターの設置可能数について「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は7です。一般的インターホンと比べて、このインターホンの数はとても多いインターホンと言えます。複数の部屋から、玄関先の様子を確認できる点でこの商品は秀でていると言えるでしょう。どの部屋にいてもすぐに対応することができるので足の悪い方や高齢者が安心して利用したい場合に「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は非常に適しています。従って「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」に決める大きな判断材料となると思います。これより多い数のインターホンを選んでも「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」との差をほとんど感じられないと思われます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL792/100

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の便利機能について評価

火災報知機連動機能について

火災報知機連動機能がついているインターホンはマンションなどでの万が一の火災の際にも親機で詳細な情報が入手できる点で使い勝手が良いです。特にインターホンが火災報知器の役割をも果たすようにするといったような場合で重宝します。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は火災報知機連動機能がついているインターホンです。そのため火災が起こった部屋以外の部屋にいてもインターホンで火災の発生を知ることができる点で優れています。ガス漏れ感知器、警備システムなどと連動する事により、よりセキュリティー機能を強化するのに「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はオススメです。

電気錠連動機能について

電気錠に連動しているインターホンは来客の確認と解錠の一連の操作をインターホンでできる点で使い勝手が良いです。特にインターホンの操作のみで玄関を施錠・開錠するといった場合に最適です。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は電気錠に連動しているインターホンです。そのため玄関まで行かなくてもインターホンからの操作で施錠や開錠ができる点で使い勝手が良いです。玄関までいかなくても親機や子機からドアの開錠・施錠するのに「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はオススメです。

プレストーク応答機能について

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは話したいタイミングで、手動操作で音声を送話できる点で優れています。特に騒音がある中で通話するといったケースで役に立ちます。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。そのため周囲が騒がしくても、自分のタイミングで「話す」と「聞く」が使い分けられるのでスムーズに会話ができる点で優れています。周りが騒がしい場合に会話するのに「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はおすすめです。

SDカード録画機能について

SDカード録画機能を搭載しているインターホンはインターホンの内部記憶メディアではなく、交換も可能なSDカードに録画できる点で秀でています。特に来訪者の画像を録画するといったようなケースに向いています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はSDカード録画機能を搭載しているインターホンです。そのため記録を長時間残すことができるので、留守中の訪問者も確認できる点で使い勝手が良いです。セキュリティーが重要な場所で使用する人や、防犯のために訪問者の履歴を保存しておきたい人が使用するのに「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はオススメです。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の玄関子機について評価

玄関子機の設置可能数について

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは車イスの人や利用する人の身長に合わせて設置することによって、それぞれの人が楽な体勢で応答できる点で秀でています。例えば複数人で確認したり、いろいろな場所で訪問者を確認するようなケースで役に立ちます。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」の玄関子機の設置可能数は2です。これは一般的インターホンと比べて比較的多いと言えるインターホンです。2世帯住宅や、勝手口など玄関以外の場所でのインターホンを使いたい人が使用するのに通常であれば「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」を選んでもおそらく問題に感じることはないでしょう。普通に使う分にはそれなりに使えるもののため特別に優れているとまでは言えません。玄人には不十分である可能性が高く、もう一つ上を見てみた方がいいかもしれません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL250/100

ライト機能について

ライトがつけられるインターホンは夜間でも来訪者の様子がはっきりと確認できる点で使い勝手が良いです。例えば周辺が暗くなった時の来客に対応する場合するようなケースに適しています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はライトがつけられるインターホンです。そのため夜間に訪問者の容姿を確認しづらいときでも鮮明に表示できる点で優れています。夜間の来訪者の顔など、人物を確認するなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は向いています。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の親機について評価

親機のサイズについて

親機のサイズが小さいインターホンは狭い場所でも設置できる点で秀でています。例えばあまり目立たせずに、室内に違和感なく設置するといったケースで役立ちます。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」の親機のサイズは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmです。これは平均的なインターホンと比較して比較的小さいサイズです。少ないスペースで親機が設置できる点でこの商品はよいです。目立たないので部屋の雰囲気をこわす事なく設置するなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は比較的おすすめです。そのため親機のサイズという点で選ぶなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は候補の一つになるでしょう。普通に使う分には十分ですが、全体では一つ上のインターホンもあるためすごく優れているというわけではありません。

親機のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm67/100

親機の重量について

親機の重量が軽いインターホンは親機が重さで落ちてしまったりすることがなく、より安心して壁に設置できる点で使い勝手が良いです。例えば壁掛けなどで使用するといったときで役立ちます。

親機の重量について「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は480gです。平均的なインターホンとこのインターホンの重量はほとんど同じくらいだと言えるでしょう。設置の際に手軽に取り付け作業するのに通常のケースであれば「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」を選んでもおそらく十分だと言えるでしょう。普通に使う分にはそれなりに使えるものであるため「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」が特別という程でもありません。強いこだわりがある人にとっては不満を感じる可能性が高く、一つ上を検討をお勧めします。

親機の重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL480g51/100

親機画面のサイズについて

親機画面のサイズが大きいインターホンは玄関先の来訪者の顔を詳しくチェックできる点で優れています。特に来客の顔をしっかり確認できるので防犯を気にする方が使用するのにおススメです。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」の親機画面のサイズは3.5インチです。これは平均的なインターホンと比べると同程度だと言えるでしょう。親機画面のサイズという点から選ぶなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はほとんど選択肢に入れない方がいいです。

親機画面のサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL3.5インチ38/100

録画可能な数について

録画可能な数が多いインターホンは家屋への来訪者が多い場合にたくさんの来訪者を録画できる点で使い勝手が良いです。特に不在にしている期間が長い場合後で確認するのにおすすめです。

録画可能な数について「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は50です。これは標準的なインターホンよりもやや多いだと言えるでしょう。留守がちの人が帰宅後にまとめて訪問者を確認したい場合でも通常の場合であれば「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」でもおそらく問題に感じることはないだと言えるでしょう。普通に使う分にはあまり問題を感じずに使える程度であるため「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」が特段という程ではないでしょう。少しでも快適に使いたい人には不足しているかもしれないため、一つ上を検討をお勧めします。

録画可能な数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL5045/100

待ち受け時における親機の消費電力について

待ち受け時における親機の消費電力が小さいインターホンは電気代の負担が軽く、長期的な節約ができる点で優れています。特に電気の省電力化をするようなケースに適しています。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」の待ち受け時における親機の消費電力は1.4Wです。これは普通のインターホンと比較するとほとんど同じくらいと言えます。消費電力を抑え電気料金を節約するのに通常のケースであれば「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」を選んでもおそらく問題に感じることはないと言えるでしょう。通常利用であればそれなりに使える程度のため、決定的という程でもありません。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性が高く、一つ上のインターホンにした方がいいかもしれません。

待ち受け時における親機の消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL1.4W55/100

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の基本情報について評価

ハンズフリー対応について

ハンズフリーに対応しているインターホンは家事や作業中など手が離せないときでも通話できる点で使い勝手が良いです。例えば家事や作業中、どうしても手が離せない状態でも応答することが可能で、忙しい主婦が使用するといったような場合で重宝します。

「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」はハンズフリーに対応しているインターホンです。そのため料理などの手が離せない作業中でもボタンを押すだけで来訪者に対応ができる点で優れています。両手がふさがっていても会話するなら「パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL」は適しています。

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL の詳細情報

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL
ハンズフリーに対応しているかどうか
親機のサイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機の重量480g
親機画面のサイズ3.5インチ
録画可能な数50
待ち受け時における親機の消費電力1.4W
子機のサイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
子機の重量190g
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数2
ライトがつけられるかどうか
火災報知機連動機能がついているかどうか
電気錠に連動しているかどうか
プレストーク応答機能を搭載しているかどうか
SDカード録画機能を搭載しているかどうか

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

パナソニック どこでもドアホン VL-SVE310KL と評価が同程度のインターホンを探す