パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL レビュー評価

2023-05-21 15:06:37

総合評価

55.2/100

(総合順位: 68/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
46/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
55/100
応答時の親機消費電力
58/100
子機本体サイズ
50/100
子機重量
60/100
子機ディスプレイサイズ
40/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価55.2/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数においてパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは2というデータになっています。全てのインターホンの中でも玄関子機の設置可能数に関するスコア評価はそこそこな感じでありレビューワーによる独自評価では100点満点中40点を玄関子機の設置可能数につけています。これは玄関子機の設置可能数がそこそこな感じのインターホンであるということが分かります。このインターホンには、一つのベースユニットに多数の玄関子機を接続することができる機能が備わっています。このため、複数のお部屋やエリアからでも応答可能です。上手に設置すれば、異なる階や建物間でもインターホン音声を共有することができ、利便性が格段に向上します。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンを利用することで、セキュリティ面でも安心できます。たとえば、複数の玄関子機を設置し、それぞれの子機から来訪者を確認できる場合、不審な人物がいた場合でも早期に発見できます。また、家族構成に合わせて設置可能数を調節できるため、余計な子機を設置しなくてもセキュリティ面で十分な対策ができます。

玄関子機の設置可能数において実際の利用を考えると、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはまあまあの水準と言うことができるでしょう。ほかの角度から比べる必要性がありそうです。商品選択において、玄関子機の設置可能数の情報はあまり役に立たないと思います。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL240/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはライト機能を搭載しているといえます。このインターホンには、ライト機能が付いており、夜間でもクリアな映像を確認できます。さらに、明るさを自由に調整できるため、天候や時間帯によって異なる明るさにも対応できます。

ライト機能を搭載したインターホンは、自動点灯機能が付属しているものもあります。この機能により、来客者がいることが自動的に検知され、ライトが点灯します。また、点滅機能も付いており、より注意を促すことができます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはハンズフリーに対応しているということができます。このインターホンは、ハンズフリーに対応していることで、生活に便利さを加えてくれます。片手がふさがっているときでも、通話ができるため、洗濯物を干したり、掃除をしながらでも、安心して電話に出ることができます。また、クリアな音声で、相手の言葉がよく耳に入るので、日常生活だけでなく、仕事上でも活用することができます。

パターン1:ハンズフリーに対応しているインターホンのメリットは、手を塞がれた状態でもドアのインターホンに対応することができる点です。手や荷物を持って出かける際に、インターホンを操作する必要がある場合でもハンズフリー対応なら手が空いたまま対応できます。また、雨の日にスムーズに人を迎えることができるため、快適な生活につながるのも魅力です。

親機

親機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLの場合、親機本体サイズは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmになります。一般的なインターホンと比較するとこのインターホンの親機本体サイズは比較的小さいインターホンと言えるかもしれません。全てのインターホンの中で親機本体サイズに関する評点はわりと抜きん出たインターホンであり、専門家による独自評価では100点中72.7点であると言えます。小さい親機本体サイズを持つこのインターホンは、驚くほどコンパクトでありながら、機能性に優れています。音声のレスポンスが速く、音質も優れており、使い心地が良いと評価されています。

今日では、家庭内インターホンは生活に必要不可欠なものとなっています。そのなかでも、親機本体サイズが小さいインターホンは、使い勝手の良さやコンパクトさが魅力的です。特に、場所を選ばない設置方法により、限られたスペースでもストレスなく使用できます。

実際に必要な観点から判断すると親機本体サイズについてパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは割と優れているインターホンということが分かるでしょう。ただ、決定的とまでは判断できない点は気を付けるべきです。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

親機重量について、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは480gになります。弊サイトのレビューワーによる点数は100点満点中46点となっています。そこそこな感じと言うことができるインターホンだとわかるでしょう。このインターホンの軽い親機重量は、使いやすさに繋がります。手軽に取り扱えることで、日々の生活の中での利便性は高いです。ただし、細すぎず、重すぎず、程よい軽さが保たれるように、設計にもっともれぞ重視された点であると思われます。

インターホンの親機重量が軽いメリットとしては、商品の保管・運搬においてもメリットがある点が挙げられます。例えば、販売店では数多くの在庫を管理しているため、空間的にも親機重量が軽い方が取り扱いしやすくなります。また、運送時にも荷物が軽いことで運搬費を抑えることができます。

これらの評価情報から明確に分かるように親機重量についてパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは平均的なインターホンであるといえます。別の角度から考えた方がよいことがわかります。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL480g46/100

親機画面サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLに関して、親機画面サイズは3.5インチになります。評価.com上の独自評価では100点中45点という評価を親機画面サイズにつけています。これは全てのインターホンの中でもまあまあのグレードと言えます。これはまあまあのレベルな感じということが分かります。

実用的にはパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは中程度にあると言うことができるでしょう。ほかの角度から採用することを非常に提案します。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL3.5インチ45/100

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLにおける録画可能件数において50というデータになっています。本サービスのレビューワーによる評点は100点中50点であるといえます。これは全てのインターホンの中で平均的と言うことができるでしょう。これは通常レベルといえるかもしれません。このインターホンの多い録画可能件数は、安心して家を出ても半日分以上の録画が可能です。また、クリアな映像と音声で記録され、いつでも確認できるので、防犯にも優れています。

インターホンにはさまざまな機能がありますが、録画可能件数が多いインターホンはとても便利な機能の一つです。この機能を使うことで、留守中にクリーニング業者などが訪問した際にも、安心して確認することができます。また、学校帰りに鍵を忘れてしまった子どもたちに対しても、リモート操作で状況を確認し、安心して鍵を開けることができます。

実際に使う場面でパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは普及しているインターホンと比べて極めて似ていると感じとれると言えそうです。他の視点から考慮する必要がありそうと言えます。意思決定において、録画可能件数の情報は意味がありません。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLの待受時の親機消費電力は1.4Wというデータであると言えます。これはまあまあと言った感じと考えられるかもしれません。すべてのインターホンの中でも待受時の親機消費電力における点数評価はまあまあと言った感じのインターホンで、弊サイトにおける点数評価は100点満点中55点であると言うことができるでしょう。このインターホンは小さい待受時の親機消費電力が非常に低く、エコ志向の家庭には最適です。また、コンパクトなサイズが取り付け場所の選択肢を広げます。このインターホンを使うことで電気代の削減にも繋がり、地球環境にも貢献できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、環境への負荷が少ないことです。待機状態でも消費電力が大きいと、長時間の待機でも電気代が高くなってしまいます。しかし、待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、消費電力が少ないため、長時間の待機でも環境への負荷を低減することができます。

待受時の親機消費電力において実用的な視点から判断すると、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは普及しているインターホンと殆ど同等であると考えることができます。待受時の親機消費電力の情報を比較しても、あまり意味がないと言えるでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL1.4W55/100

応答時の親機消費電力

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLにおける応答時の親機消費電力は7Wというデータであると言えます。全インターホンの中でも標準に位置づけられます。通常グレードといえそうです。

この評価情報で明白なように応答時の親機消費電力という点においてパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは普通のインターホンであると言えるでしょう。選択において、応答時の親機消費電力の情報は役に立たないと言えます。ほかの角度から比較する必要性がありそうことが分かるでしょう。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL7W58/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。安全・安心を求める方にお勧めしたいのが、このインターホンの火災報知機連動機能です。火災発生時には自動的に火災報知機が作動し、緊急対応ができるので、ご家庭に必ず設置していただきたい機能の一つです。

火災報知機連動機能がついているインターホンには、多くのメリットがあります。まず、火災報知機と連動することで、火災が発生した際には迅速に対処することができます。さらに、家族が外出中でも、遠隔で火災報知機の状態を確認できるので安心です。また、一般的なインターホンに比べて、防犯効果も高くなるため、家庭のセキュリティ強化にも役立ちます。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは電気錠連動機能に対応していると言うことができるでしょう。電気錠の連動機能に対応したこのインターホンは、施設やマンションなどにおいて、非常に重要な役割を果たします。この機能により、不審者などの侵入を防ぐことができ、また、住民や訪問者の出入りもスムーズに行うことができます。当社が評価するこのインターホンは、その機能性や耐久性に優れ、多くのユーザーから支持を得ています。

電気錠連動機能に対応しているインターホンは、セッティングが簡単であることもメリットの一つです。従来の電気錠には設定作業が必要で、複雑な操作が必要でしたが、この機能を備えたインターホンは、簡単な操作で設定ができます。そのため、DIYで設置することも可能で、コスト削減にも繋がります。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンはプレストーク応答機能を搭載しており、使用者が素早く応答できる点が特徴です。また、この機能により、宅配業者や来訪者とのスムーズなコミュニケーションが可能となり、忙しい現代人にとっては非常に便利な製品と言えます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンには、多数のメリットがあります。例えば、ドアインターホンにおいては、訪問客との会話がスムーズに行え、タイムロスを防げます。また、家族同士で使用する場合でも、事前に受け取っていたメッセージなどを聞いてから会話を始めることができ、更なる時間の節約に繋がります。最新テクノロジーが搭載されたインターホンは、生活を豊かにするための重要なアイテムの一つです。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはSDカード録画機能を搭載しているインターホンです。このインターホンには、SDカード録画機能が搭載されています。これにより、家の外出先からでも訪問者を確認することができ、また録画された情報を後から確認することもできます。安心して家を空けることができる優れた機能です。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリット- 安心して外出できる:録画機能があることで、不審者が訪れた場合や配達員の来訪時にも録画が残り、留守宅でも安心して外出できます。- もう一度確認できる:訪問者が来た際に録画されるため、もし何かしらのトラブルがあった際には、映像を確認することで状況を確かめることができます。- 非常時にも備えられる:災害や非常事態の場合でも、録画データが残っていることで、状況の把握や必要な情報の収集が可能となります。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLに関する子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mmです。これはまあまあと言った感じと考えられるかもしれません。弊サイト独自の子機本体サイズについての評価得点は100点中50点となります。当社が評価するこれらのインターホンの中でも、このインターホンの小さい子機本体サイズは、実に優れています。場所を選ばず設置が可能で、使い勝手が非常に良いです。

子機本体サイズが小さいインターホンは、設置場所を選ばず、壁やドアに気軽に取り付けることができます。子機本体が小さい分、省スペースで設置することができるので、設置場所に制限されず、自由なレイアウトが可能です。また、受話器の持ち運びも便利で、複数人で共有する際もストレスなく使用することができます。

子機本体サイズについて実用性を最優先するならば、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはそこそこと言った感じであることが分かるでしょう。別の側面から判断する必要性がある点は気を付けるべきであると言うことができるでしょう。子機本体サイズの情報を検討してもあまり参考にならないと言えます。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm50/100

子機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLにおける子機重量において190gとなります。通常より、子機重量が比較的軽いインターホンであることが分かります。子機重量において弊サイト上では100点満点中60点であるといえます。

実用的な点から考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLはまあまあ高位グレードといえます。このインターホンは子機重量が重要な場合選択肢にあがるでしょう。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL190g60/100

子機モニター

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは子機にモニターが搭載されていると言えます。子機にモニターが搭載されている、このインターホンは使い勝手が良いです。一度覚えてしまえば、操作方法は簡単で、子機の部屋名も変更可能で、使い勝手が非常に良いです。また、液晶画面が大きく、画像も鮮明で、評価が高いです。

子機にモニターが搭載されているインターホンのメリットとして、首をかしげる必要がなく、画面が見やすいことが挙げられます。また、訪問者の顔を確認することができるため、安全性が高くなります。

子機ディスプレイサイズ

子機ディスプレイサイズについて、パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは2.2インチです。全インターホンの中でもまあまあのレベルに位置づけられます。これはまあまあといった感じと言えるインターホンだと思われます。大きい子機ディスプレイサイズを持つこのインターホンは、家族で使っても、見やすく使いやすいと大変好評です。また、機能面でも、多彩な機能が追加されており、快適な暮らしを実現することができます。

子機ディスプレイサイズが大きいインターホンは、見た目も美しく、高級感があります。そして、機能面でも、より多機能で、快適に生活できるようになります。自宅のセキュリティ面でも、より安心できます。

この評価情報で明白に分かるように子機ディスプレイサイズに関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは通常のインターホンといえます。他の角度から評価することを強く提案します。意思決定において、子機ディスプレイサイズの情報は全くと言っていいほど意味がないでしょう。

子機ディスプレイサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL2.2インチ40/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLにおける室内モニターの設置可能数は7です。これは普通のインターホンより、一回り室内モニターの設置可能数は多いと考えられるかもしれません。室内モニターの設置可能数に関して、上位20%以内に位置します。当メディアでは、このインターホンに対し、多い室内モニターの設置可能数について評価しています。実際に多くのモニターを設置する場合、インターホン自体の性能も重要ですが、配線工事やスペースの確保など、周辺の環境整備も必要になります。まずは、環境整備ができてから、適切なインターホンを選ぶことが基本です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、節約だけでなく、快適性にも繋がります。例えば、インターホンを1つの場所にしか設置できない場合、その場所から離れているときには呼び出しに気付かず、来客とのコミュニケーションが中断されることがあります。しかし、多くの部屋に設置することで、どこにいても呼び出しに気付くことができ、ストレスのないコミュニケーションが実現します。

これらの評価情報を考えると室内モニターの設置可能数についてパナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは断然上回っているインターホンと言えます。このため、このインターホンは室内モニターの設置可能数に配慮する人の場合オススメできると考えられそうです。このインターホンは有力選択肢の一つになるでしょう。ともあれ、室内モニターの設置可能数を加味することが、より適切な選択につながると言えます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL790/100

室内通話機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KLは室内通話機能を搭載していると言えるでしょう。当社の評価基準によると、このインターホンは室内通話機能を搭載しているため、屋内でも快適に会話ができます。また、音声の鮮明さも十分にあり、クリアな音声通話ができます。

室内通話機能を備えたインターホンを使うと、家の中から手軽に訪問者とやりとりすることができます。室内から確認できるため、安心して外出することができ、防犯対策にもなります。また、外出中でもスマートフォンによって通話ができる機能を備えているものもあります。これにより、外出先や旅行中でも安心して家にいる人との連絡が取れます。

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量480g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.4W
応答時の親機消費電力7W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:31.5mm
子機重量190g
子機モニター
子機ディスプレイサイズ2.2インチ
室内モニターの設置可能数7
室内通話機能
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWE310KL と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報