パナソニック VL-SZ35KF (2019) 評価レビュー

2023-05-21 13:54:56

総合評価

52/100

(総合順位: 93/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
26/100
応答時の親機消費電力
42/100
子機本体サイズ
82/100
子機重量
80/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価52/100

評価レビュー

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SZ35KF (2019)は火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。火災発生時に迅速に対処するために、当社がお勧めするこのインターホンには火災報知機連動機能が追加されています。この機能によって、住人が急いで対処できるように即座に火災情報が伝えられます。安全かつ快適な生活を送るために、このインターホンの導入を検討してみてください。

火災報知機連動機能がついているインターホンにおいて最大のメリットは、火災の発生を事前に察知できることです。インターホンと火災報知機が連動しているため、火災発生時の警報音や点滅により、火災が発生していることを早期に察知し、迅速な対応が可能です。このような防火対策を取ることで、住民の命や財産を守ることができます。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SZ35KF (2019)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。プレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、相手側が通話を受けた瞬間から声を届けることができます。このため、手元を離すことなく、迅速に応答することが可能です。よって、急な来客にも対応できます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンには、多くのメリットがあります。第一に、来訪者と直接話し合う前に、静かにメッセージを聞いてから対応することができます。第二に、プレストーク応答機能があると、来訪者とのコミュニケーションがスムーズになり、快適な訪問を提供できます。第三に、会話中にミスコミュニケーションが起こる可能性が低くなるため、安全性も向上します。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SZ35KF (2019)はSDカード録画機能を搭載しているインターホンであるといえるでしょう。このインターホンは、SDカード録画機能を搭載しているため、来訪者がいない時でも、録画機能により不審者の記録を保管することができます。また、SDカードは交換できるため、容量の心配も不要です。このように、機能が充実しており、安心して使えるインターホンと言えます。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリット SDカード録画機能を搭載しているインターホンは、それぞれのドアや入口に外部からの安全を確認するための最適なソリューションの一つです。侵入者や不審者に対して、10秒以上にわたる相手の容姿を確認できるため、快適な居住環境を保証できます。また、昼夜を問わず、常に音声や映像で外部環境を確認できるので、安全性の高い生活が実現可能となります。

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SZ35KF (2019)に関して、親機本体サイズは横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータになっています。一般的なインターホンと比べると、これはそれなりに高いレベルであるインターホンとなるでしょう。全てのインターホンの中でもそれなりに上位にあると言えます。小さい親機本体サイズといっても、このインターホンの性能面にも優れています。音質や画質に関しても高評価で、使いやすさも抜群です。また、簡単な操作で多機能を持っており、使う人の手間を省いてくれます。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットとして、コンパクトでスッキリとしたデザインが挙げられます。ほかの家電製品との調和も考慮された設計で、インテリアに違和感を与えません。さらに、省スペースでの設置が可能となり、生活空間を広く使えることも魅力的です。

実際に必要な観点から判断すると、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は高位に位置すると思います。したがってこのインターホンは親機本体サイズを重視したい人にとって適していると考えることができそうです。いずれにしても親機本体サイズは商品選択に関する大きな基準の1つになると思います。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SZ35KF (2019)に関して、親機画面サイズは3.5インチというデータです。全インターホンの中でも親機画面サイズの点数評価はそこそこな感じのインターホンで、本サービス上の独自評価では100点満点中45点という点数評価を親機画面サイズにつけています。これはそこそこな感じと考えられるかもしれません。

実際の活用を考えると、親機画面サイズにおいてパナソニック VL-SZ35KF (2019)は普通のインターホンであるといえるでしょう。意思決定において、親機画面サイズの情報は全くといえるほど役に立たないでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数について、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は50というデータです。まあまあな感じと思います。全インターホンの中でも録画可能件数におけるスコアはまあまあな感じのインターホンで、評価点数は100点中50点というデータです。このインターホンがおすすめなのは、多い録画可能件数があるからです。最大録画可能件数が多いため、長時間録画しても安心です。さらに、外出先でもスマートフォンで確認できるので、安心感が違います。

録画可能件数が多いインターホンを使うことで、無駄なストレスが軽減され、快適な生活を送ることができます。オンラインショッピングが普及し、家に不在がちな現代社会においては、不在時に訪問者を録画しておけば、心配する必要がありません。また、多機能でありながら、情報を正確に記録してくれるため、セキュリティ対策に欠かせないアイテムと言えるでしょう。

録画可能件数について実際に使う場面において、パナソニック VL-SZ35KF (2019)はそこそこのレベルにあると言うことができるでしょう。ほかの視点で評価することを断然推奨します。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力について、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は2.3Wです。平均と比べる場合、これはイマイチな水準にあると言うことができるインターホンです。待受時の親機消費電力について比較的下位にあります。100点中26.7点というデータになっています。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンには、多くのメリットがあります。まず、電力消費が低くなるため、省エネ効果があり、節電につながります。さらに、待受中でも消費電力が少ないため、長時間の待ち受け状態でも電気代が安く抑えられます。このような省エネ機能が付いたインターホンは、環境にも配慮した製品として注目されています。

実用的な観点から見ると、待受時の親機消費電力においてパナソニック VL-SZ35KF (2019)はそれなりにイマイチな水準にあるインターホンであると言うことができます。ただし絶対的とまでは必ずしもいい切ることができない点には注意が必要であるといえます。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)2.3W26/100

応答時の親機消費電力

パナソニック VL-SZ35KF (2019)について、応答時の親機消費電力は8Wというデータです。これはそこそこな感じといえるインターホンであると思われます。全てのインターホンの中で応答時の親機消費電力における評点はそこそこな感じでありレビューワーによる独自評価では100点満点中42点という点数評価を応答時の親機消費電力につけています。

応答時の親機消費電力に関して実際に使用することを考えるとパナソニック VL-SZ35KF (2019)は中程度に位置すると思われます。選択において、応答時の親機消費電力の情報はあまり意味がないと言えるでしょう。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)8W42/100

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック VL-SZ35KF (2019)に関する子機本体サイズにおいて横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mmというデータです。子機本体サイズという点に関しては飛び抜けて高いレベルであると思われます。これは平均と比べる場合、高い水準であるといえそうです。当社の最近のテストによると、このインターホンの小さい子機本体サイズは非常に優れています。小さなベルトに装着できるコンパクトなサイズは、使用する場所に限りなくフィットします。

子機本体サイズが小さいインターホンのもう一つのメリットは、デザイン性に優れている点です。コンパクトなサイズがスタイリッシュなデザインと相まって、おしゃれな室内空間に溶け込みます。また、壁面やテーブルにそのまま置いておくだけで、スッキリとした印象を与え、室内の美しさを損ないません。

実用的な点で考えるとパナソニック VL-SZ35KF (2019)はとても上位グレードに位置づけられると思われます。このためこのインターホンは子機本体サイズにこだわる人にとっては最適の選択肢と言えそうです。このインターホンは選択肢にあがるでしょう。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm82/100

子機重量

パナソニック VL-SZ35KF (2019)に関して、子機重量は175gとなります。全てのインターホンの中でも上位20%以内にあります。これは標準的なインターホンと比べる場合、一段と上回っているでしょう。

実際の現場で考えると、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は相当優れた水準にあるインターホンであると言えます。子機重量に配慮するのであればこのインターホンがいいと考えられそうです。そうでなくとも、このインターホンにするための決め手の一つといえるでしょう。

子機重量評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)175g80/100

室内モニターの設置可能数

室内モニターの設置可能数において、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は2になります。評価スコアは100点満点中30点であるといえるでしょう。これは室内モニターの設置可能数が比較的よくないと言えます。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンには、節電にも繋がるというメリットがあります。設置可能なモニター数が多いことで、複数の住戸で1つのモニターを共有することができるため、不必要な電源の消費を減らすことができます。また、省エネ化に取り組んでいるビルオーナーやマンション管理会社にとっても、電力消費を抑える取り組みとして、設置可能数が多いインターホンは魅力的な選択肢となります。

実際に活用する場合を考えると室内モニターの設置可能数についてパナソニック VL-SZ35KF (2019)は下位水準にあると言えます。このインターホンを使わない際の材料の一つとなるでしょう。また、室内モニターの設置可能数を優先したい人にとっては、このインターホンを選ぶべきでないと考えられそうです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)230/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数に関して、パナソニック VL-SZ35KF (2019)は2というデータとなっています。まあまあのグレードなレベルと言えるインターホンだと分かります。100点中40点という評価点をつけています。お住まいの大家族やオフィスでの利用を考える場合、このインターホンは多数の玄関子機を設置できるという点で重宝されるでしょう。複数の玄関からのインターホン音声に対応できるため、来客や訪問者に気を遣うことなく安心して利用することができます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、家庭に多数のルーム内ユニットがある場合に非常に効果的です。このタイプのインターホンは、複数のルームと機能を持つ家を持っている家族に特に便利です。家族のメンバーが一箇所に集まらず、違う部屋で仕事や趣味に没頭している場合でも、玄関子機をたくさん設置することで、全員が留守中でも必要な連絡を簡単に取ることができます。

玄関子機の設置可能数という点に関して評価するとパナソニック VL-SZ35KF (2019)は平均水準にあると思われます。玄関子機の設置可能数の情報を考えても、殆ど意味がありません。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SZ35KF (2019)240/100

ライト機能

パナソニック VL-SZ35KF (2019)はライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。当メディアがレビューしたこのインターホンには、ライト機能が装備されています。夜間でも、明るい画像を確認できるため、セキュリティ面でも安心です。

ライト機能を搭載しているインターホンは、夜間に大きなメリットがあります。暗い場所での視認性を高めるため、利用者は周囲の様子をはっきりと把握することができます。また、人感センサー機能がある場合は、動きを感知して自動的にライトが点灯するため、外出先からの帰宅時に使い勝手が良くなっています。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SZ35KF (2019)は広角レンズに対応しているインターホンであるといえます。このインターホンは、広角レンズに対応しているため、広い範囲を映し出すことができます。この機能により、訪問者をより鮮明に確認することができるため、安心して外出することができます。

広角レンズに対応しているインターホンのメリットは、より広い範囲を確認することができることです。従来のインターホンでは、限られた視野角により、出入りする人物や物の確認が難しかったですが、広角レンズにより、広範囲を確認できるため、安心・安全面で優れた機能を発揮します。また、被写体が横長の場合でも、映る範囲が広いため、顔全体を確認することができます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SZ35KF (2019)はハンズフリーに対応しているといえます。このインターホン、ハンズフリーに対応しているので、とても使いやすいです。自動で受話器を取ることができるため、手がふさがっているときでも、電話に出ることができます。また、音声がクリアで、相手の声がよく聞こえるため、通話中のストレスが少なく、快適に利用できます。

ハンズフリーに対応しているインターホンを利用すると、日々の生活の中でストレスを軽減することができます。例えば、部屋中を移動しながら通話ができるため、家事や仕事上でも手を止めずにコミュニケーションができます。また、日常生活においても、手が塞がっている場合にスピーカーに向かって話すだけで良いため、楽な姿勢で快適に会話ができます。

スペック

パナソニック VL-SZ35KF (2019)
画像パナソニック VL-SZ35KF (2019)
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力2.3W
応答時の親機消費電力8W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:26.5mm
子機重量175g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SZ35KF (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。