パナソニック VL-SVD301KL (2012) レビュー評価

2023-05-21 13:58:00

総合評価

62.1/100

(総合順位: 24/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
44/100
親機重量
42/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
70/100
子機本体サイズ
90/100
子機重量
90/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価62.1/100

評価レビュー

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズにおいてパナソニック VL-SVD301KL (2012)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmです。これは通常のインターホンより子機本体サイズは極めて小さいと言えそうです。全てのインターホンの中で極めて上回っていると考えられるかもしれません。このインターホンの小さい子機本体サイズは、手に収まるほどのサイズで、持ち運びにも便利です。加えて、設置方法も簡単で、多少のDIYでも設置できます。音声の聴き取り方も明瞭で、クリアーな音質を実現しています。小型で機能性が高い、という方にはぜひおすすめです。

子機本体サイズが小さいインターホンは、設置場所を選ばず使用することができます。また、子機本体が小さいため、見た目がスマートで邪魔にならず、室内インテリアにもマッチします。さらに、持ち運びがしやすく、携帯して屋外でも使用することができます。

これらの評価で明確なように、子機本体サイズという視点についてパナソニック VL-SVD301KL (2012)はとても素晴らしいと感じられるでしょう。このインターホンは子機本体サイズにこだわる場合採用すべきと考えることができそうです。そうでなくとも、このインターホンは強力な候補の一つに加えることを考えるべきといえます。いずれにしても、子機本体サイズで比較することで、最適な決定を下せるといえるでしょう。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

パナソニック VL-SVD301KL (2012)に関する子機重量については170gというデータとなっています。子機重量についてみてみると全てのインターホンの中でも上位20%以内に位置づけられ、専門家による独自評価では100点満点中90点をつけています。子機重量が最高レベルで軽いインターホンの代表であることが分かります。

実際に必要な観点から判断するとパナソニック VL-SVD301KL (2012)は比較にならないほど優秀であるインターホンということが分かります。そのため、このインターホンを選択するための一つの大きな要素となるでしょう。このインターホンは子機重量を優先したい人にとってオススメの選択肢と言えるかもしれません。

子機重量評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)170g90/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SVD301KL (2012)の室内モニターの設置可能数について7となります。室内モニターの設置可能数に関して全インターホンの中でも最上位グレードに位置づけられ、スコア評価は100点満点中90点というデータになっています。これは普通と比べる場合、遥かに優れた水準にあると考えられるかもしれません。このインターホンは多い室内モニターの設置可能数が魅力的です。まず、広い家に住んでいる人にとっては、快適な居住空間を確保するために必要な要素だと言えます。加えて、子育て世帯にとっては、子どもの安全管理が必要とされる中、複数のモニターが配置できることで、視認性が向上するという利点もあるでしょう。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンの利点の一つは、大家や管理会社など、複数の人が管理を担当する場合でもスムーズに管理できることです。設置可能数が多い場合、各担当者が受け持つ住戸を分担することができます。そのため、受け持つ住戸数が均等になり、各担当者が負担するリスクが軽減されます。

室内モニターの設置可能数について実際に利用することを考えるとパナソニック VL-SVD301KL (2012)は感覚的に言って、ダントツで秀でているでしょう。室内モニターの設置可能数に注目するのならこのインターホンは理想的な選択と考えられそうです。このインターホンは有力な候補の一つといえます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)790/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SVD301KL (2012)は火災報知機連動機能がついているインターホンとなります。このインターホンは、火災報知機連動機能が付いているため、非常時でも早く正確な情報を提供できます。また、設定も簡単で、日常使いでも手軽に利用することができます。

火災報知機連動機能がついているインターホンの最も大きなメリットは、家族の安全性を高めることだろう。火災報知機が作動することで、家族は火災発生の危険性を迅速に認識することができ、避難することが可能となる。しかも、録画された映像があることで、火災発生時の対応策が明確になる。これにより、家族の安全性とともに、火災に対する対応力も向上する。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SVD301KL (2012)はプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンは、プレストーク応答機能を搭載しているため、室内での音声確認が可能です。また、自宅内でもインターフォンを利用して、家族とのコミュニケーションができます。

プレストーク応答機能を搭載したインターホンの利点には、大きな音量がある環境でも相手の声を聞き取りやすくなる点が挙げられます。また、相手に話しかける前に相手の様子を確認することができるため、迷惑な通話を回避することが可能です。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SVD301KL (2012)の玄関子機の設置可能数について1になります。100点満点中25点という点数評価をつけています。これは全インターホンの中でも割と下位に位置づけられると言えます。玄関子機の設置可能数が割と少ないインターホンです。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリットは、訪問者に対して丁寧に対応することができる点にあります。すべての部屋に玄関子機を設置することで、来訪者がある程度の待ち時間を避けることができます。また、家庭内でのコミュニケーションもスムーズになるため、家族の笑顔が増えるかもしれません。

実際の使用を考えると、玄関子機の設置可能数に関してパナソニック VL-SVD301KL (2012)は比較的低いレベルにあるインターホンであることが分かるでしょう。そのため、このインターホンは玄関子機の設置可能数に配慮する人の場合イマイチな選択肢でしょう。玄関子機の設置可能数は、不可欠な手掛かりの1つになります。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)125/100

ライト機能

パナソニック VL-SVD301KL (2012)はライト機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。ライト機能を搭載したこのインターホンは、夜間や暗い場所でも安心して使用できます。明るさの調節もできるため、必要に応じて目的に合わせて使い分けができます。

インターホンにライト機能が備わっていることにより、音声通話だけでは伝わりにくい情報も視覚的に把握することができます。例えば、訪問者が荷物を持っていたり、子供を連れていたりする場合、ライトが照らし出すことで、より詳細な情報を把握することができます。

広角レンズ対応

パナソニック VL-SVD301KL (2012)は広角レンズに対応しているといえます。当社が最近評価したこのインターホンは、広角レンズに対応しているため、映像の拡大性が高く、見やすさに定評があります。また、視野角が広いため、設置場所を選ばず、どこからでもしっかりと確認が可能です。

広角レンズに対応しているインターホンは、大変便利なアイテムです。これを利用することで、訪問者の顔や手荷物などがより鮮明に見えるようになります。また、広角レンズによって、より広い範囲をカバーすることができます。これにより、盗難や不審者の侵入など、重要なセキュリティ上の問題が予防できます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SVD301KL (2012)はハンズフリーに対応しているといえます。このインターホンは、ハンズフリー機能に対応しており、手軽な通話ができるとともに、相手の声がクリアに聞こえます。周囲が騒がしい場所でも、静かな場所でも、通話品質が均一で、ストレスフリーな通話ができます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、利便性が高い点がメリットの一つです。ハンズフリーに対応しているため、インターホンに応答する際に手を使う必要がなく、素早く応答することができます。さらに、インターホンを取り付ける場所を制限されなくなり、設置場所の幅が広がるため、住宅の外観を美しく保つことができます。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズに関して、パナソニック VL-SVD301KL (2012)は横:186mm、縦:143mm、厚さ:27.8mmになります。標準グレードといったレベルといえそうです。本サービスにおける独自評価では100点満点中44.8点という評点をつけています。これは全インターホンの中でも平均的と言えるでしょう。小さい親機本体サイズのこのインターホンは、設置が簡単なためDIYでも問題ありません。画面も明るく見やすいので、年配の方でも使いやすいです。

親機本体サイズが小さいインターホンのメリットの一つは、設置場所を選ばないことです。部屋の構造や大きさに限りなく関係なく設置できます。また、小さいサイズながら必要な機能はしっかり備わっており、コンパクトながら十分な使い勝手が期待できます。

実際の使用においてはパナソニック VL-SVD301KL (2012)は平均的なインターホンと似ています。ほかの点で比べる必要がありそうということが分かります。商品を決める上で、親機本体サイズの情報はまったくと言えるほど役に立たないといえるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)横:186mm、縦:143mm、厚さ:27.8mm44/100

親機重量

パナソニック VL-SVD301KL (2012)の親機重量については485gとなっています。これは標準グレードと考えられるかもしれません。親機重量についての評価は100点中42点ということができます。このインターホンの軽い親機重量は、取り付けやすく、使いやすさを向上させています。また、軽量なので、長時間使用しても疲れにくく、老若男女問わず扱いやすい点が魅力的です。

親機重量が軽いインターホンのもう一つのメリットは、長期間使う場合における手軽なメンテナンスです。重量が軽いため、外すことや分解することが容易であり、掃除もしやすいため、いつも綺麗に保つことができます。また、高い場所に設置されたものでも、軽量であれば安全に手軽にメンテナンスができます。

親機重量について評価すると、パナソニック VL-SVD301KL (2012)は標準的なインターホンであるといえるでしょう。他の視点から検討することを推奨します。親機重量の情報を比べてもまったくと言っていいほど参考になりません。

親機重量評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)485g42/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SVD301KL (2012)における親機画面サイズについて3.5インチというデータであるといえます。これは平均レベルと言えるインターホンだと思われます。100点中45点となります。

実用的にはパナソニック VL-SVD301KL (2012)は中程度にあると言うことができるでしょう。意思決定において、親機画面サイズの情報は役に立たないでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数に関してパナソニック VL-SVD301KL (2012)は100になります。比較的高いレベルにあります。通常と比較する場合このインターホンの録画可能件数は比較的多いインターホンかもしれません。このインターホンは、驚くほど多い録画可能件数を誇っています。それだけでなく、モーション検知機能も付いており、データの管理も簡単です。さらに、防犯カメラとしても優秀なので、お家のセキュリティーにはぴったりです。

録画可能件数が多いインターホンのメリットは、万が一の際にも安心してデータを確認できる点です。また、録画件数が多いことで、長期間の監視や、複数箇所の確認が可能になります。3か月間録画可能な商品もあり、設置場所に合わせて選ぶことができます。

これらの評価情報で明白にわかるように録画可能件数においてパナソニック VL-SVD301KL (2012)は体感的にまあまあ上位にあります。一方で、確定的とまでは必ずしもいえない点には要注意といえるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SVD301KL (2012)10070/100

スペック

パナソニック VL-SVD301KL (2012)
画像パナソニック VL-SVD301KL (2012)
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:27.8mm
親機重量485g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数100
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量170g
室内モニターの設置可能数7
玄関子機の設置可能数1
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SVD301KL (2012) と評価が同程度のインターホンを探す