パナソニック VL-SE35UXL (2019) 徹底評価

2023-05-21 14:30:55

総合評価

45/100

(総合順位: 183/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
72/100
親機重量
68/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
26/100
応答時の親機消費電力
42/100
子機本体サイズ
26/100
子機重量
50/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
40/100
総合評価45/100

評価レビュー

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数においてパナソニック VL-SE35UXL (2019)は2というデータになっています。これは玄関子機の設置可能数がそこそこといった感じのインターホンであることが分かります。すべてのインターホンの中でも標準的といえます。日本語の通話機能が装備されたこのインターホンには、多くの玄関子機を接続できます。取り付け後、主なインターホンによって簡単にコントロールできます。それにより難なく安全を確保できます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、一つの住宅であっても複数の子機を設置することができるため、家族それぞれの生活スタイルに合わせた使用が可能です。例えば、留守番をする際には子機を自分の部屋に設置し、訪問者が来た際にはすばやく対応ができます。また、子機を複数設置することで、家族間でのコミュニケーションもスムーズになります。

玄関子機の設置可能数について実用上の面から言えばパナソニック VL-SE35UXL (2019)は平均レベルと言えるでしょう。選択において、玄関子機の設置可能数の情報は意味がないといえます。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)240/100

ライト機能

パナソニック VL-SE35UXL (2019)はライト機能を搭載しているインターホンであるといえます。ライト機能を搭載したこのインターホンは、夜間や暗い場所でも安心して使用できます。明るさの調節もできるため、必要に応じて目的に合わせて使い分けができます。

ライト機能のあるインターホンは、家族にも安心感を与えます。夜間や暗い場所で来客者を確認しなければならない時には、怖がらずに対応することができます。また、犯罪防止にもつながります。

室内子機

子機本体サイズ

パナソニック VL-SE35UXL (2019)の場合、子機本体サイズは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータとなっています。まあまあ子機本体サイズが下回っているインターホンであることが分かるでしょう。子機本体サイズについてはまあまあ良くないと言えます。点数は100点中26点であると言うことができるでしょう。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、インテリアにも配慮ができる点にあります。スタイリッシュでコンパクトなデザインにより、インテリアの邪魔をせずに設置できます。また、省スペースであるため、設置後のスペースを圧迫することがありません。美しく実用的なデザインが人気の秘訣です。

実際の使用上のことを考えると、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は比較的物足りないレベルなインターホンであることが分かるでしょう。このため、このインターホンは子機本体サイズに配慮する人の場合全くと言えるほど良くない選択肢と考えることができるかもしれません。ただし、絶対的とまでは必ずしも言い切ることができないため気を付ける必要があるということができます。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

パナソニック VL-SE35UXL (2019)の子機重量について200gとなります。これはまあまあな感じといえるインターホンであると思われます。すべてのインターホンの中で子機重量の得点評価はまあまあな感じであり当サイト独自の得点は100点中50点ということができます。

実際の使用上のことを考えると子機重量に関してパナソニック VL-SE35UXL (2019)は基本的なインターホンということが分かるでしょう。他の側面から選択した方が良さそうことが分かるでしょう。選択において、子機重量の情報はあまり役に立ちません。

子機重量評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)200g50/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SE35UXL (2019)に関して、室内モニターの設置可能数は2です。全てのインターホンの中でもまあまあ低いレベルなということができるでしょう。ある程度室内モニターの設置可能数が少ないインターホンであるということができるでしょう。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンには、多くのメリットがあります。一つ目のメリットは、家族やルームメイト、またはオフィス内でのコミュニケーションがスムーズになることです。二つ目は、設置するモニターの数を増やすことで、セキュリティの向上が期待できることです。三つ目は、設置する場所によっては、インターホンの音声機能だけでなく、ビデオ機能も利用できることです。パターン

室内モニターの設置可能数に関してパナソニック VL-SE35UXL (2019)はそこそこ劣っているインターホンであることがわかります。従ってこのインターホンは室内モニターの設置可能数を優先する場合イライラを感じると言えそうです。ただ確定的とまでは必ずしも言うことができないため注意深く見る必要性があると思われます。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)230/100

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについて、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mmというデータであるということができます。一般的なインターホンと比べると、これはそれなりに高いレベルであるインターホンとなるでしょう。全てのインターホンの中でもそれなりに上位にあると言えます。このインターホンの小さい親機本体サイズは、省スペースやスタイル面でも優れています。設置場所を選ばず、統一感のあるデザインが高く評価されています。また、独自の音声圧縮技術により、音質も高水準であることが特徴です。

小型の親機本体サイズがあるインターホンは、場所を選ばず設置が可能であり、スペースの制限があるお住まいの方には最適な製品です。また、手軽に取り付けられるため、DIYでの設置が難しいという方でも簡単にご利用いただけます。

この評価情報で明らかなように、実践的な見地から考えると、親機本体サイズという点に関してパナソニック VL-SE35UXL (2019)はやや優秀であるインターホンということがわかります。親機本体サイズに注目する人の場合このインターホンは理想的な選択肢と考えることができそうです。そうでなくとも、このインターホンを選択する一つの大きな手掛かりといえます。ただ確定的とまでは必ずしも言い切れない点を考える必要性があるということが分かるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm72/100

親機重量

パナソニック VL-SE35UXL (2019)における親機重量について405gになります。本サイト上では100点中68点を親機重量につけています。これはわりと親機重量が軽いインターホンであることが分かります。ユーザーにとって、このインターホンの軽い親機重量は、非常に使いやすいと感じられます。高齢者や女性にとっては、設置が簡単なことが重要なポイントとなります。

親機重量が軽いインターホンのメリット:親機重量が軽いインターホンには、移動や取り付けだけでなく、メンテナンスもしやすいというメリットがあります。重い親機であれば、メンテナンスをする際に重い物を扱うことになりますが、軽い親機であればその点が改善されます。また、軽い親機はエコであり、省エネを実現することができます。

親機重量に関して実際に利用する上での観点から見ると、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は標準と比較すると幾分か抜きん出ていると感じるでしょう。しかし決定的ではない点には注意が必要であると言えます。

親機重量評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)405g68/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SE35UXL (2019)に関して、親機画面サイズは3.5インチというデータです。100点中45点であるということができるでしょう。これは標準水準なレベルでしょう。

実際の現場で考えると、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は典型的なインターホンであることがわかります。他の視点で決めたほうが良さそうと言うことができるでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数に関して、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は50になります。録画可能件数について全てのインターホンの中でそこそこといった感じです。100点中50点を録画可能件数につけています。これは録画可能件数がそこそこといった感じのインターホンです。このインターホンの多い録画可能件数は、安心して家を出ても半日分以上の録画が可能です。また、クリアな映像と音声で記録され、いつでも確認できるので、防犯にも優れています。

録画可能件数が多いインターホンには、多くのメリットがあります。まずは、録画件数が多いことによって、長期間の録画が可能となります。また、録画した映像を確認することで、不審者の捜索などに役立てることができます。さらに、万が一の事件や事故が起こった際には、映像を証拠として提出することができ、トラブル解決に貢献します。

実際に使用する場面において録画可能件数についてパナソニック VL-SE35UXL (2019)は平均と比較して全くといっていいほど同水準に感じられるでしょう。決定を下す際に、録画可能件数の情報は殆ど参考になりません。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)5050/100

待受時の親機消費電力

パナソニック VL-SE35UXL (2019)に関して、待受時の親機消費電力は2.3Wとなります。待受時の親機消費電力を見てみると100点満点中26.7点という点数をつけています。これは待受時の親機消費電力がそこそこ劣っています。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、健康維持にも効果があります。待ち受け状態でも電子機器から発生する電磁波が少ないため、家族の健康面でも安心できます。加えて、待受状態でも消費電力が少ないため、万が一停電が起こった際にもバックアップバッテリーの持続時間を延ばすことができます。

実際に使う場面において待受時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SE35UXL (2019)はそこそこイマイチなインターホンと言えます。しかし絶対的とまでは断定できない点には要注意であるということが分かるでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)2.3W26/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関して、パナソニック VL-SE35UXL (2019)は8Wになります。これはそこそこなレベルと言うことができるインターホンであると思われます。応答時の親機消費電力でいえば全てのインターホンの中で標準グレードに位置づけられ、本サイト上の独自評価では100点中42点をつけています。

これらの評価情報から明白にわかるように応答時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SE35UXL (2019)は標準的と言えます。商品選びにおいて、応答時の親機消費電力の情報はあまり役に立たないと思います。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE35UXL (2019)8W42/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE35UXL (2019)は火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。火災報知機連動機能が備わったこのインターホンは、万が一の火災の際に素早く対応できるため、安心して使用できます。加えて、機能の多さにも注目が必要で、快適な生活をサポートしてくれます。

火災報知機連動機能がついているインターホンの最も大きなメリットは、家族の安全性を高めることだろう。火災報知機が作動することで、家族は火災発生の危険性を迅速に認識することができ、避難することが可能となる。しかも、録画された映像があることで、火災発生時の対応策が明確になる。これにより、家族の安全性とともに、火災に対する対応力も向上する。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE35UXL (2019)はプレストーク応答機能を搭載していると言えます。訪問者が話しかける前に応答するプレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、盲点を取り除くデザインが特徴です。しかも、訪問者との通話が音声と映像の両方でできるため、安心して応対することができます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタン操作なしで来客の声を聞くことができるため、手が塞がっている時や、スピーカーに向かって話しかけることが困難な時でもスムーズに対応できます。また、来客とのやりとりが迅速に行えるため、待たせることなく応対でき、来客の満足度が向上します。さらに、音声を録音することができるものもあり、不在時にも来客対応が可能となるため便利です。

SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35UXL (2019)はSDカード録画機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。このインターホンは、SDカード録画機能を搭載しているため、来訪者不在時のセキュリティ対策に効果的です。さらに、操作は簡単で、誰でもすぐに使いこなせます。録画したビデオの査定も簡単で、犯罪やトラブルがあった場合には証拠として提供することも可能です。

SDカード録画機能を搭載したインターホンには多くのメリットがあります。まず第一に、外出中でも自宅にいるかのように来客者と会話ができるため、安心できます。また、SDカードに録画しておけば、来客者がいつ来たか確認できるだけでなく、もしも不審な人物が来た場合も証拠を残すことができます。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE35UXL (2019)はハンズフリーに対応しているインターホンと言えるでしょう。このインターホンは、ハンズフリーに対応しており、手が塞がっていても快適に通話ができます。また、音質も良く、騒音の多い環境でも音声がクリアに聞こえます。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、日常生活において非常に便利です。例えば、手に荷物を持っている時や、部屋の奥にいる間でも、インターホンを快適に利用することができます。さらに、ハンズフリーに対応していることで、子どもたちが簡単に操作でき、安全性も増します。

スペック

パナソニック VL-SE35UXL (2019)
画像パナソニック VL-SE35UXL (2019)
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:186mm、縦:143mm、厚さ:23.5mm
親機重量405g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数50
待受時の親機消費電力2.3W
応答時の親機消費電力8W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量200g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数2
ライト機能
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック VL-SE35UXL (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。