パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL 評価

2023-05-21 16:03:22

総合評価

61.5/100

(総合順位: 28/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
18/100
親機重量
13/100
親機画面サイズ
90/100
録画可能件数
50/100
待受時の親機消費電力
50/100
応答時の親機消費電力
26/100
子機本体サイズ
90/100
子機重量
90/100
子機ディスプレイサイズ
88/100
室内モニターの設置可能数
90/100
玄関子機の設置可能数
70/100
総合評価61.5/100

評価レビュー

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mmというデータであるということができます。親機本体サイズについて見てみると全てのインターホンの中でもはるかに下回っています。評価得点は100点中18.2点です。これは一般的なインターホンと比較すると親機本体サイズがはるかに大きいということが分かります。

親機本体サイズが小さいインターホンは、省スペースでありながら高性能な点が特徴です。小さな本体に、必要な機能を凝縮しているので、場所を取ることなく使用できます。また、携帯性に優れた点から、旅行先などで使用することも可能です。

実際に使う場面でパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは一段と劣っていると感じるでしょう。従って、親機本体サイズに配慮したいなら、このインターホンを選択するべきではないと言うことができるかもしれません。

親機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm18/100

親機重量

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLにおいて、親機重量は840gというデータです。標準より、これは非常に微妙なと言えるインターホンであると思います。親機重量という点に関して最低グレードに位置するでしょう。

親機重量が軽いインターホンは、その名の通り、親機の重さが軽いため、持ち運びや取り付けがしやすいというメリットがあります。また、軽量なため電気代が節約できるという点も重要です。しかしこれだけでなく、省エネ性が高いことから、地球環境にも優しい製品として評価されています。複数の利点があるため、インターホンの購入をお考えの際は、軽い親機を採用した製品を選ぶことをおすすめします。

親機重量について実際の利用を考えると、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはかなり低いレベルに位置すると言うことができるでしょう。このため、このインターホンを選ばないうえで、重要な材料の一つになります。また、このインターホンは親機重量に配慮したい場合イマイチな選択肢といえるかもしれません。

親機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL840g13/100

親機画面サイズ

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLにおいて、親機画面サイズは7インチとなります。100点満点中90点となっています。通常のインターホンと比べる場合これは優位にあるインターホンでしょう。

親機画面サイズという側面において評価するとパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは非常に高いグレードにあると思われます。従って親機画面サイズを気にする人の場合このインターホンを選んだ方がいいと考えられるかもしれません。

親機画面サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL7インチ90/100

タッチパネル

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはタッチパネルに対応していると言うことができます。このインターホンのタッチパネル対応は、非常にスムーズです。指で軽くタッチするだけで、次々と機能が使えるため、忙しい時でもストレスなく操作できます。さらに取り付けも簡単で、DIYでもできるので、手軽に導入できます。

タッチパネルに対応しているインターホンのメリットとしては、操作の容易さが挙げられます。物理的なボタンが少なく、タッチパネルの直感的な操作性により、初めて使う人でもスムーズに使用できます。また、画面が大きい場合は、より詳細な情報を得ることができます。タッチパネルの採用により、快適なインターホンライフが実現できます。

録画可能件数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLにおける録画可能件数において50というデータになっています。録画可能件数に関してはまあまあのレベルに位置づけられます。これはそこそこと言った感じということが分かります。このインターホンは、使用していてとても信頼性があります。多くの録画可能件数があるということは、長時間にわたって録画できるということです。さらに、この商品の映像は暗い場所でも明るく撮影でき、全体的な映像の質感も非常に高いです。使い方も簡単で、便利な機能がたくさんついています。見守りや監視、家族のコミュニケーションにもぴったりです。

録画可能件数が多いインターホンを使用することで、家族が外出中でも自宅の安全を確保できます。さらに、録画映像を確認することで、不審者に気づいた場合には直ちに対処できるため、防犯対策からも非常に優れた製品です。さらに、連続録画が可能なため、映像の途中で録画が途切れる心配もありません。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは中程度に位置すると言うことができます。他の視点で選ぶことを非常に推奨します。録画可能件数の情報を比較しても殆ど意味がないといえるでしょう。

録画可能件数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL5050/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力に関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは1.5Wというデータといえます。これは待受時の親機消費電力が中程度のグレードと言ったレベルということが分かるでしょう。評価は100点中50.5点というデータです。当社で取り扱っているこのインターホンの親機は、小さい待受時でも消費電力が非常に低いことが確認できました。省エネ設計であるため、長時間の待機時間も安心してご利用いただけます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、音質に優れているメリットがあります。高品質のスピーカーやマイクが搭載されているため、クリアで鮮明な音声通話が可能です。また、場合によってはノイズキャンセリング機能が装備されており、周囲の騒音を抑えた通話を実現します。これにより、快適な通話環境を提供してくれることでしょう。

この評価情報から明らかなように、待受時の親機消費電力においてパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは普通のインターホンであることがわかります。判断を下す際に、待受時の親機消費電力の情報はほとんど役に立ちません。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL1.5W50/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは10Wというデータです。応答時の親機消費電力という観点において全てのインターホンの中でもまあまあ微妙な水準にあります。標準と比べると、このインターホンの応答時の親機消費電力は比較的大きいインターホンと言えます。

この評価情報から明白なように応答時の親機消費電力に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはそこそこ下回っているインターホンであるといえます。しかし決定的とまでは判断できないということが分かります。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL10W26/100

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。火災は突然やってくるものですが、このインターホンは火災報知機連動機能がついており、早期発見・緊急対応ができます。日常生活に欠かせない機能を備え、家族やご家庭の安全・安心を守ります。

火災報知機連動機能がついているインターホンの最も大きなメリットは、家族の安全性を高めることだろう。火災報知機が作動することで、家族は火災発生の危険性を迅速に認識することができ、避難することが可能となる。しかも、録画された映像があることで、火災発生時の対応策が明確になる。これにより、家族の安全性とともに、火災に対する対応力も向上する。

電気錠連動機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは電気錠連動機能に対応しているインターホンと言えます。当社が取り上げるこのインターホンは、電気錠連動機能に対応しているため、セキュリティー面で信頼性が高く、安心してご利用いただけます。また、素早く応答することができるため、来客者とのコミュニケーションもスムーズに行えます。

電気錠連動機能に対応しているインターホンのもう1つのメリットは、快適な生活空間の提供です。例えば、家にいながら玄関先にいる配達員に対して、許可してドアを開けることができます。また、ベルを鳴らすことなく、静かにドアを開けることができるため、家族の生活においてもストレスを軽減します。

プレストーク応答機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。プレストーク応答機能を搭載しているこのインターホンは、相手側が通話を受けた瞬間から声を届けることができます。このため、手元を離すことなく、迅速に応答することが可能です。よって、急な来客にも対応できます。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、ボタンを押さなくても相手の声を聞くことができ、よりスムーズなコミュニケーションを実現できます。また、手軽に応答を返すことができるため、来客とのやりとりがスムーズに進み、ストレスを感じることが少なくなります。さらに、スマートフォン連携に対応しているものもあるため、外出先からでも来客対応が可能となります。

SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはSDカード録画機能を搭載しているインターホンとなります。このインターホンにはSDカード録画機能が搭載されており、防犯性能が大幅に向上しています。暗視機能も有しているため、夜間でもハッキリと映像を確認することができ、安心して生活することができます。

SDカード録画機能を搭載しているインターホンのメリットは多岐にわたります。まず一つ目は、自宅を留守にする際や、外出している時間帯でも、玄関先で起こった出来事を記録することができる点です。また、万が一の場合、発生した出来事を手元に残しておくことができ、犯罪捜査などに役立つかもしれません。それに加えて、当日に出かける時に録画した映像をチェックすることで、出先での荷物の受け取りや、来客対応の計画を立てることができます。SDカード録画機能を搭載しているインターホンは、防犯だけでなく、日常生活でも便利です。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズにおいてパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mmとなります。通常のインターホンと比べると、抜きん出ているということが分かります。全インターホンの中でも子機本体サイズの得点評価は断然抜きん出ているインターホンのひとつです。100点中90点を子機本体サイズにつけています。当社が評価したこのインターホンの小さい子機本体サイズは、非常にコンパクトでスリムなデザインとなっており、設置場所によっては存在感がほとんどないという利点があります。また、小さな子供たちでも取り扱いが容易で、使い勝手も良く、家族全員が安心して使用できます。

子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、美しいデザインにこだわる方におすすめできることです。コンパクトなサイズだからこそ、細部までこだわったデザインが可能になります。また、部屋のインテリアとも調和しやすく、おしゃれな印象を与えます。 このように、子機本体サイズが小さいインターホンは、デザイン重視の方にもおすすめできる商品です。

実用的な利用において考えるとパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはかなり優れていると感じると思います。したがって子機本体サイズを気にする人の場合このインターホンを採用した方がいいと思います。そうでなくとも、このインターホンを選択するための決め手の一つと言えるかもしれません。

子機本体サイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm90/100

子機重量

子機重量において、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは170gというデータといえます。全てのインターホンの中でも上回っています。際立って子機重量が優位にあるインターホンの代表格といっても過言ではないことが分かります。

子機重量について体感上の観点から見るとパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは非常に高いグレードと考えられます。このインターホンは有力な候補の一つに考えるべきであることが分かるでしょう。また、子機重量が重要な場合、このインターホンは選択肢にあがると言うことができそうです。

子機重量評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL170g90/100

子機モニター

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは子機にモニターが搭載されていると言えます。子機にモニターが搭載されている、このインターホンは使い勝手が良いです。一度覚えてしまえば、操作方法は簡単で、子機の部屋名も変更可能で、使い勝手が非常に良いです。また、液晶画面が大きく、画像も鮮明で、評価が高いです。

子機にモニターが搭載されているインターホンのもう一つのメリットは、訪問者が来た際に素早く部屋にいるかどうかを確認できることです。これにより、外出中の場合でも訪問者と繋がることができ、返事をしなくても対応可能となります。

子機ディスプレイサイズ

子機ディスプレイサイズに関して、パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは2.7インチというデータです。子機ディスプレイサイズという点においては全てのインターホンの中で最高水準に位置します。100点中88点というデータになっています。これは子機ディスプレイサイズが相当抜きん出ているインターホンの代表的存在といっても過言ではないということがわかります。大きい子機ディスプレイサイズが特徴のこのインターホンは、部屋の中であっても、相手の顔がはっきりと見えます。また、美しいデザインと完璧な音質で、使う人を満足させてくれます。

子機ディスプレイサイズが大きいインターホンは、家族で話しながらでも、画面が見やすく大きいため、子供や高齢者でも使いやすいという点があります。また、安全確認にも役立ち、留守中の不審者監視などにも重宝するでしょう。

子機ディスプレイサイズにおいて実際的な観点から見ればパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは上位20%以内に位置すると言えるでしょう。子機ディスプレイサイズが重要な場合、このインターホンを選んだほうがいいと言えそうです。そうでなくともこのインターホンが候補になる一つの決め手になるでしょう。いずれにしても子機ディスプレイサイズは、不可欠な要素となると言えます。

子機ディスプレイサイズ評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL2.7インチ88/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLの場合、室内モニターの設置可能数は7となります。すべてのインターホンの中でも室内モニターの設置可能数についての評価点は特に秀でたインターホンの代表格であり、100点満点中90点というデータになっています。平均よりこれは比較にならない程勝っているインターホンと言えるでしょう。多数の室内モニターを設置することができるこのインターホンは、家庭やオフィスで利用するには最適な製品です。 室内モニターの設置可能数は問題なく、設置場所や数に関しても自由度が高いため利便性も高いです。複数の室内モニターを使用したい場合は、ぜひこのインターホンを検討してみてください。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、セキュリティ強化に役立つだけでなく、生活の利便性も向上させます。複数の室内モニターを設置することで、例えば子供部屋や書斎、または自宅内の別棟にモニターを設置することができ、必要な場所に常にアクセスできます。一人暮らしの方でも、適切な場所に複数のモニターを設置することで、より安心して生活することができます。

室内モニターの設置可能数に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはかなり上位と考えることができます。そのためこのインターホンは一つの候補であると言うことができます。また室内モニターの設置可能数が重要な場合このインターホンを選択したほうがいいと言えるかもしれません。いずれにしても室内モニターの設置可能数は商品選びにおいて不可欠な要因となるでしょう。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL790/100

室内通話機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは室内通話機能を搭載しているインターホンです。このインターホンは室内通話機能を搭載しているため、屋内でも安心して通話ができます。また、各部屋にインターホンがあるため、来客に素早く対応することができます。

室内通話機能を搭載しているインターホンは、バリアフリーの観点からも大変優れています。高齢者や障がい者の方が一定の場所に滞在している場合、室内通話機能を利用して交流することができます。また、遠方にいる家族や知人ともリアルタイムで音声を通じて会話をすることができるため、社会的孤立や孤独感の軽減にも一役買っています。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数についてパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは3になります。玄関子機の設置可能数がそれなりに高い水準と思われます。本サイトの玄関子機の設置可能数についての評点は100点中70点というデータです。このインターホンにおける多い玄関子機の設置可能数を評価しました。その結果、設置可能な数は十分で、多人数での共同生活に適しています。また、すべての子機がスムーズに動作するため、安心して利用できます。

玄関子機の設置可能数が多いインターホンのメリット:玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、家庭や小規模オフィスに最適です。複数の玄関や場所にインターホンが必要な場合、通常のインターホンでは対応できないことが多くありますが、このタイプのインターホンならスムーズに設置できます。また、異なる場所のインターホンとの接続が容易である点も魅力的です。

実際の使用上のことを考えると、玄関子機の設置可能数に関してパナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは高いレベルにあると言えます。ただし、確定的ではないため注意が必要であるといえるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL370/100

ライト機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはライト機能を搭載しているといえます。ライト機能が付属したこのインターホンは、昼夜問わず、鮮明な映像を提供してくれます。さらに、来客に素早く対応できるため、忙しい現代人には必要不可欠なアイテムです。

ライト機能を搭載しているインターホンのメリットには、夜間にも明るく映像が確認できることが挙げられます。また、暗所での取り込みによる映像ノイズを低減できることから、映像品質の向上にも繋がります。

広角レンズ対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLは広角レンズに対応しているインターホンとなります。広角レンズに対応しているこのインターホンは、分かりやすく明るい映像を提供するため、利便性に優れています。また、夜間でも明るさ調節の恩恵により、訪問者を確認しやすく、セキュリティ性が高いです。

広角レンズに対応しているインターホンは、訪問者を確認しやすく、セキュリティー面で高い効果を発揮します。また、広がった視野を活かして、子供やペットなども室内から確認しやすく、家庭内の安心・安全を保障することができます。そして、室内からでも見やすいため、年配の方や体の不自由な方でも使用しやすいというメリットがあります。

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KLはハンズフリーに対応しているインターホンです。このインターホンは、ハンズフリーに対応しているため、手が塞がっているときでも簡単に通話できます。また、騒音の多い場所でも音声がクリアであるため、快適に通話できると評価されています。このインターホンのハンズフリー機能は、操作が簡単です。また、スリムでシンプルなデザインのため、設置場所を選ばずに使用することができます。ハンズフリー対応のこのインターホンは、機能性とデザイン性のバランスが良く、多くのユーザーから高く評価されています。

ハンズフリーに対応しているインターホンには、多くのメリットがあります。まず、手が塞がっているときでも、音声のみで対話ができるため、便利です。また、ボタン操作が必要なく、スムーズにコミュニケーションができるため、無駄なストレスを軽減することができます。さらに、音声のみであるため、門限を気にすることなく、自由な行動ができる点も魅力的です。

スペック

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL
画像パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:210mm、縦:183mm、厚さ:29mm
親機重量840g
親機画面サイズ7インチ
タッチパネル
録画可能件数50
待受時の親機消費電力1.5W
応答時の親機消費電力10W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:25mm
子機重量170g
子機モニター
子機ディスプレイサイズ2.7インチ
室内モニターの設置可能数7
室内通話機能
玄関子機の設置可能数3
ライト機能
広角レンズ対応
火災報知機連動機能
電気錠連動機能
スマートフォン対応
プレストーク応答機能
SDカード録画機能

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報