パナソニック VL-SE30XL (2017) 評価レビュー

2023-05-21 14:28:27

総合評価

41.4/100

(総合順位: 212/325)

評価項目点数
親機本体サイズ
66/100
親機重量
66/100
親機画面サイズ
45/100
録画可能件数
10/100
待受時の親機消費電力
46/100
応答時の親機消費電力
50/100
子機本体サイズ
26/100
子機重量
50/100
室内モニターの設置可能数
30/100
玄関子機の設置可能数
25/100
総合評価41.4/100

評価レビュー

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE30XL (2017)はハンズフリーに対応しているということができます。ハンズフリーに対応したこのインターホンは、特に高齢者や障がい者にとって利便性が高いと言えます。操作が簡単で、余分な負担がかからないため、応答が円滑に行われます。ただし、音声の鮮明さには、ちょっとした問題があるため、使用する際は注意が必要です。

ハンズフリーに対応しているインターホンには、利便性が高いメリットがたくさんあります。例えば、手が塞がっている場合でも話すことができるため、ベビーカーやショッピングバッグを持っている時でも安心して使用することができます。

親機

親機本体サイズ

親機本体サイズについてパナソニック VL-SE30XL (2017)は横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmというデータであると言えます。普及しているインターホンと比較すると、これは比較的抜きん出ているインターホンとなりそうです。親機本体サイズに関してみてみると高い水準に位置します。100点中66点というデータになっています。このインターホンの小さい親機本体サイズは、省エネ設計がされており、電気代の削減につながります。また、スピーカーの音量調節など、使いやすい機能が搭載されており、場所を取らず機能的です。小型だからこそ、取り付け場所を選ばず自由なレイアウトが楽しめます。

小型の親機本体サイズがあるインターホンは、場所を選ばず設置が可能であり、スペースの制限があるお住まいの方には最適な製品です。また、手軽に取り付けられるため、DIYでの設置が難しいという方でも簡単にご利用いただけます。

実際的な面から見ると、パナソニック VL-SE30XL (2017)はある程度高いレベルであるインターホンということがわかります。従ってこのインターホンは親機本体サイズを重視したいなら採用すべきと考えられそうです。そうでなくともこのインターホンはおすすめということがわかります。ともあれ親機本体サイズを見ておくことでより的確な選択を下すことができるでしょう。

親機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機重量

パナソニック VL-SE30XL (2017)における親機重量について410gになります。親機重量においてレビューワーによる評価スコアは100点中66点です。通常のインターホンと比較する場合これは抜きん出ていると言うことができるインターホンです。このインターホンは、軽量の親機を採用しており、とても使いやすく、持ち運びにも最適です。親機の重量が軽いため、壁面に取り付けることができ、場所を選びません。素晴らしい製品です。

親機重量が軽いインターホンのメリットには、設置が簡単であることが挙げられます。重い親機を取り外すことが困難な場合、設置に手間取ることもありますが、軽い親機ならば、誰でも簡単に設置することができます。また、壁への取り付けが簡単なので、場所を選ばずに設置できるという利点もあります。

実際に活用する場面を考えると、親機重量に関してパナソニック VL-SE30XL (2017)は通常のインターホンと比べるとそこそこ優秀と感じると思います。このインターホンは親機重量を重要視するなら採用すべきと言うことができます。このインターホンを使用した方がよい判断材料と言えます。一方で確定的とまでは言い切れないため注意が必要であることが分かります。

親機重量評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)410g66/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SE30XL (2017)における親機画面サイズについて3.5インチというデータであるといえます。これは普通グレードということがわかるでしょう。親機画面サイズについては普通グレードということが分かります。

この評価情報で分かるように親機画面サイズについてパナソニック VL-SE30XL (2017)は普通のインターホンということがわかります。別の点で比べる必要がありそうとなります。判断を下す際に、親機画面サイズの情報はあまり参考にならないでしょう。

親機画面サイズ評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)3.5インチ45/100

録画可能件数

録画可能件数において、パナソニック VL-SE30XL (2017)は30となります。録画可能件数について全インターホンの中で最低レベルに位置づけられ、100点中10点であると言えます。これは録画可能件数がかなりよくないと言えそうです。

また、録画可能件数が多いインターホンは、防犯用途だけでなく、生活に役立つ機能も備えています。例えば、子供が学校に行くときにインターホンで集合場所を伝えることができます。また、不在の際に配達業者から留守番電話があった場合、録画した映像から確認することができます。

実際的な観点から見ればパナソニック VL-SE30XL (2017)は非常に物足りない水準なインターホンであると言うことができるでしょう。このためこのインターホンは録画可能件数が重要な場合殆ど良くない選択肢と考えることができそうです。いずれにしても録画可能件数を考慮することが合理的な判断を下すことにつながると言えます。

録画可能件数評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)3010/100

待受時の親機消費電力

待受時の親機消費電力について、パナソニック VL-SE30XL (2017)は1.6Wというデータです。全てのインターホンの中で待受時の親機消費電力についての評価スコアはまあまあといった感じのインターホンで、100点中46点となります。これはまあまあといった感じと言えます。このインターホンの小さい待受時の親機消費電力は、他の製品と比較しても非常に低いと言えます。また、長時間の使用でも大きな負担を感じることなく、安心して利用できます。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンを選ぶメリットの一つに、環境保護に対する意識が高まっている現代において、省エネ性能があることが挙げられます。また、待機中の音のなさにより、夜間などの静かな時間帯にも使いやすくなっています。さらに、省エネ性能による電気代の節約につながるため、長期的に見てもコストダウンに繋がります。

この評価情報から明確なように待受時の親機消費電力において実際的な側面から言えばパナソニック VL-SE30XL (2017)は標準的なインターホンであると言えるでしょう。待受時の親機消費電力の情報を考慮しても、商品を決めるうえでほとんど意味がないといえるでしょう。

待受時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)1.6W46/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力について、パナソニック VL-SE30XL (2017)は7.5Wというデータになっています。全てのインターホンの中で応答時の親機消費電力の得点評価はまあまあといった感じのインターホンであり100点満点中50点という点数評価を応答時の親機消費電力につけています。これは応答時の親機消費電力がまあまあといった感じのインターホンであるということが分かるでしょう。

実際の用途において考えると、パナソニック VL-SE30XL (2017)は普通のインターホンであると言えるでしょう。商品を決めるうえで、応答時の親機消費電力の情報はあまり意味がありません。

応答時の親機消費電力評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)7.5W50/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

玄関子機の設置可能数において、パナソニック VL-SE30XL (2017)は1となっています。これは典型的なインターホンと比べると劣っていると考えられそうです。玄関子機の設置可能数についての得点評価は100点中25点です。

玄関子機の設置可能数が多くなると、一つのインターホンで複数の場所に設置できるため、利便性が向上します。例えば、複数の部屋や複数階に分かれた住宅であれば、玄関子機を複数設置する必要があります。しかし、設置可能数が多ければ、ひとつのインターホンで全ての玄関子機を管理でき、手軽に来客対応を行うことができます。

玄関子機の設置可能数に関して現実的な視点から考えると、パナソニック VL-SE30XL (2017)は通常のインターホンよりよくないと感じると思います。このインターホンに決めるべきではない重視すべき判断材料になるでしょう。またこのインターホンは玄関子機の設置可能数を重要視する人にとって良くない選択肢ということができます。ともあれ玄関子機の設置可能数を考慮することでより正確な決定ができるといえるでしょう。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)125/100

ライト機能

パナソニック VL-SE30XL (2017)はライト機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。ライト機能を搭載しているこのインターホンは、訪問者が夜間に訪れた際にも、確認が容易になるという利点があります。また、暗くても節電できるため、省エネ効果も期待できる点が魅力的です。これにより、訪問者にも配慮した住宅のセキュリティに貢献することができます。

ライト機能を備えたインターホンは、防犯上も優れた効果を発揮します。夜間でも明るい映像で訪問者を確認することができ、不審者を早期に発見することが可能になります。

便利機能

火災報知機連動機能

パナソニック VL-SE30XL (2017)は火災報知機連動機能がついているインターホンであるといえます。火災報知機連動機能がついているこのインターホンは、高い安全性を提供しています。火災が発生しても、すぐに対処できることで、重大な事態が起こりにくくなります。家族やお客様の安全を考える上で、非常に有用な機能と言えます。

火災報知機連動機能がついたインターホンのメリットの1つは、日常生活における安心感の向上です。インターホンの前で少し時間を過ごすだけで、火災が発生した場合に備えた心の準備をすることができます。また、緊急時には、建物内にいる住民全員を一気に通知できるため、迅速に避難することができます。

プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE30XL (2017)はプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えるでしょう。このインターホンのプレストーク応答機能は、話しかける前から音声で返答が可能なため、手軽かつ便利です。また、音声だけでなく映像でも確認可能なため、セキュリティ性も高いです。このインターホンは、質の高いプレストーク応答機能を搭載しているため、コミュニケーションをより円滑にすることができます。

プレストーク応答機能のあるインターホンは、一戸建て住宅でも大変便利な機能です。夜中や深夜に来客があった場合、インターフォンを鳴らすことで、どの部屋にいてもすぐに対応ができます。また、防犯上も非常に有効で、不審者が来た場合は、直接話をせずに今忙しいので後で来てくださいというメッセージを流すことができます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズに関して、パナソニック VL-SE30XL (2017)は横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータとなっています。これは幾分か子機本体サイズが微妙なレベルにあるインターホンです。本サービス上の独自評価では100点中26点を子機本体サイズにつけています。

子機本体サイズが小さいインターホンの優れた点としては、省エネ性があることが挙げられます。小型のため、消費電力も抑えられており、エコな住環境の実現に貢献します。また、機能性も多様で、音声機能だけでなく、映像機能も兼ね備えている場合があり、高機能ながら、本体サイズを抑えたデザインはスマートで使い勝手も抜群です。

これらの評価から明確に分かるように子機本体サイズにおいてパナソニック VL-SE30XL (2017)はわりと低い水準に位置づけられると言うことができます。そのためこのインターホンを選択肢の一つから排除すべきでしょう。子機本体サイズは大きな要素になります。

子機本体サイズ評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

子機重量においてパナソニック VL-SE30XL (2017)は200gというデータです。まあまあといったレベルと言えるインターホンだとわかります。専門家による独自評価では100点満点中50点を子機重量につけています。

実際に利用する上での観点から見るとパナソニック VL-SE30XL (2017)は通常のインターホンということが分かります。ほかの点を見て選択する方がいいことが分かります。

子機重量評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)200g50/100

室内モニターの設置可能数

パナソニック VL-SE30XL (2017)における室内モニターの設置可能数において2というデータです。これは室内モニターの設置可能数がまあまあ少ないインターホンことが分かるでしょう。すべてのインターホンの中でも室内モニターの設置可能数に関する評価スコアはまあまあ物足りないレベルのインターホンです。本サービス上における評価では100点中30点を室内モニターの設置可能数につけています。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、一戸建て住宅においても様々なメリットがあります。例えば、子供部屋や書斎など、自室以外にも複数の部屋がある場合、余裕を持ってインターホンを設置することができるため、家の中がわかりやすくなります。また、設置可能なモニター数が多く、最新の技術が採用されているインターホンは、オシャレなデザインとともに、高機能かつ省エネルギーであることも魅力の一つです。

実際に活用する場合を考えると室内モニターの設置可能数についてパナソニック VL-SE30XL (2017)は下位水準にあると言えます。従って、このインターホンは候補から外れると言えそうです。また、このインターホンは室内モニターの設置可能数に配慮する人にとっていまいちな選択と言えるかもしれません。しかし、確定的とまでは言うことができないことが分かります。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE30XL (2017)230/100

スペック

パナソニック VL-SE30XL (2017)
画像パナソニック VL-SE30XL (2017)
ハンズフリー対応
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機重量410g
親機画面サイズ3.5インチ
録画可能件数30
待受時の親機消費電力1.6W
応答時の親機消費電力7.5W
子機本体サイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量200g
室内モニターの設置可能数2
玄関子機の設置可能数1
ライト機能
火災報知機連動機能
プレストーク応答機能

パナソニック VL-SE30XL (2017) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。