パナソニック VL-SE25X (2017) と パナソニック VL-SE30XL (2017) を解説。選ぶならどちらにした方がいいのかについて徹底評価します

作成日時: 2019-12-22 19:01:55、更新日時: 2021-10-24 20:54:22

パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)
パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)

「パナソニック VL-SE30XL (2017)」と「パナソニック VL-SE25X (2017)」の違いは? どこにどういった違いがあるのか徹底評価/比較。どちらのインターホンにすべきなのか、選ぶのに慣れてない人でもわかるように比較しています。

パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)
パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)
総合評価:

37.9/100

(総合: 220位)

39.9/100

(総合: 207位)

親機のサイズ
66/100
66/100
親機の重量
64/100
63/100
親機画面のサイズ
18/100
38/100
録画可能な数
12/100
12/100
待ち受け時における親機の消費電力
48/100
48/100
応答時における親機の消費電力
45/100
45/100
子機のサイズ
17/100
17/100
子機の重量
52/100
52/100
室内モニターの設置可能数
42/100
42/100
玄関子機の設置可能数
10/100
10/100

パナソニック VL-SE25X (2017)とパナソニック VL-SE30XL (2017)はハンズフリー対応であり、親機重量はパナソニック VL-SE25X (2017)が405g、パナソニック VL-SE30XL (2017)が410gです。また、親機画面サイズはパナソニック VL-SE25X (2017)が2.7インチ、パナソニック VL-SE30XL (2017)が3.5インチです。待受時の親機消費電力はどちらも1.6Wであり、応答時の親機消費電力はどちらも7.5Wです。子機重量はどちらも200gで、火災報知機連動機能とプレストーク応答機能がどちらの製品にも付いています。パナソニック VL-SE30XL (2017)はライト機能もあります。

これらの製品は、多くの共通点を持っていますが、パナソニック VL-SE30XL (2017)にはライト機能があります。ライト機能があることで、暗い場所でも操作が容易になるため、セキュリティを高めることができます。どちらの製品も機能的であり、スタイリッシュなデザインをしています。お客様のニーズに合わせて選択することをお勧めいたします。

推奨度: 高

どちらの製品も高品質であり、選択に迷うことはありません。パナソニック VL-SE30XL (2017)にはライト機能もあるため、より機能的に使用することができ、優れていると言えます。

icn
パナソニック VL-SE30XL (2017) と比較して パナソニック VL-SE25X (2017) を選ぶメリット

-

icn
パナソニック VL-SE25X (2017) と比較して パナソニック VL-SE30XL (2017) を選ぶメリット
画面サイズ(親機)
18.3点(2.7インチ) vs 38.6点(3.5インチ)
ライト機能

「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を徹底比較する

室内子機について「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比較

子機のサイズについて

子機のサイズが小さいインターホンは障害物などで、設置場所が限られる場所でも設置できる点で秀でています。例えばちょっとしたスペースに置けるのでインテリアの配置を変更することなく設置するといったケースに向いています。

子機のサイズを「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比べると「パナソニック VL-SE25X (2017)」は横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmで「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmです。「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」も同じくらいと言えるでしょう。子機のサイズの小ささランキングで見てみると226製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は170位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は166位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの差は無いです。別の角度から見ることをおすすめします。

子機のサイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm17/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm17/100

子機の重量について

子機の重量が軽いインターホンは持ち運びが簡単にできる点で秀でています。特に簡単な金具を使用して設置するのに適しています。

子機の重量について比較すると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は200gに対して「パナソニック VL-SE25X (2017)」は200gです。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」の重量は「パナソニック VL-SE25X (2017)」と同じくらいです。子機の軽さランキングで見てみると241製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は158位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は153位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の差はありません。ほかの角度で比べることをおすすめします。

子機の重量評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
200g52/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
200g52/100

室内モニターの設置可能数について

室内モニターの設置可能数が多いインターホンはどのモニターからでも見られるため、来客をより早く確認できる点で優れています。例えば各部屋で来訪者を確認するような場合に最適です。

室内モニターの設置可能数について「パナソニック VL-SE30XL (2017)」と「パナソニック VL-SE25X (2017)」を比べると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は2であり「パナソニック VL-SE25X (2017)」は2です。「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」もほとんど同じ数です。室内子機の設置可能数ランキングで見てみると164製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は128位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は123位です。ほとんど差は無いと言えます。

感覚的にわかるほどの差は無いです。他の角度から決める方がよさそうです。

室内モニターの設置可能数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
242/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
242/100

基本情報について「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比較

ハンズフリー対応について

ハンズフリーに対応しているインターホンは手で受話器を持たなくても話ができる点で使い勝手が良いです。例えば手の不自由な方が使用したり、手が離せない時に使用するといったような場合で役立ちます。

「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」もハンズフリーに対応しているインターホンです。そのため手を使わなくて通話可能なので、ながら対応できる点で秀でています。どちらも家事の最中や子供の世話の途中に手を使わずに応答したい人が使用するのに向いています。

便利機能について「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比較

火災報知機連動機能について

火災報知機連動機能がついているインターホンは親機から子機へ警報を発することができ、近所へ異常を通知できる点で秀でています。例えば外出していてもスマホと連動させて火災を察知するようなケースで役に立ちます。

「パナソニック VL-SE30XL (2017)」も「パナソニック VL-SE25X (2017)」も火災報知機連動機能がついているインターホンです。そのため火災情報を管理室などに通知できる点で優れています。どちらも万が一火災が発生した際、宅外にも火災を通知するのにオススメです。

プレストーク応答機能について

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンはプライバシーの保護が簡単にできる点で使い勝手が良いです。特に応答ボタンを押しながら対応するので音声応答が機能しない時に会話するのにおススメです。

「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」もプレストーク応答機能を搭載しているインターホンです。そのため親機の通話ボタンを押しながら話すことで相手に室内の声を流すことができ、音声を聞き取りやすくできる点で秀でています。どちらも訪問者側に騒音があっても通話するのにオススメです。

玄関子機について「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比較

玄関子機の設置可能数について

玄関子機の設置可能数が多いインターホンは色々な部屋に設置できる点で優れています。特に様々な所から確認できるので防犯をするのに最適です。

玄関子機の設置可能数を比べると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は1に対して「パナソニック VL-SE25X (2017)」は1です。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」の台数は「パナソニック VL-SE25X (2017)」と違いはほぼ無いと言えます。室外子機の接続可能数ランキングで見てみると196製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は184位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は171位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の違いは無いです。他の観点を見て選んだ方がよさそうです。

玄関子機の設置可能数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
110/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
110/100

親機について「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」を比較

親機のサイズについて

親機のサイズが小さいインターホンはインテリアの雰囲気を壊す事なく設置できる点で秀でています。特に部屋のイメージを損なうことなく設置するのに最適です。

親機のサイズを比較すると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmであり「パナソニック VL-SE25X (2017)」は横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmです。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」のサイズは「パナソニック VL-SE25X (2017)」と差はほぼありません。親機のサイズの小ささランキングで見てみると244製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は101位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は95位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の違いはありません。ほかの角度を見て比較した方がよいでしょう。

親機のサイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機の重量について

親機の重量が軽いインターホンは取り付けの時に力が必要無いので女性でも楽に設置できる点で使い勝手が良いです。特に力を使わなくても容易に設置するといったような場合におススメです。

親機の重量について比べると「パナソニック VL-SE25X (2017)」は405gで「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は410gです。「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」もほとんど同じくらいの重量です。親機の軽さランキングで見てみると251製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は74位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は89位です。ほとんど差は無いと言えます。

感覚的にわかるほどの差はありません。ほかの視点から比較した方が良いでしょう。

親機の重量評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
405g64/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
410g63/100

親機画面のサイズについて

親機画面のサイズが大きいインターホンは訪問者の顔をはっきりと視認できる点で使い勝手が良いです。特に訪問者の確認を正確にするといった場合で役に立ちます。

親機画面のサイズについて「パナソニック VL-SE30XL (2017)」と「パナソニック VL-SE25X (2017)」を比べると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は3.5インチであり「パナソニック VL-SE25X (2017)」は2.7インチです。0.7インチの差があります。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は「パナソニック VL-SE25X (2017)」に比べてやや大きいです。親機モニターの大きさランキングで比較すると全234製品のなかで「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は172位で「パナソニック VL-SE25X (2017)」は206位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

「パナソニック VL-SE30XL (2017)」はより大きな画面で来訪者の顔を確認できる点で「パナソニック VL-SE25X (2017)」よりも多少優れているかもしれません。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は顔や服装がはっきり認識できるので、小さなお子さんや高齢者が対応する際に人間違いを防止するのにやや適しています。実際に使う場面において「パナソニック VL-SE30XL (2017)」の方が「パナソニック VL-SE25X (2017)」よりもややよいです。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は「パナソニック VL-SE25X (2017)」よりいいでしょう。しかし決め手になる程の違いはありません。

親機画面のサイズ評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
2.7インチ18/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
3.5インチ38/100

録画可能な数について

録画可能な数が多いインターホンはより多くの来訪者の映像を残すことができる点で優れています。例えば防犯面で安心したい方が使用するのに適しています。

録画可能な数について「パナソニック VL-SE30XL (2017)」と「パナソニック VL-SE25X (2017)」を比べると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は30に対して「パナソニック VL-SE25X (2017)」は30です。「パナソニック VL-SE30XL (2017)」の件数は「パナソニック VL-SE25X (2017)」と違いがほとんど無いです。保存録画件数の多さランキングで見てみると154製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は143位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は136位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの違いは無いです。別の観点で見ることをおすすめします。

録画可能な数評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
3012/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
3012/100

待ち受け時における親機の消費電力について

待ち受け時における親機の消費電力が小さいインターホンは月々の電気料金を節約できる点で優れています。例えば長期運用における電気代の節約をするといったような場合で役に立ちます。

待ち受け時における親機の消費電力を比較すると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は1.6Wに対して「パナソニック VL-SE25X (2017)」は1.6Wです。待ち受け時における親機の消費電力という角度で見てみると「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」もほぼ同一です。親機の待機時消費電力の小ささランキングで見てみると171製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は109位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は105位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの差はありません。ほかの観点を見て選択する方が良さそうです。

待ち受け時における親機の消費電力評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
1.6W48/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
1.6W48/100

応答時における親機の消費電力について

応答時における親機の消費電力が小さいインターホンは電気代を節約し運用できる点で使い勝手が良いです。例えば省エネルギーを推進するのにおすすめです。

応答時における親機の消費電力について「パナソニック VL-SE30XL (2017)」と「パナソニック VL-SE25X (2017)」を比べると「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は7.5Wで「パナソニック VL-SE25X (2017)」は7.5Wです。「パナソニック VL-SE25X (2017)」も「パナソニック VL-SE30XL (2017)」も同じくらいです。親機の定格消費電力の小ささランキングで見てみると158製品中「パナソニック VL-SE25X (2017)」は83位で「パナソニック VL-SE30XL (2017)」は79位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の差はありません。別の視点で決めた方がいいでしょう。

応答時における親機の消費電力評価
パナソニック VL-SE25X (2017)
7.5W45/100
パナソニック VL-SE30XL (2017)
7.5W45/100

「パナソニック VL-SE25X (2017)」と「パナソニック VL-SE30XL (2017)」の違いを表で比較する

パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)
パナソニック VL-SE25X (2017)パナソニック VL-SE30XL (2017)
基本情報
ハンズフリーに対応しているかどうか
親機
親機のサイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機の重量405g410g
親機画面のサイズ2.7インチ3.5インチ
録画可能な数3030
待ち受け時における親機の消費電力1.6W1.6W
応答時における親機の消費電力7.5W7.5W
室内子機
子機のサイズ横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機の重量200g200g
室内モニターの設置可能数22
玄関子機
玄関子機の設置可能数11
ライトがつけられるかどうか -
便利機能
火災報知機連動機能がついているかどうか
プレストーク応答機能を搭載しているかどうか

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較する

価格をチェック

パナソニック VL-SE25X (2017) の関連記事
パナソニック VL-SE30XL (2017) の関連記事
パナソニック VL-SE25X (2017)

総合評価: 40.4/100

(総合: 220位)

詳細を見る

パナソニック VL-SE25X (2017)

パナソニック VL-SE25X (2017) と評価が同程度のインターホンを探す

パナソニック VL-SE25X (2017) の関連記事
パナソニック VL-SE30XL (2017) の関連記事
パナソニック VL-SE30XL (2017)

総合評価: 41.4/100

(総合: 207位)

詳細を見る

パナソニック VL-SE30XL (2017)

パナソニック VL-SE30XL (2017) と評価が同程度のインターホンを探す