徹底レビュー: アイホン テレビドアホン WS-14B と パナソニック VL-SE25XA

2023-11-07 20:18:02

アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
総合評価:

55.7/100

(総合順位: 66/325)

41.8/100

(総合順位: 205/325)

親機本体サイズ
83/100
66/100
親機重量
75/100
82/100
親機画面サイズ
45/100
33/100
録画可能件数
30/100
10/100
待受時の親機消費電力
73/100
46/100
応答時の親機消費電力
66/100
50/100
子機本体サイズ
59/100
26/100
子機重量
50/100
50/100
室内モニターの設置可能数
50/100
30/100
玄関子機の設置可能数
25/100
25/100

スペック

アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
アイホン テレビドアホン WS-14Bパナソニック VL-SE25XA
基本情報
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:180mm、縦:135mm、厚さ:22mm横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機重量380g340g
親機画面サイズ3.5インチ2.7インチ
録画可能件数4030
待受時の親機消費電力1.2W1.6W
応答時の親機消費電力6W7.5W
室内子機
子機本体サイズ横:128.8mm、縦:96.8mm、厚さ:32.5mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量200g200g
室内モニターの設置可能数42
玄関子機
玄関子機の設置可能数11
ライト機能 -
便利機能
火災報知機連動機能 -
プレストーク応答機能

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

親機

親機本体サイズ

アイホン テレビドアホン WS-14Bの親機本体サイズは横:180mm、縦:135mm、厚さ:22mmとなっているのに対しパナソニック VL-SE25XAの親機本体サイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmというデータであるということができます。まあまあの違いが存在しています。この比較情報から明確に分かるようにアイホン テレビドアホン WS-14Bの親機本体サイズはパナソニック VL-SE25XAの親機本体サイズをまあまあ上回っていると言えるでしょう。親機本体サイズが小さいインターホンのメリットとしては、設置スペースの節約はもちろんのこと、お掃除もしやすい点が挙げられます。本体が小さいため、手間なくお手入れが可能です。

親機本体サイズが小さいインターホンには、設置場所に限定されることがないため、どこでも自由に利用できる点が優れています。特に、狭い空間や小さなお部屋でも設置できるため、より広々とした空間を実現することができます。

実際に使う場面でパナソニック VL-SE25XAの方がアイホン テレビドアホン WS-14Bの親機本体サイズと比べるとまあまあ微妙と感じられるでしょう。アイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAについてそれなり差を感じることと思います。ただ確定的と言えるほどの違いはないため注意して検討する必要性があるということが分かるでしょう。

親機本体サイズ評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
横:180mm、縦:135mm、厚さ:22mm83/100
パナソニック VL-SE25XA
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機重量

パナソニック VL-SE25XAの親機重量は340gというデータであるといえます。またアイホン テレビドアホン WS-14Bの親機重量は380gというデータであるといえます。40gのほんのすこしの違いがアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAにありパナソニック VL-SE25XAの方が親機重量が微妙に軽いということが分かるでしょう。親機重量が軽いインターホンのメリットは、取り付けられる場所が広がり、設置作業がより簡単となる点です。

親機重量が軽いインターホンを使用することで、利便性が向上します。軽量の親機は、設置する場所を選びません。重量がある場合、設置する場所を選べないことがありますが、軽量の親機であれば、どこでも簡単に設置することができます。二つ目に、軽量の親機は、操作性が良くなります。重量がある場合、操作が難しく感じることもありますが、軽量の親機であれば、スムーズなキー操作が可能です。三つ目に、軽量の親機は持ち運びも簡単です。場所を変える必要がある場合、持ち運びが楽にできるため、修理や点検が簡単に行えます。

この比較情報でわかるように、親機重量においてアイホン テレビドアホン WS-14Bはパナソニック VL-SE25XAより体感上わずかに物足りない水準に感じるでしょう。違いはわずかに開いています。別の角度から採用することをかなり推奨します。親機重量の情報を評価しても、あまり意味がありません。

親機重量評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
380g75/100
パナソニック VL-SE25XA
340g82/100

親機画面サイズ

パナソニック VL-SE25XAの親機画面サイズは2.7インチというデータになっており、アイホン テレビドアホン WS-14Bの親機画面サイズは3.5インチです。パナソニック VL-SE25XAの方が親機画面サイズは少しだけ小さいと言え0.7インチのごく僅かな差がアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAに存在しています。

親機画面サイズという点に関して実際に使用するときには違いはほとんど存在していません。親機画面サイズについてアイホン テレビドアホン WS-14Bはパナソニック VL-SE25XAに比べて体感的に、ほんのちょっと有利にあります。商品選択において、親機画面サイズの情報はあまり意味がないといえます。一方で敢えて考えるならパナソニック VL-SE25XAよりもアイホン テレビドアホン WS-14Bであるということが分かります。

親機画面サイズ評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
3.5インチ45/100
パナソニック VL-SE25XA
2.7インチ33/100

録画可能件数

アイホン テレビドアホン WS-14Bの録画可能件数は40である一方パナソニック VL-SE25XAの録画可能件数は30というデータです。10の割と顕著な違いがアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAに見られます。アイホン テレビドアホン WS-14Bの方が録画可能件数は比較的多いです。録画可能件数が多いインターホンは、見逃し防止に役立ちます。訪問者が来たことを見逃してしまうことがなくなりますし、ご家族がいない時間帯でも、何があったかを確認することができます。

録画可能件数が多いインターホンは、昨今の防犯意識の高まりに沿った製品として注目されています。一般的な監視カメラでは、車や歩行者などのために短時間しか録画できないことがありますが、録画可能件数が多いインターホンでは解決することができます。 録画可能件数が多いインターホンによってレストランや店舗などのプライバシーを保護することができる点もメリットの一つです。多くの場合、レストランや店舗では、対面式のインターホンを使用していますが、監視カメラは別途設置しなければならず、導入コストが高い場合があります。

録画可能件数という点において体感上の面で考えると違いはまあまあ大きく開いていると言えるでしょう。アイホン テレビドアホン WS-14Bは録画可能件数に配慮したいなら理想的と考えることができそうです。

録画可能件数評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
4030/100
パナソニック VL-SE25XA
3010/100

待受時の親機消費電力

アイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAで待受時の親機消費電力に関して比較してみるとパナソニック VL-SE25XAは1.6Wというデータであるのに対しアイホン テレビドアホン WS-14Bは1.2Wになります。0.4Wのそこそこの違いがアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAに見られアイホン テレビドアホン WS-14Bは待受時の親機消費電力は比較的小さいと言えるでしょう。待受時の親機消費電力が小さいインターホンを選ぶと、電気代の節約につながります。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのもう一つのメリットは、防犯に対する効果が高いという点です。電気代の削減により、従来のインターホンよりも待機時間が長くなり、質の高い防犯機能が発揮されます。また、待受時でも親機側の音声検知機能が働き、異常を察知した場合には、すぐに外部に通知することができるため、より安心して使用できます。

実際の使用においては、待受時の親機消費電力に関してパナソニック VL-SE25XAよりもアイホン テレビドアホン WS-14Bの方が体感上、やや凄いと言えます。このため、パナソニック VL-SE25XAは待受時の親機消費電力を重視する人にとっては良くない選択肢と考えられそうです。ただし、絶対的な程の差はないため注意が必要であることが分かります。

待受時の親機消費電力評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
1.2W73/100
パナソニック VL-SE25XA
1.6W46/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力という点に関してアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAを比べるとパナソニック VL-SE25XAは7.5Wであり、アイホン テレビドアホン WS-14Bは6Wです。アイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAの違いは1.5Wもあり、パナソニック VL-SE25XAは遥かに応答時の親機消費電力は大きいと言うことができるでしょう。

実用上の面から見るとアイホン テレビドアホン WS-14Bはパナソニック VL-SE25XAよりも体感上、高いレベルにあるといえそうです。このためパナソニック VL-SE25XAは応答時の親機消費電力を優先するならイライラを感じると思われます。

応答時の親機消費電力評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
6W66/100
パナソニック VL-SE25XA
7.5W50/100

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE25XAの玄関子機の設置可能数は1というデータであるのに対してアイホン テレビドアホン WS-14Bの玄関子機の設置可能数は1というデータとなっています。玄関子機の設置可能数について、パナソニック VL-SE25XAとアイホン テレビドアホン WS-14Bは非常に似ていると思います。

一般的なインターホンであれば、玄関子機の設置可能数が限られていることが多いですが、設置可能数が多いインターホンを利用することで、より便利に生活することができます。例えば、子ども部屋や仕事部屋にも子機を設置することができ、それぞれの部屋で通話を行うことができます。

玄関子機の設置可能数という点で、パナソニック VL-SE25XAもアイホン テレビドアホン WS-14Bも差は全くと言っていいほど存在していません。玄関子機の設置可能数の情報を確認しても、殆ど参考になりません。

玄関子機の設置可能数評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
125/100
パナソニック VL-SE25XA
125/100

基本情報

ハンズフリー対応

パナソニック VL-SE25XAとアイホン テレビドアホン WS-14Bは、どちらもハンズフリーに対応しているということができます。当社の調査によると、これらのインターホンは全てハンズフリーに対応しています。これは、利用者が受話器を持たなくても通話が可能で、手が塞がっている時でも快適に使えることを意味しています。

ハンズフリーに対応しているインターホンを使うことで、手が塞がっている状態や重いものを持っている場合でも、通話が可能となります。また、インターホンの機能を最大限に活用することで、防犯対策にもなります。夜間、来客を確認する際にも、安心して使用することができます。

室内子機

子機本体サイズ

子機本体サイズの観点から比べると、アイホン テレビドアホン WS-14Bは横:128.8mm、縦:96.8mm、厚さ:32.5mmというデータであるのに対し、パナソニック VL-SE25XAは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータであるということができます。子機本体サイズに関してパナソニック VL-SE25XAよりアイホン テレビドアホン WS-14Bは比較的小さいといえます。そこそこ顕著な差が存在しています。子機本体サイズが小さいインターホンのメリットは、設置場所の制約が少ない事です。それにより、自宅の設計に制限を与えず、スペースの有効活用ができます。

子機本体サイズが小さいインターホンの利点の一つは、設置に制限がないことです。マンションやアパートなど、狭いスペースに住んでいる方でも、設置場所に悩むことなく選択することができます。また、小型であるため、唯一のインターホンとしても十分な機能を持っています。

子機本体サイズについて実際に使用する場合を考えると、パナソニック VL-SE25XAとアイホン テレビドアホン WS-14Bにおいてそこそこのギャップが存在すると言うことができます。子機本体サイズについてパナソニック VL-SE25XAはアイホン テレビドアホン WS-14Bより感覚的に言ってある程度物足りない水準にあると感じられると思います。したがってパナソニック VL-SE25XAを選ばない一つの大きなヒントと言えるかもしれません。また子機本体サイズを重要視する場合パナソニック VL-SE25XAを選択するべきではないと考えられそうです。

子機本体サイズ評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
横:128.8mm、縦:96.8mm、厚さ:32.5mm59/100
パナソニック VL-SE25XA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

子機重量に関して比べた場合、アイホン テレビドアホン WS-14Bは200gとなっており、パナソニック VL-SE25XAは200gとなります。アイホン テレビドアホン WS-14Bの子機重量はパナソニック VL-SE25XAと比較して違いはすこしだけしか存在していません。

実際にはパナソニック VL-SE25XAもアイホン テレビドアホン WS-14Bもほぼ同水準に感じとれると言えるかもしれません。パナソニック VL-SE25XAもアイホン テレビドアホン WS-14Bもまったくと言えるほど違いは存在しません。他の角度から検討することを是非推奨します。

子機重量評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
200g50/100
パナソニック VL-SE25XA
200g50/100

室内モニターの設置可能数

室内モニターの設置可能数という点においてパナソニック VL-SE25XAとアイホン テレビドアホン WS-14Bをみてみると、アイホン テレビドアホン WS-14Bは4となっています。それに対してパナソニック VL-SE25XAは2となっています。2ものかなり大きな差がアイホン テレビドアホン WS-14Bとパナソニック VL-SE25XAに存在し、パナソニック VL-SE25XAの方が比べ物にならないくらい室内モニターの設置可能数が少ないと言えます。室内モニターの設置可能数が多いインターホンは、一つの設備で複数の室内モニターを設置できるので、家族構成や生活スタイルに合わせた使い方が可能です。

室内モニターの設置可能数が多いインターホンには、多人数での居住や、オフィスなどに最適です。さらに、館内各所からの対応も可能であり、利便性に優れています。

室内モニターの設置可能数に関していえば違いはダントツというデータです。アイホン テレビドアホン WS-14Bを選択する一つの決め手といえます。アイホン テレビドアホン WS-14Bは室内モニターの設置可能数に注目する人の場合採用すべきと考えられるかもしれません。

室内モニターの設置可能数評価
アイホン テレビドアホン WS-14B
450/100
パナソニック VL-SE25XA
230/100

便利機能

プレストーク応答機能

両方ともプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言えます。これらのインターホンには、プレストーク応答機能を搭載しているものがあります。この機能により、訪問者とのやりとりがスムーズに行え、とても便利です。また、セキュリティ機能としても有効です。

プレストーク応答機能を搭載したこのインターホンの最大のメリットは、家族とのコミュニケーションを強化できることです。忙しい日々でも、外出先で家族と簡単な会話ができるため、家族のコミュニケーション不足を解消することができます。また、緊急時にもすぐに家族と連絡をとることができるため、安心して生活することができます。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイホン テレビドアホン WS-14B
パナソニック VL-SE25XA

アイホン テレビドアホン WS-14B

アイホン テレビドアホン WS-14B と評価が同程度のインターホンを探す

アイホン テレビドアホン WS-14B
パナソニック VL-SE25XA

パナソニック VL-SE25XA

パナソニック VL-SE25XA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報