徹底レビュー: アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH と パナソニック VL-SE25XA

2023-10-31 15:36:12

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
総合評価:

38.9/100

(総合順位: 224/325)

41.8/100

(総合順位: 205/325)

親機本体サイズ
66/100
66/100
親機重量
62/100
82/100
親機画面サイズ
59/100
33/100
録画可能件数
10/100
10/100
待受時の親機消費電力
17/100
46/100
応答時の親機消費電力
42/100
50/100
子機本体サイズ
38/100
26/100
子機重量
30/100
50/100
玄関子機の設置可能数
25/100
25/100

スペック

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHパナソニック VL-SE25XA
基本情報
ハンズフリー対応
親機
親機本体サイズ横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm
親機重量420g340g
親機画面サイズ4.3インチ2.7インチ
録画可能件数3030
待受時の親機消費電力8W1.6W
応答時の親機消費電力8W7.5W
室内子機
子機本体サイズ横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mm横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm
子機重量220g200g
室内モニターの設置可能数 - 2
玄関子機
玄関子機の設置可能数11
ライト機能 -
広角レンズ対応 -
便利機能
火災報知機連動機能 -
スマートフォン対応 -
プレストーク応答機能
SDカード録画機能 -

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

類似のインターホンを探す

他のインターホンと比較

価格を見る

比較レビュー

便利機能

プレストーク応答機能

両方ともプレストーク応答機能を搭載しているインターホンであると言うことができるでしょう。プレストーク応答機能を搭載したこれらのインターホンは、セキュリティ強化にも役立ちます。例えば、急な来訪者に対しても、顔を合わせずにクイックに対応することができます。また、防犯対策としても重宝される機能です。

プレストーク応答機能を搭載しているインターホンは、家族や来客にも非常に使いやすいという楽な側面があることが利点の一つです。プレストーク機能を使うことにより、話し手が誰であるかを事前に聞くことができるため、返答の仕様がより明確になり、よりスムーズなコミュニケーションが可能です。

玄関子機

玄関子機の設置可能数

パナソニック VL-SE25XAの玄関子機の設置可能数は1となっており、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは1となります。パナソニック VL-SE25XAとアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの差はまったくないデータであり同一レベルの玄関子機の設置可能数ということができます。

パターン1: 玄関子機の設置可能数が多いインターホンは、家族構成が多い家庭や事務所などでとても便利です。各部屋にインターホンを設置できるため、来客対応がスムーズになり、セキュリティ面でも安心感が増します。

玄関子機の設置可能数について実際の使用上のことを考えるとパナソニック VL-SE25XAもアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHも違いはまったく無いといっていい程ありません。パナソニック VL-SE25XAもアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHも似ています。玄関子機の設置可能数の情報を確認しても、あまり意味がありません。

玄関子機の設置可能数評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
125/100
パナソニック VL-SE25XA
125/100

親機

親機本体サイズ

パナソニック VL-SE25XAの親機本体サイズは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmとなっています。一方でアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mmとなっています。極めてよく似ており、違いはほんのわずかしか無いです。

親機本体サイズが小さいインターホンは、コンパクトであることが最大のメリットです。小さなサイズでありながら、高度な機能を備えているものも多く、場所を取らずに利便性を高めることができます。また、小型の親機本体があることで、設置場所が限られている場合でも簡単に使用できるため、使い勝手が良いとも言えます。

親機本体サイズの点で実際に使用することを考えるとアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHもパナソニック VL-SE25XAもほとんど差は無いというデータです。別の視点で考慮したほうがよいことが分かるでしょう。

親機本体サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100
パナソニック VL-SE25XA
横:169mm、縦:129mm、厚さ:29mm66/100

親機重量

親機重量について比較してみるとパナソニック VL-SE25XAは340gというデータに対しアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは420gというデータです。アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの方が飛び抜けて親機重量が重いと言えます。アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAの差は80gと言うことができるでしょう。親機重量が軽いインターホンの長所は、取り付けが簡単にできることです。

親機重量が軽いインターホンの利点としては、取り付けしやすいという点が挙げられます。軽い親機ならば、ひとりで取り付けることができ、手軽に設置が可能です。また、取り外しも容易で、移動などにも便利です。

実際に利用する上でアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの親機重量と比べるとパナソニック VL-SE25XAの方が著しく勝っています。親機重量に配慮したい人の場合パナソニック VL-SE25XAが適切といえるかもしれません。そうでなくともアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHをおすすめしたくない一つのポイントとなります。いずれにしても親機重量は商品選びにおいて不可欠な指標になるといえます。

親機重量評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
420g62/100
パナソニック VL-SE25XA
340g82/100

親機画面サイズ

親機画面サイズの点で比較してみると、パナソニック VL-SE25XAは2.7インチで、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは4.3インチというデータとなっています。アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAは凄い違いが存在しています。この比較情報で明確なように、パナソニック VL-SE25XAの親機画面サイズの方がアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの親機画面サイズより比較にならないくらい小さいです。

この比較で明確に分かるように、親機画面サイズにおいてパナソニック VL-SE25XAに比べてアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは高いレベルにあります。パナソニック VL-SE25XAとアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHに関して比較にならないくらいの隔たりがあると考えられます。従って、親機画面サイズにこだわる人にとって、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHはピッタリな選択と考えられるかもしれません。そうでなくともパナソニック VL-SE25XAを採用しない重視すべきポイントの一つになります。ともあれ親機画面サイズを見ておくことで、より賢明な決定を下せると言えます。

親機画面サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
4.3インチ59/100
パナソニック VL-SE25XA
2.7インチ33/100

録画可能件数

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAを録画可能件数の観点について見てみると、パナソニック VL-SE25XAは30というデータになっており、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは30となります。録画可能件数について違いはまったく存在しないと言っていいほどないデータとなっておりよく似ています。

録画可能件数が多いインターホンは、家庭用としてはもちろん、オフィスや店舗の監視にも最適です。録画数が多いため、長時間の監視やビジネスの事後確認が容易になります。また、モーションセンサー機能や動画配信システムと組み合わせることで、より高度なセキュリティ対策が可能になります。

体感的に言えばパナソニック VL-SE25XAもアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHもほとんど同一に感じとれると言えそうです。パナソニック VL-SE25XAもアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHもほとんど違いは存在していません。ほかの角度から検討する必要性がありそうことが分かるでしょう。

録画可能件数評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
3010/100
パナソニック VL-SE25XA
3010/100

待受時の親機消費電力

パナソニック VL-SE25XAの待受時の親機消費電力は1.6Wであるのに対しアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは8Wになります。6.4Wものずば抜けた差がアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAに存在し、パナソニック VL-SE25XAのほうが待受時の親機消費電力は極めて小さいです。待受時の親機消費電力が小さいインターホンは、省エネになり、電気代を節約できるメリットがあります。

待受時の親機消費電力が小さいインターホンのメリットは、素早く電力に変換されるため、非常に効率よく使える点にあります。また、省エネにも繋がるため、健康な地球環境を保つための対策の一つとしても注目されています。消費者にとっても、電気代が安くなると言う点は、大変魅力的です。

実際に使うことを考えると、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHと比べるとパナソニック VL-SE25XAの方が感覚上、高いレベルであると考えられそうです。そのためパナソニック VL-SE25XAを一つの有力な選択肢に加えることを考えるべきです。待受時の親機消費電力に着目して比較することでより良い決定を下せると思います。

待受時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
8W17/100
パナソニック VL-SE25XA
1.6W46/100

応答時の親機消費電力

応答時の親機消費電力において対比するとパナソニック VL-SE25XAは7.5Wとなっているのに対して、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHは8Wというデータです。応答時の親機消費電力についてはアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHはパナソニック VL-SE25XAよりごくわずかに大きいと言えます。アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAの差は少しと言うことができるでしょう。

実際の使用を考慮すると、パナソニック VL-SE25XAはアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの応答時の親機消費電力よりもごくわずかに秀でています。アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAについて違いは少ししか存在しません。単純に数値上としてはパナソニック VL-SE25XAのほうが大きいということがわかります。しかし、他の側面で比較することを提案します。応答時の親機消費電力の情報を考えても、決定する上でほぼ参考にならないと思います。

応答時の親機消費電力評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
8W42/100
パナソニック VL-SE25XA
7.5W50/100

基本情報

ハンズフリー対応

両方ともハンズフリーに対応しているということができます。ハンズフリーに対応しているこれらのインターホンは、通話中に手を空けなくても、会話ができるため、利便性が高く、特に家事や育児に忙しい方におすすめです。さらに、音声操作によって簡単に操作できるため、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。

ハンズフリーに対応しているインターホンは、場所を選ばず応答が可能なため、移動中にも非常に便利です。特に自転車を利用する人にとっては、アクセサリーなどを取り出すことなく応答できるため、安全に通話ができます。仕事中やショッピング中でも、手が塞がっている場合でも応答できるため、待ち時間がなくなります。

室内子機

子機本体サイズ

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの子機本体サイズは横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mmというデータであるのに対してパナソニック VL-SE25XAは横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mmというデータと言うことができます。パナソニック VL-SE25XAとアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHはほんの僅かな差があります。パナソニック VL-SE25XAのほうがアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの子機本体サイズと比べると少しだけ大きいことが分かるでしょう。子機本体サイズが小さいインターホンは、小さなお子様や高齢者でも使いやすく、その点もメリットです。

子機本体サイズが小さいインターホンは、スペースに制限のある住宅に最適な製品です。スリムでコンパクトな設計が、設置場所に制限のある場所でもスムーズに設置することが可能になります。

体感的な視点から見るとパナソニック VL-SE25XAの方がちょっと低いレベルと考えられそうです。差はちょっとだけ開いているといえます。別の角度から考えるほうが良いことが分かります。商品を選択する上で、子機本体サイズの情報は意味がありません。ただしあえて決めるならパナソニック VL-SE25XAよりアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHということができます。

子機本体サイズ評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
横:129mm、縦:97mm、厚さ:36mm38/100
パナソニック VL-SE25XA
横:131mm、縦:99mm、厚さ:36.5mm26/100

子機重量

パナソニック VL-SE25XAの子機重量は200gというデータであるのに対してアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHの子機重量は220gというデータです。20gもの比べ物にならない程の違いがアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAに存在しておりアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHのほうがずば抜けて子機重量は重いことが分かります。

子機重量について実用上の観点から考えると、アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHとパナソニック VL-SE25XAはすごい隔たりが存在しています。子機重量についてパナソニック VL-SE25XAよりアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHはとてもよくないと言えそうです。パナソニック VL-SE25XAは子機重量が重要な場合適していると考えられるかもしれません。そうでなくともアイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSHがいまいちである大きなポイントの一つと言えるでしょう。ともあれ子機重量は不可欠な手掛かりになると思います。

子機重量評価
アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
220g30/100
パナソニック VL-SE25XA
200g50/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
パナソニック VL-SE25XA

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH と評価が同程度のインターホンを探す

アイリスオーヤマ TD-SM5030CT-BSH
パナソニック VL-SE25XA

パナソニック VL-SE25XA

パナソニック VL-SE25XA と評価が同程度のインターホンを探す

新着情報